4318944 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

すえドン♪の四方山話

全122件 (122件中 111-120件目)

< 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 >

そば

2005/07/25
XML
カテゴリ:そば
 地元のおばちゃん達が作る「手打ちそば」と「手打ちうどん」。高松から徳島の脇町へと走る国道192号の夏子休憩所では、この「手打ち麺」が安価で購入する事が出来ます。
 昨日、香川県の八栗寺の近く八栗テックで行われた四国選手権トライアル第6戦香川大会の帰り道、夏子休憩所で「夏子そば」を購入します。ここでは地元の方が作る手打ちの「うどん」「そば」を購入する事が出来るのです。1食分がビニール袋に入った、スーパーでよく見かける麺なのですが味が違います!!
 眠くて立ち寄った夏子休憩所でしたが、午後5時前と言う事でもう「手打ち麺」は残っていないだろうと思っていたら「うどん」が10玉ほど残っていました。この少し黄ばみのある「手打ちうどん」なかなかいけます♪「うどん」を買って帰ろうかと思っていたところに2階の食堂から2玉の「手打ちそば」がおりてきました。たぶん食堂を閉めるので残った「手打ちそば」だったみたいです。「お兄ちゃん、残り物だから半額でいらない?」と声をかけられました。「手打ちうどん」を見ると「半額50円」の表示が・・・。明日は休憩所が休みなので早めの特価処理(笑)だったみたいです!!「手打ちそば」を2玉、「手打ちうどん」2玉購入、なんと200円です~う(^_^)~♪
 今夜は暑い夜でしたが「夏子手打ちそば」を自宅でいただきます♪「そば」の香りがしっかりあってとっても美味しかったです(^ ^ ;。
 以前に紹介した「三頭そば」はひとつ西側の峠の「そば」です。徳島の「そば」美味しいですよ(^_^)~♪






Last updated  2005/07/25 09:12:54 PM
コメント(0) | コメントを書く


2005/07/21
カテゴリ:そば
「祖谷そば」の本場、徳島県の西部「祖谷地方」へ仕事で行ってきました。当然「祖谷そば」を頂いてまいります(^_^)~。国道32号の大歩危渓谷にある「もみじ亭」で「祖谷そば」の「ざるそばぶっかけ」を注文します!! 650円也・・・♪きれいな古民家風の新しいお店だったので、しかたない値段かも・・・(^ ^ ;。
 「祖谷そば」は太い「田舎そば」なんですが「ざるそば」用に少し細めに切られていました。美味しくいただきましたが「祖谷そば」はやっぱりあたたかい方がいいと思うのは私だけでしょうかねぇ?
 「ざるそば」なら断然、東日本で食べた方が美味しいと思います。西日本は「うどん」かな?「ざるそば」はつけ汁の出来も大切です。よく行くそば屋A店、あたたかい「そば」はいいのですが、「ざるそば」はつけ汁が「そば」に負けていてアンバランスなんです(^ ^ ;。もう1軒のそば屋B店はトータル的にOKで及第点なんですが、「そば」がもう少し力強ければと、私は感じています。A店の「そば」にB店の「つけ汁」だと私、毎日食べにいっているかも♪
 でも、一番美味しい「そば」は私の打つ「手打ちそば」かな(爆笑)!!






Last updated  2005/07/21 09:08:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/07/20
カテゴリ:そば
 蕎麦にワサビをからめ、特製の天かすを入れた蕎麦つゆにくぐらせて口へと運ぶ・・・あぁ、至福の瞬間が口の中いっぱいにひろがっていきます♪
 今日、紹介する「そば」は岡山県川上町にあるカルスト台地のトライアル場「原瀧山トライアルパーク」で、年に一度食べられるかどうかという幻の「そば」なんです!! ゴールデンウイーク中に、ここで開催される「漫画の国トライアル大会」は、オートバイ・トライアル競技の今から20年以上前の古いマシンのみが参加出来るという、ちょっと変わったトライアル大会です。トライアルとは、自然の中の地形に作られたセクションと呼ばれるコースをいかに足を付かずに走り抜けるかという競技です。ゴルフみたいに○コースって感じでセクションがあって、足付きの減点数をカードに記録して減点数がもっとも少なかった人が優勝となります。
 トライアルの話はさておいて、この旧車大会はどちらかというとお楽しみの大会です。全国から自分のコレクションのマシンを見てもらいたくて、大会前日に開かれる「前夜祭」に集まります。早く言えば「宴会」です。全国から地元の特産物を持ち寄り、それを肴にオートバイ談議で盛り上がるのです。
 そんな前夜祭に、地元岡山の全日本ライダーでもある河野さん(本業そば屋)が、仕込んできた「そば」を参加者に振る舞ってくれるのです。「そば」好きの私は、この「そば」を食べたいが為に、せっせと「漫画の国トライアル大会」へ参加し続けているのです(爆笑)!!
 麺は包丁で切るのではなくて、スパゲティみたいに機械でしぼり出すそうです。コシは抜群で言う事なし!! 天かすが美味で♪「そば」とからむと絶妙の味を引き出してくれます。管理施設の簡単な厨房で、これだけ美味しい「そば」を食べさせてくれる河野さん。でも、私はまだお店へ行った事がありません。なんとか時間を作って岡山市内のお店へ一度は行ってみたいものです!!あぁ・・・また食べたくなってきたぁ~(^ ^ ;。

