107633 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Mr.ホワイトクンの楽天的WISH日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Headline News

Category

Freepage List

Archives

Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019

Favorite Blog

一部Android端末でア… 楽天ブログスタッフさん

エクセル裏技   … エクセル裏技くんとmana_papaさんと日記リンク250人さん
お取り寄せいいもの… か ず さ かさん

Comments

 王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
 らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
 開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
 地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…
 ヒゲメタボ@ クマたんと呼ばれてます(^^; 最近はこれが流行ってるって聞いたので …

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

子供のこと

Mar 23, 2006
XML
カテゴリ:子供のこと
 小学校の卒業式に初めて行きました。
 
 下の息子が卒業するのですが、私は来賓として招待されていたので、出席することができました。

 卒業式はというよりも、入学式にも今まで出たことがなく、自分の子供の姿を見るのはまったく初めてのことでした。

 来賓席から我が息子の卒業証書を受け取る姿を見ながら、やはり胸にこみ上げてくるものがありました。

 スポ少で苦労させられたことも、また逆に喜ばせてもらったことが色々とよみがえってきました。

 PTA会長がのあいさつしている時、子供達に向かって話をしているうちに感極まって涙をこらえるという場面もありました。

 6年生の泣いている姿は当然としても、在校生の中でも涙を流す姿が見られて、よけいにぐっと来るものがありました。

 来賓控え室へ戻り、お茶を頂いて、さあ帰ろうとすると「6年生はクラスでまだお別れ会をやっていますよ。」とPTA役員が教えてくれました。

 初めての経験なので見ておこうとクラスへ行くと、担任が涙を流しながら、子供達に語りかけていました。

 この担任は式の最中もずっと泣き通しでした。昨年4月に中学校から転任で小学校へ来た先生でした。

 「本当に心の優しいい子ばかり。」と言うのが口癖だったようで、子供達が愛おしくてしょうがないといった様子が見えました。

 子供達が自発的に先生のためにアトラクションを考えた(先生に見られないように部屋の前に番人まで置いて練習した)ことなども感動しました。

 最後に親が子供達に内緒で書いておいた手紙を渡してもらったのですが、バカ息子は読んでくれませんでした。(非常に残念です)

 頑張って妻と私とそれぞれ送る言葉を書いておいたのですが、家に帰ってから読んでくれたのやら。






Last updated  Mar 23, 2006 06:33:44 PM
コメント(1) | コメントを書く
Mar 7, 2006
カテゴリ:子供のこと
 我が長男(浪人1年)がやっと希望の大学に合格することができました。

 昨年の今日、不合格の知らせを聞き、涙を流していた息子の姿が目に浮かびます。

 自信満々で昨年は合格したつもりでいたのですが、ダメだったということでそれはすごい落ち込みようでした。

 3回ほど予備校の懇談会へ顔を出しても、あまり成績が上がったという結果を見ることもできず、ひょっとすると今年も×じゃないかと心配していました。

 今日は妻と二人外出して、息子からのPCでの12時の合格発表の結果を待っていました。

 正午過ぎて待ちきれずに妻が心配して携帯をかけると、まだ開いていないということでした。

 それから30分経ってもまだ出てこないという返事。そこで、友達に聞いてみればと伝えておきました。(一人の友達が大学まで発表を見に行くということを聞いていたからです。)

 するとしばらくして、受かっていたという電話が掛かってきました。どうも、その友達が結果は知っていたのですが、「更新」押してみた?と教えてくれて、やっと見ることができたそうです。

 わかりました。息子はブラウザの「戻る」と「進む」を交互に押していただけだったのです。(そんなことも知らないとは...)

