158397 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ものづくりを支え隊☆

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ミシン屋

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ぱどめ@ Re:髪を縫うミシン(09/08) はじめまして とある企業でかつらの縫製を…
広島天空@ Re:髪を縫うミシン(09/08) はじめまして 広島県で伝統芸能の神楽をや…
るっこら@ Re:不器用なミシン(08/11) ミシン屋さん,初めまして. るっこらと…
吉田@ Re:ネコの転生(06/11) 孝志君のアドレスお願いします
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

Freepage List

Jul 12, 2006
XML
カテゴリ:ミシンの事
ポストミシンが世界で靴製造のスタンダード機になっているところ

まで、前回書きましたが、今回は別の角度から話してみましょう。

先ず、一言でポストミシンと言っても実にたくさんの種類があります。

釜の大小、送りの方式、1本針、2本針、右釜、左釜、自動糸切付き、

サライメス付き、返し縫の有無などそれぞれに説明する気にもならない

ほど、多岐に渡ります。面白半分にメーカーが作ったわけでもなく

それぞれが縫製物とベストマッチするためにこうなったわけです。

靴以外で使われるポストミシンではいわゆるハイポストとという

筒のながーい物があります。アタッシュケースのような鞄のマチを

ぐるりと縫うのに445mmもあるポスト部のものです。

また、ポスト部が倒れたり、回転して箱状の奥まで縫うことのできる

手品のようなものまであります。詳しくは省きますが、

とにかくいろいろあるのです。

話を靴用ポストミシンに戻しますが、昔は18種信者の職人さんから

見れば邪道でミシン目も劣るとされていたポストですが、

量産体制となると18種と比べ、下糸が多く巻ける、スピードが出る、

高速で振動が少ない、ブーツのような長尺物が縫いやすい。

などの理由から工場向けとしては合理的でベターな選択となった

のであります。

厚物ミシンにも関わらず高速でしかも糊や芯が入ったり張り込み、

重なりも多く、薄いところから急に厚くなったりする条件が悪い

環境下で更にできるだけ細い針で縫製しなければならないのです。

ここにミシン屋さんとしては泣きが入るのであります。

高級婦人靴などは#40の糸で#9の針があたりまえの世界で

アパレルのミシン屋さんから見れば調子が悪くて当然です

と笑われそうなのが現実です。

スピードを出せば複雑で連結部の多いポストミシンは

あちこちでガタが出たり磨耗が起こります。

縫製の現場ではポストミシンのメリット生かし合理的生産のため

ミシンの性能に作業を合わすのではなく、作業にミシンの調子を

合わせなければなりません。その為に私もどれだけ場数を踏み、

苦悩したことか‥‥。

ところがこの量産のニーズが、ミシン屋の技術を高め、現在の

メンテに対する自分の自信になってきたのです。

つまり、18種に変わってのポストミシンの台頭は

ミシン屋の私から見れば‥、

厳しい環境に打ち勝つ力を身に付けさせてくれたミシンと

いえるのです。






Last updated  Jul 13, 2006 01:38:11 AM
コメント(2) | コメントを書く
[ミシンの事] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.