095577 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

カズさんの四方山話、大人のむかし噺

2017年02月22日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
退院してから自宅にて
 少し疲れたな~
疲れたときなんかには、物思いにふけることがあります
 どこにも、吐き出す事ができないモンですので・・・
ふとね、随分年取ってしまったなぁ~ などとね♪
 一番楽しかったのは、学生時代、高校生の時でしたねぇ
田舎から出て行って、恩師の先生がたくさんの兄弟弟子との絆を
授けてくださったとき、今まで人も少ない片田舎から来たので
立派な強い兄さんがたくさん出来たのはものすごく嬉しかったですよ
そう、あの頃は気持ちのいい兄弟達がいっぱい居て、
そして誇り高い兄達が道場を駆け、そんな兄貴達に近づけたらと懸命に励みました
 剣道のお稽古が済み、兄貴たちが連綿と磨き上げてきた黒光りする道場で
一緒にじゃれあって遊んだ弟ができた時もそうでした
 そこには、欲も得も打算も何もなく厳しいけれど楽しい日々でした
そして32年、病を得て帰った故郷は益々、人の数も減った寂しい過疎の村になってしまっていました
高校を卒業して少ししたころ、好きな女の子が出来て将来を誓い合い、
勤め先の先輩のお姉さんたちにも
『写真を見せろ~!』だの『紹介しろー!』だのとからかわれたり冷やかされたりしたもんです
あれだけ好きだった会社ももう合併してすでに今はなくなり、あの女子社員の先輩たちの顔も
お名前しか浮かんでこないほど時も過ぎてしまいました
きれいな人たちだった事しか覚えていません
彼女のお腹に赤ちゃんもでき、幸せの絶頂! お仕事もがんばろう!ってときに 病気でね・・・  
子供も一緒に逝っちゃいました・・・
元気で生きて生まれることが出来ていたら、もう32歳のはずです
 ひょっとしたら、もう2~3人のお父さんになっててもおかしくはない歳です
そしたら、私はおじいさんです 
済んだ歴史に『たら』と『れば』はないですけど、残念ですねぇ・・・
 私は、彼女、朋ちゃんが病気の時、私の血を輸血するしか出来なかった
全然十分な事ができなかった
結果的に助ける事ができなかった
若くてまだお金も十分持っていなかった私が買ってやれたのは
24金の安物の指輪しかなかったけど、最期の最期までしてくれていました
3日間の病院での結婚生活でした
これで将来、子供や孫が出来たり、成長を楽しみにする事がなくなりました
 一生の後悔です 
 せっかく新しい命が宿っていたのにです・・・
強がって、意地のプライドのと言っていられたころが懐かしい・・・
病気になったのは、自分のせいだから誰の責任でもないことはわかってるんです
別に孤独ってワケじゃないですけど、32年・・・
長いようで短いような空虚な32年・・・
割り切ったつもりでも、忘れる事ができなくて
なにか、仕方なく生きてきたような感じです
心の中にぽっかり空いた空白を埋める事はできませんでした
 普段、元気なときや、健康だった時は意地やプライドで
快活を演じてはいましたけど、今のようになってしまうと
誰も見ていないところでは、無性に寂しくなって、泣き叫びたい時があります
 幼い頃、懐いていた多くの人や憧れた先輩方ほど早く逝ってしまわれました
少し前には、恩師も旅立たれ、田舎に引っ込んでしまった私の周りには
誰も、気を許した先達も仲間も居なくなりました・・・
あの頃に戻れるなら何もいらない・・・
周りには頼れる師匠や憧れた兄貴達やふざけあった弟達が大勢居て、
みんな笑ってた記憶しかない
あの暖かい記憶がなんとも心地いい
毎日が煌いていたあの頃・・・
 ごくたまに、耐えられなくなって、嫁の朋ちゃんに
『そろそろ、そっちに行っていいかな? 迎えにきてくれないか?』
と問いかける時があります
ホントは、そんなに強いワケでもないし、むしろ私は涙もろいところもあるモンですから
『さびしいよ~ 会いたいよ~!』
って思いっきり抱きしめて、あの胸に顔をうずめて泣きたい思いに駆られる事もありました
 それはあの人のほかには、誰にも、たとえ親兄弟にもできない事です