 でも、待望の「合格!」やれやれです。待っている間の長いこと長いこと。ダメだったから連絡がないのか、アクセスが集中して見れないんだろかとか色々な思いが交錯していました。

 こんなドキドキは本当に久しぶりでした。






Last updated  Mar 7, 2006 03:02:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 2, 2006
カテゴリ:子供のこと
 今日は子供の通学用自転車が届く日です。

 先週土曜日に自転車屋に行って、注文してきていたのです。

 子供を連れて行くと、「○○君の弟か、めちゃくちゃ大きいな」と店の主人が発した第一声です。

 長男は当時そんなに背が高くなかった(とはいえ、普通サイズだと思います)から、弟がそれほどでかいということです。

 自転車を見せてもらうと、なんと今は28インチなどという大きさがあるんです。

 「ちょっと跨いでみて」と言われて、息子がサドルに跨ると「ちょうどいいわ」と主人が言いました。

 しかし、装備がよすぎます。ベルトドライブ、オートライトは長男の時に感動した記憶があります。

 ソーラーテールランプとLEDの前照灯には驚かされました。

 一発二錠も驚きましたが、その鍵にはまたまたびっくり、息子が持っているのを先程見せてもらうと、イモライザーキーにそっくりです。

 あと、価格にも驚かされました。なんと安いアシスト自転車が買えてしまいそうです。(おじいちゃん、おばあちゃんのプレゼントだからあまり気にはしていませんが。)

 ネットで調べてみると、その店よりは随分と安い価格設定ですが、アフターサービスを考えて、ほとんどの人はその店で買っているのです。

 パンクした時などは、中学校まで出張修理をしてくれるのです。

 ただ少し残念だったことが、仕事が終わりもう届いているはずだと、息子が喜んでいる姿を想像しながら帰宅したところ、息子はまだ見てもいないということでした。

 私は新しい自転車を買ってもらったとき、非常にうれしかったことを思い出しますが、今日は私一人が楽しみにしていただけなのかと、なにか物足りない、寂しい気分になったのでした。私だったら、絶対乗り回していたというのに...(^!^;)

主な特長

【送料無料】2006BRIDGESTONE(ブリヂストン)ラクロス28インチ3段変速付






Last updated  Feb 2, 2006 09:47:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 8, 2006
カテゴリ:子供のこと
 今日はPTA主催の左議長の日でした。

 みんな子供会単位の集団で、どんど焼き会場へ歩いていきます。心配された雪も降らず、快晴となり一安心です。

 各々家から持ってきた松飾等を木材で組んだどんどの中に入れます。

 子供が点火し、開始です。例年、燃えて炭となったその木を皆がそれぞれ家から持ってきた七輪などに入れ、網で餅を焼きます。

 親子の親睦を深めるのと親同士の新年の顔合わせの意味があるのだと思います。

 まだ、この左議長はそんなに歴史はないのですが、こういう古きよき文化は子供たちに伝えていかなければならないので、ずっと続けて欲しいものです。






Last updated  Jan 8, 2006 04:38:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 11, 2005
カテゴリ:子供のこと
 朝からグラウンドの水とりをして、4年生・5年生チーム対6年・2・3年生のチームの対抗戦を行い、その後に今年一番の目玉行事の「餅つき」を子供たちにさせました。

 皆杵と臼を使ってするのは初めての経験で、楽しんでました。

 そしてメインイベントの6年生の親子の対決試合を行いました。親が先攻で歳の順で打っていくことになりました。

 1番バッターは校長です。対するピッチャーは我が息子です。結果は三振、続くバッターも三振でした。

 次が私の打席で、2球ボールの後に遅いボールを投げてきたので、バットを振るとセカンドの頭を越すヒットとなりました。

 次のバッターの時、息子は牽制ができないと思い、2盗3盗と決めて、最後はパスボールが出た時に本塁へ走りこみ(スライディングができればセーフ)、タッチアウトとでした。

 息子達の攻撃は予想通りに4点の得点をし、その裏私が投げたのですが、一球もストライクが入らずに交代を自分から申し出る始末でした。(情けない)

