5207400 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

雅の日記~お気楽生活をめざして

2019年10月17日
XML
胆力と執着というのは、表面的には同じような「こだわり」に見えるが、似て非なるもの。

株式相場の世界なら、意地でもその銘柄にこだわるのが執着。理屈をつけてあれこれ保有する理由を強弁する。これはストーカーと一緒で、相手(銘柄)が好きなのではなく、その銘柄を持っている自分自身を愛しているだけである。
銘柄にこだわりがなくても、自分の手法はこうだ、と決め付けて、他は頑なに拒否する。儲からなくなれば、自分にはこれしかない、と開き直る。要は自分で自分を洗脳しているのだが、それに気づかないのである。意地になって自分を守っているだけである。

一方、胆力というのは、銘柄を保有する、あるいは売買する理由に従って、感情と切り離しでそれを実行すること。願望任せではなく、リアルの損得を考えて行動するときに必要とされる素養なんだと思う。保有する理由があれば保有するし、割高だと思えば名残惜しいけど利益確定してさよならする。あるいは何か決定的なIRや決算が出て、現実を見て仕方ないと損切りする。
これが胆力なんだと思う。

これは人間関係にも当てはまる。株式市場で求められることを現実社会に適用すると問題が生じる場合はあるが、このケースはそれに該当しない。

先日、久しぶりにあった友人に「人に嫌われたくない、って思ったことないでしょう」と質問され「そういえば、ないなぁ」と答えた。お追従(ついしょう)を言ったり、ヨイショするのは性に合わない。相手にいい顔をするために、相手にわざわざ合わせるということを、人生でやっていないなぁと気付いたのだった(汗)

仕事でも、取引先や上司に対してもそれは徹頭徹尾完遂しているので、よく考えると危なっかしい人生だなと思う。でも、そういう姿振る舞いを変えないから、相手が「こいつは何を言っても変わらないから仕方ない」と諦めて、相応の距離をとってくれているのかもしれない。
おかげで、人の縁には恵まれている。

「嫌われても構わない、というスタンスは、胆力の問題だと考えてるの。雅は胆力があるからそういうことを自然にできるんだと思う」と友人。
確かにそうかもしれないな、と思った。同時に1年に1回会うか会わないかの頻度でも、どうして自分は彼女に会うのかといえば、こういうクリティカルな指摘が、非常にありがたいなと感じるからなのだろう。






最終更新日  2019年10月17日 19時32分28秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


slowlysheep

コメント新着

 slowlysheep@ Re[1]:奇跡の一本(10/03) ねこじろー さん、こんにちは。 特定地域…
 slowlysheep@ Re[1]:片手間でちょうどいい(09/26) 翁小僧さん、こんにちは。 私は、年金もら…
 翁小僧@ Re:片手間でちょうどいい(09/26) >そもそもそんなに私は運用巧者ではない…
 slowlysheep@ Re[1]:一進一退(08/30) 翁小僧さん、こんにちは。 人はなかなか変…
 slowlysheep@ Re[5]:大きく張らない(07/08) TOMさん、ご丁寧なお返事ありがとうござい…

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

2019主力株概況8位、… New! みきまるファンドさん

運用成績・ポートフ… lodestar2006さん

avoidは結構強い言葉… ossanpowerさん

9月の権利取得銘柄と… nonnon159さん

ペドロンの日記 pedoronさん
にょろにょろこりん… こりん太さん
小悪魔日記~その後… web mastarさん
Mt.こけもも めぐもぐりんさん
シモジマな人々 T-takさん
フランスよもやま生… aqqueさん

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.