1997457 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

TOM's Garden

PR

全10件 (10件中 1-10件目)

1

2010夏アニメ1話目シリーズ

2010.08.09
XML

2010夏アニメ

まずは1話目を見てみようシリーズ



☆第8弾デス☆

デジモンクロスウォーズ 1.JPG



どこのロボット戦争アニメ・・・?




やっと録りためしていたデジモン1話目を見れました

遅すぎですね^^;;



1話「タイキ、異世界へ行く!」



いきなりしょっぱなの、ロボット戦争にはビックリしましたが

それはタイキの夢だった。

って事で、デジモン風に、日常の風景、学校での様子から始まり

そして、いきなりのデジタルワールドへ飛ばされて

わけのわからないうちに、なんか戦って、とりあえずその場は勝って


で、「デジタルワールド・・・って何?」という流れw




初代であるデジモンアドベンチャーや、そしてそれに続く02

それに比べると、やけにデジモンがロボットロボットしているなぁという印象。

これも時代なのかな、なんて思ったり(笑)


強さに関しても、いきなりの合体とか、いきなり強いとか

いかにも・・・・良くも悪くも、現代仕様になっているなぁw




いつまでも、初代や02の世界観を引きずれとは言わないし

初代と02は、あれで完結したのだから、と思って

これは、デジモンだけどデジモンじゃない新しいデジモン(笑)

と思って見れば、なかなか面白かったです。


変に初代を引きずって、初代デジモンの世界観ごと壊されるよりはいいかと^^;




これは、これで面白く見れそう・・・かな?


タイキの過去には、やっぱり何かありそうなので

これから話を追う毎に、それもハッキリしてくるんでしょうね。


「放って置けない」


それが、タイキの心の中にあって、それに反応したのかな~なんて思ったり。


毎回の感想は難しいですが、デジモンスキーとしては

続けて見ておこうかな、と思える1話目でした。



でもやっぱり見てると・・・初代と02が見たくなるなぁ。

  

あんな風な感動があるストーリーならいいなぁと期待したいのですが

どうなんでしょう。



 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story(公式より抜粋)
異世界へとやってきたタイキが目にしたのは、
デジタルワールドのモンスター・デジモンたちが戦う姿。
デジタルワールドでは、その覇権を狙ってバグラ帝国が
破竹の進撃を続けており、平和なシャウトモンたちの里は
今まさにバグラ軍の総攻撃にさらされていた。
デジタルワールドでも特別な合体「デジクロス」
新たな力を得てバグラ軍をしりぞけた、タイキとシャウトモンたち。
タイキとシャウトモンは強大なバグラ帝国に挑む中で、
ドルルモンなど多くの心強い仲間を得ていく。
戦い進むタイキが望むのはデジタルワールドの王者か?平和への帰還か?
いま、デジタルワールドで、想像を絶する大戦が始まる!


公式サイトは → コチラ

工藤タイキ : 高山みなみ シャウトモン : 坂本千夏
陽ノ本アカリ : 白石涼子 剣ゼンジロウ : 岸尾だいすけ
蒼沼キリハ : 草尾 毅 天野ネネ : 桑島法子
ドルルモン : 櫻井孝宏 スパロウモン : 菊池こころ
モニタモン : 丸山優子 タクティモン : 島田 敏









※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。









最終更新日  2010.08.09 20:12:29
コメント(2) | コメントを書く


2010.07.22


2010夏アニメ

まずは1話目を見てみようシリーズ




・・・って事で、とりあえず気になる作品の1話目くらいは見たいじゃないか!

続けて視聴するか、それとも作風が自分には合わなくて視聴しないのか

視聴を続けるなら感想を書いていくのか、書かずに視聴だけするのか


それは、公式でストーリーを読んだり、絵柄を見たり

どの方が、声をあてられるのだろうか、という情報だけで判断して

( ̄  ̄;) うーん・・・と考えて見たり見なかったりしていたのが今までなんですが



やっぱり書かれているストーリーだけとか

一枚絵のキャラさんたちとか、声優さんだけを見るとか

それだけじゃー作品がどんなものなのか、という本質はわからないよなぁ



今回10作品を選んで、とりあえず1話は見ようじゃないか!

と思ってたんです、意気込んでたんです、いや本当に見たかったんです。


そんなこんなで、今でやっと7作品まで何とか見たんですが




限界です!・・・ _| ̄|○





見ようと思っていて、未だ見れない状態の3作品が

・デジモンクロスウォーズ

・黒執事2

・祝福のカンパネラ




o(TヘTo) クゥ ・・・すでにもう3話目まで放送されているし

こんな事をしている間に4話目になっちゃうじゃないかー!!



とりあえず視聴した7作品、とりあえず見た分は感想を書いて・・・ですが

しわよせが、通常見ているアニメのほうに来てしまって

(゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜)ヤベィ! 普段のアニメさえ見れなくなってるよ!!



嬉しい事に(嬉しくないw)、こういうときに限って、身辺でも色々と

ゴタゴタが起こってくれるんですよね~(苦笑


数話のまとめ見、感想まとめ書きで、なんとかペースを取り戻しつつ

そして、さーて・・・


これから、どの視聴を続けて、感想を書いていくのはどれにしよう?

