6723031 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

雅の日記~お気楽生活をめざして

全6241件 (6241件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021年10月16日
XML

高地に出かけることが最近多い。ここ1カ月で標高2000メートルを超えるところに、のべ1週間弱滞在していることに気づいた。写真は中仙道。ここも展望台あたりは2000メートルちょっとだ。

小さいころ山で生活していたせいか、高地だからといって身体には何の異変も起きないのだが、人によっては、ただ歩いているだけなのにダウンしてしまう。慣れの問題なのだが、高地暮らしをしていない人は、標高1800メートルを越えると心肺機能の関係で高山病になりやすいといわれている。
酸素濃度も普通の平地より8割弱くらいになる。車で途中まで、あるいは高地に直接行ってでも、高山病になる人は、なる。

そのため、高山病対策の予備薬としてバファリンやロキソニンを持っている人が時々いる。確かに服用すればしばらくは頭痛が収まるのだが、対症療法なのであんまりおすすめはできない。一番は小一時間休んでもらうか、数百メートル高度を下げて休憩してもらうことなのかな、と思う。

ただ、慣れれば酸素濃度が少ない分、むしろ呼吸周りを鍛えることになる。私はコロナは呼吸器と血管の病気だと思っているので、しばしば山歩きすることが一番の良薬だと思っている。






最終更新日  2021年10月20日 16時57分07秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年10月15日
パワフルだと言われる人には2種類あると思う。
ひとつは文字通り、気力がみなぎっていて、それがつい、にじみ出ている人を指す。ただ、そうじゃない人もいる。

お出かけの帰路、数年前にお会いした人に無理を言って時間を作ってもらった。以前は直接お話するのは1時間もなかったのだが、今回は割と長尺お付き合いいただいた。その方は私を「パワフル」だと評したが、自分ではそんなことないと思っている。あとでそばにいた友人に「私、パワフルじゃないですよね」と尋ねたのだが「いいや、パワフルですよ」との返事。

体力がないなぁ、人に比べてあまり「これがやりたい」ということもないなぁと思いながら私は毎日を過ごしている。他人よりも能力が劣っているからいつも同じことをこなすのにも「ぜいぜい」言いながらやっていると思っている。違うとすれば「目の前のものに興味を持って取り組む」とか「今日を過ごしてよかったなと感じることを見つける」ということを毎日繰り返している点かもしれない。そうすれば、明日以降死んでも何かあっても悔いが残らない気がするからだ。

たとえて言うと「ろうそくの灯が燃え尽きる前」を毎日やっている。これがもうひとつの「パワフルに見える人」なんだと思う。私がパワフルならたぶんこっちだ。ろうそくは消える前が一番明るいけれど、これはろうが溶けて芯がむき出しになり、一気に燃えるからだ。だから煌めく。ろうがたくさんあると、その分燃えが遅くなるので、穏やかでゆったるとした炎になる。

節約しながら毎日ちまちました生き方をして長く過ごすことを目指すより、その日にしなきゃいけないことに全力で取り組む。その結果、潰えてもいいんじゃないかと思っている。別に派手なことをするとか、旅先で異体験するとか、そういうことでなくても、できることはある。

要は毎日ろうそくの芯が燃え尽きる前をやっているようなもので、それがパワフルに見えるのかもしれないが、蓄え(エネルギーの備え)はいつもほとんどからっぽみたいなものである。寝る前にスマホの電池が10%切っているみたいな、そんな感じで過ごしている。






最終更新日  2021年10月20日 16時26分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月14日
カテゴリ:お酒を愉しむ
お酒メモをしばらく書いていないのに、呑んでいる。
基本記憶しているのだが、あまりにもお酒銘柄のストックが溜まっていて、脳内からお酒があふれ出そうになるので、現時点で一度放出したいと思います。

<お酒メモ>
10月14日木曜日
ギネス 生 1パイント
ヱビス プラカップ 1つ半
宗玄 純米生原酒 おちょこで1つ

10月15日金曜日
ギネス 3/4くらいのグラス 生 1つ
キャプテンクロウ 長野 生 100mgくらい
オーストラリア シラー&カベルネ 赤 3/4本

10月16日土曜日
燦然 山廃純米 雄町 おちょこで1つ
独歩 (ペールエール)小瓶1つ
極聖 純米 300ml
誉 池月 純米 1合半
ディアブロ チリ 赤 グラスで1つ

