043625 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

宇宙からきた牛柄猫と極楽インコの物語

PR

Profile


nobu.alex

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

サミュエル@ Re:遅ればせながら(04/23) 遅ればせながら、春くん5歳おめでとうござ…
nobu.alex@ Re[1]:ピロリくん、こんにちは(08/23) REX-BOXさん 再検査はまだほっといていま…
REX-BOX@ Re:ピロリくん、こんにちは(08/23) well come to胃潰瘍!お仲間ですね。 も…
REX-BOX@ Re[2]:胃カメラをのんでみた(08/02) ピロリ2戦目、条件付で合格が出ました。お…
nobu.alex@ Re[1]:胃カメラをのんでみた(08/02) REX-BOXさん 年末にスポーツクラブの割引…

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Category

Headline News

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

株式投資

2007.08.25
XML
カテゴリ:株式投資

最近の株式相場のことは、現物主義なので、信用やFXで大損こいた方もたくさんいるでしょうけど、含み損があるだけで、まあ、ほとんど気にしていません。

いつものことながら相場が下がるたびに、資金があれば、その下がった値段と同じ時期に買えたという「時間」を購入したと思っていますし、資金がなければないで、ここまでさがってこの程度の含み損なら、1万8000円とかなったらどのくらい利益でるかなと楽しみにしています。

ところで、表記のように、西松屋チェーン(楽天さん内にも出店してます)


の株主になって久しいのですが、ここの株主優待は1枚200円引き券の5枚綴りで、2000円の買い物ごとに1枚使えるというものです。

まぁ、要は10%引き券ですね。

といっても我が家には人間の赤ちゃんはおりません。変な猫と変な鳥はいますが。ということで、毎年使い道がなく捨てておりました。

やはり捨てるのはもったいないので、どなたか欲しい方1名限りですが、ご希望の方の先着順で差し上げます。

ぽちっと上の西松屋さんのショップリンクをクリックされてから(一応赤ちゃん関係ショップですが、ご自身でどんなお店か確認をしてください)

それから、いったんページにもどって左フレームのメッセージに「欲しい」とカキコしてください。

楽天ショップ内では株主優待は使えないと思いますが、実店舗がそばにある方でしたら使用できます。

おそらく固定的な読者の方は、コーニッシュレックスを飼っていらっしゃる同士おそらく4名くらいしかいないので、当選確率?はかなり高いですよ(笑い)。というか、おそらく1通も応募がない可能性の方が高いですが。

郵送料もこちらが負担しますので、お近くに西松屋チェーンがある方は、お気軽にどうぞ。







Last updated  2007.08.25 19:52:28
コメント(2) | コメントを書く
2007.05.08
カテゴリ:株式投資
波及銘柄というか、自分が持っている銘柄で最近急騰しているのは日軽金ですね。これは半年くらい前から友人たちにお奨めしています。
この業界自体が再編に乗り遅れていることや、株価的には300円台の企業しかないので手がけやすいのと、造船や航空機関連が世界的に増産され、その中でアルミニウムが使われるので業績的にも、今流行りの再編にもテーマがあっているからです。目標株価は400円ですかね。

そういう意味でも東レなんかも炭素繊維があるので良いと思うのですが、以前、後輩に奨めて1100円つけたら売ったほうがいいよといったのに、欲かいて持ってたら塩漬けです。927円で買ったんだから今が逆に買い時かもしれませんが、当時はドイツ証券が目標株価1200円をつけていて、ニュースも連日ディスクローズされていたので「買い」でしたが、最近は業績予想が保守的すぎて、原材料高騰で結局下方修正。でも、利益水準は高いので買い場といえば買い場なんでしょうけど。

先日、ホテルのレストランでランチしていたら、隣のおばさんが「三菱重工5000株を売って、川崎造船に乗り換えたわ」といっていたが、5000株だとおそらく250万円くらいで買っていたんでしょうね。うらやましい。そんな金があるなんて。その2日後に川崎重工は業績を上方修正して値を飛ばしました。やはりお金持ちには証券会社も良い情報を与えるんでしょうね。と思いつつ、まだ三菱重工あがるのになあと思ってみた。