という事を決めていかないと、自分でも身動きが取れなくなってます^^;;


あー・・・本当は全部見て、全部書きたいッ!!んですけどね(;;



現段階で、考えた結果・・・・こんな感じが限界かなと思ったので

だから何?と思われるかもしれませんが、一応自分へのまとめもあって

書き留めておきます^^;

目がハート視聴続行&感想続行(新旧含め)

わからん視聴のみになるかも、余裕があれば書きたい

しょんぼり残念ながら時間が取れそうになく視聴も断念かも


と、わけてみますと


目がハート 学園黙示録

 今のところは緊張感もあっていい感じなので見たいですね。
 ただ、前回の感想に書いたように、サービスシーンが多くなってきたら断念するかも^^;
 春アニメの「いちばんうしろの大魔王」の二の舞にならないように願います・・・


わからん ぬらりひょんの孫

 書きたいんですけど、時間的余裕の具合で書けなくなる可能性・大で。
 ジャンプでも書いてるし~という甘えた心もあるかもですw


目がハート 世紀末オカルト学院

 これは面白い! あまり期待せずに見たんですが、これは見て行きたい!!
 見て行きたいし、笑えるので、そうなると書きたい衝動!!


目がハート NARUTO疾風伝

 引き続き視聴&感想書きます! 最近、特に以前のようなダラダラ感も少なくなったし
 描写が良いなぁ~と思える回も多くなったし!・・・といいつつ4週も書いてませんが^^;
 普段から遅れ気味なナルト感想ですが、懲りずに書くってばよ!w


目がハート ヒーローマン

 王道アニメ、なかなか面白いし、なんとなく「ホッ」と出来る空気のあるアニメなので
 見て行きたいし、軽くでも書きたいな、と思う作品です♪


わからん デジモンクロスウオーズ

 まだ見れてないし・・・(涙) デジモンシリーズは大好きだったので
 今回また始まってくれて凄く嬉しいんですが(´;ェ;`)
 感想書けなくても絶対見たい!!・・・ですが主人公の声がネックなのだよなぁw



しょんぼり オオカミさんと七人の仲間たち

 それなりに面白かったです。 時間の余裕があればきっと見ただろうし書いただろうなぁ。
 今回は、ちょっと無理っぽいので、断念します・・・。


しょんぼり 伝説の勇者の伝説

 これも面白そうだな~とは思いましたが・・・視聴だけでもと思いますが
 オオカミさん同様、この激戦の中では自分には難しい部類かなー^^;


わからん 黒執事2

 セバスチャーーーーーン!!! 前期も見てたので、今期も絶対見たいぃぃぃぃ!!
 視聴はすると思いますが、やはりこの激戦の中、感想まで辿り着けるかは不明で・・・。



わからん 屍鬼

 SQでも読んでいるし、小説の原作も読んでいるので、楽しみな作品です。
 小説とマンガの違いを感じていたので、アニメではどういうスタンスなのかが気になります。
 感想は・・・小説で結末を知っているので、どうも余計な事まで書いてしまいそうで
 そうなると困るよなぁ、という気持ちがあるので、感想は考え中です^^;


目がハート 家庭教師ヒットマンREBORN

 ずっと書いているし、リボーンが無いと何か物足りない感じになってしまってるので
 このまま視聴&感想で変わらず、デス



しょんぼり 祝福のカンパネラ

 まだ1話目も見れてないので、なんとも・・・ですが、ちょっと見るのも無理っぽい感じに。
 




アニメは、こんな感じで、まあ・・・必ず見て書きたいのが5本で

見る限りでは余裕あるんじゃね?と思うんですが^^;

これに毎週のジャンプの感想と、あと絶対にはずせないのが

Webラジオ!! これが、空いた時間に入るので、自分的には

これで、キュウキュウの状態かなぁと^^;

(これ以外に、ぼーっとしつつ見ているアニメもあったりします。
 ワンピとかDBとかイナイレとかメジャーとか・・・
 あとは、たまに買うDVDやグッズの感想も不定期に入ったり)




本当は、「まずは1話目を見ようシリーズ」の第10弾まで見てから、

取捨選択しようと思ったんですが、それさえも、、もう無理だと判断しまして(汗)




きっとこれでも、かなり見るのが遅れたり、2週まとめとかになったりで

「今頃TBしてくるなよ~!」 な作品があったりすると思います・・・。

いつも、TBやコメントでお世話になっている皆様には、またしても

ご迷惑をおかけする状態になるかと思います・・・スミマセン(><;


とりあえず、上記の目がハートマークの作品ではお世話になると思います

お手数、ご迷惑お掛けすると思いますが・・・宜しくお願いします!!m(_ _"m)ペコリ



 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








最終更新日  2010.07.23 01:17:45
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.21
2週分、まとめての感想になります(*- -)(*_ _)ペコリ

--------------------------------


月第2話 「毒羽根は竹林に舞う」



鴆さん ( `▼´)キターーーー!!



(≧m≦)ぷっ! 穏やかな雰囲気から、急にヤ○ザみたいになる鴆さん、笑えるww

原作では鴆サンが出てくるたびに、「ゲホゲホ」と咳き込んで血を吐いたりしてたんで

ハラハラしつつも、でもなんだか笑っちゃうんですよね、いいキャラだわ♪



そして、杯をかわすシーン!!!


