182811 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Windful

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

熱風…思わず熱く語ってしまうこと

2006.01.24
XML



「学問の目的とは?」

「治国平天下」

と、晋作がいうと、久坂は、

「治国平天下という表現は、泰平の時にこそふさわしい。

おなじ意味ながら、いまの世なら、救国済民と言いかえたまえ」

と、いった。


司馬遼太郎『世に棲む日日(二)』(文春文庫版)


2006_01_17_天野屋の風鈴


職場の近所の甘酒屋は、この時期でも風鈴が鳴っている。。。



     ~~~~~



今日は、月に1度の科研費の清算日。
お茶の水の研究所から、神田神保町も西に過ぎたところのみずほ銀行まで、送金に行く。

坂を下ってほぼ1.5km。
片道20分ほどの行程である。

11時頃に出て、帰路、ついでに神保町の中国書の専門店へ立ち寄り、自分の研究用の書物を数点購入。

12時15分には研究所に帰着して、ウニちゃんと昼食。

インド行きが2週間後に迫ったこともあって、ウニちゃん、大分、緊張と興奮の最中にある。

東大に転出した元の研究員が来訪して、現在の状況などを話していった。
どうやら、東大は学生の毎年入学しない研究室(専攻)を閉鎖もしくは統合再編しようとしているようである。

小生などは、現在の東大の教官は、東大の存在意義や価値をどのように考えているのか、不思議でならない。
少なくとも「学生が毎年入学しない」からその研究室を閉鎖するというのは、経済原理からすれば不採算事業の整理ということでまことに理に叶っているだろうけれども、東大は単に経済原理だけで動いてはならないのである。

なぜならば、東大は日本の学問にとって、最後の牙城でなければならないからである。
大体、東大が国立大学の最高峰であるというのは、単に学力レヴェルだけの問題ではない。
日本にどのような状況が生じたとしても、それを学問的に解決・救済すべく、最高峰の研究教育機関として存在しているのである。

これは、東大がもともと内在させている官僚養成学校の機能と無関係ではない。
国家の運営に主として当る官僚が、最高レヴェルの学識を持っていなければ、とても国家そのものの維持などできないからである。

同時に学問というのはそれぞれの領域が単独に存在するわけではないから、他の大学にあって廃れてしまった学問でも、東大に行けばきちんとそれが研究されている………という状況があってこそ、東大の学問の府としての意味がある。

そのために、高額な国家予算を投入されているのではないか?

だから、東大で行われる研究は個々人の私的なものではなく、常に国家的な意味を含んだものだと考えても良いだろう。

というよりは、そうでなければならないのである。

なんで、ウニちゃんの話から、こんな話へ飛んだのかというと、その元研究員とこんな話をしていたら、ウニちゃんが「国家論としての意味は分らないが、少なくとも私の居場所が無くなるのは困る…」と話に入ってきたので、少々(いや、かなり!)ムカッときたこともある。

もひとつ、独行化の影響もあってか(まぁ、それ以前からだとは思うが…)東大の教官に国家(の文化の価値)に対する自己の研究の位置付けの意識が無い(またはきわめて低い)者がかなりいるだろうということを、常々感じていたこともある。

単に最高レヴェルの学力を誇るだけならば、早慶をはじめとして優秀な私学はそれなりに揃っているのだから、あえて東大に国家が肩入れ(税金の投入)をしなくても良いのであるし、むしろすべきではない。
それこそ、競争原理に任せればいいのである。

さて、問題は、ここに止まらない。

ウニちゃんの「国家論としての意味は分らないが」という見方と同質の思考を持つ者が、今話題である。
何を隠そう「ホリエモン」である。

両者の共通点はなにか?