「漫画の国トライアル大会」はここ
で見られます♪
 






Last updated  2005/07/20 09:10:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/07/18
カテゴリ:そば
 「祖谷そば」を食べに四国第2の高峰&霊山の「剣山」へ行って来ました♪本当は「剣山」に行ったついでに「祖谷そば」を食べてきただけなのですが・・・(爆笑)!! 休日だというのに行楽ではなく仕事(でも半分かな)です。「剣山」の標高は1995m、涼しい~♪連休だったので混雑をさけてオートバイで行って来ました(本当はオートバイに乗りたくて「そば」が食べたかっただけなのかも・・・(^_^)~)。私、実は印刷関係の仕事をしていまして(^ ^ ;、仕事で足りない写真を撮りに行っただけなのです。別にカメラマンという訳ではなくて、私の写真でも大丈夫な小さなカットだけです(笑)!!
 「剣山」は登山リフトが出来てから、簡単に登れる山(日本百名山)として多くの観光客が訪れるようになりました。リフト乗り場の周辺は門前町のように土産&宿泊の店が立ち並んでいます。そんな中に「手打ちそば&民宿」の店の「○家の宿」があります。店頭で「そば打ち」を実演していて、そば好きにはたまらないロケーションのお店です♪
 写真を撮る為(^ ^ ;はずかしくないように・・・お客が少なくなった時を狙って入店(爆笑)!!ちょうど新しいそばを切っているところでした。「そばがなくなったので時間がかかるよっ!!」と正真正銘の手打ちそばです。ただ、老夫婦が二人で切り盛りしていて、正直な感想は・・・正真正銘の(笑)の「田舎のなつかしい(笑)そば♪」でした。そばは素朴でワイルドでしたが、ダシがいまひとつぬるかった(残念)!!あくまでも私の好みで言わせてもらっています(^ ^ ;。 生そばの値段は550円、立地条件(標高)からいうとしかたないって感じですね。
 今日「楽天トラベル」で、信州・松本のホテルを予約しました!!お盆に恒例の「青春18きっぷの旅」に出る為です。インターネットで色々と見ていたのですが、松本のグルメを見ると「信州そば」ではなくて「ラーメン」が有名みたいだったので、ちょっと驚きました(^ ^ ;。1泊2日の旅なので、食べても精一杯、夕食・朝食・・・そして駅弁くらいなのですが、短い時間の中で松本を堪能してみたいと思ってます♪また、報告しますので(^_^)~。

「すえドン♪のフォトアルバム」
に「剣山」の写真があります♪見てね!






Last updated  2005/07/18 08:40:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/07/17
カテゴリ:そば
 以外と知られていませんが、徳島の郷土料理に「そば米」というのがあります。御存じだったでしょうか♪徳島には結構麺類が多くありまして、有名なのが「祖谷そば」「半田手延べそうめん」「徳島ラーメン」「たらいうどん」・・・。麺ではありませんが、それに「そば米」が加わります!!
 予定では、岡山のそばを紹介しようと思っていたのですが、夕食に思いがけず「そば米」が出たので、あわてて写真を撮り(^ ^ ;紹介する事にしました。
 「そば米」とは、そばの実をそのまま茹でて乾燥させ、麺類のようにダシに入れて煮て食べる郷土料理です。三角形の「そばの実」が独特の食感で、「そばの実」に負けないようにダシは鳥肉などを入れ、結構コクのあるダシとなっています。今晩の我が家の「そば米」はいつもの鳥肉ではなくて豚肉を使っていました。当然、美味しくいただきましたよ♪
 小さい頃からこの「そば米」に親しんでいるせいなのか、私は「そば」が好きです。徳島の「そば」って独特ですが結構はまってしまいますよ!!いずれ、その他の徳島の麺類・・・「徳島ラーメン」「半田手延べそうめん」「たらいうどん」なんかも紹介しますのでお楽しみに(^ ^ ;。
 今年のお盆の「青春18きっぷの旅」は、信州・松本にほぼ決定しそうです。何と言っても「信州そば」が食べたくなりましたので(^_^)~。徳島から各駅停車(快速は使います)で1泊2日の恒例旅行!! 徳島-明石間を高速バスを使う事で、なんとかクリアする事が出来そうです!! 旅行記も書く予定ですので、どうぞお楽しみに(^ ^ ;。駅弁ネタもそのうち披露しますね♪