でもねぇ どんなに会いたくても会えないし、行きたくて行けるところでもナシ・・・
無断で行ったら、また大先生に大声で怒鳴られそうですし・・・
 でもあっちには懐かしい人や恋しい人が多すぎるんです
夢で会うことが多いんですけど、夢の中の私は、私はまだ目も見えて耳も聞こえ、体も自由で・・・
まだ歳も若い私が居て、真っ黒な髪の時代の師匠、まだ小さい頃の弟、建や太一がいて
『いじめられたら言って来い』って言ってくれた兄貴が居て
(助けてくれるのかと思っていたら鍛えなおしてくれるつもりだったそうですけど・・・)
んでね、手術で麻酔がかけられて効き始めてしばらくしたとき
『よっ! 原田! どうした?』
って特徴のある聞き覚えがある懐かしい声が聞こえました
 あの声は、絶対間違えないし忘れることができないない先輩、私があこがれ、
懐いていた好岡先輩の声に間違いなかったと思います
 なぜこのとき、好岡先輩の声が聞こえたのかはわかりませんけど
とても懐かしい
 いつのまにか涙が止まらなくなっていました
この人が
『田舎から出て来て寂しくなったら、オレのこと本当の兄貴と思っていいからがんばれ!』
って言って励ましてくれた人なんです
 始めて会った時にはすでに、技術も身長も何もかもが大きすぎて、それでも頼りになる先輩でした
だから、出来る限りじゃれついて引っ付いていたんです
ずっと、先輩の背中を追っかけて剣道をしてきました
近づけるとは思っていなかったけれど、それでも近づけたら良いなぁと思いながら
ついにそこに至る事ができませんでした
 あの麻酔が効いて朦朧としていたとき、『原田!』とか『カズ!』とたくさんの私を呼ぶ声が聞こえました
まちがいなく、先に逝った兄さん達や縁者のみんなの声です
一番デキの悪い弟子で、だめな後輩、手のかかる弟だった頃が一番懐かしいなんて皮肉ですね
 この人たちの前でなら思いっきり泣き声をあげても恥ずかしくはないんです
変でしょ?
 麻酔の効果のまぼろしなんですかね?(知らんがな)
以前も麻酔の時こんなことがよくあったりして、自分では不思議でもなんでもなかったんですけど
 もう少し、正気なときにでも出てきて欲しいもんです
それにポニーテールの背中までの長くて黒い髪が似合う彼女が居て・・・
お惚気みたいになって、アレなんですけど、彼女はオム焼きそばが得意だったんですよ
とっても上手でした
それは、お料理上手な伯母やその娘、イトコのお姉ちゃん達からもお褒めがあったほどなんです
 おかげで板前になった今でも、オムソバが大好きなくせに思い出してしまうのであまり作りたくないんです
身内には可愛がってくれた伯母やこずえ姉ちゃん達が居て
笑い話やシモネタ好きなじい様たちやお料理の上手なばぁ様たちも・・・
 夢でみんな元気で笑っていました
もうみんな、私を置いて逝ってしまいました
『また会おう!』
そういって別れた兄弟達とも音信不通になってはや久しいです
熱血なアイツも クールな彼も、陽気な彼も、みんなどうしているだろう?
元気だろうか? 子供は大きくなったかな?
連絡を取ろうにもわずかな弟達の消息がわかるのみになりました
私は特に注目されるわけでも優秀なわけでもなかったけれど、
兄弟が大勢居るのは心強く、とても楽しかった
もう私は竹刀を握る事も、兄たちのように道場で優雅に舞うように剣を振るうこともできなくなったけれど・・・
これからの弟弟子たちは私の分まで元気で健康でがんばって欲しい
老いて病んでしまった私が孤独感にさいなまれる時、兄弟達にとても会いたいんです
 あの世と言うか、死後の世界があればみんなと、また楽しく暮らしたいです
見た事はないけど、死んだら渡る虹の橋とか言うものがあるらしいけどそこまで嫁は迎えに来てくれるかな・・・
もうしそうだったら嬉しいなぁ
でもそこは飼い主をおいて死んだペットがたくさん飼い主が来るのを待つところらしいから
ひょっとしたら、私が生まれたときから一緒にいたあの大きな犬、
真っ白いフカフカの体だったから名前はシロ
あいつがいるかもしれないなぁ・・・
彼女も犬が好きだったしなぁ・・・
家族3人とあのワンコ、一緒に虹の橋を渡れたら・・・
 私、少し弱気になっているのかな?