ぬら2.JPG

このシーンは大好きなシーン赤ハートのひとつなので、嬉しい!!O(≧ω≦)O


人間に戻っちゃうと、そのときの記憶がなくなっちゃうのは残念ですねぇ。

こんなに素敵な、この二人の誓いのシーンなのに~。

鴆サンが可哀相だわー!

からす天狗が嘆くのもわかるってもんでw



さてさて、次の日の学校では・・・・

もう、ゆらちゃんが登場です!!! 早い^^;




-------------------------

月第3話「花開院ゆらと清十字怪奇探偵団」



清継オンパレードwwww



ゆらちゃんが妖怪に詳しいことで、めっちゃテンションあがってる清継が笑える~。

いやぁ、清継スキーとしては、今回は嬉しいwwww



清十字怪奇探偵団とか言って、勝手にみんなをメンバーにしている暴走っぷり

リクオの家で結成式って、これまた勝手に一人で決めてるし

この、わが道を周りを水にひたすら突っ走る所が大好きです( ̄m ̄〃)


そして、なんだかんだで、みんなリクオの家に行く気マンマンだしwww



帰ってみると・・・・妖怪一同、宴で盛り上がってるー!(爆)

(わーい♪黒が喋ってる~♪首無も喋ってる~♪)


焦るリクオ、ガッカリする妖怪たち、そして集まる清十字メンバー

ぬら3.JPG



ゆらちゃんの不思議な言動・・・・妖怪のみんなが居る所を感じるその力

彼女の正体は~・・・・陰陽師ィィィィ!!!


そりゃー、リクオん家に行ったら、色々反応するわなw

でも妖怪の皆さん、リクオのために頑張ってましたね、偉いッ!!



さて、冒頭で現れたネズミの妖怪が、またしても出てきました。

陰陽師ゆらちゃん、このネズミ妖怪に勝てるのか!?

ってか、声がこやっぴーじゃないですか! これまた次週も楽しめそう☆


 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story(Wikipediaより)
主人公・奴良リクオは一見はごく普通の中学生。しかし実は妖怪「ぬらりひょん」の孫。
4分の1妖怪の血を継いでいる。家にいる妖怪たちと毎日どたばたと付き合いながら
なんとか普通の生活を送っている。
幼い頃、祖父から色々と武勇伝を聞かされ、妖怪とはかっこいいものであると思っていた。
しかし、ある日友人との会話から、妖怪が人間から馬鹿にされる存在であることを
知ってしまうが…。


公式サイトは → コチラ

奴良リクオ:福山潤、喜多村英梨(年少時)  家長カナ:平野綾、廣田詩夢(年少時)
雪女:堀江由衣  鴆:杉田智和  鴉天狗:間島淳司
青田坊:安元洋貴   黒田坊:鳥海浩輔  首無:櫻井孝宏
毛倡妓:かかずゆみ  花開院ゆら:前田 愛  清継:谷山紀章
牛鬼:中田譲治   牛頭丸:吉野裕行   馬頭丸:保志総一朗
島:柿原徹也  一ツ目入道:松山鷹志  奴良若菜:水野理紗
良太猫:石井真  鳥居夏実:平田真菜  巻紗織:阿澄佳奈
蛇太夫:矢部雅史  木魚達磨:辻親八  ガゴゼ:廣田行生
ぬらりひょん:大塚周夫









※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.07.22 00:35:37
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.19

2010夏アニメ

まずは1話目を見てみようシリーズ




☆第7弾デス☆




この国に復讐したいと思わないのか

こんな腐った国を叩き潰してやりたいと思った事はないのか







コチラもすでに3話目まで放送されてますが^^;

1~3話を、ざざーっと見てみました。




王冠腐った自国の体質を変えたい、という思いを持って王になったシオン

そして呪われた目、複写眼を持ったライナ


1話目では、国民からも慕われ信じられている王、シオンの姿と

シオンの指示で、「伝説の勇者の遺物」を探すたびに出させられた

ライナと、そのお付きの剣の達人ですか!てなくらい強いフェリスの二人の旅の様子を


そして2~3話目では、こうなる前の、過去のお話・・・でした。


伝勇伝1~3.JPG


過去に起こった悲惨な戦争・・・目の前で失った仲間たち

シオンの周りにいる敵の多いことったら。

それでも、折れそうな心を折らずに、志のために進むシオン、ガンバレ!

と言いたくなっちゃいますねぇ。

 その志が本当に真っ直ぐなものでいられるのか、なぜその志を持っていられるのか
 幼い頃に受けた心の傷は消えないものだし、偏見を受けたりした記憶も消えない。
 だから、そういう世界を無くしたい、という気持ちになるのも当然わかるのですが
 純粋にそれだけなのか?という所は、心の深い部分の傷があるから
 今後その思いに打ち勝つ事が出来るのかな~なんて思ったりも。
 腐ったこの国を変えたい、という心の底の底のほうには、やっぱり恨んでいる心とかは
 絶対あるだろうし、そういうシオンが今後出てきちゃったりしないのかなー?というのが
 凄く気になりますねー。 そういう気持ちを持っているシオンが悪いのではないし
 そういう気持ちが今後現れてしまっても不思議はないな、と思うので。
 原作未読なので、わかりませんので、自分勝手にそういう想像をしたりしてるだけです^^;


 



王冠ライナの言う昼寝、ってのは平和って意味なんでしょう・・・かね。

自分さえよければ、という意味ではないでしょうから。



ライナの持つ、その目の力は、なんでしょう凄いですね^^;

ナルトのように尾獣が自分の中にいるみたいですよっ!

