1014568 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その14(10話)

131
【あの世~やんごとなきおかたの場合】


そのむかし、とある国で、

いとやんごとなきおかたが老衰で身罷(みまか)われると──



乱交パーティー会場にいた。

よく見ると御先祖様ばかり。

天智、天武、持統……聖武……。

祖父やら甥やら姪やら……。

もうむちゃくちゃでごじゃりまする。


---------------------------------------------------


132
【自転と引力~せいやんすサイエンス】


「ぼくたちは相思相愛だね。お互いひかれあってる」

「そうかなあ。ねえ、あたしのどこが好き?」

「すべてだ」

「あら、あたしの一面しか見てないくせに」

「そ、そんなことないよ」

「うそつき。さよなら」

女は去り、男は全身涙に濡れた。


出演:女……月

   男……地球

   涙……海


---------------------------------------------------


133
【七瀬、たびたび】


みなさん、知ってるでしょう?

筒井康隆さんの七瀬シリーズ。

『家族八景』『七瀬、ふたたび』『エディプスの恋人』の3部作。

じつは、あれ、4部作だったのです。

『七瀬~』と『エディプス~』のあいだに『七瀬、たびたび』があったのです。

本人から聞いたので本当です。

どんな話か知りたいでしょう。

教えちゃう。

ほんのさわりだけど。

こんな感じ。



七瀬は恋人の雅治とベッドで睦言を交わしていた。

ふたりはおなじ超能力者だ。

「おれたち、出会ってもう1年か」

「そうね、1年なんてあっというまね」

それからふたりは抱きあった。

よく飽きないなあってくらい抱きあった。

やがて疲れて眠り、目覚め、おなじ朝日をみた。

窓外の景色がすこし変わったような気がする。

それもそのはず、ふたりが出会ってから200年あまり経っていた。


なぜって?

七瀬が「あっ」というごとに1年先にタイムワープしたから。


---------------------------------------------------


134
【あの世~日蓮の場合】


「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経……」

日蓮上人がお題目を唱えながら入滅すると──



「お、きたか」

閻魔様がいた。

「そーれ、じゃんけん、ぽん! 

 あ、あと出し。ずるい。あんたの負け。

 地獄行きぃ~!」


~言わずもがなの補足~

日蓮は、「ただひたすらお題目を唱えることにより

成仏できる」と説いた。


---------------------------------------------------


135
【あの世~チャミ子の場合】


チャミ子がガス自殺すると──



ローマのコロッセウムのような

競技場のド真ん中に突っ立っていた。

わいわい、がやがや、うるさい。

よくみると、観覧席は先人たちで埋め尽くされていた。

芥川龍之介、太宰治、川端康成、三島由紀夫、有島武郎、

金子みすゞ、江藤淳、田宮二郎、沖雅也、岡田有希子、

沖田浩之、可愛かずみ、松宮一彦、木下弘、甲斐智枝美、

近衛文麿、新井将敬、松岡利勝、井上大輔、桂三木助、

矢川澄子、戸川京子、古尾谷雅人、森村桂、佐藤真、

伊丹十三、犬丸りん、中島らも、川田亜子、……


「それでは、みなさん」すぐよこにポール牧がいて、

指パッチンをしながらクルっと一回転した。

「いっせいに得点カードをあげてください。

 どうぞ~。

 8点6点6点4点9点2点5点2点2点1点3点……」

死にざまを採点しているらしい。

合計点の計算がたいへんそうだ。


---------------------------------------------------


136
【‘ニッポン人’の定義】


なんの行列か分からないが、とりあえず並んでみる人種。


---------------------------------------------------


137
【梅雨が……】


7月初旬。

じめじめしていた。

日が差しているのに雨がしとしと降っていた。

公園に若いカップルがいた。

傘も差さずに歩いていた。

女がとつぜん立ち止まり、叫んだ。

「もうまったくー、はっきりしないんだからー」

すると、ゴロゴロっと雷が鳴って、梅雨があけた。

自分のことを言われたとおもった空が、発奮したのだ。


---------------------------------------------------


138
【あの世~宮本武蔵の場合】


正保2(1645)年5月19日、門弟らに見守られながら、

武蔵が62年の生涯に幕を下ろすと──



「遅いぞ、武蔵! オリャアアア」

佐々木小次郎がいきなり斬りかかってきた。

「小次郎、敗れたり! ダアアア」

勝負はあっけなくついた。

武蔵は再び勝った。

「む、無念……」

「ふふふふふ。あまいぞ、小次郎。こんなこともあろうかとおもってな」

武蔵の手には、7尺余りの卒塔婆が握られていた。


---------------------------------------------------


139
【‘ニッポン人’の定義2】


ラクして願いをかなえたい人々をターゲットにして、

ラクして儲けようとする人種。


---------------------------------------------------


140
【あの世~鉄矢の場合】


武田鉄矢が赤いきつねを喉に詰まらせて

窒息死すると──



ドンと背中をど突かれた。

「な、なんばしようとお」

ふりむくと、坂本龍馬がいた。

「おぬし、なんで勝手に使こうたんじゃ。

 海援隊は俺の専売特許じゃきに」

意外とみみっちい。






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.