10月17日日曜日
キリンラガー 大瓶 2/3本
ソーヴィニヨンブラン チリ 白 1/3本
誉 池月 純米 1合
銀河高原ビール 缶 200mlくらい
開運 純米吟醸 2合






最終更新日  2021年10月18日 11時43分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月13日
カテゴリ:その他
今度の新作のスーパーマンは、バイセクシャルという設定らしく、彼氏ができるらしい。
ややこしいのだが、このスーパーマンは前のスーパーマンとして活躍していた、クラーク・ケントの息子のジョンという話だ。昨今のLGBTに配慮するためとはいえ、今回のことも含め、最近の映画はキャストに黒人が何人とか、アジア人が1人はいないと、といったなんとなくの縛りがあり、かえって息苦しさを覚える。かえって形式主義なんだよなぁ。
007も、ダニエル・グレイグ扮するジェームズ・ボンド役の登場は一応最後で、次回作からは黒人女性が007を名乗る。あまりにもこういったケースが相次ぐと、映画が文化をけん引する役目があるとはいえ、ちょっと強引だなぁという気がする。

話を戻す。
思えばスーパーマンはかわいそうだと思う。惑星クリプトン星から地球に送られ、胸にSのマークがついているので、なかなか人前で脱ぐこともできない。いつも気を遣って力を制御し、他人にスーパーマンであることを悟られないようにしなければならない。そんでもって人助けするんだから、本当に気のいい人である。そして映画のストーリの都合で死んでみたり生き返ってみたり。
いや、人間よりも優れた国の人なんだし、ヒーローとしては本当に古株なんだから、そんなに簡単にコロコロ生き死にさせたり、セクシャリティをいじられるのは気の毒だなと感じる。『アベンジャーズ』でも脇役扱いだし。

歴史が長いのに、世界の中で軽んじられている…あ、日本と一緒かも(汗)。だから同情を禁じ得ないのだろうか。
ここ数年、じわじわスーパーマンが気になるのだった。

<お酒メモ>
10月13日水曜日
ヱビスビール 生 プラカップ2つ






最終更新日  2021年10月14日 12時27分14秒
コメント(1) | コメントを書く
2021年10月12日
カテゴリ:その他

週1回しか販売しないという限定のお弁当を買ってきてもらったので、お昼ごはんを久しぶりに食べる。
炊き込みご飯に煮炊き合わせ、エビフライにおひたし…といろいろ入っていて美味しそうだ。サイズは普通の弁当箱…に見えたにもかかわらず、3分の1ほどでお腹がいっぱいになって苦しくなってしまった。
10年以上ほぼ1日1食でやってきているから、ずいぶんと胃が小さくなったみたいである。

成人女性の場合、ごはんは1日あたりおにぎり2個、茶碗に軽めに2杯くらいが目安だといわれている。炭水化物、特にそこからとれるアミノ酸は身体に必要不可欠だが、私はこれを日本酒に置き換えて普段摂取している。だいたい日本酒換算で1合が茶碗1杯くらいだと思っているので、平均で1日3~4合くらい呑んでいる身としては、糖質は既に少し多めにとっていることになる。

上記の計算からすると今日はもうお酒は呑まないか、1杯くらいにとどめておいた方がよさそうだ。

痩せたい人がお酒を呑むときには、ごはんなどの炭水化物や糖質の「総量規制」をざっくりと計算しながらだと太りづらくなるように感じる。

<お酒メモ>
10月12日火曜日
蒼空 美山錦 4合







最終更新日  2021年10月13日 15時54分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月11日
カテゴリ:その他

広島のメーカーからお取り寄せした小鳥3種のアイスクリームを食べた。
「ぶんちょうアイス」「セキセイインコアイス」「オカメインコアイス」。昨今の小鳥ブームに乗って企画開発したのだろう。まんまと自分も乗ってしまった(笑)

蓋を空けてみると、白いラクトアイスにときおり茶色いものが混じっている。それが「ひえ」だったり「きび」だったり、要は鳥の餌にも使われている穀類だということらしい。一口食べてみると、アイス自体は美味しいのだが、穀類が…(^^;
正直、ソフトクリームのコーンがふにゃふにゃになったものに似ている。ちぎってそれが入っただけ、といった感じで、微妙なのである。

たまにはこういうこともある…。文蔵に食べさせてみようかな。案外喜ぶかも。

<お酒メモ>
10月10日日曜日
Exclusive to Majestic in the UK MONTAGNY 1er CRU 2013 白 フランス グラスで2つ
居谷里 山廃純米吟醸 無濾過原酒 1合半

