379799 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レッドビーシュリンプ・熱帯魚飼育日記

全5件 (5件中 1-5件目)

1

燻製

2012年07月16日
XML
カテゴリ:燻製
暑い中皆さまいかがお過ごしでしょうか。最近、激しく老化を感じておりますToshiです。


以前ほどではないのですが、夜はどっぷりテレビゲームで激闘を繰り広げておりますが、なんせ指先だけしか使っていないので激しく衰えております。

およそ2年程は運動らしい運動もやっていません。

絶賛老化中(修正版)
絶賛老化中(修正版) posted by (C)toshi the lucky


・・・・ということで、本日市民体育館にいってきました。ただいま激しく疲れております。

ただ、これは昨日から計画していたので、運動後のお楽しみも準備済み。
おなじみ燻製卵です。

卵の燻製中
卵の燻製中 posted by (C)toshi the lucky

ウッドデッキは最近女房殿の草達が満載です。
左のプランター、上から枝豆、唐辛子、大葉、真ん中の大きい鉢はレモン、右のプランターの大きい植物はトマトです。

卵は現在燻製中ですが、そろそろ飲み始めようっと。
(*^_^*)







最終更新日  2012年07月16日 17時58分36秒
コメント(14) | コメントを書く
2012年04月22日
カテゴリ:燻製
みなさん!ゴールデンウィークの準備進んでますか!!

我が家では旅行する金も無く、家で過ごすのはいつもと同じなんですが・・・・


楽しむ為に一週間前から準備しなくてはいけないものが有ります。



それは・・・・・・・


燻製!!
(豚バラをつかったベーコン)



過去の日記を読んでいらっしゃる方は今日の日記パスして下さい。
(過去の日記は←の”燻製”の所をみて頂ければもっと詳細が書いています。)


まずは準備から。
・豚バラ 2kg
・粗塩 70g
・三温糖 20g
・ローレル 15枚
・ブラックペッパー 大さじ3
・パプリカ 大さじ1
・オールスパイス 小さじ1
・セージ 小さじ1
・ナツメグ 小さじ1
・シナモン 小さじ1

豚肉燻製(ベーコン)下準備
豚肉燻製(ベーコン)下準備 posted by (C)toshi the lucky


スパイス類を皿に集めます。

スパイス類の調合
スパイス類の調合 posted by (C)toshi the lucky


同時進行でピックル液(漬け込む液)を作ります。
こちらは結構適当です。
・水 500cc
・粗塩 100g
・三温糖 50g
・ウイスキー少々

ピックル液の調合
ピックル液の調合 posted by (C)toshi the lucky


スパイスと肉の洗浄・水抜きが終わった時点で、ビールタイムとなりました。

したごらえ完了
したごらえ完了 posted by (C)toshi the lucky


調合したスパイスを肉に揉み込みます。

肉にスパイスを揉み込み
肉にスパイスを揉み込み posted by (C)toshi the lucky


スパイスを揉み込んだら、ジップロックに入れ、ピックル液で満たします。空気を抜いて、常に肉が液に使っている様にします。

肉とピックル液をジップロックへ
肉とピックル液をジップロックへ posted by (C)toshi the lucky


これを冷蔵庫に保管。一週間毎日モミモミしながら”おいしくな~れ”と唱えます。(これは任意。)


今日、たまたま燻製用のウィスキーを買いにいったら、ハイボールのキャンペーン用にレモンソーダが付いていました。

今夜は珍しくハイボールです!

今夜はハイボール
今夜はハイボール posted by (C)toshi the lucky


・・・・ああっ。来週が楽しみだ!






最終更新日  2012年04月22日 19時42分31秒
コメント(12) | コメントを書く
2011年06月11日
カテゴリ:燻製
うちの会社では新年の始まり8月から、翌年7月にかけ一度だけリフレッシュ休暇を5日連続でとらなければなりません。(夏休みのかわりです。)

今年度はまだ取っていなかったので、来週取ることにしました。

と言ってもどこに行くでもなく、楽しい休暇を過ごせるよう燻製を仕込みました。


燻製はバラ肉を5日以上漬け込むので、仕込みはこの前の日曜日(6月5日)に済ませました。


以前にも書いていますが、自分のはニコ動の“悪魔の燻製講座”(シリーズでやってるのですが、バラ肉のベーコンは最初の奴です。)を元にしています。
(凄く面白いので是非見てみてください。)