 結果は言わなくても分かると思いますが、最後はお母さんたち全員にバッターボックスに立たせて試合終了でした。

 試合の後は交流会で食事をし、監督・コーチから子供たちへのメッセージやその反対に子供たちから監督・コーチへのメッセージの交換を行いました。

 中には涙を流し、お礼の言葉を言う子もいました。私もあいさつの中で子供たちに感謝の気持ちと今までのゴタゴタに対するお詫びの言葉を掛ける時には、少しウルウルと来てしまいました。

 これからも皆野球をやる子は続けて欲しいし、そうでない子もまた違うスポーツで頑張っていって欲しいと思います。

 






Last updated  Dec 11, 2005 02:57:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 26, 2005
テーマ:少年野球(569)
カテゴリ:子供のこと
 息子達の小学校での最後となる試合が本日ありました。

 市外の大会で、我が市からは2校が代表で出場することになっていたのです。

 この前やっと市の大会で優勝したところでしたが、今日の相手は初めての相手で、他市のクラブチームでした。

 本心は大敗だろうと思いつつも、本当の最後の試合なので、妻と早めに家を出て、グラウンドへ向かいました。

 まだ前の試合が行われていて、息子たちはその試合を観戦しながら、待っていました。

 皆リラックスした表情で安心しました。

 試合開始直前には当市の軟野連の理事長、副理事長、事務局長らが集まってきました。

 「今日はダメでしょう。」と私、しかしその役員の人達は口を揃えて「この前の勢いがあるから、どうなるかわからないぞ。」と言ってくれました。

 こちらの先攻で試合は始まりました。

 1回は両チームとも三者凡退で迎えた2回表、息子の打順で、二遊間のシングルヒット、二盗しセーフ、しかしピッチャーの牽制でアウト。

 その裏相手チームの4番打者に左中間の二塁打を打たれ、ランナーを2人出すが、0点に抑えました。

 その後両チームともランナーを出すも、抑えるという展開で、7回終了し、0対0という結果でした。(ノーアウト三塁というチャンスもありましたが、浅いセンターフライでタッチアップし、本塁アウトでした。)

 特別延長に入りました。

 ちょうどこちらのチームは息子の前で終わっていたので、前3人がランナーで塁に出て、ノーアウト満塁で息子のバッターボックスです。

 もう打つだけだと皆が思っていたのですが、ワンボールの時に「スクイズ」意表を突く作戦だったのかもしれませんが、結果は反則打球(息子の足がバッターボックスからでたらしい。)ということでサードランナーがアウトで、ワンアウト、ランナー一・二塁で再開です。

 ここでライト前へポテンヒットで1点入れることができました。

 その裏抑えれば勝ちだったのですが、やはり試合巧者はいきなり代打でスクイズをきっちり決めてきました。
 
 1対1で迎えた9回裏相手チームは先頭バッターがセカンドゴロでしたが、ツキがなかったというしかありませんが、セカンドは唯一の女の子で捕ってホームへ投げましたが間に合わず、サードランナーがサヨナラのホームを踏んでゲームセットでした。

 残念ながら負けましたが、応援していた親たちは皆笑顔でナインを迎えて、労いの声を掛けてやりました。

 特別延長に入ってすぐに軟野連の役員たちに「なんであそこでスクイズなんだ?当たっている息子に当然打たせるべきだった。」という苦言もいただきました。

 試合後、監督に聞いてみると「2ランスクイズ」を狙っていたと言いました。

 監督に任せるしかないのですし、結果論ですのでわかりませんが、心から褒めてやりたいと思いました。

 試合展開で一喜一憂し、得点した時には大喜びし、興奮しました。

 結果は負けでしたが、この前の大会から今までと違うチームかと思うくらい素晴らしい試合を見せてくれました。

 これまでやって来た成果を思う存分発揮できたこの2週間だったと思います。

 先程妻と買い物を済ませ帰宅すると息子は家にいました。

 「今日はいい試合だった。最高だった。」と声を掛けてやりましたが、息子は当たり前だといわんばかりの顔でゲームボーイをやっているのでした。ヘ(´ー`)ゞ 

 お疲れ様






Last updated  Nov 26, 2005 06:26:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 23, 2005
カテゴリ:子供のこと
 市内スポーツ少年団の駅伝大会がありました。