そして相手の技をコピーできちゃう所は、写輪眼みたいですねw




なんだかんだで、スパイだったキファを解放して代わりに自分が投獄生活を。

そんなライナを助け出そうとするシオン。

・・・・という所で3話が終わりましたが、うーん!続きが気になる!!




王冠視聴は、今後のシオンが気になるので暫くは続けると思いま~す♪

ライナよりもシオンの動向のほうが気になるw

赤ハートシオンが美人さん&小野Dボイスという事に、かなり惹かれています(笑)

感想は時間が取れれば書きたいとは思うけれど、ちょっと難しいかも状態です(汗)


 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story(公式より)
相反する二人が出会った。
呪われた者として忌み嫌われ、生きる意味を見失っている『複写眼』保持者、ライナ・リュート。
王家の血を引きながら、母が平民であるがゆえに蔑まれてきた、シオン・アスタール。
二人は出合い、そしてこの腐った国を変えたいと、望んだ。
そして革命の末、ローランド帝国王に即位したシオンは、ライナに彼が獄中で書いた
レポートを元にその鍵となる『勇者の遺物』探しを命じ、剣の一族であるエリス家の娘、
フェリス・エリスをお目付け役として同行させる。

超絶面倒くさがりで万年無気力のライナと、超絶美人で傍若無人なだんご至上主義のフェリス
どこから見ても相性の悪い二人だが、各国を跨いで『勇者の遺物』を捜す旅の中で
次第にお互いを無二の相棒として認め合っていく。
ローランド帝国で二人の動向を見守るシオンもまた、いまだ残る貴族との内部確執、
そして他国との争いの予感に王として苦悩しつつも奮闘していく。
だが徐々に、二人の思いはすれ違っていく。
ライナたちがかつて夢見た『みんなが笑って、昼寝だけしていればいいような世界』を
作ることができるのだろうか……?


公式サイトは → コチラ

ライナ・リュート:福山潤  シオン・アスタール:小野大輔  フェリス・エリス:高垣彩陽
ルシル・エリス:杉田智和  イリス・エレス:村田知沙  ミルク・カラード:藤田咲
ミラン・フロワード:諏訪部順一  ルーク・スタッカート:日野聡  リーレ・リンクル:岡本信彦
ラッヘル・ミラー:増谷康紀  クラウ・クロム:伊丸岡篤  カルネ・カイウェル:沢城みゆき
エスリナ・フォークル:竹達彩奈  キファ・ノールズ:大浦冬華  ノア・エン:高橋美佳子








※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.07.20 00:14:57
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.17

2010夏アニメ

まずは1話目を見てみようシリーズ




☆第6弾デス☆

オオカミさんと七人の仲間たち

オオカミさんと七人の仲間たち

価格:599円(税込、送料別)






1話目を見てみよう、といいつつ、すでに放送開始から日数が経過して

すでに3話目?まで放送されちゃってるようですが^^;


とりあえず、おっかけ!で2話まで見てみました。





うーん・・・可もなく不可もなく、という感じでしょうか。

それなりに面白く見れました


ストーリーは、日記最後に書いてある通り、人助けの依頼を受けて

報酬は金品・物品ではなく「貸しを作ること」

依頼主にとっては「借りを作る事」ですね。



これが、御伽学園というところにある「部活」ってのも凄いなw

とりあえず、部員のオオカミさんは、めっちゃ腕っ節の強い女の子

そんなオオカミさんに憧れて好きになった男の子・森野亮士

極度の「視線恐怖症」なので、まともに人と話せなかったりしてますがw




そんな森野亮士、人の視線が怖いので身についてしまったスキル「気配を消す」

これが役に立つ(尾行とか?)だろうと、部員になちゃうんですね~。

彼にとっては、色々な人(他の部員)の視線が怖いっ!でヘタレ姿ばかりですが

部に入れば大好きなオオカミさんと居られる時間が増える赤ハートってんで晴れて部員に。




ツンデレキャラっぽいオオカミさんと人前ではヘタレな亮士クン

2話までしか見てませんが、この二人を中心としたお話なのかな~という感じ。



出て来るキャラが、お伽話の登場人物の名前にちなんでいて

性格もそれっぽい設定になっていたりしてるのは面白いな~。

特に気になったのは、浦島さんw

なにその、女ったらしな感じと、乙姫ちゃんの尻に敷かれてる感じw

(浦島さんの声、浅沼さんなんですね。 四畳半神話体系から

 今回の夏アニメで、浅沼さんの出番が多いなーと感じますねぇ)



そういう、お伽話・昔話の登場人物の性格(性格というか・・・なんだろうw)

そこら辺を絡めて見たり、2話目にして亮士クンがオオカミさんのために

めっちゃ頑張ってカッコよくなっちゃったりして、おやおや展開が早い?


