000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

遠くへ行きたい~

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

F1

September 7, 2019
XML
カテゴリ:F1
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​イタリアGPフリー走行2のロングラン平均タイム

ロングラン平均タイムを速い順に並べてみました
雨がパラパラ絡んでなので通常より信頼性は低いと思います




​1.    V.ボッタス      1:24.8(S)
2.   C.ルクレール      1:25.1(S)⇒1:25.5(H)
​​​3.​​​   L.ハミルトン      1:25.1(M)
4.   M.フェルスタッペン  1:25.1(S)⇒1:25.0(M)
5.   L.ノリス         1:25.2(S)※終盤のみ
6.   D.リカルド       1:25.3(S)
​​7.   ​​A.アルボン       1:25.5(S)⇒1:25.4(M)
8.     C.サインツ       1:25.5(S)
​9.   ​S.ペレス        1:25.5(S)⇒1:25.5(M)
10.  S.ベッテル       1:25.6(S)⇒1:25.1(M)
11.  P.ガスリー       1:25.6(S)⇒1:25.1(M)
12.  D.クビアト      1:25.6(S)⇒1:25.4(H)
13.  N.ヒュルケンベルグ  1:25.7(M)⇒1:25.3(S)
​14.​  K.マグヌッセン    ​1:26.0​(S)⇒1:25.5(M)
15.  L.ストロール     1:26.0(S)⇒1:26.2(M)
16.  K.ライコネン     1:26.1(S)⇒1:26.9(H)
17.  G.ラッセル      1:26.2(S)
18.  R.グロージャン    1:26.7(S)⇒1:26.2(M)
19.  A.ジョビナッツィ   1:26.8(S)⇒1:26.0(M)
20.  R.クビサ       1:27.3(S)​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​





イタリアGPロングランの速さのイメージは


メルセデス

フェラーリレッドブル


マクラーレンルノートロロッソ

レーシングポイント

アルファロメオハース

ウイリアムズ


  • メルセデスが安定して速く、やや有利そう
  • ホンダのスペック4がなかなか良い
  • 最近、1発の速さ“だけ”ならルノーのPUがトップのような気がしてきた
  • バーレーン・カナダで特に目立ってたけど、ベッテルもう一杯一杯で余裕ないの?
  • ​​​​​​​​​​今回は結構速いガスリーがグリッド降格は痛い
  • クビアトがC2で相当速いのが興味深い
  • モンツァの天気予報見ると日曜日は雨降らなさそうr






最終更新日  September 7, 2019 04:03:53 PM
コメント(0) | コメントを書く


September 1, 2019
カテゴリ:F1
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ベルギーGPフリー走行2のロングラン平均タイム

例によって暫定Sグリッド順にFP2のロングラン平均タイムを並べてみました

予選はフェラーリ1強でしたが、ロングランになると大差はなさそうで意外と混戦


1.C.ルクレール    1:50.8(M)
2.S.ベッテル     1:51.7(S)⇒1:51.0(M)
3.L.ハミルトン     1:50.8(S)
4. V.ボッタス     1:50.8(S)⇒1:50.6(M)
5.M.フェルスタッペン 1:51.3(S)⇒1:50.4(M)
6. K.ライコネン    1:52.4(S)
7.S.ペレス       1:51.3(S)
8.K.マグヌッセン    1:53.3(S)
9.R.グロージャン    ​1:52.1​(S)
10.D.リカルド     1:51.3(S)
11.L.ノリス       1:52.5(S)
12.N.ヒュルケンベルグ 1:51.8(S)⇒1:52.4(M)
13.A.ジョビナッツィ  1:52.8(S)
14.P.ガスリー      1:53.0(S)
15.G.ラッセル     1:53.3(S)
16.C.サインツ     1:51.9(S)⇒1:52.4(M)
17. L.ストロール     1:51.5(S)
18.A.アルボン     1:52.1(M)
19. D.クビアト      1:52.2(S)⇒1:52.2(M)
20.R.クビサ      1:53.6(S)⇒1:52.9(M)


