071973 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

俺のブログパート2 

俺のブログパート2 

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Recent Posts

Freepage List

2005.03.24
XML
カテゴリ:映画
ジョージ・ルーカスが、「スター・ウォーズ」シリーズ全作品を、テキサス・インスツルメンツ社と共に3D映画としてリマスターし、再上映すると発表した。映画配給会社と興行主向けに毎年ラスベガスで行われるイベント、ショーウエストで、デジタル3D映画のプロモーションに参加したルーカスは、30周年を記念して、07年に「スター・ウォーズ」(エピソード4)の3Dリマスター版を公開し、その後、毎年1作ずつ3D版をリリースしていく予定だという。

 パネル・ディスカッションには、ルーカス監督のほかに、ジェームズ・キャメロン監督、ロバート・ゼメキス監督、ロバート・ロドリゲス監督らが参加し、3D映画の魅力についてそれぞれアピールした。現在キャメロン監督は、3D映画「バトル・エンジェル」のプリプロダクション中で、ゼメキス監督は3D映画2作品を準備中。ロドリゲス監督は今夏全米公開される3D映画「The Adventures of Shark Boy & Lava Girl in 3-D」の仕上げの真っ最中だという。

 ショーウエストでは、「エピソード3/シスの復讐」の冒頭6分間の映像も公開された。ルーカス監督によれば、「エピソード1」とは違い、より感傷的になるという。「『タイタニック』の宇宙版のように描いたんだ。本当に哀しい話だよ」と語り、ライトセーバーではなく、ティッシュペーパーを持参して欲しいとコメントした。
【楽天市場】焼酎市場【楽天市場】PC市場【楽天市場】コレクション市場楽天ブックストップページ

SWが立体映画として上映されるとのこと。たしかにEP4は立体にしたら
いい場面が結構あるので楽しみ。日本での上映はあるのかな?





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005.03.24 10:53:00



© Rakuten Group, Inc.