オオカミさん 1.JPG


視線恐怖症も、部員に対しては、結構慣れてきているようですし

(とはいえ、ガン見されたらダメなようですけどねw)


毎回、相談事を解決していくパターンで、その中で

オオカミさん・亮士クンが、どんな変化をしていくのか、それを見ていく感じですね。




ナレーションをずっと入れている方式が面白いな、と思うと同時に

ナレーションとキャラのセリフがかぶって聞こえないんですけどーと言う部分もあって

面白いような、邪魔なような、微妙な所もありましたw


それこそ、「お伽話を読んでいる」と思えば、違和感がないのかもですね。

スピード感を求めるアニメ、というより、まったり感を求める思いで見ると楽しいかも。




時間の余裕があれば、見ていこうかな~と思うので、

感想は、たぶん書けない・・・だろうな^^;




 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story(公式より)
人助けの依頼を受けて貸しを作り、有事の際は強制的に借りを返させるという
恐怖の部活、 御伽学園学生相互扶助協会・通称「御伽銀行」―――。
正義の味方? 悪の組織? ただの変人の集まりか……?
凶暴一匹オオカミ・新型ツンデレ女子高生・大神涼子と、
そんな彼女が大好きな視線恐怖症ヘタレ男子・森野亮士、
見た目はロリっ子腹は真っ黒・赤井林檎、その他愉快な仲間たちが、
やりたい放題好き放題、 世直し(?)のために戦う、
熱血人情ラブコメディーがついにアニメに登場!


公式サイトは → コチラ

大神涼子:伊藤静  森野亮士:入野自由  赤井林檎:伊藤かな恵
桐木リスト:野島裕史  桐木アリス:堀江由衣  鶴ヶ谷おつう:川澄綾子
マジョーリカ・ル・フェイ:こやまきみこ  浦島太郎:浅沼晋太郎
竜宮乙姫:豊崎愛生  吉備津桃子:甲斐田裕子  宇佐見美々:釘宮理恵









※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.07.18 01:00:55
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.12

2010夏アニメ

まずは1話目を見てみようシリーズ



☆第5弾デス☆





こんな村 大っ嫌い!!!







屍鬼、やっと見れました~。


スクエアで読んだときに、なんか面白そう!と思い

原作の小説のほうも読んでしまった作品です。

 スクエア感想の時に、いつも書いてしまうのですが

 マンガと原作は、やっぱりちょっと違うな、と。

 自分としては、原作の小説のほうが好きなんですが^^;


マンガはマンガとしての「見せ所」があるから、小説とは別な視点での

描き方をするしか無いのだろうな、と思い、別物として読んでますw



アニメのほうは、たぶんマンガのストーリー展開で行くのかな?と思うと

ちょっと残念な部分もあるのですが・・・(静信さんの心の葛藤とかの描写が)



第1話は、なかなか良い感じで見れました。


突然起こった不思議な「死」

これが「始まり」




うーん・・・色々書きたいのですが。

スクエアの感想を書く時も同じ思いなんですが

小説で読み終わってしまっているので、勢いに任せて書くと

まだ先に起こる事を書いてしまいそうなので、やめておきます^^;



小説を読んで、自分で思い浮かべていた風景や、人の動き

心情の表れ、そして効果音などなど

マンガでは補完出来ない部分がアニメで補完出来そうなので

楽しみです♪ (小説と多少違ってもねw)


屍鬼1話目.JPG


マンガでは、尾崎先生や夏野君ファンには嬉しい展開になってますねw

私は、小説を読んで、尾崎先生と静信さんの心の対比の部分がとても好きだったので

マンガのほうは、静信さんの心がまるっと抜けていて残念です( ´・ω・`)



・・・っと、結末を知っているだけに、スクエアの連載でさえ感想が書きにくいので

アニメの感想となると、もっと書きにくいかも(汗)

なので、視聴は続けますが、レビューは考え中です^^;



アニメでは、どこまでの部分をやってくれるのかな?という疑問

最後までやるんだろうか・・・・まだスクエアでは連載中ですが。



それとも、アニメオリジナルの展開にしてくれるのかなぁ?

静信さんの出番がもっと増えると嬉しいのになー!!

などと考えつつ、楽しみに視聴したいと思いまーす☆

GACKTは大好きなのですが、桐敷正志郎をやるの!?とちょっと驚きました
どんな正志郎になるのか、想像が出来なくなってしまいましたw





 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story(公式より)

人口約1300人の小さな集落、外場村
外部とは国道1本でしか繋がっておらず
周辺から隔絶されたようなこの地には、まだ土葬の習慣が残っている。

ある日、山入地区で3人のしたいが発見された
その死に村唯一の医者・尾崎敏夫は不審を感じるが、事件性はないと
され、通常の死として取り扱われた
しかしこれ以降、村人が一人・・・また一人と死んでいく
これは偶然か、疫病なのか、それとも・・・・


公式サイトは → コチラ

結城 夏野 :内山 昂輝   尾崎 敏夫 :大川 透   室井 静信 :興津 和幸
清水 恵 :戸松 遥   桐敷 沙子 :悠木 碧   辰巳 :高木 渉
桐敷正志郎:GACKT








※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.07.13 01:58:30
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.10

2010夏アニメ

まずは1話目を見てみようシリーズ



☆第4弾デス☆





下ネタ会話飛び交いなのに、嫌な感じがしない!

浅沼さんのボソッと口調が、とてもいい感じだ!







