1049345 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その8(10話)

71
【和彦爺さんの受難】


和彦爺さんが家族に見守られながら静かに目を閉じると──


「オリャアアア!」

「げぽっ!」

「デリャアアア!」

「ぶげっ! い、痛いっ。なにをするんじゃあ」

「ダアアア!」

「うぐっ! だ、誰じゃあ、おまえは」

「忘れたのかあ!

 ぼくは、六十八年前におまえにイジメられて自殺した、松岡幸一だあ。

 エイヤアアア!」

「おえっ!」

「やっと会えたね。ウォリャアアア!」

「ばふっ!」

「お礼はたっぷりするからね。ドリャアアア!」

「うがっ! ううう……。年寄りをいじめるのは、や、やめろ」

「うるさいなあ。ぼくはあたまにきてるんだからね。ソリャアアア!」

「ぱほっ!」

「ゾビャアアア!」

「むへっ!」

………


半世紀後のあの世では、逆イジメが横行しています。

お心当たりのある方はお気をつけください。

          (「あの世シリーズ」より)


------------------------------------


72
【玉音ラップ】


ドンドン ピカドン おー 朕ちん

ドンドン ピカドン おー 朕ちん

あ~らあら 戦争 負けちゃった

何百万も 死んじゃった

許してちょーだい ごめんなちゃい

米英中ソ 強いんだもん

特に~ 米の ピカドン二発

ぶったまげーたぜ だ~めだこりゃ

朕は~ 単なる 傀儡よ

帝国軍に か~つがれた

頭のハエも 追えんのに

東亜のリーダー? 笑っちゃう



ドンドン ピカドン おー 朕ちん *

ドンドン ピカドン おー 朕ちん *

諸般の事情を かんがみて

共同宣言に 応じましょ

朕も~ 人の子 災禍をみるに

身が張り裂けそう 胃が痛い

ここが~ み~なさん 正念場

朕と~ 手をとり 輪になって

堪え難き~を 堪えちゃって *

忍び~難きを 忍びましょ *

神州不滅を 信じましょ

明るい 未来を 築きましょ

(以下、*くりかえし)



   ──玉音ラップ(歌:DJ.ヒロヒト)

        一九四五年八月十五日正午


------------------------------------


73
【襲撃】


本日未明、市内西の県境にある老人ホームが襲撃された。

襲撃犯はすべて未成年だった。

彼らは鉄パイプやバットでお年寄りや職員を袋叩きにし、

カネめのものを盗んで逃走した。

ほどなく捕まった彼らのリーダーが、

警察の取調室で吐いた言い訳を以下に記す。

「おおい。なんでオレたちが捕まらなきゃならねえんだよ!

 敬老の日はきのうだろ?

 きのうだけお年寄りを大切にすればいいんだろ?

 どうなってんだよ? さっぱり分からねえよお!

 釈放しろ! 人権蹂躙だあ!

 パパを呼べえ!

 パパはなあ、警視庁のえらい人なんだぞお!」


------------------------------------


74
【時空郵便】


最近、時空郵便屋さんを介して、戦国武将と手紙のやりとりをしている。

先日あるものを送ったら、今日その返事が来た。

その返信文を現代風に訳して以下に記す。

『こんにちは。君の送ってくれたものを読んだよ。

 ぶったまげたよ。拙者も武将として策略をめぐらすが、君には勝てない。

 君は素人作家と称してお話を書いているそうだが、

 これほど突拍子もない悪行を考え出すとは、よっぽどの悪人なんだね。

 あまりの陰険さに、拙者、吐き気を催した。

 残念だが君とは友達になれない。では、これにて』

とんでもない誤解だ。私が送ったのは、新聞だ。


------------------------------------


75
【大隈田博士は正気か?】


あの悪名高き大隈田博士は、

ほんとうにマッドサイエンティストだったのだろうか。

彼は秘かに細菌兵器を製造し、たった一年で人類を滅亡させた。

地下研究室でひとり生き残った彼は、

「仕上げだ」とばかりに、毒薬を服んで自殺した。

彼は本当に狂っていたのか?

博士の最期の言葉。

「おれこそが、正真正銘のエコロジストだ」


------------------------------------


76
【一事が万事】


お盆休みです。いい天気です。

サラリーマンの政夫さん、小四の息子とキャッチボールを始めました。

あれあれえ、通路に斜めに立ちましたよ。

お互い、他人のうちの塀をほぼ背にしていますよ。

これって、捕りそこねたボールを後ろの塀に当てて、

取りに行く手間をなるべく省くためですねえ。

そんな政夫さん、子供が就職するまでの家庭計画に

祖父母・父母・義父母の年金収入を組み入れています。


------------------------------------


77
【あの世~由紀夫の場合】


由紀夫がトラックに轢かれて即死すると──


「兄貴ぃ~、お勤め、ご苦労さまです!」

舎弟がいた。

「おぅ! 勇次ぃ~!」

深呼吸してみる。

ひさしぶりのシャバの空気は、うまかった。


------------------------------------


78
【あの世~久仁彦の場合】


久仁彦が定年退職した翌日に突然死すると──


「で、おまえはなにもん?」

神様がいた。

「………」

答えられないでいると、

「わあああぁぁぁ~~~~~」

下界にもどされ、また自分探しの旅が始まった。

とりあえず、

「ゲロゲ~ロ」

カエルから。


------------------------------------


79
【しろい犬】


しろい小犬が 春をくわえてきました

ふにゃふにゃして 持ちづらくて

やっとつかんだら 少しあたたかい

まるで こんにゃくみたいだな

でかしたぞ のら犬くん

ごほうびに 冬をあげよう

ヒヤっとして きもちいいぞ

なになに いらないワンだって

しろい小犬は 走り去りました

ぼくの右手には春 左手には冬

えーいめんどくさい まぜちゃえ

すると雷が鳴って 夏がきました


------------------------------------


80
【打ち上りっぱなし花火】


「あっ、兄ちゃん、花火だ」

「おっ、ほんとだ。きれいだなあ」

夜空に花火が上がっている。

真っ赤で、地面を照らすほど大きな花火だ。

ひまわりのような、菊のようなかたちだ。

三十秒くらいすると、勢いが弱まった。

消えるのかなと思ったが、間隔をあけてちいさい火を放っている。

やがて火の玉だけになり、ホタルのように数回明滅して、

ボタッと地面に落ちた。

「さあ、寝よう」

「うん、兄ちゃん」

アリの兄弟は巣穴に消えた。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.