778266 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

徳島ツーリズム協会●見てみ!来てみ!徳島観光・四国旅行●とくしま観光ボランティア

■■徳島ツーリズム協会■■徳島観光旅行のコンシェルジュとして観光事業者や自営業者、観光ボランティアガイド等が集まり2011年にNPO法人認証されました。
http://www.toku-ta.jp
■とくしま観光ガイドボランティア会は2006年に発足、徳島市の研修を受け、修了証を手にした会員で構成しています。ガイド依頼は阿波おどり会館の1階で受付しています。電話番号088-655-1910 e-mail: tokushimakanbora@yahoo.co.jp
■とくしま観光サポーター(観光案内人)は、平成24年、25年に徳島東部地域体験観光市町村連絡協議会が実施した養成講座の受講生で構成し、平成25年3月2日に発足し活動しています。自分が住む町、働く町にある観光施設での観光案内、交通案内等を通じて、心温かいもてなしを行っています。(NPO法人徳島ツーリズム協会が連絡窓口となっています)
▼映画「眉山」(07年5月公開)。原作・さだまさし、監督・犬堂一心、出演・松嶋菜々子、大沢たかお、宮本信子・・では、裏方のお手伝いやエキストラで出演しました。
2017年09月20日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
徳島大学のモートンジョージ先生の
遍路に関する資料が
大学図書館で開かれているそうです。
観光ビジネス研究会で、モートン先生が
古い資料をお持ちになって見せていただきました。
こつこつと収集されている様子に
頭が下がります。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以下NHKから
外国人と遍路に関する資料を紹介
09月19日 11時08分
 
四国遍路の研究者が集めた外国人と遍路のつながりを示す資料を紹介する展示会が、徳島市で開かれています。
この展示会は徳島大学附属図書館が開き、カナダ出身で四国遍路を研究している徳島大学のモートン常慈准教授が集めた外国人と遍路に関する資料など、およそ70点が並んでいます。
このうち、100年前に四国遍路をしたアメリカの人類学者に関する展示では、阿南市にある平等寺で地元の子どもたちから見送られる様子を撮影した写真などが紹介されています。
また、昭和の初めにドイツ人の遍路が撮影した写真には、北海道から来た2人のお遍路さんと住民が作ったわらじが一緒に写っていて、巡礼者をもてなす「お接待」の文化に当時から外国人が触れていたことがわかります。
このほか、資料を集めたモートン准教授が英訳した、県内の札所にまつわる御利益などの逸話を紹介した明治時代の本も展示されています。
モートン准教授は「昔から外国人が四国遍路に魅力を感じていたことや住民との交流があったことを知ってほしい」と話しています。
この展示会は、ことし11月17日まで開かれています。






最終更新日  2017年09月20日 11時03分20秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

コメント新着

 くろちゃん1515@ Re:2017年を迎えました!(01/01) 謹賀新年 早速の書き込みありがとうござい…
 mkd5569@ Re:2017年を迎えました!(01/01) 新年おめでとうございます 新着記事からき…
 まえちゃんe@ Re:「B-1グランプリin十和田」に徳島市から初出展~10月3・4日~(09/29) 今日、3票投票しました!まったく眼中にな…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.