810151 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ほのぼのノルウェー暮らし

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

韓国ソウル!文家の掟 shaquillさん
Muski’s dagbok muskiさん
◎かなかな日記◎ kanavistaさん
北欧浮き草暮らし モナくまこさん
お節介が行く お節介さん

コメント新着

PUS@ Re[1]:予期せぬ出来事(04/21) ぴこほんちぇさんへ 覚えてますよー。 …
ぴこほんちぇ@ Re:予期せぬ出来事(04/21) 以前アムステルダムからお便りした者です…
PUS@ Re[1]:環境を考える(01/17) 加代子さんへ わぁ~、お久しぶりです! …
加代子@ Re:環境を考える(01/17) そうなのよね! 私もノルウェーの政治と言…
PUS@ Re[1]:知らないって怖い(10/12) ぴこほんちぇさん、こんにちは。 お返事が…

フリーページ

ダンナとの 出会い


何でノルウェー?


お互いの第一印象


遠距離恋愛 


プロポーズ


ビザ申請


強制送還?


出頭命令


書類地獄


前代未聞の結婚式


Miserable days ~ 笑えるけど笑えない話


命拾い


デンマークでの災難 1


デンマークでの災難 2


デンマークでの災難 3


クレジットカード


NSBとの対決


NSBとの対決 ふたたび・・・


スリの被害に遭う


 役に立たない警察


近所であった強盗事件


救急病院の恐怖


歯科医の恐怖


深夜の救急病院


PUSの救急病院デビュー


ノルウェー人妻と日本人妻の違い


ノルウェーのスターと世界の有名人の違い


生活事情あれこれ ~ ノルウェーのお葬式


ノルウェーの結婚式


ノルウェー人の国民性


ノルウェー語ってどんな感じ?


福祉国家の裏事情・税金編


病欠編


刑務所編  


遺産相続


国籍と年金


お先真っ暗な北欧の老後の実態


ノルウェーで一番リッチな生活保護受給者


ノルウェー不思議発見


ノルウェーの迷信


ノルウェーで就職するには?  


本業と副業


ノルウェー人の、ここが変! スペシャル


借り物


妙なプレゼント


THE・ケンカ


出したらしまえ!