それは、きわめて自己に意識が集中しているところである。
ウニちゃんの場合は自己の知識欲への関心、ホリエモンの場合は自己の経済的価値もしくは経済力への関心。

それが、国家や社会にどのような意味を持ち、どのように機能するのかということが全く考えられていない。
ホリエモンなんか、口じゃ散々「ITの社会的役割」というようなことを言っていたが、ニッポン放送との騒動のオチも、結局のところ「技術提携」を口実にした自社もしくは自己の経済的価値の上昇であって、「ITの社会的役割」というのはむしろそのツールでしかなかった。

このような自己への意識集中は、いわゆる「ガリ勉」に共通するタイプかもしれない。
東大出身者が主流をなす官僚の「自己無謬」の原理も、「自己への意識集中」のヴァリエーションと言える。
国家社会よりも自己の地位が大事なのである。

小生流に言うならば、彼等には「知」はあるが、「智」がないのである。
も少し言えば「痴」に近い。

小生、常々自戒を込めて「3つの『知』」ということを考えている。

「知」とは「知識」の「知」。すなわち「知る」こと。単なる知。応用することのできない知。「点」としての知。無機的な知。

「智」とは「智慧(知恵)」の「智」。すなわち「聡い」こと。正しい知。正しく応用される知。「線」「面」としての知。有機的な知。
※「知」を話す(=曰う)ことのできる能力が「智」。きちんと理解をしなければ話すこともできなければ、応用することもできない。

「痴」とは「白痴」の「痴」。すなわち「愚か」なこと。誤った知。誤って応用される知。
※「知」が病んでいる(=異常である)状態が「痴」。知そのものが誤っているか、その扱いが誤っているという意味。

「智」というのは、結局のところ「生きる(=生き抜く)能力」だと小生自身は考えている。
それは、社会に対する自己(あるいは自己の所為)の位置付けや社会における自己(前同)の機能の位置付けをすることのできる能力と考えてもいい。

人なんてものは、単独で生きているわけではないのだから、社会との関連を常に考えていなければならないのである。
それは同時に、自己や自己の所為の社会への還元を踏まえたものでなければならない。

ガリ勉などは「知的能力」は優れているかもしれないが、「智的能力」は果たしてどうだろうか?

そのガリ勉が、国家の高級官僚になり、あるいは東大出身の「優秀な」研究者として評価されている現状に、背筋の寒さを感じる。

もちろん、「智的で」優秀な人材を相当数輩出していることも知っているが、それは一部でしかない。

「東大」という肩書に酔っている「痴的な」連中が、たとえば東大の「知性」の再生産に寄与している………それは「知的レヴェルさえ高ければ高度な研究(あるいは教育)である」という、妙な評価につながってくる。

大事なことは「知」があることではなくて、「智」を得ることである。

果たして東大がそれに気付くかどうか、東大のためにも、(東大の)学問のためにも、国家のためにも、私が払っている税金のためにも………きわめて興味津々である。

(ここまで読んで下さった方、お疲れ様でしたm(_T_)m)






最終更新日  2006.01.27 02:40:03
コメント(2) | コメントを書く


2005.12.08
A大の講義は4・5時限目。

それぞれ、学生に「今日は何の日?」と訊ねてみた。

4時限目では、しばらく答えがなかったが、最前列の女子が「『ニイタカヤマノボレ』の日」と答えたので、思わずニッコリ。

それにしても、マニアックな答えだなぁ。
大体、「ニイタカヤマノボレ」なんていうのは、男子学生に縁はあっても、女子学生には縁のないものだと思っていたので、そのギャップがどうにもおかしい。

しかしながら、「では『ニイタカヤマノボレ』って何のことだか知っているか?」と他の学生に尋ねると、ほとんどが知らない。

一方、5時限目では「鱸先生の誕生日!」と答えが返ってきた。

これには失笑を禁じ得なかった。

要するに、今日は開戦記念日だということが、学生達にほとんど知られていないのである。

これは、由々しき事態である!

考えてみれば、終戦の日は大々的にテレビでも新聞でも報道するけれども、開戦の日は最近はほとんど採り上げられることもないのだから、仕方がないかとも思うのだが、それにしても始まりがあって終りがあるのだから、8月15日だけではなく、しっかりと12月8日についても知識を持ってもらいたい。

中高の教育では、教えているのだろうか?

