561802 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

素敵なこと、京都から。

みずたまのちわわ

みずたまのちわわ

書籍名:みずたまのちわわ
著者名:井上荒野・さく
    田中清代・え
出版社:福音館書店 こどものとも 年中向き 137号

あらすじ:主人公アームーが、朝食を食べようとしてたら
     庭に水玉もようのちわわがやってきた。
     気になって、後をつけていくと・・・・
     へいの向こうへ入っていった。その塀を覗くと・・・・!!!
     なんと、水玉の世界が広がっていて、そのちわわが
     こちらを向いてにやりと笑った。
     アームーは驚いて家に飛んで帰った。

感 想 :水玉模様のちわわがいるわけないやん!
     と、思いながらも、話の展開に次はどうなるんだろうと
     子供たちは興味津々。
     まず、塀の向こうの世界にぎょっとして、
     次にちわわがにやりと笑うとなると、きゃぁ~と。
     子供たちの反応がおもしろいです。
     今でも何度、読んでも、にやりのシーンを
     ドキドキして待ちながら聞き入ります。





Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.