材料は粗塩70g、三温糖20g、黒コショウ大さじ3、パプリカ大さじ1、ローレル15枚、オールスパイス、セージ、ナツメグ、シナモン各小さじ1です。
(写真にウイスキーがうつっているのは、ピックル液用です。)

燻製の材料


これらを計りながら合わせます。

スパイスの調合


バラ肉はあらかじめ良く水で洗い、拭いておきます。(人によっては塩もみこんで重しをかけ血抜きをしています。)

ここで、味がしみ込みやすい様鉄串で穴を開けます。

バラ肉の穴あけ

その後、先ほど調合したスパイスをすりこんでいきます。

スパイスで味付け


で、何故か”悪魔の燻製講座”では語られていないピックル液を作ります。この調合は当初自分でも何所から調べたか忘れましたが、水500cc、粗塩500g、三温糖20g、黒コショウ、セージ、ナツメグ、オールスパイス各小さじ1、ウイスキー50ccです。

ピックル液の調合


冷めた所でバラ肉とピックル液、また塗り込みの際余ったスパイスをジップロックに入れ、空気を抜きます。ここで、以前我が家にローズマリーが大量にあった時は、生ローズマリを大量に投入していたのですが、先日植え替えに失敗し枯れてしまったので、今回は乾燥ローズマリーを投入しました。(これは”悪魔の燻製講座”には無いんですが、とても良い香りがします。”

ピックル液とバラ肉をジップロックへ

これを冷蔵庫に入れ、毎日もみもみ&ひっくり返します。

で、今日塩抜きを開始。まず、周りにびっしりついたスパイスを洗います。その後、色々調べても普通は流水で2時間位との事なんですが、うちはシンクいっぱいに水を溜め、30分に1回程度水換えをし、塩を抜いていきます。
(昨晩燻製卵も仕込んだので一緒に塩抜きをしています。写真上の方にうつっているやつです。)

バラ肉の塩抜き


今まで何回かやっていますが、個人的に燻製で一番難しいのは“塩抜き具合”だと思っています。塩抜きの最後の方で少し切って焼いて味見し、”少しだけしょっぱい”もしくは”ほとんど塩味がしない”程度に抜かないと、完成品がとてつもなくしょっぱくなります。


明日が本番(燻製)です。楽しみです!!
(^-^)

人気ブログランキングへ






最終更新日  2011年06月11日 15時03分58秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年05月08日
カテゴリ:燻製
今日は長かったゴールデンウィークのしめです。

先週仕込んだバラ肉を燻製にしました。


注)熱帯魚のブログです。


久々のメカ沢くん登場!
(昨年のブログにも登場!メカ沢くんがわからない人は、本やで"魁!!クロマティ高校”を買いましょう。)

久々のメカ沢くん登場

肉は先週の日曜に仕込んだものです。

昨日一日塩抜きをし、昨晩から冷蔵庫で乾燥。

一週間漬け込んだバラ肉


ついでに燻製卵も作りました。卵は味がしみ込みやすいので、昨晩仕込み、12時間冷蔵庫で漬け込み、3時間塩抜きです。

ついでに燻製卵も


で、メカ沢くんに炭火を投入。

炭の上にステンパットを


炭火の上に燻製チップ用のステンレスパットを置きます。燻製チップは燃えてしまうと燻煙がでません。あくまで熱するだけです。


で、この燻製機は中段に水のボウルをセットできる様になっています。これによって、適度な湿度を保つ事ができるそうです。その上に生ローズマリーを置きます。
(うちの庭に大量にはえています。漬け込みの時も使用)


最上段に漬け込んだバラ肉をつるします。

バラ肉をつるします。


燻煙用のチップは色々あるのですが、うちでは主にヒッコリーとサクラを使います。今回はサクラのチップを使用。

今回チップはさくらを使用。


燻煙機の脇からステンレスパットの上にチップを投入。

チップを投入。


卵は長時間燻煙すると、白身が固くゴムの用になってしまうので、後から投入します。

途中で卵投入


この時点でバラ肉燻煙 3時間たってます。かなり良い色になっているでしょ。


で、卵は1時間半で終了。

卵完成


これが、ビールに良く合います!!


