143806 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

走れ!吉村歯科医院

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

吉村歯科@ Re:親になりました(05/29) タービンは滅菌していますよ。 ただ、治療…
匿名希望@ Re:親になりました(05/29) 記事に関係のないコメントで申し訳ありま…
吉村歯科@ Re[1]:入院(12/14) 手術うまくいきました。 本当に辛い時は人…
自家歯牙移植の患者より@ Re:入院(12/14) また笑顔で戻って来られる事を願っていま…
吉村歯科@ Re[1]:島田昌子さん(10/12) 安田さんその後いかがですか? 石塚先生…
走れ!吉村歯科医院の意味
なぜ「走れ!」と付けたかと言うと、だらだら歩いていて物にぶつかってもそんなに痛みは感じないけど、一生懸命走っていて物にぶつかるととても痛いじゃないですか。

人生も一緒で、だらだら生きていると壁にぶつかったときそんなにダメージは少ないけれど、その分あまり学習できないと思っています。

しかし、一生懸命生きていると壁にぶつかったときにダメージは大きいけれど、いろんな事を学ぶことができるのではないかと思っています。

だから、兎に角一生懸命生きることが大切で、たとえ間違っていても自分の信じる道を一生懸命進むことが大切なのではないかと思います。

それで今まで何度もすごい痛い思いをしていますが、そこで学んだことが自分の財産だと思っています。

よって、これからもずーっと走っていこうと思っています。

よろしくお願いします。
Oct 24, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは吉村です。

今回台湾歯周病学会が30周年記念大会を行うとのことで、招待していただきました。

若い先生二人と参加したのですが、すごく楽しかったです。




まずは、1990年代から好きでよく論文を読んでいた、コルテリーニ先生にお会いすることができかつ一緒に写真を撮ってくれました。

とてもかっこよく、握手をした時彼の手思いの外柔らかく、驚きました。

この手であの臨床をしているのかと考えると、胸がときめきました。

また講演もすごく面白く、毎晩寝不足だったにもかかわらず、ほとんど眠気は襲ってきませんでした。




夜は二階堂先生の紹介で、台湾でとても有名な臨床家のポール・リン先生の診療室を見学させてもらいました。

素晴らしい診療室で、そしてその臨床のクオリティーの高さには驚きました。

その後午前の2時まで飲み明かしました。



一緒に行った二人の先生と、なぜか一気飲みをしなければいけなくなり、若い頃想像していた50代の自分とはかけ離れた行動をしている自分に気づき、ちょっと反省しています。


今回の学会は、付き合いで出席するぐらいの気持ちでいたのですが、思いの外勉強になりかつ楽しかったです。

台風の中なかなか横浜にたどり着けなく、とても疲れているはずなのですが、興奮していて疲れている気がしません。

もう少し勉強と臨床の練習をしなければという気持ちを、強く自分に植え込んでくれた台湾歯周病学会に感謝です。






Last updated  Oct 24, 2017 08:30:59 PM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.