000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Comfortable sports life  SuzySports

PR

Archives

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03

Freepage List

Calendar

2010.03.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



mizunoヒット商品!人体からの水分を吸収し発熱する「ブレスサーモ」

 【トリノ(イタリア)=近藤雄二】フィギュアスケートの世界選手権は、26日に行われた女子ショートプログラム(SP)で、バンクーバー五輪銀の浅田真央(中京大)が2位発進する一方、五輪金メダルの金妍児(キムヨナ)(韓国)は7位と、宿命の対決は予想外のスタートとなった。



 波乱を持ち込んだのは、五輪で浅田に約23点差をつけて勝った金妍児。スピンで軸足の左足がけいれんし、一瞬の間を置いてからやり直した。スパイラルの途中でも、軸足が痛み、上げた右足を降ろすハプニングがあった。「なぜかは、わからない。ただ、五輪の後に試合に出るのが、少し不安だった」と金妍児。フリーに向けては、「これが今季最後の試合。明日はベストを尽くす」と、あきらめないのが救いだった。



 浅田は快調だった。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は回転不足とされたが、ほかの要素は危なげなくまとめた。「ここに気持ちを盛り上げるには努力が必要だった。でも、今は五輪と同じ感覚で滑れている」。金妍児につけた7・78点差は、心と体の準備の差だったのだろう。



 宿命のライバル対決はシニアの主な国際大会で9度あり、浅田が上回ったのは3度だけ。最近は4連敗を喫している。金妍児は今季限りでの引退もうわさされており、今回が、最後の対決になる可能性もある。



 「気持ちは高まってきている。ジャンプをしっかり跳び、すべてを出したい」と浅田。さて、10度目の決戦の結末は――。

※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または読売新聞に帰属します。


mizunoヒット商品!人体からの水分を吸収し発熱する「ブレスサーモ」






Last updated  2010.03.27 20:25:29
コメント(0) | コメントを書く


Free Space


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.