2335393 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ツーリズム徳島●見てみ!来てみ!徳島観光・四国旅行●とくしま観光ボランティア

ツーリズム徳島●見てみ!来てみ!徳島観光・四国旅行●とくしま観光ボランティア

■一般社団法人ツーリズム徳島は徳島市と周辺地域の観光事業の振興、観光産業の発展を図り地域経済の活性化や文化向上に寄与しようと平成29(2017)年12月27日に設立しました。法人番号(13桁) 8-4800-0500ー6623     https://tokushima-tour.jp/ 適格請求書発行事業者番号 T8ー4800-0500-6623
■とくしま観光ガイドボランティア会は2006年3月19日に発足、養成講座を受けた会員で構成しています。徳島市内のガイド依頼は阿波おどり会館(〒770-0904 徳島市新町橋2丁目20番)の1階で受付しています。電話088-655-1910 e-mail: tokushimakanbora@yahoo.co.jp HP: http://tokushimaguide.iinaa.net/
■徳島市産業支援交流センターが2020年7月に徳島駅前アミコに開館し、(一社)ツーリズム徳島が指定管理を受けて運営しています。木工や藍染めなどの地域産業の情報発信や、起業家、事業者を支援し利用者相互の交流を促進する施設です。01ショールーム電話:088-661-7124、09コワーキングルーム電話:088-661-7770(火休)、メール: sangyoshien01(アットマーク)md.pikara.ne.jp
■徳島木のおもちゃ美術館が2021年10月24日に徳島県板野町あすたむらんど内に開館し、館内ショップを(一社)ツーリズム徳島が受託運営しています。木のおもちゃや木工を始めとする地域産業の伝承、振興につながる産品や、子どもが楽しめるおもちゃを販売しています。電話:088-672-1122(代)水曜定休
■とくしま観光サポーター(観光案内人)は、平成24年、25年に徳島東部地域体験観光市町村連絡協議会が実施した養成講座の受講生で構成し、平成25年3月2日に発足し活動しています。徳島市や近郊市町村の観光や施設での観光案内、交通案内等を通じて、心温かいもてなしを行っています。(連絡先:〒770-0834 徳島市元町1-24 アミコ・駅前通り 徳島ウエルカムセンター)TEL:088-635-9002
▼映画「眉山」(07年5月公開)。原作・さだまさし、監督・犬堂一心、出演・松嶋菜々子、大沢たかお、宮本信子・・では、観光ボランティアが裏方のお手伝いやエキストラで出演しました。
2022年08月12日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「阿波おどり」が12日に開幕するのに先立ち、
徳島市内のアスティ徳島で
前夜祭が行われました。
34ある有名連から選抜された
約480人が踊りを披露しました。


>>>>>>>>>>>>>
阿波おどり12日開幕 前夜祭で華麗な踊り披露 徳島市
08月11日 16時05分 JOXKより
徳島市の阿波おどりが12日開幕するのを前に11日、「前夜祭」が行われ、踊り手たちが感染対策を取りながら華麗な踊りを披露しました。
徳島市の阿波おどりは、12日から3年ぶりに街なかに桟敷を設けて開催されます。
これを前に11日、「前夜祭」として、徳島市の「アスティとくしま」で技量の高い踊り手たちによる踊りの公演が行われ、34の踊り手グループからおよそ500人が参加しました。
踊り手たちは、笛や三味線などで奏でる特有のお囃子「ぞめき」に合わせて、一糸乱れぬ華麗な女踊りや、豪快で力強い男踊りを披露しました。
新型コロナの感染が急拡大する中、一部の踊り手は口元を覆うカバーをつけて踊り、お囃子の笛を吹く人は、専用のマスクを着けて飛まつを防いでいました。
東京から帰省したという観客は「徳島の夏は阿波おどりがあってこそだと感じた」と話し、2歳の子どもは「楽しかった」と話していました。
また、20歳の踊り手は「2年間活動できず、4月からようやく練習をしました。マスクを着けて練習するのも暑くて大変でしたが、楽しく踊れてよかったです」と話していました。
徳島市の阿波おどりは12日、開幕し、今月15日までの期間中、毎日、街なかの演舞場などで踊りが披露されます。
>>>>>>>>>>>>>>
 
徳島で阿波おどり前夜祭 新型コロナ対策講じ開幕へ
2022年8月11日 17時43分 (共同通信)
 徳島の夏の風物詩「阿波おどり」が12日に開幕するのに先立ち、徳島市内のホールで11日、前夜祭が行われた。選抜された踊り子たちは新型コロナウイルスの感染対策を取りながら、舞台上でしなやかな女踊りと迫力ある男踊りを披露した。
 市内の「アスティとくしま」に、34ある地元の有力な踊り手グループ(有名連)から選抜された約480人が登場。色鮮やかな浴衣姿で、太鼓や笛の鳴り物、「ヤットサー」のかけ声が響いた。
 感染対策として透明のマウスシールドを着けて踊る人の姿も。観覧席では、マスクを着用し、手指消毒を済ませた観客が、写真を撮ったり拍手を送ったりしていた。






最終更新日  2022年08月12日 00時26分16秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

コメント新着

 aki@ Re:子どもも関心を示す選挙カー演説(07/08) ブログ主様書込みお許し下さい。 中国ロシ…
 ぽりん@ Re:阿波ういろ本舗「ふくや」閉店(07/07) コロナ禍でようやく1年9ヶ月ぶりに帰省が…
 モモカス@ Re:光で徳島城を再現(1月21日~2月19日)(01/15) しょぼすぎる。こんなものに二千万円かけ…
 池田剛士@ Re:「すだち」で長生きしよう(06/25) (訂正報道新着)高橋書店『野菜の便利帳…
 池田剛士@ Re:「すだち」で長生きしよう(06/25) (要・訂正とお詫び)「ムチン(mucin)」…

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.