2265870 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

命の大切さ

命の大切さ

先日「懺悔文」について聞かれました。

「貪瞋癡ってなんですか?」

「貪(とん)は「むさぼり」、瞋(しん)は「いかり」、
癡(痴・ち)は「おろか」ですね!」

「ほ~、なんとなくわかります」

「ところで仏教の「懺悔」とキリスト教の「懺悔」の違いを
 ご存知ですか?」

「いえ」

「仏教は「さんげ」って読むんですが、キリスト教では「ざんげ」って
濁ります」

「へ~」

「内容も違います。キリスト教は自分のしたことを悔い改めるんですが、
仏教は自分のしたことだけでなく、前世の罪までずっと遡るんです」

「ほ~仏教の方が範囲が広いんですね」

「そうです」

それで思ったことがこれです。

アカデミー賞:「ザ・コーヴ」受賞 監督「日本たたきじゃない」 太地町「遺憾だ」

アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞は、日本のイルカ漁を告発した米映画「ザ・コーヴ(入り江)」(ルイ・シホヨス監督)が獲得した。同監督が設立した米国の環境保護団体が和歌山県太地町(たいじちょう)のイルカ漁を隠し撮りした映像を使い、「高濃度の水銀を含むイルカ肉をクジラ肉として販売している」などと日本の捕鯨も批判している。

捕鯨で知られる太地町では、イルカ漁にも町漁協の約20人が従事している。県などによると今年の漁獲枠は2845頭。県の担当者は「江戸時代から約400年続く食文化なのに」と困惑する。

毎日新聞 2010年3月9日 

こんな盗 撮映画が賞をもらえるのにビックリですが・・・
(「盗 撮」が楽天では変換できません。
 やむを得ず間にスペース入れました)

以前にもこんな記事を書きました。

反捕鯨映画に思うこと

人間は他の者の生命を奪うことによって生きています。

今の時代、お金さえあれば、どんな食べ物でも
手に入れることができます。
しかし、それを自分で手に入れようとしたら・・・

米にしろ、野菜にしろ、収穫するまでを考えたら・・・

まして、クジラにしろ、牛や馬にしろ、
自分で肉を手に入れなさいといわれたら・・・

如何に大変なことでしょう。

食べ物が手に入ることは当たり前のことではありません。

それに、他の生命を奪うことによって、人間は生きているのです。

それを忘れないで欲しいですし、
ご飯を食べる時には、そのことに感謝して手を合わせてほしいです。

食材を用意してくれた人、食事を作ってくれた人だけでなく、
自分のために奪われてしまった生命にも。

またイルカ(クジラ)がそんなに汚染されているとしたら
汚染されているのはイルカやクジラだけではありません。
海自体が汚染されているのです。

その海をどうするかという問題ではないでしょうか?

最終更新日 2010年03月15日


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.