色々な所で作品紹介などを見ていたり、第1話のタイトルがこんなだし

設定とかを見て 「これは無理かな」 と思っていたアニメなんですが



なんか 面白いゾ、これw





1話目だけなので、今後どんなシーンが出てくるのか、まだワカリマセンが

思ってたような、いわゆる「サービスシーン」というものが

(無駄に下着シーン乱発とか、イヤンなアングルとか・・・ね^^;)


無かったので、サクサクっと軽く見れたし笑えましたwww



イヤンな描写はなかったですが、会話内容は、かなり濃かったですけどねw





ここが保健室だ、ここが女子更衣室だ、ここが普段使われていない無人の教室だ

ん?男子生徒がドキっとする場所を優先的に紹介しているのだが、不満か?


・・・うん







ここは女子専用のトイレだ、ここでは用をたす以外ナプ○ンを装着したりする!


そこまで説明求めてないです・・・







私は口は堅いぞ!ちなみに下の○も堅いぞ!ガードがな!


この人、いつもひとこと多い・・・






男女とも隔たりの無い関係を築いて行きたいと思います


更衣室やシャワー室の壁を取っ払う気か






落し物の財布、持ち主は女だな、○ムが入ってない


それじゃ俺も女になっちゃうよ







と、まあ色々とイヤンな濃いセリフが飛び交っていますが(笑)

タカトシの冷めた突っ込みが(≧∇≦)ъ ナイス!で面白かったです!!




女子だらけの学校に入学した男子、というだけで

「これも、アッチ系狙いなのかなぁ・・・」と思ってサラっとみたのですが

いやいや、面白くて、もう一度しっかりと見てしまいました(笑)



生徒会役員3名のキワドイ会話に、ボソっと入るタカトシの突っ込み具合

タカトシというキャラが、女子萌え~じゃない感じがいいですねw



そんなこんなで、いきなり副会長になっちゃったタカトシ

これから、あの生徒会3人とどう絡んでいくのでしょうか。



羨ましがる男子に泣いて訴えんでもwwwww


生徒会役員共.JPG




1話目はとても面白く見れたので、しばらくは見ていこうかな♪と思います

感想は・・・ちょっと書きにくいかもですね(苦笑

今後、サービスシーンが入ってきたり、このまま下ネタオンリーで

突っ走られるだけになってしまうと、耐えられなくなると思いますが^^;

とりあえず原作を知らないので、今後の展開もわかりませんw



四畳半神話体系で、ひとり長台詞・一人突っ込みをしていた浅沼さん、

ここでも突っ込み役ですねw



 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








あらすじ(公式より)
舞台は、少子化の影響で女子高から共学となった私立桜才学園高等部。
その男女比は28:524。 圧倒的な女子高生天国の中、津田タカトシは
ひょんなことから生徒会副会長に就任する。
彼は作中登場キャラの中でも、ゴクゴク普通な一般・常識人。
堅いイメージの生徒会。だがそこは、想像を遥かに絶するメンバーがいた…


公式サイトは → コチラ

津田タカトシ:浅沼晋太郎  天草シノ:日笠陽子  七条アリア:佐藤聡美
萩村スズ:矢作紗友里  津田コトミ:下田麻美  横島ナルコ:小林ゆう
三葉ムツミ:小見川千明  畑ランコ:新井里美









※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.07.10 23:53:50
コメント(2) | コメントを書く
2010.07.09

2010夏アニメ

まずは1話目を見てみようシリーズ



第3弾デス☆

世紀末オカルト学院タイトル.JPG


オカルトなんて、大っ嫌い!!







なんでしょう、季節柄でしょうか、今回の夏アニメは

ホラーやら、グロやら、ミステリーやらが多い気がするのですが

今回も、タイトルからして、ソッチ系かー?と思い見てみました。




とりあえず、パパッと見たので簡易感想ですが


マヤ姐さんに色んな意味で惚れたゾ!!




お化け冒頭シーン、何物かに追われる謎の男

転送装置に辿り着くも、間に合わず転送されてきたのは、男の「手」だけ

どこから転送され、どこに来たのか、そして何に追われていたのか?

誰が、何のために、どこに何を送ってなにをしようとしているのか?



お化けこの世に死霊なんて存在しない!とか

オカルトなんか大っ嫌い!!!と言っているマヤだけど

言動とは裏腹に、そっち方面には詳しいようですね。


このオカルト学院の学院長の娘のようですが

過程をかえりみなくなり、オカルトに没頭してしまった父を見て

オカルトやらを嫌いになってしまったのかな。



この学院にきた理由も、ここを潰すためらしいですが

そこにまた、光の中から、なにやら人?が舞い降りて来ました。


しかも全裸・・・・ターミネーターですかw


冒頭でのシーンと、この舞い降りてきた男性

そしてマヤという存在と、オカルト


なかなか面白そうな感じです!



オカルトやらを題材にしているようで、まあ・・・よく見れば

転送に間に合わず手だけ転送されてたりね、

マヤが死霊に取り付かれた学長(父)を倒すのに

首を切り落とす!とかね、


うはぁ~ショックな感じの事をやってるわけですが、そんなに重々しくないし

オドロオドロもしているようで、していないし

ちょっと笑いどころもあったりして、なんか楽しく見れそうなので

これは視聴していくよリストに追加したいと思いまーす。



にしても、スマイルはいいとして・・・JKがこやっぴー!!(笑)

子安さんがこのキャラ・・・楽しそうだなぁ子安さんwwww

世紀末オカルト学院1.JPG





1999年7月、ノストラダムスの大予言、懐かしいですね


この予言の話題近辺って、色々な不思議な話とか、オカルトブーム?みたいに

なってたような記憶が・・・どうだったっけな^^;


まあ・・・そういう「オカルトブーム」な時代もあったのだよ、と

その時代を過ごしていたことを、ちょっと思い出したりしました。

ツチノコとか、スプーン曲げとか、川口さんお決死の探検とかw

矢追さんのUFO話とか、ネッシーとかも、この頃でしたっけ?