ベルギーGPの速さのイメージは

フェラーリ/メルセデス

レッドブル

レーシングポイント/ルノー



マクラーレン/アルファロメオ/ハース/トロロッソ
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​↓
ウイリアムズ


  • タイヤ戦略込だとフェラーリは不安あり
  • レーシングポイントがめちゃ速い
  • ルノーも速いが相対的にマクラーレンが遅くなってるのが面白い
  • トロロッソは厳しい
  • ウイリアムズがかなり近づいて来た




最後にAnthoine Hubertの事故は非常にショッキングで色々考えさせられました
有望な若手だったのに非常に悔やまれます
また、そうであろうがなかろうが、ただただお祈り申し上げます






最終更新日  September 1, 2019 09:40:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 28, 2019
カテゴリ:F1
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ドイツGPフリー走行2のロングラン平均タイム

例によって予選順にFP2のロングラン平均タイムを並べてみました

今回は3強!!


1 L.ハミルトン     1:19.4(S)⇒1:19.0(M)
2 M.フェルスタッペン   1:19.4(M)
3 V.ボッタス      1:19.7(S)⇒1:19.2(H)     
4 P.ガスリー      --------
5 K.ライコネン     1:20.8(S)⇒​​​1:20.0​​​(M)
6 R.グロージャン    ​​1:21.2​​(S)⇒​​​1:20.2​​​(H)
7 C.サインツ      1:20.6(S)⇒1:20.5(M)
8 S.ペレス       ​1:20.4​​(S)⇒​1:19.6​(H)
9 N.ヒュルケンベルグ  1:20.7(S)
10 C.ルクレール     1:19.3(H)
11 A.ジョビナッツィ   1:21.2(S)⇒1:20.7(H)
12 K.マグヌッセン    1:21.2(S)⇒1:21.0(M)
13 D.リカルド      1:20.9(S)⇒​1:19.9​(M)
14 D.クビアト      1:20.8(S)⇒​​1:20.3​​(H)
15 L.ストロール      1:20.7(S)⇒​1:19.6​(H)
16 L.ノリス        1:20.8(H)
17 A.アルボン       1:20.7(S)⇒​1:20.3​​(M)
18 G.ラッセル       1:22.1(H)
19 R.クビサ        1:21.7(S)
20 S.ベッテル       1:19.4(S)


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​


ドイツGPのチーム別の速さのイメージは

フェラーリ/メルセデス/レッドブル



レーシングポイント

アルファロメオ/ルノー/マクラーレン

ハース/トロロッソ



ウイリアムズ


F1は3強といわれて久しいですがその内容が去年とは違います
去年は2強(メルセデス+フェラーリ)+1(レッドブル)で
そうなると上で潰し合って逆に3番目にチャンスがくるんですが
今年は1強+2で2の方が牽制し合って
ただでさえ安定感のあるメルセデスの楽勝を後押ししちゃってます

しかし今回は牽制相手のフェラーリがQ1、Q3を走れず後方からなので
遂にフェラーリを気にせずに真っ向勝負でどこまでできるか見れそうです
ペースも前回のイギリスGPよりメルセデスとの差も少なそうです

ただQ2でホンダがチョットやらかしたので
フェルスタッペンのスタートタイヤが予定外のソフトになったのがどうなるか
普通に考えればミディアムスタートの方が作戦が柔軟で有利です

前向きな性格なのでソフトが有利になるとすれば、を考えると
​雨​がポイント
ホッケンハイムの天気予報を見ると(降る振る詐欺ばかりですが)
レース中に雨が降ってくるのではなく
雨がレース開始時までに止むかどうかという予報でした

雨スタートなら当然スタートタイヤは関係なくなるし
もし止んでも路面が冷えていればソフトの方が良かったなんてことも

オーストリアGP以降楽しいレースが続いて嬉しいです


ピレリ想定タイヤ戦略





​予選終了時の持ちタイヤ​






​​​






最終更新日  July 28, 2019 08:00:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 14, 2019
カテゴリ:F1
イギリスGPフリー走行2のロングラン平均タイム

