475421 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

玩具やプラモのガラクタ倉庫

リボルテック YF-21(ガルド機)

今回はリボルテックより、YF-21(ガルド機)をご紹介いたします・・・ごめんなさい、本編未視聴なのでゲーム等でしか知りません
YF-21はOVA及び劇場版「マクロスプラス」に登場した可変戦闘機で、主役の1体です
脳波コントロールで動かされる為コックピット内には操縦桿は存在せず、外の状況は脳内に直接投影されるためにコックピットからはキャノピーの外を見ることが出来ない一風変わった機体です
さらに本来なら見ることの出来ない、自機を狙って飛んでくるミサイルの軌道すら予測できるという特殊な機能を持っています
さらにファイター時にデッドウェイトとなる手足を切り離し、エンジンの安全装置を解除して、多大な機動力を得ることの出来る通称「リミッター解除」も搭載されています
しかしその半面、操縦には全神経を集中させる為、集中力・精神力が高い人間で無いと乗れず、リミッター解除をすればパイロットもただでは済まないと言う短所も持っています
パイロットはゼントラーディと地球人のハーフの「ガルド・ゴア・ボーマン」、YF-21の開発にも立ち会っているテストパイロットだったかな?
開発元はゼントラーディ系列の軍事企業「ゼネラル・ギャラクシー社」、デザインにもクァドラン・ロー等の特徴が出ています
YF-21は次期主力機を決めるためのトライアルに出され、最終的には落選しましたが、マクロス7ではVF-17に変わる重攻撃機として、正式採用されたVF-22も登場しますが、マクロスFには未だに出演してないです・・・
本編では、占拠されたマクロスにYF-19のパイロットであり昔からの友人であるイサムを行かせるため、たった一人で無人戦闘機「ゴースト」に挑み、そして・・・
愛称(?)はシュトゥルムフォーゲルだったりシュツルムボーゲルだったりと色々あるんで、間取ってシュツルムフォーゲルって呼んでます、意味は独語でミズナギドリっていう海鳥の事だったかな?独語わからないので知りませんが・・・
ゲームには知る限りで、スーパーロボット大戦α外伝・第3次スーパーロボット大戦α・マクロスVF-X・A,C,E3に参戦しております
とにかくマクロスに登場するバルキリーの中では、YF-21は上位に入るほど好きです(一番好きなのはマクロス7のVF-17)










YF-21(前) YF-21(後)


プロポーションは劇中のイメージに近いと思います、変形は絶対無理でしょうけど
バックパックのスラスターにある▽の部分は樹脂パーツっぽいので破損はしないでしょうが、頭部の黄色いアンテナはプラパーツっぽく、折れやすそうなのでご注意を・・・ついでに先端も尖っているので怪我にも注意してください
足の裏にはベース接続用の穴も開いていないので、覚えといてください


サイズ比較


従来品よりサイズが少し小さくなっています・・・これも原油高とかの影響なんでしょうかね?


YF-21(腕)


頭部・肩・肘・腕部ウイングはRJ、手首は軸接続です
頭部はデザイン上、上下を向く事はできませんが、胴体側のRJの軸を少し引き出してやると、多少下を向くことができるようになり、左右も向きやすくまなりす


YF-21(胴体1)
YF-21(胴体2)


胴体は胸部に仕込まれていRJで動かせます


胴体裏


尚、バックパック裏側もちゃんと塗装されており、バトロイド時に折りたたまれる右主翼にもちゃんと統合軍のシンボルマークが描かれております


YF-21(足)
YF-21


脚部は股関節・太股は軸接続、膝・足首はRJで接続されております
特に制限する物が無いので、足はかなり高く上げる事が可能です


YF-21(脚部バインダー)


ファイター時、機体裏側を覆うバインダーもRJで太股に接続されております
RJが黒になってますが、わかりやすいように取り替えただけで、実際は青いRJが使われております


YF-21(平手&武器持ち&手ガンポッド)


付属品は握り手の他に左右分の平手・武器持ち手・ガンポッドが一つ


YF-21(バリアエフェクト)


ピンポイントバリア用のエフェクトパーツ2種に


YF-21(ピンポイントバリアパンチ)


ピンポイントバリアパンチ用のエフェクトに、いつものRJ付きスタンドも付属
バリアパンチ用エフェクトの取り付けは、握り手に開いている穴にバリアパンチ用エフェクトの裏にある軸を差し込んで装着させます
YF-19ほどでは無いですが、軸が折れやすそうなので着脱の際には注意してください


YF-21(ファストパック)


追加武装のファストパックも付属、ただしこれをつけると腕部ウイングにピンポイントバリア用エフェクトを取り付けられなくなります


ゴースト戦1


劇中の対ゴーストでやってた(はずの)防御方法、両手を組んで中心にバリアを集中させてます・・・クァドラン・ローが腕部レーザー砲を撃つ時にとる発射体制の応用ですね、クァドラン・ローもリボルテックで出ないかなぁ・・・
バリアにはYF-19用のバリアパンチ用エフェクトを使用、両面テープでくっつけてます


ゴースト戦2


しかしゴーストの猛攻の前には歯が立たずに、両手足を打ち抜かれてしまい・・・続きはOVAまたは劇場場で!


ガード&ショット
バリア
腕ビーム

腕部ビーム砲って、構えずらいなぁ・・・ウイング邪魔になるし

回避撃ち


YF-21カッコイイよYF-21


激突
対峙
共闘


後でレビュー予定のYF-19と・・・やっぱり2機一緒じゃないとね!


以上、YF-21でした


待ちに待ったVF-21のリボルテック化、このままVF-11やVF-17・・・さらには現在放送中のマクロスFのVF-25も出して欲しいなぁ・・・
他にもクァドラン・ローやグラージ、デストロイド・トマホークやモンスターなんて脇役メカも欲しいです
その内本編も見たいです・・・CSで放送しないかなぁ・・・

YF-19へ

お遊び編へ












































なんにもないよ!






















































なんにもないって!

































































しつこいですよw




























































ゲスト出演


昔発売されていたYAMATO製の完全変形YF-21のファイター形態、やっぱりカッコイイなぁ・・・


YAMATO製YF-21と


バトロイド形態比較
リボルテック弄った後だとちょっとキツイかな・・・変形できる以外は全て負けてるし・・・けどカッコイイのでOK(ぇ
1/60も出たんだよなぁ・・・欲しい・・・


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.