181631 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

走れ!吉村歯科医院

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


吉村歯科

Archives

Sep , 2019
Aug , 2019
Jul , 2019
Jun , 2019
May , 2019

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

吉村歯科@ Re:親になりました(05/29) タービンは滅菌していますよ。 ただ、治療…
匿名希望@ Re:親になりました(05/29) 記事に関係のないコメントで申し訳ありま…
吉村歯科@ Re[1]:入院(12/14) 手術うまくいきました。 本当に辛い時は人…
自家歯牙移植の患者より@ Re:入院(12/14) また笑顔で戻って来られる事を願っていま…
吉村歯科@ Re[1]:島田昌子さん(10/12) 安田さんその後いかがですか? 石塚先生…
走れ!吉村歯科医院の意味
なぜ「走れ!」と付けたかと言うと、だらだら歩いていて物にぶつかってもそんなに痛みは感じないけど、一生懸命走っていて物にぶつかるととても痛いじゃないですか。

人生も一緒で、だらだら生きていると壁にぶつかったときそんなにダメージは少ないけれど、その分あまり学習できないと思っています。

しかし、一生懸命生きていると壁にぶつかったときにダメージは大きいけれど、いろんな事を学ぶことができるのではないかと思っています。

だから、兎に角一生懸命生きることが大切で、たとえ間違っていても自分の信じる道を一生懸命進むことが大切なのではないかと思います。

それで今まで何度もすごい痛い思いをしていますが、そこで学んだことが自分の財産だと思っています。

よって、これからもずーっと走っていこうと思っています。

よろしくお願いします。
Aug 8, 2019
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは吉村です。

今週の月曜日、午後から仕事をサボって衛生士の文元さんと小谷さんを連れて須貝先生の診療室に、見学に行ってきました。

今まで私は、患者さんの歯が悪くなったときその原因を患者さんと一緒に考えて、その原因を患者さんが除去しなければ患者さんを救うことができないと考えていました。

歯周病の人には歯ブラシ、歯を割る人には食事の仕方、虫歯をたくさん作る人にはシュガーコントロールを厳しく指導していました。

ただこれをやっていると時々患者さんがついて来られなくなり、患者さんとの人間関係も気まずくなることもありました。

そんな中ある日スポーツジムで筋トレをしていたら、臨床歯科を語る会という会でご一緒させてもらっている須貝先生とお会いしました。

そこで臨床の相談とかを聞いてもらっているうちに、なんとなく仲良くしていただけるようになりました。

須貝先生の臨床は優しく、できない患者さんにも優しく接します。

須貝先生の臨床が羨ましく感じて、一度見学させてくださいとお願いしたら、「うちは見学はお断りしているんだよ。ごめんね。」って断られました。

その後も須貝先生が書いた本を読んでわからないところをお会いするたびに質問していたら、ある日「見学に来ていいよ。」と言われて見学できることになりました。

見学させてもらうと、予想通り患者さんが楽しそうに来院している姿を見せていただきました。

吉村歯科もこのような歯科医院にしたいと強く思いました。

見学させてもらってとても触発されました。

こんな出会いがある私は、本当についていると思います。

これから患者さんにもう少し優しくなった吉村歯科医院に、期待してください!








Last updated  Aug 8, 2019 02:19:14 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.