Last updated  2005/07/17 08:46:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/07/12
カテゴリ:そば
 うどんで好きなのは「ぶっかけ」、そばで好きなのが「おろしそば」です。今日、紹介するのは鳥取県鹿野町で去年食べた「おろしそば」♪
 オートバイ・トライアルの大会で、徳島から島根県隠岐・西ノ島へ5年続けて通った事があります。その時、米子自動車道の大山PAで「おろしそば」を食べるのがとっても楽しみでした。パーキングの食堂なのに、その「美味しさ」に感動しました!!山陰地方の「そば」は私の好みに合うのか、先に紹介した亀高駅の「そば」もそうですが、とっても美味しくいただております(^_^)~。
 鳥取県鹿野町へはオートバイの全日本トライアル大会を観戦の為に訪れました。徳島から瀬戸大橋ほ渡り、米子道を湯原ICでおりて一般道を三朝温泉・三徳山を経由して鹿野町へ。山陽地方から山陰地方へ移動する時の独特の道のアップダウンは健在でした。鹿野温泉でひと風呂浴びてから敷地内のそば屋さんで「おろしそば」をいただきます。やっぱり美味しい♪山陰地方へいったら「そば」♪やめられませんねぇ(^_^)~。大会前日の土曜日は、車中泊りです!!これまた楽し♪
 今年のお盆の「青春18きっぷの旅」・・・、信州で「そば」を食べるか、山陰本線の残り益田-下関間を走破して山口の「そば」を探訪(爆笑)するか。1泊2日でどこまで行けるか、ははは・・・贅沢な悩みを今楽しんでおります(^ ^ ;。






Last updated  2005/07/12 11:09:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/07/11
カテゴリ:そば
 讃岐うどんのメッカ、香川県中讃地区と徳島を結ぶ「三頭トンネル」。徳島・香川県境の阿讃山脈を貫く三頭トンネルの徳島側入口近くにある物産センター?で「三頭(さんとう)そば」は食べられます。ここは地元の農産物を販売する施設で、土日しか営業していません。かつて、徳島から香川へ農繁期に牛や馬達がこの三頭峠を越えて借り出されていました。この三頭峠は急傾斜の続く難所で、過酷な労働で疲れ果てた牛や馬達が途中で息絶えることも多かったようです。かつての峠のあたりには馬頭観音が祭られています。
 そんな三頭から、今はトンネルが抜けて坂出への最短ルートとして多くの車が行き来するようになっています。トンネルを抜けてしばらく走った所に、知る人ぞ知る超有名うどん店「谷川」があります。谷川米穀店です。土日は県外ナンバーの車が道路脇のいたるところに停まっていて、行列が続く人気店です。もう少し下ると満濃町へと出て「長田」「小懸屋」そして「やまうち」「宮武」と数え切れない讃岐うどんの店が集中する中讃地区へと続きます。
 讃岐うどんのメッカの手前で頑張っている「三頭そば」、「美郷そば」と同じく無骨な短い太麺です。それが熱いダシとからまってなんとも言えない風味を醸し出すのです。このあたりの山には「そば」が多く栽培されていて、その地元産の「そば」を使って、地元の人達が打つ、そんな「三頭田舎そば」まずいはずがありません♪近くにある三頭神社では、大晦日に参拝すると「三頭そば」が振る舞われます。この「三頭そば」はお店で食べるだけでなく、麺を購入する事も出来ます。そば好きの私は食べたあとはしっかりと、家で食べる分も買って帰るのでした♪






Last updated  2005/07/11 09:12:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
2005/07/10
カテゴリ:そば
 徳島の「そば」といえば「祖谷そば」が有名ですが、負けずに劣らない「そば」があります。それは「美郷の田舎そば」です♪徳島県の吉野川中流部の吉野川市の「ほたる」で有名な美郷地区(旧美郷村)の「そば」です。見事な石垣の段々畑で育てられた地元の「そば」を使って、太めの麺に手打ちされたのが「美郷そば」です。太めの麺は短くて「そば」本来の味をしっかりと感じられ、一度食べたら病みつきになってしまう事間違いないでしょう♪この「田舎そば」は美郷温泉(ヘルスランド美郷)または、吉野川市山川町から国道193号を剣山スーパー林道へと向う途中の「美郷物産館」で食べる事が出来ます。500円也♪
 徳島で「そば」というと、郷土料理の「そば米」があります。そばの実を一度茹でて乾燥させたもので、それを戻してダシに入れて食べます。小さい頃から「そば米」に馴染んでいる為なのか、私は「そば」が大好きです♪
 通信販売で「そば打ちセット」も購入していて、自分で「そば」もしっかりと打ったりしています。「年越しそば」はもう十数年来、私が打ち続けているんですよ!!自宅の庭には「つなぎ」用の「山芋」を植えています。将来の夢は自分でそばも栽培する事でしょうか(爆笑)♪