予選順にFP2のロングラン平均タイムを並べてみました(誰得)

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​1 V.ボッタス                 ⇒1:31.269(M11)
2 L.ハミルトン       1:31.838(S5)⇒1:30.751(M13)
3 C.ルクレール       ​1:32.684​​​(M12)⇒1:31.435(S6)
4 M.フェルスタッペン    1:32.392(S9)⇒1:31.676(M6)
5 P.ガスリー         1:32.917(S9)  ⇒1:31.421(M8)
6 S.ベッテル         1:32.720(S10)⇒1:31.966(M6)
7 D.リカルド              -----
8 L.ノリス          ​1:33.361​(M9) ⇒1:32.154(S10)
9 A.アルボン         ​1:33.041​(S14)⇒1:31.909(M7)
10 N.ヒュルケンベルグ     1:33.288(S12)⇒1:32.391(M10)
11 A.ジョビナッツィ      1:33.684(S8)
12 K.ライコネン       1:33.331(M8)
13 C.サインツ        1:33.310(S10)⇒1:32.337(M10)
14 R.グロージャン               ⇒1:32.723(M13)
15 S.ペレス         1:33.122(S7)  ⇒1:32.542(H10)
16 K.マグヌッセン      1:32.677(S10)⇒1:32.044(M7)
17 D.クビアト        1:33.139(S6) ⇒1:32.593(M14)
18 L.ストロール       1:33.589(S9)  ⇒1:32.084(H10)
19 G.ラッセル            -----
20 R.クビサ         1:34.213(H19)


今回のイギリスGPはフリー走行からタイヤに非常に厳しそうで
タイヤを巡る戦略が勝負を左右しそう

そうは言ってもメルセデスは抜けています
もし他より燃料軽めのロングランでなければ圧倒的に速いです
ただ新品タイヤの残し方が2人に差があります

フェラーリ・レッドブルは互角ですがスタートのタイヤが違うのが大きなポイントで
ピレリ発表のレース予想だと ソフト⇒ソフト⇒ハードが最速となっていますが
ハードを試したチームが殆ど無いので読みにくいですが
レーシングポイントを見る限り結構速そう

ソフトとミディアムのタイム差が少ない
となるとメルセデス・レッドブルはミディアム⇒ハードの1ストップ狙い?

フェラーリは最初から1ストップへの未練を断ち切って
タイヤを労わる2チームを出し抜くソフト⇒ソフト⇒ハード狙いに見えます

あと、大体期待外れに終わることが多いんですが今回こそアルボンにも期待
ソフトのロングランが中々良かったです
ただ一瞬の判断が必要な戦略勝負のレースになるとチームがやらかすから心配です

今回のレースは今年一番読めないレースで楽しみです
雨はどうせ降る振る詐欺だと期待していません

​予選後持ちタイヤ​​




​​​​






最終更新日  July 14, 2019 07:33:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 17, 2019
カテゴリ:F1
予選はメルセデスが驚愕の速さを見せましたが
大雑把な感じで言うと3強はそのまま3強で
中団勢が軒並み0.5秒ほどトップに近づいてきたという印象
今年は3強でも最後尾からごぼう抜きというのは難しそう


