344995 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

新潟県武術連盟ホームページ

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


林沖

Favorite Blog

●研究美術●ミマキン… mimakingさん
いろどり広場 bon直人さん

Comments

林沖@ Re:ブルース・リーの動画ですが(03/04) SS君情報ありがとう。 大部分は見たことの…
S君                       .@ ブルース・リーの動画ですが この動画を見たことはありますか? https…
林冲より@ Re:12月16日の稽古日誌(12/16) S君、情報ありがとうございました。 大変…
S君                         .@ 失礼かもしれませんが こんなのがありました。 https://ameblo.…
<
西忍寺正面



唐獅子




私の通う武術の道場は、田園風景のひろがる山あいの静かなお寺です。毎週一回の稽古ですが、気持ちのよい汗を流させていただいております。豊かな自然、広々とした田畑、美しい山川、澄んだ空気・・・そんな中で稽古をしていると身も心も癒され、ストレスも洗い流されていくような思いがします。日々の生活に追われ、辛いこと、いやなことなどが積み重なって疲れ果てても、またあのお寺で、あの澄みきった空気の中で稽古するんだと思うと、また活力がよみがえってきます。お寺の名前は、西忍寺。300年続く浄土真宗のお寺です。私の師匠は、そこのご住職です。全日本中国拳法連盟の佐藤金兵衛会長から10年にわたって武術を学び、その全てを伝授されました。外柔内剛という言葉どおりのお人柄で、いつも穏やかな春風が吹いているような、そんな感じのする師匠です。いつも私たち門下生の悩みをきいていただき、様々な相談にものっていただいて、武術の師匠というよりは、人生の師匠といったほうがいいのかもしれません。もちろん、武術のほうは、我々が10年、20年稽古したぐらいでは、真似できないような技術を持っておられます。そのお人柄のように、技をかけられるとうららかな春風に身体を包まれたような感じがして、次の瞬間には絶体絶命の状態にさせられてしまう。私は30年あまり学び、様々な技を習得し、そこそこは使えるようになったと自負しておりますが、それでも、師匠のあの、うららかな春風を吹かせることができずにいます。このブログは、尊敬する師匠のお寺のことを紹介したり、稽古していくうえでいろいろ学んだこと考えたことなどを書いていくものです。
2019.03.10
XML
カテゴリ:西忍寺道場
今日の柿崎は晴れのち曇り。
西忍寺の境内の雪もほとんどとけていました。

今日のメンバーは3人。
N師範、O大師兄、私。
Oさんは、花粉症と風邪でかなり辛そうでした。

最初は棒術と半棒術。
できるだけ力を抜いて棒を持ち、重みを相手に
伝えるように意識して稽古しました。

次は混合対練。
踵重心で、自ら崩れ、それを相手に伝える。
このテーマで稽古しました。
自分の崩れを相手に伝えるという感覚は、ある種
の怖さや不安感を持ってしまいますが、基本稽古
で足腰は昔から鍛えてきたので、崩れても倒れな
という足腰の強さやバランス感覚はみなさん持っ
ています。稽古が進むにつれて、できるようにな
りました。

次は琵琶勢。
これも踵重心で受け、崩れ、瞬間的に肘関節を極
める。うまくいかないと、技はもたつきますが、
上手くいくと瞬時に極まります。

次は覧雀尾。
これも肘関節を極めるときは、踵重心で自ら崩れ
る。こうすると相手は浮き上がり、半分背中を向
けてしまいます。そこへ打斉。相手は吹っ飛びま
す。

次は左右盤欄。これも踵重心で崩れながら、相手
を大きく手前に崩し、後頭部に掌打。
上手くいくと抵抗感なく相手は大きく崩れます。

次は抱虎帰山。
これも相手の攻撃を受けるとき、踵重心で受け、
相手も自分も重心を浮き上がらせます。その浮
き上がった相手の脇に向けて手を差し込み、歩
を一歩進めると、相手は踏ん張ることもできず
あっさりと倒れます。

次は十字手。
今度は片足のみに重心を乗せ、相手の攻撃を巻
き落として受けます。こうすると相手は大きく
崩れ、こちらが巻き上げると、顎があがるほど
のけぞります。そののけぞったところに踏みこ
んで倒します。
次に十字手をわざと相手に防がせておいて、そ
こから相手に自由に攻撃してもらいました。
全ての攻撃を片足重心で受けると、相手は渦に
巻き込まれるように崩れ潰れていったり、倒れ
ていったりします。そして、倒れながらもしぶ
とく攻撃してきた場合、こちらが意図したわけ
でもないのに、奇妙な形で関節技が極まってし
まいます。

初心者のうちは重心を低くして稽古をしていま
した。そのうえ、攻撃も防御も後ろ足重心で行
いました。そのときは、太ももの筋肉がパンパ
ンになり、なんて辛いんだろうと思って稽古し
ていましたが、このとき培ったの足腰の強さ、
後ろ足重心という原則が染みついた体は、棒立
ちになって踵重心の崩れを利用したり、片足重
心で攻防をしたときに活かされ、相手の攻撃を
手が勝手に受け、勝手に関節技を極め、勝手に
投げたおし、勝手に攻撃するという、魔訶不思
義な現象を引き起こしました。

基本というものは、これほどまでにすごい事な
んだと、再確認しました。

今日の稽古はこれで終わりです。

みなさん、面白い稽古ができましたね。

お疲れ様でした。






Last updated  2019.03.10 17:17:38
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.