000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

××バイク上のドクロ××

PR

Freepage List

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

2011/08/14
XML
カテゴリ:×ツーリング記×
あれ,もう1週間以上経つのか!?

Docroでございます。

僕はいつか,あずきバーで歯を折ると思います。


さて。

釧路での宴を打ち上げ,1人自転車を漕いだ夜の翌朝。

バイクで似たようなことをまたやる…。だって,悔しかったんだよね。

リベンジ!

一走一宴in北海道Day4_21.jpg

失敗に終わる。

ナビの案内を聞きながら走ったって,信用していないからこうなる。

自分より確かなルートだったろうに…。

どこかに変な自信があるのが自分の弱点だ。


そんな訳で,この日の走行ルートはコチラ。

一走一宴in北海道Day4_00.jpg

次回はぜひ,釧路から太平洋シーサイドラインを爆走して海沿いの絶景の楽しみながら根室で一泊しましょう!

うーん。でもそれじゃぁ走り足りないなぁ。

反省しない男Docroでございます。

1分くらい遅刻したと思いましたが,おとがめもなく無事に出発♪

で,数ある釧路湿原の展望台でも評判がよい細岡展望台へ。


で,この日第1フォトは…

一走一宴in北海道Day4_01.jpg

営業していない細岡展望台のトイレ。なんかの資料にでもなると思ったんだろうか。

さて,気を取り直して♪

一走一宴in北海道Day4_02.jpg

自分,なんで姿勢正しいんだ?左手も握っとけばよかった。


一走一宴Tシャツをバイクまで戻って取ってきて,三脚を使って自力で撮影しました!


うーん。なんだかセンターポジションが申し訳ないですな。
色が違うからバランスはいいけど。


この後,摩周の道の駅まで行って,小休憩&給油。

一走一宴in北海道Day4_03.jpg

ここで,いつも落とすんだけどヘルメット落下。

ナビの音声コードとヘルメットスピーカーがつながっていたので,衝撃は弱かったがコードが外れてしまった。

で,出発の時に唖然…。

一走一宴in北海道Day4_04.jpg

見事に断線していた。

もともと,アライのヘルメットにセットしていたものを古くなったので移設したものだけに,ガリ音も出て断線気味だったから,トドメだろう。

しかし,このタイミングで音なしになるのはつらいな…。

まぁ,あがいても仕方がないのでこのまま出発。

目印がない,まっすぐのびる道と直角に交わる道をいくつか越えて,左手の山を見渡す。

一走一宴in北海道Day4_05.jpg

お2人は右側の平野を見渡す。

自分がなぜ山を見ているのか。それはご存知,山に牛の文字スポットに行きたいからである。

確かこの辺だと思いながら走っていたら,交差点を過ぎた時に見えた。なかなか左折で現地にたどり着けるスポットがなかったので,

急きょ右折



と思わせた,そのままUターン。

…ごめんなさい。どうかお許しくださいませ。


そんな訳で,無事に牛に到着。

一走一宴in北海道Day4_06.jpg

いつの間にか道沿いにフェンスができていて,よい角度で写真が撮れなかった。山と並行に走る道よりも,山に向かって進む道の方が良かったのかもしれない。

お2人の愛車と♪

一走一宴in北海道Day4_08.jpg

未確認飛行物体か!?

一走一宴in北海道Day4_07.jpg

魚眼レンズ的撮影方法♪
これならだれにも頼まないで4人分が一度に撮れるぞ。
そう,WOOさんも一緒だ。

ここで,ライダーチェンジ♪

一走一宴in北海道Day4_09.jpg

日本全国のなおネィさんファンは,次期戦闘機が何になるか,実に興味深いところでしょう。

ゲルマン魂が最有力候補だと思っておりますが,鉄馬魂も突如割り込んできた感あり。

読者のみなさんの予想は,どの辺りなんでしょうか。


ところで,スポ君のウィンカーが自動で消えるっていうのは,便利なようで慣れも必要らしい。

何でも自動化されると「勝手にしないで~。」と思ってしまう天邪鬼な自分。

そのくせ,トイレに入ると便座が開くまでしばし呆然とすることのある自分。


一走一宴in北海道Day4_10.jpg

開陽台です。

一走一宴in北海道Day4_11.jpg

イイです♪

いい♪

一走一宴in北海道Day4_12.jpg

北19号のロングストレートを撮影中。

私,ここの横道に入りシートにちょっとした荷重をかけてナビをいじっておりましたら,斜面に停車していたこともありバイクが直立に近くなり,サイドスタンドが格納されてしまいました(汗)

バネ力が強くて,地面との抵抗が少なくなると,勝手に格納されるADVのサイドスタンド(モーテック製だったかな)


カシーン!