あと、今回の予選でガスリーはチーム的にやっちまいましたが
開幕戦というだけなく市街地コースなので路面の改善なども相まって
上手くアタックできなかった車も多かった

特にQ2でQ1のタイムを下回ったドライバーは
ヒュルケンベルグ +0.022
ジョビナッツィ  +0.283
クビアト     +0.263

んージョビナッツィはQ1のタイムで10番手だったのにね




決勝はどうなるのかFPのタイムを予選順に並べてみました

基本はソフトタイヤ⇒ミディアムタイヤですが
ソフト⇒ハードの場合は(Hard)表記にしました



1.ハミルトン    1:28.2⇒1:27.6
2.ボッタス     1:28.4⇒1:27.6
3.ベッテル     1:29.0⇒1:27.6
4.フェルスタッペン ??? ⇒1:27.6(Soft)
5.ルクレール    1:28.8⇒1:29.2(Hard)
6.グロージャン   1:29.7⇒1:28.9
7.マグヌッセン   1:29.6⇒???
8.ノリス      1:29.8⇒???
9.ライコネン    1:29.1⇒1:28.8
10.ペレス      1:29.6⇒1:28.8(Hard)
11.ヒュルケンベルグ 1:29.3⇒1:28.1(Hard)
12.リカルド     1:29.6⇒1:29.2
13.アルボン     1:29.7⇒???
14.ジョビナッツィ  1:29.6⇒1:29.1(Hard)
15.クビアト     1:29.3⇒1:28.5
16.ストロール    1:29.7⇒1:28.9(Hard)
17.ガスリー     1:29.3⇒1:28.8
18.サインツ     1:29.2⇒???
19.ラッセル     1:31.7⇒???
20.クビサ      1:31.5(Hard)⇒???


・順当にメルセデス・フェラーリ・レッドブルの順(ガスリーは遅い)
・レーシングポイントがハードで狙ってる
・ライコネン・ヒュルケンベルグが速い
・クビアト、ロングラン結構いけそう
・マクラーレンは違うことしてる
・レッドブルはミディアムでQ2突破できると思ってた?
 甘く見てたからこそのガスリーQ1落ちかな?


うわっどうなるか色々楽しみです






最終更新日  March 17, 2019 01:12:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 15, 2019
カテゴリ:F1
今日から2019年のF1が開幕ですね
個人的にはHONDAの復帰後初優勝と
あわよくばタイトル獲得を願っています
とか色々想像できるこの時期は一番楽しいですね




という事でバルセロナテストを基に予想してみました


開幕時点の仕上がり予想

1位 フェラーリ
2位 メルセデス
3位 レッドブル
4位 ハース
5位 マクラーレン
6位 アルファロメオ
7位 ルノー
8位 レーシングポイント
9位 トロロッソ
10位 ウィリアムズ



フェラーリ
テスト初日から軽く好タイム連発でベースが相当速そう
ベッテルは整った環境だとダントツに速いドライバーなので
今年の一番の敵はルクレールかも


メルセデス
例年通りロングラン重視
これまでは、硬めのタイヤでも楽々好タイムを出して余裕な感じでしたが、
今年はかなり余裕ないんじゃないかと思わせる
ただアップデートで外さない安定感は相当な強み


レッドブル
ガスリーが要所で2回クラッシュしたので
レースシミュレーションもタイムアタックも出来ないまま
ただテスト始めからスッと好タイムを出せてはいます


ハース
良いペースでロングランできていました
やっぱりフェラーリの後ろ盾は効いてるなぁ


マクラーレン
ロングランのペースが良い感じで不気味
なんかタイヤに優しい感じがします
チームとしてはアロンソが居なくなったのが痛いでしょう


トロロッソ
一発のタイムは思った以上だったが
ロングランになるとタイムの落ちが大きい
タイヤに厳しい印象





因みにシーズン通しての予想

シーズン終了時の予想
1位 フェラーリ
2位 メルセデス
3位 レッドブル
4位 ルノー
5位 ハース
6位 レーシングポイント
7位 マクラーレン
8位 アルファロメオ
9位 トロロッソ
10位 ウィリアムズ



ルノー以下は大混戦の予想
バルセロナテストで、どのメーカーも大きなトラブルが無かったし
PUの開発にも伸びシロも少なくなってきた感じで
今年はドライバーの重要度が増しそう

あまり言われませんが、PUの伸びシロで言えば
2チームに供給という面から考えて
HONDAにだけ去年より大幅なプラスがあります
今まで外のメーカー3分の1しかデータが無かったわけですから
もの凄いハンデでよくここまで来たと思います


あと毎年思うんですが
旧フォースインディアって苦しそうに見えても
毎年シーズン中大幅に改善してくるのが凄い


そういえばフェラーリの燃料の匂いの話はどうなったんでしょう?








最終更新日  March 15, 2019 08:16:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 22, 2013
カテゴリ:F1
琢磨ロングビーチ

インディカーシリーズのロングビーチで優勝ぉぉ!!!