オークション


夫婦ゲンカ連発の旅 ~ 駐車場編


ストックホルム ~ カーナビ事件 その1  


ストックホルム ~ カーナビ事件 その2


タラバ蟹


一時帰国 ~ ノルウェー人夫の韓流ブーム


日本の電車


しまなみ海道


伊勢志摩


大久野島


上高地と飛騨高山


白川郷と金沢


伏見稲荷と東福寺


保津川下り


ノルウェー 自転車旅行  RALLARVEGEN 


 GOL - HEMSEDAL


 HEMSEDAL - NØSEN


 NØSEN - BYGDIN


JOTUNHEIMVEGEN - LILLEHAMMER


FINSE - VOSSーEKSINGEDALEN- BERGEN


NORDSJØRUTA ~ 北海ルート 1


NORDSJØRUTA ~ 北海ルート 2


NORDSJØRUTA ~ 北海ルート 3


NORDSJØRUTA ~ 北海ルート 4


NORDSJØRUTA ~ 北海ルート 5


ノルウェーで一番キケンなアトラクション


ノルウェーの旅 ~ MØRE OG ROMSDAL


DRESIN


ノルウェー・イン・ナットシェル 


TROLLTUNGA登山


BESSEGGEN登山


HARDANGER


RONDANE登山


RONDANE登山 ~ RONDVASSBU


RONDANE登山 ~ SMUKSJØSETER


スキー旅行 in RAULAND


なんちゃって登山旅行


BREHEIMEN


ÅRDAL,AURLAND and HADELAND GLASSVERK


GAUSTATOPPEN登山


RØROS


ロフォーテン諸島


ロフォーテンのビーチ


ロフォーテンの漁村  その1


ロフォーテンの漁村  その2


ロフォーテンの漁村  その3


ロフォーテンで登山


ヨーロッパの旅


ドイツ編 ~ ベルリン


ドレスデン


ザクセン スイス


秋のベルリン


ポツダム


リューベック  其の1


リューベック 其の2 とトラヴェミュンデ


ハンブルク


ハンブルク ~ 倉庫街


ハンブルク ~ ミニチュアワンダーランド


ハンブルク港と旧エルベトンネル


ハンブルク最終日


デュッセルドルフ  その1


デュッセルドルフ  その2


ケルン


ケルンのクリスマスマーケット


アーヘン  その1


アーヘン  その2


イタリア編  ローマ


ローマ観光


ローマで下痢


グッバイ ローマ


サルデーニャ島 ~ プロローグ


アルゲーロ到着


アルゲーロ散策


ネプチューンの洞窟 


Bosa


メニューのないレストラン


アルゲーロのビーチ


ドロミテ渓谷


Pragser Wildsee


コルティナ・ダンペッツォとミズリーナ湖


地上の楽園、アマルフィ海岸


アマルフィ海岸の町巡り ~ ポジターノ


アマルフィ海岸の町巡り ~ アマルフィ


アマルフィ海岸の町巡り ~ ラヴェッロ


ソレントで海水浴


ポンペイの遺跡


カプリ島


アナカプリ


ソレント最終日


スペイン編  バルセロナ


クリスマス休暇 in Mallorca


パルマからの小旅行


Valldemossa


Port de Soller


マヨルカ島のクリスマス


マヨルカ島のビーチ


セビーリャ   第一話


セビーリャ  第二話


バスク地方  サン・セバスティアン


サン・セバスティアン ~  観光編


ビルバオ ~ 観光編


ビルバオ ~ 食編


フエルテベントゥーラ島


ハンディアのビーチ


ベタンクリア


モロ・ハブレ


泣いても笑っても最終日


アンダルシア周遊の旅 ~ ネルハ その1


アンダルシア周遊の旅 ~ ネルハ その2


アンダルシア周遊の旅 ~ フリヒリアナ


アンダルシア周遊の旅 ~ マラガ その1


アンダルシア周遊の旅 ~ マラガ その2


アンダルシア周遊の旅 ~ トレモリノス


アンダルシア周遊の旅 ~ ミハス


アンダルシア周遊の旅 ~ べナルマデナ


アンダルシア周遊 ~ コルドバ その1


アンダルシア周遊 ~ コルドバ その2


スコットランド編  エジンバラ


ベルギー編  ブリュッセル


オランダ編  アムステルダム


ギリシャ編 ~ アテネの暴動


アテネの街歩き  前編


アテネの街歩き  後編


ミコノス島


ミコノス島での一日


プラティス・ヤロスビーチ


ミコノス島の新しいアトラクション


デロス島


カラファティスビーチ


ミコノス島最終日


夏休みやのにスト! ~  サントリーニ


ぺリッサビーチとサントワイン


フィラからイアへ


ピルゴスとサントリーニの生き物たち


レッドビーチ


カマリビーチ


サントリーニの日の出とイア


ポルトガル編 ~ リスボン


リスボン食べ歩き


シントラ


エストニア編 ~ タリン


スウェーデン編 ~ ゴットランド島


ゴットランド島 ~ FåroとHogklint