文化人類学の講義の前振りとしては、ちょっと変わった前振りのようでもあるが、知っておかなければならない一般知識を問うということと、戦争の原因には様々なものがあるうち、文化の相互理解の欠如も戦争の原因の一つであることを知ってもらうことが、「今日は何の日」の問いの目的であった。

一般には、今日は「開戦記念日」だけであるが、間接的に日本の多くの人(92%)に関係していることが、実はもう一つある。

それは、成道会(じょうどうえ)つまり釈尊が覚りをひらいた日が今日ということになっている。
92%の人が、どこかの寺や僧侶と檀家・檀那の関係にあるのだから、直接ではなくとも、間接に関係していると言っていい。

………釈尊の開悟がなければ、仏教なんてないわけだから。

考えてみれば、彼の戦争は、偶然にも成道会の日に開戦し、盆に終戦した、という妙に仏縁のあった戦争だった。

終戦は、意図して盆に合わせたという説もあったりするが、果たして事実はいかに?

それにしても、すでに先の戦争の経験者はどんなに若くても60歳を超えている。
学生達にとっては、両親は経験者でないこともあってか、自分達に無関係なことになっているのかもしれない。

しかし、少なくとも、祖父母は経験者であろうことを考えると、まだ記憶の彼方に追いやるには早いような気がする。

始があるから終りがある、だから終りだけが慰霊の機会とならないよう、念じて止まない。






最終更新日  2005.12.10 00:36:57
コメント(1) | コメントを書く
2005.06.12
今朝、日本テレビの「いつみても波瀾万丈」に米村でんじろう先生が出演していた。

おもしろい実験を本当におもしろく見せるでんじろう先生は、一体、どのようなプロフィールなのか、ものすごく興味を持って見た。
誇張は多かったようだけれども、小・中・高校生とそれなりの劣等生だったようで、「お勉強」はふるわなかったけれども、とにかく興味と探求心が旺盛だったとのこと。
自分の姿が重なって見えた人も少なくはないのでは?

かく言う私も「俺もそうだったなぁ」と思いながらみていた一人でした。

現実に教壇に立ってみると、いわゆる優等生は「知識はあるけど、知恵はない」、中間層は「知識はないけど、興味がある」、劣等生は「知識も興味もないけれど、おもしろければ興味が湧く」落第生は「知識も知恵も興味もなくて、要するに完全放棄」といった傾向があるようです。

…中堅大学の学生だからかなぁ?

教壇に立った初年度から、学生に言い続けていることは、「知識は持たなければならない。詰め込み教育大賛成。ただし、問題は詰め込んだ知識の生かし方を、高校教諭も大学教員も教えることがないことだ」ということでありまして、その「知識を生かして生きる手だてにするのが知恵であって、私の授業は知恵を得る方法を伝授するものだ!」と言っています。

大体、教育の最大の意味は、知識を知恵(=生きる手だて)に変える方法を伝授することでしょう?
教育学者の諸先生や、文科省のお役人はそんなこと微塵も考えてはいないようだけれども。
それが証拠に、大学のときに受けた教職関係の授業でも、現在、情報を集めている文部科学省の教育行政の方針でも、全くそれが伺えず、学力向上だとか、教育方法の練熟だとか、そのようなことしか出てこない。
何のために教育をしなければならないのか、それが人として生きることとどのようにつながりがあるのか、ということについては、一切、出てこないわけですから。

でんじろう先生の実験ショーは、知識が血を通わせて生きている!

だから、おもしろい。

それは、「お勉強」に目を血走らせた優等生諸君や、そのなれの果ての教員・研究者(なれの果ての両者の多く―はやい話が頭でっかち―を、私は「知的なバカ」と呼んでいる)には、決して生きた教育なんぞできないと確信している私にとっては、十分に納得のできる結論でした。

…かつて劣等生、だから三流大学しか出ていない。
けれども教育のなんたるかは知っているつもり。

学問論・教育論には熱のはいる鱸でありました。






最終更新日  2005.06.13 08:39:31
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.