 楽天のブログを始めて1週間が過ぎました。イラストを載せたくて始めたブログですが、現在は食いしん坊な私の麺類の写真ばかりとなってしまっています。お盆には恒例の「青春18きっぷ」の1泊2日の旅に出る予定ですので、その旅日記はぜひイラストでと考えています。駅舎や風景に食べ物なんかを、水彩で描いてみたいと思っています。今までにはリキテックスという絵具を使ってオートバイのイラストを描いています。過去の作品を見てみたいという方はフォトアルバムに掲載していますので、一度遊びに来て下さい。

イラストはこちら
です♪






Last updated  2005/07/10 07:18:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/07/09
カテゴリ:そば
 超ローカル鉄道のJR木次線の亀高駅で出雲そばの駅弁を受け取りました♪
 昨日、紹介した東城町へ訪れた時には、JR芸備線の備後落合駅から分岐するJR木次線周辺をよく散策していました。松本清張の「砂の器」で登場するJR木次線の亀高駅は、駅舎がそば屋さんとして営業しています。三段重ねのせいろに入って出てくる出雲そばは、素朴な味で私は大好きです。
 去年の夏、青春18きっぷの旅で徳島から京都へと移動し、京都から宍道まで山陰本線を各駅停車の列車を乗り継ぎました。宍道駅から、いよいよ木次線へと今回の一泊2日の旅のクライマックスが訪れます!!出発までの時間で亀高駅へ「そば弁当」の予約を入れます♪料金は500円、亀高駅のホームで名前を言って、500円を支払って「そば弁当」を受け取ります。短い停車時間の間で大丈夫かと心配していましたが、そこはしっかりと待っててくれました(^ ^ ;。
 お盆の旅行の為、2両編成の車内は100%超の乗車率でした。車内でとても食べられる状態ではなく、終点の備後落合駅で列車待ちの間に頂くことにしました。感想は「美味しい!!」私好みの素朴な荒削りのそばでした。500円は安い!!と思います。都会のそばは洗練されて見た目も綺麗なのですが、私はやっぱり田舎のワイルド感あふれる無骨なそばの方が好きです♪
 今回の旅の行程はというと。徳島から高速バスで明石の舞子へ、新快速で京都まで一気に移動します。京都からは山陰本線をひたすら各駅停車で進みます。鳥取で一泊し翌日も各駅停車の旅は続きます。備後落合からは芸備線で新見まで移動し、伯備線で岡山へ。快速マリンライナーで坂出に出て、琴平・池田と経由し一泊2日の各駅停車の旅は終わりました(^ ^ ;






Last updated  2005/07/10 07:28:09 AM
コメント(3) | コメントを書く
2005/07/08
カテゴリ:そば
 そばの上には中国山地で育った比婆牛の美味しい肉がたっぷりと・・・♪
 去年の秋、趣味のオートバイ・トライアル競技の大会に参加するために徳島から瀬戸大橋を渡り山陽道を西へ、福山へと走ります。大会前日の土曜日、今回は時間があったのでローカル国道182号を福山からのんびりと東城へと初秋の中国山地の景色を楽しんだのでした♪
 広島県の山間部、隣は岡山という東城町の「道の駅・東城」の敷地内にある「そば処・天咲」で遅い昼食をとりました。注文したのは「比婆牛そば」あったかいそばの上に美味しい比婆牛がたっぷりとのっています。ボリュームたっぷりで美味しかったです!!ただ・・・ひとつだけ言わせていただくと、そばのつなぎが多いのか?そばが比婆牛に負けていました!!細麺よりも太麺の田舎そばの方が、あっているのではと感じましたよ(^_^)~。
 大好きなJR芸備線の通る町としても、古い町並みの残る盆地の町としても魅力たっぷりの広島県東城町、時間がある時には訪れるようにしています。そうそう、隣町の西城町にある備後落合駅へも当然寄って来ましたよ。私の大好きな駅のひとつなんですです♪山の中にぽつりとある駅舎。そこから分岐する鉄路・・・メルヘンです(^_^)~。私、分岐点の駅(それも山の中の・・・)が大好きなんです!!
 そうそう、今回の行き先は広島県比和町です。現在は庄原市比和町となりましたが10数年にわたって毎年訪れている中国山地の素敵な町です♪






Last updated  2005/07/08 09:08:50 PM
コメント(0) | コメントを書く

全122件 (122件中 111-120件目)

< 1 ... 7 8 9 10 11 12 13 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.