ダルスランド地方 ~  少しノルウェー


ダルスランド運河クルーズ  その1


ダルスランド運河クルーズ  その2


フヤルバッカ


オーストリア編 ~ 駆け足インスブルック


ノルトケッテ連峰


エッツタール ~ エーデルワイスヒュッテ


Wellerbrucke and Piburger See


Umhausen ~ Stuibenfall


ロートムース氷河展望ハイキング


ティーフェンバッハグレッチャー 


ティーフェンバッハコーゲル展望台


インスブルック ~ 快晴バージョン


ザルツブルグ


ザルツブルグカードで廻るザルツブルグ1


ザルツブルグカードで廻るザルツブルグ2


ザルツブルグカードで廻るザルツブルグ3


ウィーン  その1


ウィーン  その2


ハンガリー編 ~ ブダペスト


ブダペストの夜景


ブダペスト観光 ~ 日中編 パート1


ブダペスト観光 ~ 日中編 パート2


ポーランド編 ~ 初上陸 クラクフ


クラクフ ~ 食とショッピング


アウシュビッツ強制収容所


ビルケナウ強制収容所


ヴィエリチカ岩塩坑


ワルシャワ旅行記  その1


ワルシャワ旅行記  その2


ワルシャワ旅行記  その3


ワルシャワ旅行記  その4


ワルシャワ旅行記 ~ 災難編


ワルシャワ旅行記 ~ ヴィラヌフ宮殿


ワルシャワ旅行記 ~ ワジェンキ公園


クロアチア ~ またスト騒動


スプリット ~ 観光編


スプリットのビーチ


ドゥブロヴニクへ


雨上がりのドゥブロヴニク


スルジ山


ツァヴタット


やっと晴れた


城壁ウォーク


ドゥブロヴニクのビーチ


モンテネグロ ~ コトル その1


コトル その2


ブドヴァ


スロヴェニア ~ ブレッド湖


ヴィントガル渓谷


ボーヒン湖  その1


ボーヒン湖  その2


マルタ島 ~ ヴァレッタ


ゴゾ島


モスタドームとイムディーナ


マルサシュロック


ゴゾ島 & コミノ島クルーズ


マルタ島のネコ


スリーマ地区とセント ジュリアン


いらっしゃいませ~!  VELKOMMEN
   
 
  日本じゃ、何かといいイメージしかない北欧。
  しかし想像と現実は大きく違ったわけで・・・・。


  気が付けば、運命によってノルウェーに引き寄せられて以来
  恐ろしいほどノルウェーにどっぷりと浸かるハメに・・・。
  今となっては日本人とドイツ人はノルウェーを訪れる
  旅行者の代名詞になってるけど
  ワタシがノルウェーに流れ着いた当時は、北欧とは全く未知の国で
  日本人の旅行者も少なく珍種のように扱われたもんやけど。
  
  せっかく波乱万丈だったのに、こっちに来た頃は、ネットどころか
  ブログなんてものもなく・・・・・。

あの頃にブログが存在してたら、もっと色んなネタあったのになぁ~。
  
  
  関西出身です。 ダンナはノルウェーとドイツのハーフ。


☆ ご注意 ☆

 管理人が気まぐれな為、日記の更新は不定期でございます。
 まっ、そう毎日おもろい事ばっかり書かれへんがな。


 尚、わけのわからないコメントや書き込みは即効削除
  しますので、そこんとこよろしく~。

PUS出版・著作権協会の法に基づき、無断記載は禁じられてますねん。

 
  
 リンクフリーざんす~♪


free counters
2017年05月07日
XML
カテゴリ:ヨーロッパ旅行

ポーランド最終日にダンナの弟の事故の知らせがありました。
予定ではグダンスク郊外のドイツ騎士団が築いたマルボルグ城に
行こうかと思ってたんやけど、事故の知らせで行く気が失せ
お天気ももひとつだったので、グダンスクの第二次世界大戦勃発の地である
Westerplatteに行くことに。

グダンスク中央駅前から106番のバスで行けます。 終点で下車。
なんかさ、舗装されてない道をどんどん走っていく路線で
一体どこに連れて行かれるんだーーっと、ちょっと面白かったです。


ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が始まります。
ドイツが侵攻してきた場所がまさにここ。


追悼のモニュメント

  • IMG_1779.JPG



侵入された時に破壊された建物。

  • IMG_1774.JPG


  • IMG_1775.JPG



慰霊の塔がある所までは、途中に説明書きがあり歴史を学びながら
歩けるようになっています。

  • IMG_1778.JPG



敷地内に監視塔と思える建物があって、そこに上って見れた景色がこちら

  • IMG_1785.JPG


  • IMG_1787.JPG



2時間ほど付近を散策してグダンスクの中心部に戻りました。


この後、あの味をノルウェーに帰る前にもう一度と
グダンスク中央駅近くにもう一軒あるManduへピエロギの食べ収め。
我家的にはオリーヴァ地区のManduの方が味が良かったような。
どこが? って聞かれたら、うまく説明できひんのやけど。