しかも恵まれたという感じではなく自力で勝ち取った優勝
(リスタートの度にビクビクしましたが)


レース規模的に去年のインディ500の雪辱までは果たせていないですが

大きな歴史を刻んでくれました

っていうだけじゃなくてシリーズチャンピオンまで見える位置にいるってすごい



イギリスF3でチャンピオン+マカオGP優勝という

当時の超エリートコースでF1に行った時はワールドチャンピオンを期待しましましたが

不運と不可解なトラブルでのリタイアと速いけど特攻してしまう癖で

さらに当時の予選形式も琢磨の良い面が活かせない形式で結果に繋がらず

歯車が噛み合わないまま不完全燃焼でF1を去る形で悔しかったです



速さでは現マクラーレンのバトンと遜色なかったと思っていますし

タイプの違う可夢偉と2人の日本人がF1にいればなぁと今でも思いますし

2人ともF1で走るに値するドライバーだと思います



インディは面白いし優勝は凄いんですが

個人的にはやっぱりワールドチャンピオンシップのF1で君が代が聴きたいんです

当の琢磨も今でもF1志向のようですし

なにやらホンダの復帰がありそうですし



うん

追い風が吹いて来ましたよ

ビュービュー







最終更新日  April 22, 2013 09:19:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 14, 2007
カテゴリ:F1
2007年F1GP第4戦スペインGPで
予選13番手からスタートしたスーパーアグリの
佐藤琢磨がチームに初めてのポイントをもたらす
8位入賞を果たした

これ結構凄い事です
80年代のF1ならいざ知らず
現代のF1はコンピューターで制御され
あらゆる可能性をシュミレーションしているため
資金の潤沢なトップチームが圧倒的に有利な状況です


今年でいえば
_______
マクラーレン
フェラーリ

BMW
_______
2強+1で
各チーム2台エントリーですから6位までは決まったようなもので
残りの2席を8チームで争う状況にあります
(ポイントは1~8位に与えられる)

確かに今回はフェラーリ1台・BMW1台が
リタイアするという幸運はあったにせよ
チームができて2年目で
こういう荒れたレースでキッチリとポイントを
ゲットできるという状況までもって来れた事が快挙といえるでしょう

去年のチャンピオンのルノー、4位のホンダの凋落ぶりを見ても
現状維持ですら難しい世界であることが分かると思います
そんな世界でホンダのバックアップが大きいにせよ
ここまで短期間で結果を出せたスーパーアグリは凄い

2006年シーズンに準備期間4ヶ月でF1デビューまで漕ぎ着け
さらに今年の飛躍
チーム関係者の努力ももちろんですが
現役時代にローラという弱小チームで
表彰台に(しかも日本GPで)表彰台に上がった鈴木亜久里の
尋常じゃない運の良さは凄まじい

言葉がおかしいかもしれませんが
鈴木亜久里の運のよさはフロックではないと思います

私は彼の底抜けの楽観的な性格が好きですが
彼の運の良さはそんな性格が招くものだと思います
いつも悲観的で常に不運に見舞われる人って周りにいませんか?


さて上位に目を向けると今年のF1は近年に無いくらい混戦で面白いですね
マクラーレン・フェラーリ各ドライバーの4つ巴です
優勝ドライバーが読めない今年は最後まで楽しめそうです


さぁ次はモナコGP
モナコは市街地コースの超低速サーキットで車の性能差が出にくい
全サーキットの中で屈指のドライバーズサーキット
ドライバーの腕がモノをいいます

佐藤琢磨はF3時代にマカオで優勝しているように
市街地コースが得意です
一旦前に行ければ抜けないサーキットですから
予選の順位次第で連続入賞も狙えそうです
頑張れ琢磨!!