記憶がごっちゃですが、なかなか不思議話がたくさんあって

楽しい時代だったナーと、ちょっと思っちゃったりしました。




 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story(公式より)
1999年、長野県松代にある日本のピラミッド“皆神山”にそびえたつ
私立ヴァルトシュタイン学院。
ここでは何かに引きつけられたかのように次々とオカルト現象が起こる。
故に「オカルト学院」と呼ばれている。
学長はオカルトの研究に人生をかけ、生徒たちも日々学業と研究に励んでいる。
ある日父である学長が亡くなり、オカルトが大嫌いな一人娘の神代マヤが学院を訪れる。
そこで2012年から来たと言う自称“タイムエージェント”で元・スプーン曲げ少年として
名を馳せた内田文明と出会う。学院の中で起こる様々な怪奇現象に遭遇しながら、
文明が1999年にタイムスリップしてきた真相が徐々に明らかになる。


公式サイトは → コチラ

神代 マヤ:日笠陽子  内田 文明:水島大宙  中川 美風:茅原実里
黒木 亜美:高垣彩陽  成瀬 こずえ:花澤香菜  JK:子安武人
スマイル:高橋広樹  川島 千尋:小林ゆう  神代 純一郎:矢島正明








※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.07.09 23:59:03
コメント(2) | コメントを書く
2010.07.08


2010年夏アニメ

まずは1話目を見てみようシリーズ



☆第2弾デス☆

ぬらりひょんの孫(1)

ぬらりひょんの孫(1)

価格:410円(税込、送料別)






ストーリーは、毎週ジャンプで読んでいるので、そこらへんは端折って・・・(うまく逃げたぞw)

アニメオリジナルな表現部分もあわせ、なかなか見せてくれる1話目だったなー。


アニメ化情報を初めて見た時に、リクオがじゅんじゅん!?と

ちょっと想像ができなかったんですが、良い感じでしたね♪


マンガだけ読んでいると、これは個人的な感想ですが、リクオの風貌から

ちょっと子供っぽい感じの声を想像しつつ読んでいたので

じゅんじゅんの声で、子供っぽく想像が出来なかったので^^;


夜リクオは想像できましたがw



いきなりの牛鬼サマとリクオのシーンも良かったし~

首無も出た! 喋った!! (そりゃ喋るだろw)

清継!! 清継は、もうちょっとアクが強い感じのほうがいいなぁw

いつも見守っていたという、雪女ちゃんと青田坊、そしてリクオ

心の繋がりも(≧∇≦)ъ ナイス!

ツイッターでの安元さんに、ますます勝手な親近感を感じてしまう♪(←迷惑w)





清継お得意の妖怪ツアー(笑)で、妖怪を見つけては阻止するリクオが笑えたww

これから、続々と色々なキャラが登場してくるので、それも楽しみ♪

早く、黒田坊が活躍してくれないかな~。鳥海ボイスぅぅぅぅ!!



原作とは違う見せ方、アニメならではの描写で盛り上げてくれる事を期待します!!

毎週の感想は、ちょっと難しいかなと思いますが(汗)視聴は、していきまーす。

ひとこと萌え感想という感じにして行こうかな・・・




ぬら孫.JPG

エンディングの3人が可愛いO(≧ω≦)O

そして夜リクオ様は、やっぱり素敵です~赤ハート



 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








story(Wikipediaより)
主人公・奴良リクオは一見はごく普通の中学生。しかし実は妖怪「ぬらりひょん」の孫。
4分の1妖怪の血を継いでいる。家にいる妖怪たちと毎日どたばたと付き合いながら
なんとか普通の生活を送っている。
幼い頃、祖父から色々と武勇伝を聞かされ、妖怪とはかっこいいものであると思っていた。
しかし、ある日友人との会話から、妖怪が人間から馬鹿にされる存在であることを
知ってしまうが…。


公式サイトは → コチラ

奴良リクオ:福山潤、喜多村英梨(年少時)  家長カナ:平野綾、廣田詩夢(年少時)
雪女:堀江由衣  鴆:杉田智和  鴉天狗:間島淳司
青田坊:安元洋貴   黒田坊:鳥海浩輔  首無:櫻井孝宏
毛倡妓:かかずゆみ  花開院ゆら:前田 愛  清継:谷山紀章
牛鬼:中田譲治   牛頭丸:吉野裕行   馬頭丸:保志総一朗
島:柿原徹也  一ツ目入道:松山鷹志  奴良若菜:水野理紗
良太猫:石井真  鳥居夏実:平田真菜  巻紗織:阿澄佳奈
蛇太夫:矢部雅史  木魚達磨:辻親八  ガゴゼ:廣田行生
ぬらりひょん:大塚周夫









※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.07.08 22:55:50
コメント(2) | コメントを書く

2010年 夏アニメ

まずは1話目を見てみよう!シリーズ



☆第1弾デス☆ 

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD(1)