が、この日はデザートも食べました。
ワタシはマスカルポーネと苺のムース。

  • IMG_1790.JPG




ダンナはアップルケーキ。

  • IMG_0505.JPG



悲しい知らせを受けた日だというのに、食欲減退どころか
結構食ってる我家。 悲しくても、お腹はすくんです。



〆は場所を変えてカフェ・レトロでコーヒー。


カフェ・ラッテ、クマちゃんの顔で出てくるかと思って期待してたのに
葉っぱやった。 メニューのクマちゃんのコーヒーに惹かれて入った
カフェやったのに~。
でも、この葉っぱ、飲んでも飲んでも形が崩れんのよ。

  • IMG_1795.JPG
  • IMG_0512.JPG



ダンナはアルコール入りのコーヒーを頼んでました。

  • IMG_0509.JPG



ここ、地元では有名なカフェらしいんやけど、全く知らずに入った我家。
コーヒー豆にこだわってるお店だけあって、美味しいコーヒーでした。



現在のポーランドは生活水準も上がり、共産時代の貧しい国という
イメージは消えつつあります。

とってもきれいな町の多いポーランド、今度はカトビツェとかブロツワフにも
行きたいなー。

さようならグダンスク・・・・・

  • IMG_1806.JPG




  ☆ ダンナの弟のその後の経過 ☆


良いニュースは、自分で呼吸ができるようになって人工呼吸器に
頼らなくてよくなったことと、人工的な昏睡状態も打ち切りになった
ので、意識回復を今か今かと待っているところです。
ダンナの弟は最近、あくびをしたり目をまばたきしたりするんよ。
時々、足や腕が動くこともあるし、眉間がピクピク動いて何か話したそうに
する時もある。  昏睡状態の姿より、今の方がなんか見てて悲しく
なるんよね。  意識が回復しても、植物状態になる可能性も十分にある
とのことで、最悪の事態の覚悟もしておいてください と看護師さんの一人に
言われた。  看護師さん、行くたんびに違う人でさ。 
中には常駐で働いてる人もいるけど、ほとんどが派遣の看護師さんで
デンマークの病院で働くドイツ人とかスウェーデン人のこともあるし
人手不足なんやわ。

義理ママは、前向きな話を聞くと嬉しそうにしてるけど、悪いニュースを
聞くと、またどん底になるような状態。

義理ママは、自力で車運転して病院へ行けないので、誰かに頼んで連れて行って
もらわないといけないわけで、これがジレンマやった。 
往復5時間の運転やから。
今まで従兄弟に頼んで連れて行ってもらってたみたいやけど
従兄弟の親である叔母さんがええ顔せんのよね。
我家は病院と弟と義理ママの住む町のほぼ中間地点に住んでるから
義理ママを迎えに行って病院へ行き、送っていくとなると、結構大変でさ。


4日前の水曜日に病院から、ダンナの弟が看護師さんの呼びかけに
少し反応したという連絡があって、この日、ダンナの実家に行く予定
やってんけど、急遽、先に病院へ行くことに。

看護師さんが、聞こえてたら手を握り返してみて~ と
言ったところ、何度か握り返してくれたとのこと。
親指立てる仕草も何度かあったとかで、すぐ看護師さんが
連絡してくれたんよね。

急いでダンナと病院に行ったら、今回は両目が開いてました!
疲れたら閉じるんよ。 ダンナの呼びかけに反応して
声のする方に頭向けたり、眉間にしわ寄せたり、
ワタシの呼びかけにも反応してくれて手を握り返してくれたんよ。
でも目が見えてるのかは謎で、反応がある手も左側のみで
右側は反応なし。 でも、ワタシらの言ってることは聞こえてるみたいな
感じやった。
なんかさ、本人の気に食わない話題に振られると、血圧がビヨーーーーンと
上がったり、絶対聞こえてると思う。

木曜日に地元の病院に転院になって、義理ママは
病院に行きやすくなったけど、ワタシらが一緒に行ったら
病院の駐車場から病院の入口まで歩くだけでもヒーヒーゆーので
義理ママを病院の入口で降ろして、ワタシらが車を停めに行く間
座って待ってるって感じ。  スーパーで買い物してるときは
広い店内ウロウロしてても文句ゆわへんのにね。


