2763017 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

のんびり・ゆっくりダイエット

2019/05/22
XML
カテゴリ:世界遺産








仕掛け時計のある建物の裏側奥に

古くから巡礼者の憧れの地として知られる

聖ヤコブ教会があります











聖ヤコブ教会はローテンブルクの町の中でも

一番大きなプロテスタントの教会として歴史にその名を残し

世界的にも有名なサンティアゴ・デ・コンポステラと呼ばれる

巡礼ルート内の教会としても重要な役割を果たしています

聖ヤコブ教会前の聖ヤコブ像は

ローデンブルクの絵はがきに欠かせない銅像です

左手にホタテ貝を持っています

ホタテ貝はキリストの弟子聖ヤコブのシンボルマークです

1311年から建築された聖ヤコブ教会は

1484年までの150年以上もの長い年月をかけて建築され

美しく見事なゴシック調の教会となりました

建物を挟むように南北に二つの塔が建てられていますが

一つを親方が

もう一方をその弟子が建築したために

高さ・形共に異なっています・・











町の中心部の噴水のある通り・・













ユニークな看板で何のお店なのかがわかります・・












ローテンブルクの街を西に移動すると












ブルク門

ローテンブルクの街の中で一番高い場所にある門です











ブルク門の前は公園になっていて

その先に行くとローテンブルクの街中が見えます











ここからのタウバー渓谷の眺めは壮大・・

ここは高台になっていて城を築くのに最適な場所でした

ローテンブルクの起源は

10世紀頃にローテンブルク伯がここに城を築いたことにあります

1108年になるとローテンブルク家は断絶してしまい

当時の皇帝ハインリッヒ5世(神聖ローマ皇帝)は

シュタウフェン家のコンラートにこの城を与えました











その後を継いだのが

フリードリッヒ1世!

バルバロッサ(赤髭王)・・

武将としても政治家としても有能で

イタリア遠征の時にBarba Rossaとあだ名がつけられました

第3回十字軍に参加した時に小アジアで溺死・・

部下の将兵は彼の遺骸を大釜でグツグツ煮て

骨だけにして故国に持ち帰ったそうです

そんなバルバロッサですが

当時はわずか8歳

「ローテンブルクの童子」と呼ばれていたそうです

シュタウフェン家の皇帝たちは代々この城を増強しましたが

断絶してしまい人の住まない廃虚に・・


続く


FC2・・はこちらから






Last updated  2019/05/22 09:13:17 PM
コメント(14) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.