1133083 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 四 季 折 々 (俳 句)

全1004件 (1004件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

夏の歳時記

2020年08月05日
XML
カテゴリ:夏の歳時記
​​​

8:54


13:47

8月1日に梅雨が明け、夏本番となった。朝曇りは梅雨明け後の朝のうちだけ曇っている現象を言う。写真に示した通り野川沿いが朝の内は曇っていたが、10時頃から日差しが差してきた。ベランダ側も暑いので時々打ち水をしている。

  ​朝曇郵便局へ歩きにて​



      クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




     俳句・夏・天文、朝曇・朝ぐもり​​






最終更新日  2020年08月05日 15時30分04秒
コメント(4) | コメントを書く


2020年08月04日
カテゴリ:夏の歳時記
​​​






昨日玄関を開けたところ蝉が仰向けになっていたので、死んでると思い草に返してやろうと手を触れてみたところ生きていた。表返ったまま数時間経ったので死んだと思い触れてみたら急いで蝉は飛び立った。その後ベランダで激しく鳴いた蝉がいたが、先ほどの蝉かどうかは不明。蝉に踊らされた一日であった。

  ​みんみんの声に親しみ厨ごと​



      クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




   俳句・夏・動物、蝉・みんみん蝉​​​






最終更新日  2020年08月04日 15時00分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2020年08月03日
カテゴリ:夏の歳時記
​​​




幹の皮が滑らかなので猿もすべることから百日紅(さるすべり)の名がある。百日紅を見るといよいよ夏本番と言った気がするが、如何せん今年の立秋は8月7日なので、夏の盛りはあと4日しかない。

  ​百日紅くわつと日の差す遊歩道​


      クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




    俳句・夏・植物、百日紅(さるすべり)​​






最終更新日  2020年08月03日 15時00分05秒
コメント(1) | コメントを書く
2020年08月02日
カテゴリ:夏の歳時記
​​​







昨日ようやく梅雨があけた。八月に入ってからの梅雨明けは珍しいとのこと。今年の梅雨はより長く感じたのは新型コロナウイルスの感染があり、不要不急の外出を自粛したためであることは言うまでもない。
小学校も夏休みに入り最初の日曜日とあって親子での遊びが目立つ。

  ​梅雨明や野川の流れ恋ふ小鷺​​


      クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




     俳句・夏・時候、梅雨明け、野川​​






最終更新日  2020年08月02日 15時00分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月01日
カテゴリ:夏の歳時記
​​​

明け方の雨で地面は濡れているが、朝から青空に白雲が浮き、みんみん蝉が鳴賑やかに鳴いている。梅雨が明けたのだろう。灸花(やいとばな)は雨をはじき赤い。

  ​灸花肩凝りしるき母想ふ​​


      クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




     俳句・夏・植物、灸花​​​






最終更新日  2020年08月01日 17時30分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年07月31日
カテゴリ:夏の歳時記
​​​

いつもの様に野川沿いの遊歩道を散歩していて、蜥蜴を発見。色が綺麗で光沢があった。蜥蜴は石垣などのすき間などにすみ、昆虫・ミミズを捕食している。石竜子とも表記する。そういえば鶴に石竜子(せきりゅうし)という俳人がいた。何を思ってこんな俳号にしたのであろうか。

  ​まかり出て瑠璃蜥蜴とは珍しき​


      クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




   俳句・夏・動物、蜥蜴(とかげ)、野川​​






最終更新日  2020年07月31日 15時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年07月30日
カテゴリ:夏の歳時記
​​​

野川の遊歩道は歩行者優先であるが、自転車も行き来する。自転車が通る時は道を譲る。夏萩のところで自転車をやり過ごす時は萩の枝に触れない処を選ぶことにしている。

  ​夏萩に触れず自転車やり過ごす​



      クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




   俳句・夏・植物、夏萩、野川遊歩道​​​






最終更新日  2020年07月30日 15時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年07月29日
カテゴリ:夏の歳時記
​​​

広場続きに世田谷トラスト協会がある。玄関脇の木椅子から野川を眺め休憩をするのが常。対岸の桜の大木の枝先に青鷺が止まっていた。30分前に通った時も、このときも同じ様子だった。青鷺は睡っているのでは無く首を伸ばしたり左右を見たりしていた。

  ​青鷺とにらめつこなどする気なし​



  
      クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




   俳句・夏・動物、青鷺、野川​​​






最終更新日  2020年07月29日 15時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年07月28日
カテゴリ:夏の歳時記
​​​


先日、西村京太郎サスペンスを観ていたら私がいつも散歩している東野川広場が映ったのでびっくり。十津川警部は高橋英樹、亀井刑事は高田純次、もうひとりの人物は国広富之。

そこで散歩序でに広場の写真を撮った。広場は今、夏草で覆われていて草が雨で濡れていることが多い。

  ​濡れゐたる夏草へ靴沈めては​


       クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




     俳句・夏・植物、夏草、東野川広場​​​






最終更新日  2020年07月28日 15時00分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2020年07月27日
カテゴリ:夏の歳時記
​​​




蝉の脱殻を空蝉という。魂がぬけた虚脱状態の身に例えられる。源氏物語に「空蝉」の巻がある。
「空蝉は伊予介の妻。源氏に言い寄られるが、その身分や立場のゆえに悩む。夫の死後は尼となり、やがて二条院に引き取られる。」空蝉に逢い、源氏物語を読みふけったころが懐かしく思われる。

東野川広場を散策していると小学3年の男児が空蝉を見つけた。虫好きの彼には宝物の一つとなるであろう。桜の木にはにいにい蝉がしきりに鳴いている。次はにいにい蝉を捕るといって別れた。

  ​てのひらの空蝉見せてくれにけり​




       クリックしてね
          ↓  

 
    人気ブログランキングへ




     俳句・夏・動物、空蝉(うつせみ)​​​






最終更新日  2020年07月27日 15時30分04秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1004件 (1004件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.