010386 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フィガロ157のブログ

フィガロ157のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

フィガロ157

フィガロ157

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.04.27
XML
テーマ:ニュース(99382)
カテゴリ:カテゴリ未分類
日本有数の高原野菜の産地で「やさい王国」を


名乗る群馬県の昭和村産のほうれん草を使い、

吉本興業ホールディングス(HD)と地元企業が

タッグを組んでレトルトカレーを開発した。

この昭和村と吉本興業HDは地域振興を目的に連

携協定を結んでいる。



 吉本興業HDは、日本を代表するエンターテイ

メント企業でもありますが、地元企業との協力す

ることにより、地域の特産品を活かした商品開発

にも積極的に取り組んでいます。このレトルトカ

レーの開発においても、昭和村のほうれん草を使

用することで、地域の農業振興や地元企業の活性

化にも貢献しています。

 

発売されたレトルトカレー「よしもとカレー 

やさい王国昭和村 ほうれん草編」は、吉本

興業HDが道の駅を運営する「あぐりーむ昭和」

(角田正良社長)と共同で開発したもので、吉

本興業東京本部の社員食堂で人気の「よしもと

カレー」をベースに、甘みのあるほうれん草を

ペースト状にして混ぜ、中辛に仕立てた。

 「よしもとカレー」は全都道府県の食材との

コラボを目指しており、今回で11県目だそうです。

 

このレトルトカレーは、昭和村のほうれん草を

主成分とし、他にも地元で採れる新鮮な野菜や

地域の特産品を使用しています。そのため、食

材の鮮度や品質にこだわり、健康に配慮したレ

シピが開発されています。また、レトルトカレ

ーという形態を採用することで、保存性や利便

性にも優れており、忙しい現代人にとっても手

軽に楽しめる食品となっています。



 

 この度の特製レトルトカレーの開発には、昭

和村のほうれん草生産者と吉本興業の食品開発

チームが協力しました。両者の専門知識や技術

を結集し、地元の食材を最大限に活かした商品

を作り上げることに成功しました。特に、ほう

れん草の栽培においては、昭和村の農家の長年

の経験と技術が生かされ、品質の高いほうれん

草が収穫されました。

 商品の特徴としては、ほうれん草の風味がし

っかりと感じられることが挙げられます。ほう

れん草の甘みと食感がカレーに絶妙にマッチし、

一口食べるだけで昭和村の豊かな自然や風土を

感じることができます。

 また、吉本興業の食品開発チームが独自にブ

レンドしたスパイスや調味料も、カレーの味わ

いを一層引き立てています。

 


吉本興業HDと地元企業の協力により、地域の特

産品を活かした商品開発に取り組んでおり、地

域の農業振興や地元企業の活性化に貢献してい

ます。

 

この度コラボした昭和村産のほうれん草は、澄ん

だ空気と清らかな水に育まれ、栄養価が高く、鮮

度も抜群です。そのため、この地域で生産される

ほうれん草は、全国的にも評判で、多くの人々に

愛されています。

 






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.04.27 07:00:10
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.