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD(1)

価格:609円(税込、送料別)







ゾンビ、もしくは、バイオハザードの世界そのままで始まりましたw





いきなりのゾンビ・・・この中では「奴ら」ですね・・・の襲撃

かまれた人は感染して、次々に「奴ら」になって行く。

学校の中で、次々に「奴ら」の餌食となって「奴ら」となって増殖していく。



どくろ 前フリとして、主人公の孝は麗が好きで、でも麗は孝の親友の永とヨロシな仲。

そんな所に、奴らが現れ、学園中パニックに。

3人はなんとか逃げる・・・けれど永が奴らに噛まれてしまい感染・・・。



「俺は最後まで・・・俺で居たい!」



だから自分を殺してくれと言う永


その思いを汲んで、そして身の危険も迫っているという選択を強いられ

正しい行動を孝はしているのだけどね、やっぱり言われちゃうのね


「永だけは特別!」「私も永と同じくなりたかった!」





ああ・・もう、これもよくあるパターンでw


永にトドメを刺した孝を責める所も、そのあと、一人で戦おうとその場を離れようとした孝を

本気じゃなかったとか、ごめんとか、一人にしないで、とか言ってないて引き止めるのも

あー、やっぱりな・・・と、これもある意味王道の展開ですね。

こういう勝手な事を言う輩は好きじゃないですが、

まあ実際、みんながみんな冷静に対処してるほうが話としては変じゃね?と思うし

突然の事だし、目の前で好きな人があんななって、こんななったら・・・

まあ、そうなるだろうとは思いますけどね^^;

(思うけど、見ててイラっとするw 特に泣くってーのがイラっと感を増すw)






 孝が麗の事を好きだということが、今後奴らと戦う中で

  何か重要になってきたりするんだろうか?



とか


 ヘタレキャラのような孝が、これからどう変わっていくのか?



とか


 仲間が増えていく過程や、これから明かされていくであろう謎




とか


 マモの出番こんだけーーーー???



とか(笑) 07-GHOSTのミカゲみたいな扱いになるのか?w




気になる所なので、しばらく見て行きたいな、と思います♪


感想が書けるかどうかは・・・書きたいけど余裕があれば、という事で^^;

遅い感想UPや、まとめ書きになるかも・・・TBでご迷惑おかけするかもで、すみません(><;







どくろ ひとつ不安なのは・・・

「いちばんうしろの大魔王」のように、お話は面白いんだろうけど

無駄なお色気シーンは要らない・・・という部分。

このお話の感じだと、そういう部分って必要ないんじゃないか?と思うんですが

やっぱり多少、そういうのがないとダメなのかなぁ。

それがストーリー上、流れで関係のあるものならば、流し見できますが。

自分にとっては、そこが続けて見て行けるかの別れ道になります^^;


学園黙示録 1話.JPG



こういうキャラの声を諏訪部さんが演じるという事を知ったときに

どう演じてくれるのだろう?と想像が出来ずに居たので、ちょっとビックリw

ご自身もビックリされてたようなんですが(笑)


いつも、「敵役、しかもラスボス的な感じで重要なポストでありつつ

あまり出演がないし、敵の中でも孤立した存在」というキャラが多い中、

一応、主人公(なんですよね?w)で、高校生の男子(一応普通の男子?w)で

そんでもって、強いぜ!なキャラではなく、どっちかってーとヘタレな部類に入る?(笑)

そういうキャラのようなので、どうぶつかって演じてくれるのかが楽しみでした。

普通に話している部分は、ホントに普通の男の子という感じで、新鮮☆

新しい諏訪部さん(←偉そうな発言w)を見て行きたい~というのも大きな要因w








 
 肩凝子サマより頂いた拍手ボタン♪.gif           つぶやいてもいい?.gif
 ☆拍手いつも感謝デス☆
       Twitter なんかブツブツと呟いてるかも








あらすじ(公式より)
立藤美学園は、たった一人の侵入者-<奴ら>によって地獄の坩堝と化した!
<奴ら>は人を襲い、喰らい、新たなる<奴ら>を生みだし学園を席巻。
悪魔の世界と化した学園内で、小室孝と幼馴染の宮本麗、親友の井豪永は、
一時避難する。
しかし、麗をかばい<奴ら>に噛まれた永は<奴ら>と化してしまう・・・・
残された二人は、他の生き残り、
級友の高城沙耶、平野コータ、剣道部主将・毒島冴子、校医の鞠川静香と合流
学園を脱出する決意を固める!彼らに生きのびる術はあるのか!?


公式サイトは → コチラ

小室孝:諏訪部順一 宮本麗:井上麻里奈 井豪永:宮野真守
高城沙耶:喜多村英梨 平野コータ:檜山修之 鞠川静香:福井裕佳梨
毒島冴子:沢城みゆき 希里ありす:竹達彩奈 紫藤浩一:谷山紀章
南リカ:竹内順子








※ ブログ内の画像は、配布を目的としておりません ※

 ブログ内にて使用している著作権のある画像・その他権利の発生するものの取り扱いについては、
 TOPページの「ブログ内の画像や各種権利のある物の取り扱いについて」にて記載しております。
 そちらをご一読の上、ご判断下さいます事をお願い致します。







最終更新日  2010.07.08 15:04:30
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.