305652 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

八百津町議会議員 河村のりよし

PR

2015年12月09日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

本日は建設文教常任委員会がありました。

私の主な発言内容は3つ。

1つ目は工場誘致条例について。今回、この条例の一部を改正することになりました。大幅な内容というよりは文言の変更だけでしたので、この議案そのものには意見はありませんでしたが、「根本的にこの時代に工場ってどうなん?」という趣旨の発言をしました。

この条例が制定された昭和58年はバブル経済の直前です。まだまだ工場の海外移転よりも地方移転が盛んな時期でした。しかし、この条例が制定されてから30年も経過しているのです。この条例が時代に合っているのかどうかも考えなくてはいけません。

まず、この30年で子どもたちの大学進学率は大幅に上昇しています。30年前に比べ大学進学率は20%近く上昇しています。これに専門学校への進学を加えれば、高卒就職者は30%程度しかいません。

「工場誘致」の根底にあるのは「高校を卒業しても働く場所がない」という古式ゆかしい概念にとらわれているのではないかと思っています。

そのため、文言そのものよりも条例の目的そのものを変更し、工場誘致ではなく企業誘致にすべきだと思います。

実際、今や工業団地には製造業・加工業だけではなく、通信販売の増加による物流サービスの拠点がたくさんあります。30年前にはインターネットはありませんでしたが、今はネット通販の時代です。

しかし、今の条例では対象が製造業ですので、今の時代に合った企業に対しての優遇がありません。

私なら、企業誘致よりも一歩進めて起業家誘致の条例にしたいですね。

 







最終更新日  2015年12月09日 20時13分27秒

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

お気に入りブログ

中学1年生の英語 New! 明秀館さん

B&Gプールに行ってき… New! 八百津町さん

トイレ改装工事 ごうまじまじさん

便利。 南の海の音がするさん

クリア empty206さん

フリーページ


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.