 6年生の部、5年生の部と女子の部と行われ、私は走路の途中で係員をするために行っていました。

 6年生の部では、ある小学校の野球部がダントツで一位でした。息子達のチームは多分7位くらいだったでしょう。

 5年生はサッカーのチームが優勝でした。

 女子の部はほとんどがバレーのチームだったので、バレー部が優勝でした。

 皆の一生懸命に走る姿が気持ちよく素晴らしいと思いました。自分の前を通り過ぎていく子供たちに「がんばれ!あともう少し!」という声をずっと掛け続けていました。

 閉会式の前には「豚汁大会」もあり、子供も大人も楽しいひとときを過ごすことができました。

 






Last updated  Nov 23, 2005 01:35:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 19, 2005
テーマ:少年野球(569)
カテゴリ:子供のこと
 今日2度目の書き込みです。明日の文化のお祭の準備に行かなければならないので、準決勝の結果を急いで書き込んで出かけました。

 役員が集合し、準備を開始したところで、どうしても試合を見に行かないと後悔すると思い、会長に断って抜け出し応援に行きました。

 途中で小学校長に電話を入れ、初めて決勝へ進んだので見に来てくださいと言うと、「本当ですか。今自宅にいるが来客が帰ったらすぐに向かう。」という返事でした。

 グラウンドへ着くと2対0でリードしていました。いきなり軟野連副理事長が息子がさっき三遊間を抜くヒットを打ったぞと教えてくれました。

 今日の息子はとにかくラッキーボーイでした。やることなすことがうまく行ってしまいました。

 終わってみれば、5回コールドゲームでした。

 9対0、このチームでない方と戦いたかったと思っていたのですが、全く心配無用でした。

 ピッチャーは2試合とも投げましたが、2試合とも完封勝ちでしたので、球数はそんなに放ってないと思います。

 先週の初戦からピーッチャーが本当に力が抜けていて、前のように崩れることがなかったのが勝因だと思いますし、チームの皆が肩の力を抜いて試合に臨めたのが一番よかったのだと思います。

 という訳で、応援していた親たちも一緒に記念撮影をしました。皆いい顔しています。


 yusho






Last updated  Nov 19, 2005 07:53:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:少年野球(569)
カテゴリ:子供のこと
 今朝は朝8時からの試合の塁審をするためにグラウンドへ行きました。

 息子達は第2試合で勝てば、この試合の勝者と当たることになっています。

 この第1試合はA(息子たちが一度も勝った事のないチーム)対B(少し前に練習試合をして息子達のチームが勝っているチーム)の対戦でした。

 希望としては、Bに勝ってほしかったのですが、締まった試合の末、Aが勝ちました。

 そして、第2試合は応援観戦でしたが、息子達のチームが期待に応えて、勝ちました。

 さー、いよいよ決勝戦です。13時プレイボールの予定です。初めての優勝旗を是非手にしたいものです。






Last updated  Nov 19, 2005 12:18:57 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 18, 2005
カテゴリ:子供のこと
 来月11日に野球スポーツ少年団のお別れ野球(卒団式)を予定しているので、内容について本部役員と監督に集まってもらい話し合いを行いました。

 メインは6年生の親子対決です。ちょっと不安ですが。

 グラウンドで試合の合間には、初めての試みで「杵と臼」での餅つきをすることになりました。

 子供たちは喜ぶことでしょうが、親は大変です。

 うまくつけるかどうかも心配です。

 試合が終わると、場所を公民館に移して、交流会です。監督・コーチから子供たちへの送る言葉や監督・コーチヘの贈り物贈呈などのセレモニーを行うのです。

 毎年、親も子も涙、涙です。

 この後はボーリング大会と焼肉食べ放題コースとなっています。

 最後ですので、パーッと行きましょ!という訳です。(楽しみですよ。)

 







Last updated  Nov 18, 2005 10:08:46 PM
コメント(0) | コメントを書く

全62件 (62件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.