000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぐり~んおあしす (Oniwa cafe)

PR

X

全976件 (976件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 98 >

2021.06.17
XML
カテゴリ:手作り水耕栽培
​​​​​いつも用意していた養液の濃度が、薄いことが判明しました。
ということは、肥料不足です。
ペットボトルで栽培していた空心菜


葉の緑が薄く、アブラムシにもたかられています。
こちらは、同じ時期の水挿し苗をガーデンタワーに植えました。


明らかに、こちらの方が元気です。

ペットボトル栽培の養液を


0.666mS/cm から 0.938mS/cm まで肥料を濃くしました。2.0mS/cm あってもいいくらいです。

もう一つの植木鉢水耕栽培、こちらもやっぱり肥料の濃度が足りずでした。


0.605mS/cm でしたから 約1mS/cm まで養液を濃くしました。
​​​​​
​​これからの栽培は、養液濃度を気にかけて、丈夫な野菜を作ります。






最終更新日  2021.06.17 12:39:15
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:手作り水耕栽培
​​​水耕栽培には、栄養となる液肥で作った養液がいるんですが、この濃度が問題でした。
トマトのルビーが、徒長して見えるのは、養液が薄かったみたいです。

大塚ハウスの液肥を使用しています。
500ミリペットボトルで、濃縮液を作りました。


一号と二号の二種類です。説明どうりに作っています。
この液肥を、2リットルペットボトルで500倍に薄めました。
ECメーターで測ります。


339 ​​​​​​​​​です。この数値は、ちょっと問題ありでした。私の使っているECメーターの単位は、μS/cmなので、mS/cm表記の養液説明に当てはめるには、1000分の一にします。
339
μS/cmは、0.339mS/cmになります。

ルビー(中間期)の場合は、1.2~1.8mS/cmの濃度が欲しい。毎回、0.339mS/cm​のペットボトルを足していたので、そのくらいの濃度でした。
結果(5月28日撮影)


​​​​​肥料不足で、徒長しました。
今日は、大塚液肥を足して


1.321mS/cm​​​ にしました。これで様子を見ます。
トマちゃんも薄すぎでした。なかなか苗が太ってこないと思ったら


0.66mS/cm でした。


1.007mS/cm まで濃度を上げました。​1.2​mS/cm​まで​​あげたいところですが、これで様子を見ます。​
葉が下向きにカールしていたのは、肥料過多ではなく、トマちゃんの場合生育不良のせいらしいです。​​






最終更新日  2021.06.17 11:53:36
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.15
カテゴリ:お花を咲かせる
6月12日撮影。
ポーチュラカを水挿ししておいたのが発芽しました。


お花まで咲いています。これを庭のレイズドベッドに植えます。


ほんの少しの根なんですが、ポーチュラカは大丈夫と思います。



5月22日に植えたポーチュラカです。


水挿しして根を出させて、たくさん植えようと思います。






最終更新日  2021.06.15 07:12:32
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:トマトの水耕栽培
​​​​この記事、勘違いがありました。
ECメーターの単位間違いと、適正濃度の勘違いをしています。詳しく、6月17日の記事に書きました。

トマちゃんの葉が下側にカールしました。


葉が下にお辞儀をしています。昨日はこんな感じではありませんでした。もしや!?
養液をECメーターで測ったら、5の数値。

一方ルビーは



葉が反り返り気味です。ECメーターで、2の数値。

トマちゃんの養液は濃く、ルビーの養液は薄い肥料だとなります。
朝、トマちゃんの養液を薄め、ルビーの養液を濃くしました。ECメーターの数値は4になりました。

ECメーターを買ってよかったです。測らないとわかりませんので。​​​​​​​






最終更新日  2021.06.17 11:59:25
コメント(0) | コメントを書く
水耕栽培装置に種を直蒔きしたところ


次の日には、種から根が出ました。そして発芽もしました。失敗してもいいとチャレンジしたけれど、嬉しいです。イケそうなので


上の段の鉢にも養液の流れを作り、発芽した種を乗せました。
育ってほしいです。

発芽した種の根の部分をスポンジに挟んで、ペットボトル水耕栽培用の苗を作ります。


上手くいきそうな気がしてきました。






最終更新日  2021.06.15 06:40:57
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.12
一度挑戦してみたかった作付けです。
植木鉢は、栽培する部分が安定しているので、種の直播きができそうです。

この状態の鉢にスポンジを敷きます。

チューブを加工して、鉢に広く養液が行き渡るようにします。

チューブにたくさんの穴を開けています。
種はレタスにしました。

二十日でできたらいいですね。

たくさん蒔きました。レタスは光好性発芽なので、このまま様子を見てみます。心配なのは、バルコニーの温度です。発芽温度が、10〜25℃ですが、バルコニーは日が照るとすごく暑いです。

ダメもとで、待ってみます。






最終更新日  2021.06.12 07:47:42
コメント(0) | コメントを書く
栽培していたクレソンの傷みが激しいので、食べられるところを食べて、栽培終了しました。

蜂の幼虫に食べられました。

上部の葉っぱや茎を外した根のところです。とても茂っていました。
アブラナ科は、虫に食べられることが多いです。
葉っぱや根は、堆肥にします。庭の片隅に置きました。






最終更新日  2021.06.12 07:36:37
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.11
カテゴリ:手作り水耕栽培
ECメーターを買いました。

結構しっかりしたケース付きです。
ガーデンタワーのコンポストティーを測ってみました。

これにメーターのスイッチをオンにして入れます。

1860 濃いです。5倍くらい薄めて液肥にして、土耕の作物にかけた方が良さそうです。

赤いランプになる時は、飲水としては不可で、緑のランプの時は大丈夫なんだとか。

トマトの水耕栽培で、威力を発揮していただきます。






最終更新日  2021.06.11 06:46:04
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.09
カテゴリ:トマトの水耕栽培
新しくトマトの水耕栽培始めます。
庭に勝手に生えていたトマトを水耕栽培で、逞しい苗に育てたいと思います。

日陰で頑張っていた苗を掘り上げました。
土を落とします。

上もヒョロヒョロだけど、根っこもちんまりです。水耕栽培のルビーなんて、物凄い量と長さを感じる根っこです。
栽培槽は、これを使います。

今までセリを栽培していました。トマトのために、栽培終了しました。
この台に、神楽を建てて苗を差支えるようにします。

苗を植えました。


ひ弱なトマちゃんですが、丈夫に育って欲しいです。トマちゃん、勝手に生えてきたので、なんの種類かわかりません。ミニトマトは食べていないので、きっと大玉です。

こちらは、ルビーです。

実が大きくなってきました。







最終更新日  2021.06.09 19:31:18
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.08
カテゴリ:収穫
最後の収穫です。


ここから柔らかいところだけ摘みます。



セリは、栽培終了です。残りの株は、抜いて庭で堆肥にします。

こちらは収穫にはまだまだ遠いトマトですが、頑張っています。
四段目の花の房に小さい実がつきました。


脇芽にも小さい実がつきました。


楽しみにしています。






最終更新日  2021.06.08 20:29:00
コメント(0) | コメントを書く

全976件 (976件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 98 >


© Rakuten Group, Inc.