おととい、夕方にみんなで病院へ行く予定やってんけど
昼間、ワタシらは友達と森歩きに行ったんよ。
ずーーっと義理ママといると、ほんま疲れるから、ワタシら
ダンナの弟の家で寝てるんやけど、散歩から帰ってきて病院へ行く前に
シャワー浴びてご飯食べてから病院へ行こうと思ってたら
しびれ切らした義理ママから電話がかかってきて、今すぐ
病院に行きたいからすぐ来てって!  この時点で夕方の4時。
ワタシら朝ごはん以来、何にも食べてなかったので、めっちゃ
お腹空いてたのに、空腹で倒れそうになりながら病院へ連れて行く
羽目に。 帰ってきてワタシがご飯作って、みんなで食べて
そのあと、プランターに花植えたいから土入れてくれとか
ワタシらが帰ろうとした頃にゆーので、何でもっと早目にゆわへんねん!
と、キーーーーーッとなって、前日も重くて運べないからと
園芸店に土買いに行くの手伝ってんけど、昨日は庭の芝生刈ってくれと
言い出して、ワタシら昨日、家に帰る前にコテージのペンキ塗り
しようと思ってて、ワタシらも色々やることあるのに、ワタシらの予定なんて
お構いなしで次から次から用事言いつけられて、息つく間もなく
もうめっちゃ疲れた。
手伝うのはいいんやけどさ、いっつも頼むタイミングが悪いんよ。
で、二言目にはダンナの弟はあれもこれもやってくれたと
憎たらしいことゆーんだわさ。 ワタシらは近所に住んでるわけじゃないから
たまーにの事やけど、ダンナの弟は近所に住んでるから毎日がこんな感じ
やったんかと思うと、同情心すら沸いてくるわ。
ダンナの弟も独身やからいいものの、結婚して子供がいたりしたら
絶対時間ないっちゅーねん。

だいたい、ワタシらも、もう年やねんから重いもの運ばされたりしたら
腰痛くなるし、あちこちに支障が出るんやから、あんまりこき使うと
ワタシらの方が先に死ぬで、ほんま。


義理ママは、これから一人のときも毎日見舞いに行くと
ゆってるけど、車の運転も最近怪しくなってきて
いつまで運転できるか時間の問題やと思うわ。


地元の病院にはいつまでいれるんかまだ不明。
いい方向に向かってリハビリできるような状態に
なったら、また病院変わるらしいんよ。
それも地元から2時間ぐらいのところにある病院。
でも、劇的な変化が現れるのは、だいたい3ヵ月後くらいって
ダンナの弟の親友の整形外科医の彼がゆってるので
まだ2ヵ月もこんな状態が続くんかな?

彼は、毎日見舞いに行くのは、身内にとっても精神的な負担が大きいので
1週間に2回ぐらいに留めた方がいいってゆーんよ。
病院側は一日中彼に付き添うことも可能ですよって義理ママに
ゆってるらしいけど、どうすることが一番なんかな?
彼、6月にまた来てくれるみたい。
ダンナは見舞いに行くたんびに弟の姿見て泣くんよ。 


我家は来週から、フランスでちょっと気分転換してきますー。
もちろん、ダンナの弟の容態が悪化するようなら
行かないつもりやったけど、今のところ平行線だし、事故前から
計画してた旅行なんで。

こんな時に、よう旅行なんて行けるなー と思われるかもしれへんけど
今は見舞いに行くこと以外何もできることがないし
長期戦になることを考えると、息抜きできる時にしといた方がいいと
思うんよ。 周りの友達も、精神的に出かけられる状態であれば
後ろめたさを感じることなく、純粋に楽しんでくればいい・・・・ 
と後押ししてくれたので、行くことにしました。

義理ママも、どっかに出かけられればいいんやけど
足が悪くてあんまり歩けんのでね。
それに本人は今、もうダンナの弟と飼いネコの事しか頭にないので
いたしかたない。

それでは、行ってきまーーす。






最終更新日  2017年05月08日 02時39分55秒
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.