338976 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

こうこの手紙

2017年09月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

2013.10.29.JPG

「とうちゃん、お彼岸だからお寺に行こう」

「ふむ、遅くなってごめんね。一緒に行こう」

ということで、ふたりはバスに揺られて、くまがお世話になっているお寺に向かうのでした。

くまのお墓参り 0.jpg

「とうちゃん、お寺のバス停を過ぎてしまったぞ」

「むにゃむにゃ……スマナイ。疲れていて寝過ごしてしまったのである」

ということで、表の仏像さんにお参りをするのを忘れてしまうのでした……

くまのお墓参り 1.jpg

お稲荷さんからお詣りをするのでした。

お彼岸で、お墓参りの人も多く、お寺は人も多いのでした。

くまのお墓参り 2.jpg

「今日はこの素敵な仏像さんにも献香をしようね」

「お線香の束をふたつ買ってこよう」

くまのお墓参り 3.jpg

「本堂にも行列ができていて、少し並んでお参りをするのでした。

くまのお墓参り 4.jpg

大きな人は交通安全のタスキをかけているのでした。

「みんなお線香の扱いを知らないから、燃え残っているな」

「ふむ、紙をむいて、まとめて燃やそうね」

ということで、煙がモクモクになるのでした。

くまのお墓参り 5.jpg

祥之介はくまに御礼のお参りをするのでした。

「なあ、球磨之介。球磨之介を横にして、球磨之介に手を合わせるというのも

なんとなく不思議だと思うのである」

「まあ、お墓参りは儀式だからな。普段から感謝しないとダメだ」

「ふむ。いつもくまブレスをしているよ」

「テモちゃんの新しいブレスも作れよ」

「なかなか時間がとれないのである。年内には送りたいね」

金王神社23日 2.jpg

バスに揺られて渋谷に帰ってきたハンサム団は、金王神社にお水をもらいに行くのでした。

「球磨之介、帽子のプードルさんがいるぞ」

「去年の百日詣での時以来だな」

「挨拶をしようかね?」

「お食事中だぞ。遠慮しろよ」

金王神社23日 1.jpg

ひと通りお詣りをして、お水を頂いて帰路につくのでした。

写真を撮り忘れましたが、豊栄稲荷神社にもお詣りをして行くのでした。

帰りに靴磨きに出した、靴を頂いて長屋に帰るのでした。

ちょっと早かったのでパチンコ屋に行ったら、八千円負けるのでした……

今日こそ孫を見に行こうと思うのでした。







最終更新日  2017年09月24日 09時11分03秒
コメント(10) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.