最終更新日  May 17, 2007 09:21:17 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 18, 2007
カテゴリ:F1
いきなりですが今年のフジテレビの地上波のオープニングは酷い
百聞は一見にしかずということで画像を見てください

今年の酷いオープニング→http://www.youtube.com/watch?v=w66YjCLRs1M
1994鈴鹿GPのオープニング→http://www.youtube.com/watch?v=3RwqhO5dWQY
1990鈴鹿GPのオープニング→http://www.youtube.com/watch?v=wtiFIEKCc3o

番組関係者が「今年はオープニングを一新するから期待してください」
と言っていたので、少なからず不安を抱いていましたが、ここまで酷いとは
エンブレムは日本ハムファイターズのパクリみたいだし
アメコミ風のドライバーが登場した時はチャンネル間違えたかなと思いましたよ

恐らく新規の視聴者開拓なんでしょうが失敗でしょう
数年前から地上波のフジテレビは新規視聴層開拓という名の
番組の質の低下が顕著になっています
今宮さんも川井ちゃんもCSに行っちゃったし・・・
地上波のスタッフで番組構成に意見する人はCSに飛ばされた?
それとも出演者側が嫌になって地上波を降りたのかなんて深読みしてしまいます

話は広がりますが、
日本ではほとんどの競技でそうですが、ファンを育てるのではなく
未成熟なファンのレベルに合わせて様々な物を決定してしまう傾向があります
幼稚なコンセプト・安易なマーケティング
これが日本のスポーツ界の現状ではないでしょうか?
エンブレム一つをとってもJリーグとヨーロッパのチームを比べれば一目瞭然
そんな状況でもフジのF1中継はセンス良く、媚びることなく頑張っていたのに・・・
もう地上波は終わったのか?
本当にF1を見たい人はCSに入りましょうって
ん?・・これがフジの作戦か?

結局誰に向けて作ったんでしょう?
とにかくあまりのセンスの悪いオープニングにショックを受けましたってことです



とにもかくにも2007年F1開幕
また楽しい日々が始まりました(地上波をみるとゲンナリしますが)

開幕戦のオーストラリアは
優勝 ライコネン フェラーリ
2位 アロンソ  マクラーレン
3位 ハミルトン マクラーレン

と、蓋を開けてみれば極めて順当な結果でしたが
スーパアグリがフリー走行~予選を通じてかなり頑張ったおかげで
個人的にはかなり興奮できました
それにしてもフェラーリは速かったですね
シューマッハーは多大な遺産を残していったようです
今年も2強+1の予感(フェラーリ・マクラーレン・BMW)
スーパーアグリも展開次第ではポイントも取れそうで楽しみです
逆に期待外れだったのは、ホンダとトヨタ
トヨタは予選では少しさせましたが決勝は良い所ナシ
ホンダは車作りで冒険し、その冒険が悪い方向に行った
今年のジャンプアップは望めそうもない・・・合掌
とはいえF1界がワークスチームばかりになってもつまらないですね
日本チームには頑張って欲しい。う~ん複雑
とりあえずスーパーアグリは純粋に応援できます。頑張れ~







最終更新日  March 21, 2007 12:33:16 AM
コメント(1) | コメントを書く
February 26, 2007
カテゴリ:F1
早いものでもうF1の開幕が近づいてきました
開幕前の一つの楽しみとして各チームの新車発表があります
どんなことでも新しくなるのはワクワクしますが
F1となると車の技術もさることながら
デザイン・配色・カラーリングも世界のトップレベルなので見ているだけでも楽しめます

しかし近年は技術に格差が無くなって、外見では特徴的な車は減りました
(昔、6輪のF1が走っていたの知ってます?6輪ですよ6輪!戦車みたいだった)
なもんで、デザイン面が楽みなんですがここ数年はあまり変わっていなかったんですが
今年のホンダは凄いです
地球が走ります
詳しくは⇒ホンダF1ホームページ


RA107
第一印象は「モデラー泣かせ(笑)」
この車の模型が出たらどうやって色塗るんだろ?
そういえば最近作ってないなぁ



ちなみに今までで形状・カラー共に一番美しいと思うF1はジョーダン191です
引退したM.シューマッハーのF1デビュー車でもあります
ジョーダン191






最終更新日  March 1, 2007 03:01:48 PM
コメント(0) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.