000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

とんとん!GoGo~

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

サンタデラックス

サンタデラックス

Category

Comments

mkd5569@ Re:超久しぶりなのだが(01/29) こんばんは うちのサイトが5周年をむか…

Headline News

2005年06月15日
XML

◆アダルトツーショットダイヤル編2◆

 怪しい話はもう暫く先送りにして、ツーショットダイヤルのパー
ト2ですゥ。

 とにかく逢えない。てんで逢えないのである。アポを取っても取
っても約束の時間に約束の場所に姿が現れないのである。な~んと
した事か。

 「いったいどうなっとるんだ。」
 「どうした?」
 「全然逢えんぞい。」
 「ま~、ま~。そのうちにいい事があるから。」

 ダラダラと文句をぶーたれながらも今日もまた電話を掛けている
のだが、はっきり言って電話代がバカにならないのであ~る。何も
取材用にと貰った度数を全部使い切ってしまわなくても良さそうな
ものだが、もう半ば意地になっている。絶対に逢ってやる。出来る
ものならエッチもしてやるぞ。と、意気込みだけは鼻息が荒いので
ある。イカン、随分溜まって来たかな。

 「今日はいいプレゼントがあるんだ。」
 「何かくれるの?」

 いつもの酒場で友人達と飲んでいる時、友人が取り出したのは『
携帯電話』。正確には070番号で始まる『エッジ』というやつで
ある。これを自分にくれると言うのだ。

 「いつも電話代で困っているだろ。」
 「まぁ、困ってはいるけど。」
 「だからさぁ、これを使えよ。」
 「使えって、俺が使うの?」

 聞けば、電話代として別途出している金額も結構嵩むから、それ
なら安いエッジを持たせた方が安く上がるのではないか。どうせ連
絡するんだから、電話しやすいし。という事らしい。だから、通話
料も全て友人持ち。自分としては全部タダ。
 こうして、今までこういった携帯通信機器を一切持たなかった自
分だが、晴れて文明人の仲間入りになったのであった。決して自分
から望んだ訳ではないのだが、結果的にそうなってしまった。

 で、どうしてわざわざ電話を渡してくれたのか。答えは直ぐに出
た。次の取材が「逆ナンパツーショット」という指令で、先ず自分
が伝言ダイヤルの時と同じように伝言を録音し、今度は女性側がそ
の伝言を聞くのである。
 そこまではフツーの伝言ダイヤルと同じではないか。違うのはそ
こから先で、男性の録音が終了したトコロで「この男性に直接電話
しますか」というアナウンスが流れ、女性が『はい』を選択すると
、その電話が予め登録されている電話番号に転送されるという仕組
みになっているのである。店側ではこれを『自宅でテレクラ』と宣
伝している。

 要するに、何時電話が掛かってくるか分からないという事でなの
である。登録転送先を自宅にする訳にいかないし、会社なんてトン
デモナイし。誰かに協力を頼む訳にもいかないし。
 という事で友人が考えた結論がコレね。とりあえず携帯電話でも
持たせておけば携帯電話を転送先に指定するだろう、と。でも結局
それしか手が無いんだよね。

 仕方なく、仕事中にこっそりとビルの非常階段に上がって考えて
おいた作文を読み上げる。確か『普段はノーマルだから、一度アブ
ノーマルなエッチを試したい』というような内容にしたと思う。
 それで一端電話を切り、電話を『振動モード』にセットしてから
事務所に戻って仕事を再開するのであった。既に残業モードであっ
た。これでも結構忙しいんだよ。

 「(BBBBBBBB・・・・・・・)」

 おーっと。録音してから1時間もしていないのにコールが鳴った
。電話番号が表示されていないから友人ではないぞ。急いで電話と
共に非常階段に上がって電話を取る。

 「もしもし・・・」
 「伝言、聞いたワ。もし、私で良ければ。エッチしない・・・」

 電話を聞いて驚いたのは勿論だが、正直なところ「シメシメ」と
も思った。それで、何とかアポを、出来るなら今すぐにでも逢いた
いとアピールするのだが、相手の女性はこちらの話なんててんで聞
いていなくて、ただ息が荒いだけ。雰囲気からして、電話の向こう
でオナニーをしているような感じがする。でも結局それ以上話が進
展しなかったから、こちらから電話を切ってしまった。
 イキナリ最初が何だか変な電話だったけど、その後も電話が鳴り
続け、その日は仕事どころでは無くなってしまった。あ~あ。残業
で仕上げるつもりだった仕事をどうしてくれる。

 「今回の内容を、知ってたんだろ。」
 「え~。何の事~。知らないよ。」
 「大体電話をあてがうなんて、怪しいと思ったんだよ」
 「でも、半年間は解約できないからさ、好きに使っていいよ。」
 
 こうして、意外なルートで電話を持つ事になってしまった事。そ
して相変わらずアポを取ってもちーっとも相手と逢えない事。なか
なかやね~。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2005年07月29日 11時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.