「カシーンって何よ?なんか落ちたか?」


と思っていたら,サイドスタンドを失ったバイクが,反対側にゆっくりと倒れていく。


諦めたけど衝撃を弱めるためにハンドルを持つ。


ゴシャン。

あーあ。またやったか。


とりあえず斜面もゆるいので持ち上げられると思ったけど,荷物が重くて持ち上がらなかった。それに,やっぱり筋力落ちてるな~。

そこにスーパーなおネィさん登場!

「ドクロさ~んびっくり

と言いながら撮影を中断してまで坂を下りてきて下さって,サクッとADVを持ち上げてくれた起こすのを手伝ってくれた。

びっくり

すげーな!えらい軽かった♪

こりゃ,かかと落としは相当痛いぞ!Uターンは今後やめておこう…ぽっ


確信した次第です。


ぶらっくさんも気付かって下さって,なんだか情けないやら申し訳ないやらですが,キズは軽傷でしたし,何よりガソリンコックが破損していなくてよかった。走行に問題なしです♪


先を急ぎましょう!!自分が原因でしたねぽっ


羅臼手前の純の番屋です。

一走一宴in北海道Day4_13.jpg

建物を見物する観光地かと思っていましたが,何やら食事ができる?喫茶店か!?

いえいえ,ここはれっきとしたお食事処です。なおネィさんのリクエストでしたが,まさかお食事まで出来ると走りませんでした!ナイスリクエスト~♪

私が頼んだのは

一走一宴in北海道Day4_14.jpg

名前忘れた大笑い

確か,純の番屋定食だったかな。店の名前にちなんだ定食です。季節や時期によって,メニューは変わると予想しますので,その時のおいしいものを聞いて食べるといいでしょう。事前調査では定食ものがお得感が高いということでした。

好き嫌いが多い自分は,食べられないものも少しあったんですよね…。定食やお弁当は,こういうことが多い。

そろそろ文字数もやばそうなのでビューンと

一走一宴in北海道Day4_15.jpg

知床峠より北方領土方面!見えますか?

これでどう?

一走一宴in北海道Day4_16.jpg

蜃気楼かなぁ。


この後,知床五湖を様子見。あまり渋滞しているようだったらUターン前提で進みましたが,このとき,バイク用の駐車場に空きがあったらしく,渋滞を右車線で一気に走りあっという間に五胡に入れました。

で,管理人におじさんから聞いた衝撃の一言。

「今日は30度。」

「しれとこ」ですけど大笑い


こんなときは…


観光客が,「泳いでいる泳いでいる!」と言うので,デカい魚でもいるのかと思いましたが…



一走一宴in北海道Day4_17.jpg


sikadesita.jpg

シカも泳ぐぜ!


ウトロまで出たら,ポツポツと雨が落ちてきた。

荷物にカバーを施す2人に近づく元ライダー大先輩。

一走一宴in北海道Day4_18.jpg

カワサキ党の様子。

そうなると,もちろんなおネィさんもターゲットになる訳で。

忙しく作業しているのにね。悪い人じゃないと思いますけど。


この後,パンダ車の監視をクリアし,途中,合羽を着て網走まで走りました。


牧草ロールに後ろ髪を引かれていた方が一人。

ドクロの心の言葉:「明日,こんなの山盛りですから♪(心の中ではドヤ顔)」



俺たちに明日はなかったんだけど…



しかし,明日はないけど夜はあるぜ!


次回予告

一走一宴in北海道Day4_20.jpg

「なおネィさん,お店の好意を踏みにじる」の巻

倍倶上之髑髏






Last updated  2011/08/23 09:53:20 PM
コメント(6) | コメントを書く
[×ツーリング記×] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.