130497 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

闘魂日記-苦悩の日々-

PR

Profile


清春1919

Calendar

Favorite Blog

アフロ先生の囲碁っ… アフロ先生さん
ラマダ0034のページ ramada0034_zq89さん

Comments

匿名希望@ Re:日本ハムが悲願の日本一達成をみて思うこと(10/26) 日本ハム北海道初の日本一達成から7年、…
金型屋@ Re:平成19年度 北海道開発局 事業概要について(04/20)  先月の、「プレス技術」を読みましたが…
アゲチン@ ありがとうな!!!! http://bite.bnpnstore.com/73rofew/ ア…
池ちゃん@ ふぁいふぁいふぁーい!!!! 試しに第一間接曲げて手 マ ンしてみたら…
痴女と痴男@ どこでもしゃぶるのな^^ うおっぷ!!!エレベーターでフ ェ ラし…

Freepage List

Headline News

2015/08/30
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2015年夏甲子園大会が終了。左右の2枚看板を擁する東海大相模が前評判通りの強さを見せ優勝を飾った。決勝で敗れた仙台育英は、エース佐藤セナを中心に強力打線が援護する好チームで、東北悲願の優勝に後一歩と迫ったが惜敗。
今大会は東京の2校、早稲田実業と関東一がベスト4に残り、清宮とオコエの2人がマスコミの話題を独占したようだ。ただ、実力的には東海大相模と仙台育英にかなり劣っており、ベスト4で2校とも完敗。
今回の大会は、ベスト4に残った4校について、過去の大会と似ていることが印象深い。
まず、東京勢がベスト4に2校残った大会は、PL学園が春夏連覇を達成した大会以来。この時は、エース芝草宇宙の帝京と、エース川島の東亜学園で、両校のエースがプロ入りするなど好投手を擁した好チームであったが、準決勝で共に敗退。左右のWエースである野村、橋本を擁したPL学園が優勝したが、今回の東海大相模が左の小笠原、右の吉田を順番に登板させて優勝したことに非常に似ている。
それよりも似ているのが準優勝した仙台育英で、大越を擁して決勝で帝京に惜敗した大会と非常に似ている。大越を擁した大会では、春甲子園で準優勝した上宮にベスト8で敗退。今年の選抜では、優勝した敦賀気比に2回戦で惜敗。優勝した帝京は春選抜で圧倒的な優勝候補に挙げられながら初戦で敗退。今回の東海大相模も昨年に4人の140km/hエースを擁して優勝候補ながら初戦で敗退。それ以外では、3回戦での東北対決や秋田の好左腕、仙台育英が1回戦からの出場でエース佐藤セナが疲労困ぱいに対し、2回戦から出場した東海大相模が比較的楽な相手と対戦し楽なローテーションを組める等、似ている点が非常に多い大会であった。
最後に、開幕戦で登場した北海高校は、鹿児島実業に18-4とまさかの大敗。鍵谷を擁しながら東邦に大敗した大会に続き、北海道民の期待を裏切った結果となったのは非常に残念であった。その中で、2年生で3番手に登板した大西が来年期待できそうな投球をしたのが唯一の救いであった。






Last updated  2015/08/30 09:42:43 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.