10月11日月曜日
南 特別純米 出羽燦々 2合弱
宗玄 生原酒 純米 1合






最終更新日  2021年10月12日 12時45分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月10日
カテゴリ:その他
夕方、連絡が入って、人に会うことになった。急だったので、駅まで急いで走る。身体が変に軽くて、上り坂も走っていると、坂の上に来たところで白い月がぽっかり浮かんでいた。
三日月。

突然、その白い月が「にっ」と笑った時の能面のように見えた。そこに血をぽたぽたと垂らしたら、どっかの美術手帳に載っていそうなアートみたいだな、と思った。

ハッとした光景に出会うと、現実と妄想の間で、一枚のカンバスに何かが描かれる。小さい頃美術館に通い過ぎたせいかもしれない。

待ち合わせ場所に着き、誘ってくれた人と一緒とギャラリーに足を運ぶ。マンションの一室にある秘密の写真アトリエ。有名な写真家さんの作品だけが飾ってあるところだった。裸の人形、花。ベランダから見た空の写真に陶器の象…暗いアトリエは自分たち以外誰もおらず、しんとしていた。

「雅さんはどれが好き?」「私はこれ」。そう言って、モノクロの作品を指さした。
ビルの屋上に放置された怪獣のソフビ人形や壊れたおもちゃの中央に、着物を着たまだ小さい男女の人形が天を向いたまま寝そべっている。男の子の左手と女の子の右手はかすかに、重なっている。
釘付けになって、そこから離れられない。この男女の人形は、私よりもずっと生々しくて、しっかりと生きているように感じられた。
生の躍動、性の情動。ただ手が重なり合っているだけなのに。

曲がった私の人差し指が示したその写真は、私の折れた指と良く似合っていた。歪んでいるからこそ理解し合えることが、ある。

「僕はこれが好きかな」と言って、友人はまた別のモノクロの写真を指差した。同じベランダで撮影したもののようだったが、そこにはマネキンやこわれた能面もうつっていた。
ふと、さっき走っていた時に見た白い三日月を思い出した。

「あの能面、どんな表情に見えますか。笑ってる?泣いている?それとも違う表情?」。私は聴いた。
「うーん、泣いているのかな」
「私は、笑っているように見える」

能面は角度だったり光の加減で、いろんな表情になる。見ている人の精神状態でも、それは変わる。
時間はもう流れないから安心だ、苦しまなくていい、と言わんばかりに、写真の中の能面は優しく笑っているように私には見えた。そうして頭の中で能面は次第に縮んでいって、口角だけになり、あの白い三日月に戻っていった。






最終更新日  2021年10月11日 18時11分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月09日
カテゴリ:その他

話をしているときに、ふと友人が「カネばかり追いかける人は、カネで報いが来る」と言った。

私は膝をうった。これは名言だなと思った。要はお金を増やすことに拘泥して(お金の多寡で承認欲求を高めようと)なりふり構わない振る舞いをする人は、結局お金によっておかしなことになってしまう、ということだと解釈している。

この言葉を聞いて、何人かの顔がパッと浮かんでしまった。相続で1円でも多く取ろうとする親族の顔や、お金が増えたことで振る舞いが変わってしまった人、なんでもカネ換算して話をする人…自分が違和感を持って接することがある人というのは、「カネばかり追いかける人」という属性なのかもしれないなと感じたのだった。

こういう上手い表現をする人が友達でいることが、私はずいぶん得をしているなぁと思う。
たぶん、自分が持っている価値観と、言い得て妙な表現をした友人は、大事にするものの優先順位が同じなのかもしれない。

カネばかり追いかける人は、他人を商品(モノ)として見ている。言い換えれば「値踏み」するわけだが、値踏みするのが好きな人同士がつるんだり、じゃれあったりしているのを時折見かける。特に投資界隈では、それが頻繁だ。結局その当人たちも「商品」になっているわけで、値踏みしているということは常に優劣をつけているということにもなる。これがいわゆる「マウント」と呼ばれるものなんだろう。

運用や事業でカネを増やして、そこから時折離れる時間を作れる人のほうが、人生を有意義に使っているなぁと思う。いつまでもカネに振り回されて時間をすり減らしていく生き方は、私の性に合わない。







最終更新日  2021年10月11日 13時35分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月08日
カテゴリ:その他
着信履歴を見ると、しばらく会っていない人だった。折り返し電話して、世間話をひとしきりすると選挙の話になった。
「ははぁ、これか」と納得。その人は学会員で、時々「選挙のお願い」の電話をしてくるときがあるのだ。

