1034503 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その17(10話)

161
【あの世~弓枝の場合】


身寄りのない弓枝が老人ホームでひっそりと他界すると──



「なにボサっとしてんの」「ほら、肩もんで」「お茶ちょーだい」……

両親や祖父母その他直系家族がいた。

あの世は血縁者による年功序列だった。

子供のいない弓枝は永遠に下っ端でこき使われ続ける。


---------------------------------------------------


162
【あの世~大作の場合】


池之田大作が信者の中学生と交接中に

心臓麻痺で遂に黄泉の客となると──



極楽浄土にいた。

「おお、ここは極楽じゃあ。信心の甲斐があったぞ」

喜びのあまり叫んだ。

その時、どこからともなく仏様の声が聞こえてきた。

「善人すら往生す。いわんや悪人をや」


---------------------------------------------------


163
【あの世~三郎さんの場合】


斉藤三郎さんが孫をあやしている最中に

脳卒中でこの世とおさらばすると──



法廷の被告席にいた。

原告席にも自分がいた。

さっきから罪状が読み上げられている。

際限が無さそうだ。

罪名は詐欺。


---------------------------------------------------


164
【あの世~人々の場合】


ミサイルが落ちて人々が爆死すると──



あの世は無かった。

人々は完全に消滅した。

もともと‘自分’というものが無かったから。


---------------------------------------------------


165
【ニッポン人の定義12】


スポンサーの奴隷。


---------------------------------------------------


166
【人生とは~吾郎さんの場合】


サラリーマンの吾郎さんが自宅の居間で、

「ああ、人生なんて所詮妥協の連続さ」

と、ぼやいていると──



「おう、オヤジどうしたほらあ。なにげに落ち込んで。

 やばくね? でぇーじか? 元気出せや」

妥協の産物に励まされた。


---------------------------------------------------


167
【来世~五右衛門の場合】


文禄三(一五九四)年八月、石川五右衛門が

京都三条河原にて釜茹での刑に処されると──



「あっちぃ~!」

たけし軍団の一員となって熱湯風呂に入っていた。

「あっちちぃ~、あっちちぃ~……あっ知事ぃ~」

そのとき彼は政治に目覚めた、かどうかは定かではない。


---------------------------------------------------


168
【来世~自転車の場合】


放置自転車が廃棄されてばらばらになると──



分身して一輪車になり、なかよし姉妹をのせてたわむれていた。


---------------------------------------------------


169
【ダジャレの日】


トイレに入ろうとすると、

『とってもいいわあ~ん』

ドアの取っ手がしゃべった。

あ、そうか、今日はダジャレの日だったっけ。

昨夜のテレビで、

「あすは関東地方にダジャレ注意報が出るでしょう」

って言ってたな。

『便器ですかあー!』

ブハ!

この便器、猪木のマネかよ。

『コックろうさあ~ん』

コックまでしゃべったぞ。

『テーブルらんぷ(テールランプ)』

『パンだふる!』

『トースターんだあ?』

『バターふらい』

うるさいなあ。

気が散って食事どころじゃないな。

いっぷくするか。

うっ!

痛てえ……

た、たばこの、ピ、ピース缶を、取ったら……

た、弾が出た……

ま、まさか、ピースを取る、で、ピストルか。

こ、こんなんで、死ぬのか……

しゃれんなんねえ……


---------------------------------------------------


170
【ニッポン人の定義13】


災害ニュースと芸能ニュースを同等に扱う人種。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.