185126 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

LOHAS(ロハス)なクリエイターへの道。  心と体に効く創造力!最新動画ニュース配信!

LOHAS(ロハス)なクリエイターへの道。  心と体に効く創造力!最新動画ニュース配信!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

超・安田02号

超・安田02号

Category

Recent Posts


LOHAS(ロハス)なクリエイターになる874の方法&最新動画ニュース

LOHAS(ロハス)な住まい・暮らしの情報Blogを開設!無料動画情報も随時配信中!


2005-03-21 17:39:58

あなたは、一般家庭からのヤフーや楽天などの大手サイトへのブロードバンド接続が、約9割に到達していることを知っていますか?(※2004年7月ネットレイディング社、調べ)
そう、時代は、ブロードバンドなのです。
そんな時代の情報提供は、映像表現力を磨くこと。
今後、ブログにも動画化の波が押し寄せてきます!
テキストと画像だけの表現では、動画の表現者に負けてしまう。
ただ、誰もが簡単に映像を制作できるものでもない。
そこで、元シナリオライターで、現在映像ディレクターの安田が、どのような映像表現をすれば人に伝わるかをお伝えします!!映像表現は、まずはテクニックを磨き、それと平行して感性を磨くこと。

あなたも、今日から映像ディレクターになろう!


・・・さて、ここにLOHAS(ロハス)がどうつながるの?ということですが、LOHAS(ロハス)とは、Lifestyles Of Health And Sustainabilityの頭文字をつないだ造語で、自分らしく「こだわり」を大切にしながら、かつ健康的な生活を最優先し、それがエコロジーにもつながっているというライフスタイルのことを言います。このライフスタイルに創作活動も組み込んだら、どうだろうか?最も新しい生活になるのでは?実生活でそれを実験しながら生きていくと面白いのではないかと思ったからです。



夢は、ココロとカラダと地球環境に優しいクリエイターになること!


LOHAS(ロハス)な住まい・暮らしの情報Blog無料動画情報も随時配信!


2006.01.11
XML
テーマ:今日のこと★☆
カテゴリ:ロハス
「ウォームビズ」寒波で不発、ネクタイ業界がっかり

 環境省が打ち出した省エネ運動「ウォームビズ」が今ひとつ盛り上がっていない。

 冬の間の暖房を弱め、代わりに厚着をして仕事をしようというものだが、ノーネクタイが象徴的だったクールビズと違ってイメージがつかみにくく、「何をどうすればいいのかわからない」という声も。

 記録的な寒波の中で、「暖房を抑えてとは言いにくい……」との戸惑いも環境省内からは聞かれる。この寒さに景気回復効果も重なり、冬物衣料の売れ行きは上々だが、肝心の省エネ効果は見えないままだ。 

 ■環境省

 環境省は、冬場のオフィスの暖房温度をこれまでの24、25度から20度に変更することで、「クールビズの4倍程度の省エネ効果が期待できる」と試算するが、「ネクタイを外せばよかったクールビズと違い、パッと見てわからないこともあって、インパクトに欠ける面はある」と普及の難しさも認める。「クールビズでは官庁街での取り組みが、ビジネス街に広がり、それがまた話題になった」と、ブーム再現をもくろんでいるものの、実現への妙案は浮かばないのが現状だ。

 寒波の余波もある。ウォームビズへの賛同企業からは「この寒さで暖房を我慢するのは無理」との電話も寄せられており、同省は「無理をしないで、温かく過ごす工夫をしながら参加してほしい」と呼びかけている。

 ■自治体・企業

 クールビズでは推進役となった自治体の動きも鈍い。横浜市では昨夏、打ち水イベントを催したり、市民にうちわを配ったりと、クールビズのキャンペーンを大々的に展開したが、ウォームビズについては今のところイベントなどの予定はない。「ネクタイを外すというような象徴的なスタイルがなく、啓発の工夫が難しい」と環境政策課の担当者は言う。

 一方、東京・丸の内のオフィス街。三菱商事は「夏とは異なり、室温をこまめに設定することはない」とし、明治安田生命保険も「社員の服装も普通のスーツで、暖房温度も例年と変わりない」と話す。

 ■冬物商戦

 昨年10月下旬から11月上旬にかけ、ウォームビズの特設コーナーを設けたプランタン銀座(東京・中央区)では、肌着類などオフィス内での防寒グッズの先月の売り上げが、前年同期の2倍となっている。しかし、同社の広報担当者は「今年は寒さもあり、ウォームビズの直接の効果かどうかは分からない」と話す。

 日本橋三越本店(同)でも、「売り場で『クールビズにしたい』と尋ねてきたお客様は多かったが、『ウォームビズにしたい』という相談はほとんどない」と広報担当者。ニットなどの室内着や肌着の売れ行きは順調に伸びているが、「サラリーマンの懐具合が良くなってきたことも影響しているのでは」とみる。

 ■ネクタイ業界

 昨年のクールビズブームで大打撃を受けたネクタイ業界では昨秋、約60社でつくる日本ネクタイ組合連合会が「秋こそネクタイ」という共通広告を各百貨店に出し、ウォームビズに乗っての起死回生を狙ったが、担当者は「結局、ネクタイの売上高にはほとんど影響なかった」と明かす。

(ヤフーニュースより転載)




人間、寒さには勝てません・・・。
やはり、クールビズは楽だったから流行ったわけで、
苦なら誰も乗らないのだ。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2006.01.11 21:14:12
コメント(59) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

Calendar

Favorite Blog


© Rakuten Group, Inc.