バラ肉は6時間で終了。時間は器具や温度、チップの関係で変わるのですが、結構適当です。
完成品はこちら。

ベーコン完成


自家製ベーコンです。はっきりいって使用しているハーブ類が沢山あるので、市販品とは比べ物になりません。仕込みから完成まで一週間かかりますが、やる価値有り!です。


燻製終了後、卵は直ぐに食べますが、ベーコンはさらに一日寝かします。食べるのは明日以降。

今回の出来はどうかな?楽しみです。

人気ブログランキングへ






最終更新日  2011年05月08日 21時00分22秒
コメント(3) | コメントを書く
2010年07月04日
カテゴリ:燻製
またまた番外編です。

今日は天気も良かったので、燻製を作りました。(と言っても仕込みは先週なんですが・・・)

・・・で、我が家のメカ沢君登場。(燻煙機の事を我が家ではこう呼んでいます。)
燻煙機

これ、コストコってアメリカ系スーパー(会員制)で4千980円だったんです。日本の燻製機に比べると激安!!

で、先週仕込んでおいた豚バラ肉を吊るします。
我が家で参考にしているのはベーコン小暮氏の”悪魔の燻製講座”(ニコ動でヒットします。レシピは本物です。)と燻製ドットコム(こちらはいたって真面目な燻製作りです。)

ベーコン小暮氏の悪魔の燻製講座1が豚バラのベーコン作りで、大変為になるのですが、一つだけ抜けている事があります。

各種ハーブと塩・胡椒で味付けしたあと、ジップロックで一週間毎日揉みながら待つのですが、その際動画だとハーブ類で”死に化粧”(これはベーコン小暮氏のニコ動で確認してください。)したあと、ジップロックに入れた際、液につかってます。この液に関する説明がないのです。

これは、ソミュール液とかピックル液と呼ばれるもので、これも塩水ベースです。

燻製.comさんだと醤油を使っているのですが、家では和風の色を消したかったので、醤油は使ってません。ついでに、香り出しの為、ウイスキーは少し多めにしています。

塩抜き後です。
豚バラ燻製1

で、金網に吊るします。
豚バラ燻製2

その後メカ沢君に放り込みます。
豚バラ燻製3

この間に水槽の水換えと枝流木の剪定。今日はバケツでやりました。
枝流木剪定

で、燻製2時間後、卵を投入します。
豚バラは一週間前から味付けしますが、卵は前日で十分です。(すぐに味と香りが付きます。)
燻製の前に豚バラ同様塩抜きします。
卵燻製1

豚バラはうちでは6時間やってますが、卵は長くやると白身の水分が抜けるので2時間で終わりです。
それでも、白身が少し硬かったので、次回は1.5時間でやることに。(塩抜きも2時間だとすこししょっぱいので、3時間にする予定。
卵燻製3

で、至福の時。燻製とビールで水槽を見る。・・・ああ、贅沢な気分。。。
どーですか!!
卵燻製4

こうやって書くと、忙しい日だった様に感じますが、我が家の構造上とても楽です。
なぜなら・・・・・・・

・・・・・・・燻煙機と水槽が隣だから・・・
水槽と燻煙機

ビーシュリンプの水槽の横にしゃがんで、左をみるとメカ沢君がいます。



<超番外編>
・・・で自分があれこれ好きな事をやっている間に女房がピザを生地から作り始めました。
(初めてピザ生地から作っているのをみたんですが、パンと同じく小麦粉とイースト菌なんですね・・・)

・・・で、これが焼く前です。
ピザ1

そして、これが完成品!!
ピザ2

それでもまだ炭もあるしとうもろこしも焼きました。
とうもろこし(おまけ)

燻製卵は直ぐに食べられるのですが、ベーコンは煙が馴染むまで、一日おいた方が良いんです。良いんですよ。本当は・・・・・・・・・

本当はですね・・・・でも・・・我慢できーん!!!!、風呂上りに自家製ベーコン&目玉焼き(この組み合わせも悪魔の燻製講座を見てください。)それとビール&デモンズソウル。
デモンズソウルとビールと燻製

・・・ああっ、これぞささやかな幸せ。昔の人は炭火焼きも、保存用燻製もあたりまえだったのかも知れません。
でも、現代ではすべてスーパーで買える時代。逆にこれだけの手間と時間を掛け、場合によっては市販のベーコンの方が安いんですが・・・・・

旨い!!。自分で作ったという愛情もあると思いますが、なんせハーブの類の香りは絶対に市販ではでない味です・

こんな状況で暮らせる状況に感謝。

明日から仕事です。(T T)

今日はもう寝よっと。










最終更新日  2010年07月05日 01時31分06秒
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

カテゴリ

プロフィール


Toshi the lucky

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

楽天市場で父らいお… パパらいよんさん
わけわかめ日記。 mikijaさん
てくてく散歩 kei224さん
晴&直 楽しいね♪ … はる・なお 0216さん
新米アクアリストと… 黒猫ONEさん

楽天カード


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.