179799 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

たんぽぽ730

☆たんぽぽ730の部屋へようこそ☆      




☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪ 2018 spring! ♪☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
Jul 8, 2019
XML
テーマ:山登りは楽しい
カテゴリ:登山
7月5日(金)

半日の仕事を終え、帰宅後すぐに出発。
およそ5時間車に揺られ(運転は主人任せ)
山形県大江町の柳川温泉に到着。
今夜のお宿は宿泊施設つきの日帰り温泉。
お湯よし、部屋よし、そしてリーズナブル!
良い宿だった。

7月6日(土)

4時半出発。
まだ薄暗い中、灯りがともったほのぼのとした宿を後にした。


およそ30分で古寺鉱泉駐車場に着く。
沢沿いを5分歩くと、古寺鉱泉。
当初の計画ではこの宿に泊まる予定だった。
風情があるというか何というか・・・


ハナヌキ峰分岐を過ぎて古寺山あたりからヒメサユリが見られるダブルハート
主人は飯豊連峰で見て以来40年ぶり、
私は生まれて初めてのヒメサユリ。


道の両脇がヒメサユリだらけで
ヒメサユリロードと呼びながら歩いた。



霧が巻いたり晴れたり登山道は幻想的。
往路は小朝日岳に登り、帰りは巻き道を通った。


キスゲとヒメサユリのコラボ手書きハート


霧が晴れると向こうに残雪をたたえた山肌が見える。


朝日連峰随一と言われる銀玉水。
冷たくておいしかった。


登山道に雪渓歩きが二カ所あったが、
銀玉水を過ぎた雪渓は長くて怖かった。
主人はすいすい歩いたが、私は下りでアイゼンをつけた。


大朝日小屋に着いた。
避難小屋だけど宿泊に使う人が結構いるようで、
一泊1500円と書いてあった。
ここでちょっと腹ごしらえをし、荷物をデポして山頂へ。


着いた~目がハート
時々ガスが晴れると雲海の向こうに飯豊連峰が見える。
月山は雲の向こうに隠れていた。


ずっと見ていたかったけど、帰りの時間もあるので10分ほどで下山開始。
帰りもヒメサユリを見ながら歩いた。

いつものことだけど、
今回も、計画、準備、運転、すべて主人にお任せで
楽しい登山ができたハート(手書き) 感謝!

登山口発5:20→古寺山→小朝日岳→10:25大朝日小屋10:35→10:50山頂
山頂11:00→11:10大朝日小屋11:30→15:00








Last updated  Jul 8, 2019 07:59:45 PM
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.