幼い頃に通った小学校も中学校もとっくに廃校となり
 修業した高校の道場は、年季の入った黒光りする床も近代的なフローリングに変わり
先日の入院時『がんばれ 戦気!』と気合を入れてくれた齋藤の兄さんが
もうすでに指導者の立場に立っておられます
 嫁が入ったお墓は阪神淡路大震災で跡形もなくなってしまい嫁の両親縁者も震災で
亡くなってしまいましたので記憶にしか彼女は居なくなってしまいました
 その嫁はいつまでたっても、20歳のまんまで若くて綺麗でした
赤ん坊を抱いていました 
赤ちゃんができた時少しぽっちゃり太って
恥ずかしがっていましたけど、私はそんな彼女がとても好きでした
『お産のときと、子育てに髪は短いほうがいいからショートカットにしようかなぁ』
って言っていたのをムキになって止めたのも古い思い出になってしまいました
まだ病気が発覚する前、
『カズちゃん! あんた私に1人しか子供、産まさん気なん?』
とか言われて焦ったですね・・・
それに引き換え私は随分歳をとってしまいカッコ悪くなってしまいとても恥ずかしいです
愉快でない思い出は、時間が風化させてくれるものですが、
きれいな思い出は時間が経つほど益々きれいに鮮明に心に残っていくものだと最近身にしみて感じるようになりました
 だから、今でも独り身でいるんですけど・・・
世間で再婚する人、出来る人は幸せで強い人だなと思います
 私はそういう気持ちになる事はできませんでした
これは家族にも明かさなかった事ですから身内からいくら再縁を勧められても拒否するので実母などは
『あれはなぜ結婚するのをあんなに嫌がるんやろ?』
と、私のことを不思議に思っていた様ですね
事実そう言ってもいましたし・・・
嫁にするのは一生に1人だけでいいんだよ!
私の母方の祖父も早くにおばあちゃんと死別して一生1人だったのは知ってることのはずだしね~
 この祖父のこういう一本気なところを尊敬していましたし・・・
これには答えたくもなかったんで反応しませんでしたけど、
気持ちを知ってほしいとは思いましたけど、まぁわからなかったでしょうね
それでも、生きることをあきらめないで生きていかなければ
どんな事があっても、生き続けると約束した事を破る事になります
 あまり普段神仏を拝む事のない私でもそういうところでは尊重してしまうのは
どうしたことなんでしょうね?
 まぁ、有体に言えば自決するような根性もないヘタレということなんですけどね
ただ、向こうに行ったときに笑って『来たよ~』って言えるようにしたいものです
 そうしたら、師匠にも、大先生にも
『悔いのない人生だったか?』
と聞かれたとき(まずそう聞かれるハズです)
『はい! ありません! ただいま参りました』
と胸を張ってお答えできると思うんです
そうしたら
『だいぶん、ゆっくりやったな♪』
とおっしゃると思います
贅沢な話しですけど、親子3人での、小さな暮らしはこの世では実りませんでしたが
そんな3人とつつましい暮らしをしながら、また昔のように私の控えの場所である師の左の後ろに控え、お仕えしながら
病や苦しみや痛みのない世界で先輩や師匠筋と楽しく剣道を楽しみたいんです
 『相変わらず、応用のきかん まっすぐしか能のない、成長せんやつやな』
と笑っておっしゃる事でしょうけど・・・
治療が終わってしまい、経過も悪くないので
 まだもうちょっと先になりそうです
師匠や兄さんたちに
『また、みんな一緒ですね 人生の役目を終えて、次に来る弟を迎えにいきましょう』
次に会うのは誰かわかりませんけど、それが誰かは大先生か先生がお示しくださるでしょう
『来たか? 次はお前だったんか? また一緒に剣道やろう!』
と言えればいいですね
 それまでは、寂しくてもがんばらないと仕方がないですね
きっとまた、兄さんたちや師匠方、みんな達に会えますよね
あまり男らしくない女々しい話しでしたね~
 という妄想、独り言でした
それではまた・・・






最終更新日  2017年02月22日 20時37分23秒
コメント(4) | コメントを書く


PR

カレンダー

プロフィール


板前カズ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.