1544139 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

神戸魂

全2件 (2件中 1-2件目)

1

書評

2012年10月14日
XML
カテゴリ:書評
CIMG0365.JPG
Numberの連載記事にインタビューを加えたもの。
連載記事を読んでない人にとっては読む価値はあるかな。

ツネさんなりのリーダー論とドイツW杯の苦い記憶というか真相が話の中心を占める。

神戸については少しだけ。
メンタルの弱さであったり、意識の低さが軽く指摘される。
代表、ガンバ、ザルツブルクと比べるとそうなんでしょう。
驚きはない。

もっと指摘してくれても良いんじゃないか?
それも愛のある厳しいものをと思ったりもするけど。
代表やガンバほどチームに思い入れを持ちづらい立ち位置だったという事なのかな。
仕方ないね。

ドイツW杯の話は正直しんどい。
ここまで代表キャプテンが責任なり、重圧を背負わないといけないのか。
ツネさんだからこその悩みなんでしょうが、それにしても重い。

リーダー論については、全編通じて語られるが、リーダー論というより、ツネさんそのものが語られている感じ。

極論だが、リーダーシップを取り除けば、宮本恒靖には何も残らないのかも。
これが究極の感想やな。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2012年10月14日 21時34分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年10月01日
カテゴリ:書評
どんよりとした気分ですが、少し話題を変えてみましょう。

気が付けばもう10月、暑い日も多いですが少し秋らしくなってきたかと。
そして秋と言えば読書。
そう読書の秋です。

普段は歴史関係のものを読むことが多いのですが、せっかくなんで、
サッカー関係のものに手を出してみました。
買ってきたのはこの2冊。
CIMG0356.JPG
「攻め切る」と「宮本恒靖 学ぶ人」

ツネさんのは本屋さんでの衝動買い。
「攻め切る」は前から買わなければと思ってはいたもの。
なかなか踏ん切りがつかなかったんですが、半ば義務かと。
西野さんを監督として迎え、トモニ闘うなら読まねばならないのではないかと。

さて、どちらから読むか。
考えるまでもないですかね・・・・やっぱツネさんのほうやな。

説明不要でしょうが、今とてもじゃないが「攻め切る」を開く気になれません。

この連敗の状況じゃあねえ。
さすがに素直に読めないしね。
同じ読むなら楽しく読みたいし。
やっぱり名将と唸らせてもらってからが良いかな。

まあ、せめて一つ勝ってからかな。
まさかとは思いますが、本を開かずにお蔵入りなんて事はないよな。
買ったときは考えもしなかったけど・・・・ちょっと不安です。

ランキングに参加中です。更新の励みになりますので、
よかったらクリックお願いします↓ また感想なんかも、お気軽にお願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村






Last updated  2012年10月01日 21時55分01秒
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

Profile


みーさん..

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Free Space

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.