988716 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

発達障害 しあわせへの道しるべ シュタイナー支援教育 長尾まさ子のブログ

PR

Freepage List

Category

カテゴリ未分類

(15)

お家でできる療育

(36)

お家でできる工夫

(7)

子育ての心配について

(27)

支援教育の実際(発達改善クラス)

(13)

保護者の感想

(4)

ADHDと呼ばれる子どものこと

(18)

自閉症スペクトラム・アスペルガー

(29)

不登校

(7)

文字を書く苦手(ディスグラフィア)

(3)

言葉とコミュニケーションの苦手

(14)

文字と読み書きの苦手(ディスレクシア)

(6)

聴覚と聞き取りの問題

(7)

見え方の問題

(8)

左右利き不側の統一の問題

(10)

知能と発達

(16)

乳幼児期の運動パターンの残存

(24)

十二感覚

(8)

平衡感覚

(17)

不器用さの問題:発達性協調運動障害(DCD)

(6)

頭が良すぎる子

(2)

足と子どもの発達

(3)

遊びとゲーム

(10)

エクササイズ

(9)

子どもの観察(チャイルド・スタディー)

(11)

口の動き

(6)

大頭と小頭

(8)

被いの厚さ

(3)

子どもの不適切な行動

(10)

ストレッチとリフト

(6)

治療教育・支援教育

(8)

発達に関係する本

(18)

教育

(10)

幼児教育

(7)

(27)

本(シュタイナー関係)

(27)

アトリエ・ひまわりの 庭

(3)

美術

(40)

クラフト・手仕事

(5)

音楽

(9)

シュタイナー

(15)

コローメソッド絵画療法

(3)

講座案内

(11)

講座

(29)

シュタイナーを学ぶ会・関西

(22)

バイオダイナミック

(1)

オイリュトミー

(19)

シュタイナー芸術展

(10)

経済・社会

(5)

お買い物

(4)

バイオグラフィー

(7)

お料理

(11)

映画

(7)

雑文

(14)

精神界との繋がりについて

(1)

エクストラ・レッスン

(3)

シュタイナーの支援教育

(2)

支援教育の目的(自我の受肉)

(1)

Profile


アトリエ・ひまわり

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Recent Posts

Calendar

Free Space

設定されていません。
​​​​​​​​『ADHD』のこの子が動き回るのは、片足立ちができないからです。

『LD』のあの子が漢字が苦手なのは、左右の利き側がバラバラだからです。

『自閉症スペクトラム』のその子がお話ししないのは、
 音が聞こえすぎているからです。


『発達障害』と、いわれる子どもも、苦手の原因は、人それぞれです。

『本当の理由』を見つけて正しく働きかけることで、
 その問題は解決していきます。
​​​​​​​​​​


​メールアドレス m_n☆leto.eonet.ne.jp(☆を@に変えてください)
電話 080-6113-8684 
大阪府泉南郡熊取町南山の手台3-19
 (最寄り駅 JR阪和線『熊取』、
  南海ウイングバス南部『熊取団地』または『山の手台中』)

セッションの内容と詳細

2019年11月15日
XML
カテゴリ:エクササイズ
​​​​​​​​​​​​​​『二次色エクササイズ』は、9歳以上の子どもの水彩エクササイズです。

青紫、オレンジ、緑の三色から一色を選んでもらいます。


この時、どうしても選べないという子がいます。


ちょっと挑戦は必要。

でも無理はしない。


これがあらゆるエクササイズの基本です。


ちょっと頑張ってもらう。

ゆっくり待つ。

あまりにも難しそうなら
『ここに課題があるな』と意識はしながら選んであげる。

すると、
ある日、突然、自分で選べるようになります。



 ※ シュトックマーの絵の具は、出すのが少し手間ですが、
    無印良品のチューブに入れるとカンタンです。


1枚目。選んだ色一色を使って塗ります。
左から右のストロークで、上から下に塗ってもらいます。

2枚目 

最初に選んだ色には、どんな色が隠れているかを訊きます。

その2色を使って画面を塗り分けます。

常に左から右の水平ストロークです。


1.左右半分ずつ

2.上下半分ずつ

3.円とその回り

4.対角線で2分の1

1回に描くのは1種類だけです。



  
 
これは左右2分の1。なかなか集中力がいりますね。


円もかなり難しいですね。

しかし、最も集中力を必要とするのは、意外なことに、


一番簡単に見える上下2分の1なんです。



最初は、ビックリしたのですが、どの子にも結構、難しいようです。

一色で、左から右へ、左から右へひたすら繰り返している・・・・

絵の具がたれないように

真っ直ぐ描くように

左から右、左から右・・・。

・・・・・・・

と、半分で止めなくてはいけないことを忘れるんですね!

下まで行って、気がつく子もいます。


ここで重要なことは、
​『子どもは2分の1で止めなくちゃいけないと、知っている。』​

と、いうことです。

知っているけれど、作業をしている中で、つい忘れるのです。


既によく知っていることを、注意するのは、
あまり意味のないことです。


知っているけれど、作業をする中で、

色々考えているウチに、うっかり忘れるんですね。


その様子を良く観ること。


何も言わずに繰り返していると、

いくつものことを同時に意識しながらできるようになります。



お手玉を計算や逆唱と一緒に取り組むと、より効果的です。


シュトックマー社 透明水彩絵の具 三原色 20ml 6本セット
​​​​​​​​​​​​​​​
おもちゃ箱 水彩用画筆 小


エクストラ・レッスン 読み・書き・計算に困難のある子どものための動きとお絵かきのエクササイズ【電子書籍】[ オードリー・E・マカラン ]
ご質問やご相談は
メールとお電話で承ります。

メールはこちら
アトリエ・ひまわり
長尾 まさ子






Last updated  2019年11月15日 22時44分18秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.