031085 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

レイジーでクレイジーなブログ

レイジーでクレイジーなブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

singlemalt2005

singlemalt2005

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

マミマミ@ Re:iPad! iPad! iPad! その3(06/18) いつも画像がオシャレですね。

Freepage List

Headline News

December 31, 2023
XML
カテゴリ:音楽


昨日、教授のことを書きました。

実は僕が音楽を聴いてきたなかで最も影響を受けた音楽家です。

10代のころはYMOのヒット曲や散開後の3人のソロアルバムをエアチェックして

聴いていました。当時は3人のなかでは高橋幸宏の音楽が好きでした。

その後、教授がオリンピックの指揮をしたり、アカデミー作曲賞を受賞しても

それほど興味がわきませんでした。

僕が26歳のとき10代後半から好きだった村上龍が雑誌で当時の好きなアルバムを

何枚か紹介していてそのなかに教授の『sweet revenge』がありました。

そのころパチンコをしていた僕はなにげなく景品にあった『sweet revenge』を入手し

それほど期待もせず聴いてみました。しかし7曲目のアルバムタイトル曲の

「sweet revenge」を聴いたとき「世の中にはこんな美しい曲があるんだ!」と

胸が震えました。その瞬間、見城徹風に言えば「熱狂」がはじまりました。

それまで発売されていた教授のソロアルバムとYMOのCDを全て買い、

書籍や関連商品を入手し、僕のなかでは「教授以前、教授以後」の人生になって

しまいました。

教授が「スティーブ・ライヒが好き」と発言すればライヒのCDを何枚も買い聴いたり

(残念ながら僕は好きになれませんでした)、教授がニュース番組に出演したとき

グリーンのニューバランスのスニーカーを履いているのを見て同じスニーカーを

買ったりと教授まみれになりました。


教授は今年の3月亡くなりました。

そんな日がいつかは来るのだろうと思っていました。

しかしその日がきたときはショックが全身を駆けまわり、

僕のなかで大きななにかが崩れ落ちました。 




【中古】 Sweet revenge/坂本龍一






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  December 31, 2023 04:41:09 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.