「雅さんのところに、ウチの〇〇が立候補するので、ぜひ協力を…」と言ったときに、私は正直に答えた。
「申し訳ないんですけれど、これまで割と自公を応援してきました。公明にも入れたこともありますよ。でも今回は、岸田総理のセンスのなさに業を煮やしています。だからちょっと考えさせてください。金融課税増税は当面の間検討しないと岸田さんは今日表明したでしょう。当面って、選挙が終わるまでのことかもしれない。腰が据わっていないんです。その場しのぎで対応して、圧をかければ撤回してというリーダーが国家運営していたら、国が壊れてしまいます。外交でも同じことをやるでしょう?弱腰外交になるのが今回の一件で露見したから、北朝鮮やロシアに秋波を送って外交をやっても、いいようにされるだけ。頭が痛いです」

また、公明の掲げる18歳以下に一律10万円という公約も、「弱者を守る」「公平・中立」という観点からはずれていて、中間層の働き盛りの支持を失うだけなので、ばらまくんだったら一律にしたほうがいいと提案した。下手な一部へのバラマキは中間層を分断するだけだから、軌道修正したほうがいい、と。
なぜなら、自公は既に長期連立で「溶け合っている関係」で、今は「自民けしからん」と怒った右派や保守は批判の手段として多くは公明ではなく、維新の会に票が流れるだろうと。公明は下手をするとキャスティングボードを握れなくなるかもしれない危機なんですよ、わかっていますか?と、私は言った。

「上の人にしっかり伝えておいてください」。しばらくして電話の向こうから「あああ…わかりました」との返事。

風向きが変わるか、しばらく様子を見てみる。

<お酒メモ>
10月7日木曜日
山川牛男 2021年あき 1合
大山 数量限定生詰 2合

10月8日金曜日
生ビール タンブラーで1つ半
加茂金秀 夏酒 生 1合弱 

10月9日土曜日
アサヒスーパードライ 瓶 小さめコップで1つ
津島屋 純米吟醸 ひやおろし おちょこで2つ
山本 ターコイズ 半合
正雪 試験醸造酒(限定) 純米辛口 おちょこで3つ
羽根屋 純米吟醸 おちょこで2つ
杜の蔵 夏酒純米 二の矢(おりがらみ) おちょこで2つ
シャトーポールマス 赤 フランス グラスで3つ
Exclusive to Majestic in the UK MONTAGNY 1er CRU 2013 白 フランス グラスで2つ






最終更新日  2021年10月11日 12時26分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月07日
カテゴリ:その他

日本感染学会が「今年はインフルエンザが大流行する」と警告を出している。
昨年はコロナ禍で社会的に衛生管理が一段ときっちりしたせいで、超過死亡がマイナス(=普通の年より亡くなる人が減った)、かつインフルエンザ罹患数も激減した(例年の0.1%程度)。今冬に「海外渡航が緩和されたら」と但し書きがついているものの、大流行する、という提言は「狼が来たぞ」と言って、補助金その他引き出そうという人の悪いパフォーマンスにしかみえない。

医学会があんまり脅すものだから、もう信じられないのだ。10月に入ってから街にあふれる人を見ていると「もうこの手のアナウンスと行動制限はうんざりだ」と思っている人が多いのではないか。コロナが怖いのではなく社会に対する「体裁」のためにおうちに居た気がする。
長引く強めの脅しが、仇となっている。

第一、デルタ株その他が流行した際、インドネシアをはじめ、わざわざ新型株が流行っているところから、海外赴任している人を日本政府は帰国させたりしていた。保菌だけを考えれば「リスクの高い人」を入国させていたことになる。感染ピークを見ると、そういう施策後に大きな波がやってきているように、当時数字を見ては感じていた。政府はやっていることがちぐはぐなのだ。

日本人は「空気」で動く。だからそろそろ舵を切る方向を考えないと、糸の切れた凧のや風船のように、秩序が成り立たなくなる。日本人は「一度一定範囲内の空気から外に出ると暴走する」きらいがある。株式投資で「やらかす」人が多いのは、始めたら流れに乗って止められない国民性が多分にあるからだ。

<お酒メモ>
10月6日水曜日
山川牛男 2021年あき おちょこで2つ←本当に酒が入らないのですよ…。










最終更新日  2021年10月07日 15時31分04秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6241件 (6241件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.