Last updated  2007.05.08 11:35:35
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.07
カテゴリ:株式投資
日経平均が上がっている。前に推薦した大東建託も一時期死ぬほど売り込まれて、まあ、参考にした人もそんなにいないだろうからまあいいかと思っていたが、ここにきて急反発している。循環相場とはいえ、不動産関連株は上がったり下がったりしながらも、右肩回復には違いないので買い時と売り時を間違えなければ、時間との戦いなんでしょうね。
いずれにせよ、業績がよいところを抑えていけば、そうそう売り方に負けるわけがなく、
ゴルゴ13が口座を作っているといわれている(笑い)スイスの金融機関のひとつである
某クレディ・ス●ス証券が一所懸命売り浴びせていますが、そういうやからは大損こいて、とっとと日本から撤収しろといいたい。シティにしたってあやしいもんだし、目の前の功利ばかりむさぼる狩猟民族は何度も証券業法で告発されているのだから、そういうやからに乗るのは武士道としてもいかがなもんかとさえ思ってしまう。

ちょっと投機的なので、推薦するつもりはありませんが、自分が持っている株で東京機械製作所があります。武蔵小杉駅再開発の思惑で一時期522円?近くまでつけました。その後はもともと赤字だったり米国での訴訟に負けたりで、いったりきたりですが、なぜかじりじり上げています。

まあ、だけど、三菱重工とか三菱マテリアルとか持っていると、多少日経平均が沈んでも持っている銘柄トータルの損益はマイナスにはならないので、やはりテーマと業績ですね。






Last updated  2007.05.10 21:26:08
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.22
カテゴリ:株式投資
子どものころにまだ福武書店だったころ進研ゼミをやっていたせいか、愛着があったのと「猫の気持ち」を出していたり、あれこれ事業が順調なので、株主になってだいぶ経ちます。配当金が結構でるほかに株主優待で無料購読やアレコレ盛りだくさんで、しかも年2回。妻が本が大好きなので図書カード2000円分(2回)を配当金に加えてもらっていますからも実質配当利回りはかなりのものです。

森本社長の週刊誌スキャンダルで大証では売られまくっていますが、事業の成長性と第三四半期の利益進捗率がかなりなのに上方修正を据え置いているので、ある意味では買い場です。

それにしても、やはり株式投資はトップの人間性が重要なのがよくわかります。特に業界でナンバーワン企業のトップは公私の別はないくらいの覚悟で身を慎むべきです。
頑張っている社員の方が報われません。まして社員も株主もキチンとトップのやることをみているのですから。

日経平均は1万8000円を軽く突破しました。明日から利益確定売りに押される場面も一時的にはあるかもしれませんが、利上げと先週の投信解約売りをこなしての上昇なので、信用売り方は壊滅するでしょう。ご愁傷さまでした。






Last updated  2007.02.22 11:44:02
コメント(0) | コメントを書く
2007.02.15
カテゴリ:株式投資
向いに座っている先輩が「ねぇねぇ、去年郵政公社で買ったゴールドマンサックスの投資信託700万円が900万円になったんだけど、利益確定したほうがいいかなぁ」というので
一言。
「まだ上がりますよ」
「なんで?」
「だって、売り方が踏ん張りきれず、踏み上げ相場になっているから」
「どういう意味?」
「マッチポンプしている外資系証券とそれに逆張りした個人投資家がいて、あわてて買い戻ししているので、信用買い残が爆発的に急増しない限り大丈夫だし、日本株そのものが出遅れていますからね」
「なに、その外資系証券って」
「クレディスイスがソフトバンクを2段階格下げで目標株価を恐ろしいほど下げた時に、こっそりクレディスイスは仕込んでいて、つい先日、今度2段階格上げして、ソフトバンクが上昇したから、クレディはおそらく利益確定しているだろうけど、格付けみて信用売りした個人は損失を少なくするために買戻ししているという構図。これが株式市場全体で同じようなことがあるから踏みあげているので、あがったり下がったりですけど、中期的には、持ち続けたもの勝ちですよ」
「そっか、じゃ、持ち続けるわ」。

にしても700万円もつぎ込むだけのお金があるのだからうらやましい。
「最近欲しいものないしなぁ。株で儲かったら賃貸用のマンションでも購入しようかなぁ」というのだから、同じ職場につとめていながら、「この格差って何?でも、まああるところにはあるもんだし」と思った。

よくよく考えてみれば、楽天さんでの買い物も履歴を改めてみると、妻と春とキューのものばかり。自分へのご褒美は…。
えっ、どこどこ???

みかんも5キロ入りを買ってもいつも3個くらいしか食べた記憶がない。妻は20キロくらい?食べている計算に。びっくり

勝負事もそうだけど勝ち続けるということほとんどありえない。
まあ、適当でよい加減が一番ということで。







Last updated  2007.02.15 15:57:52
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.23
カテゴリ:株式投資
日経平均がようやく負け戦から脱出しつつあるみたいです。

以前、中国という国が国を挙げて資源を買いあさっているので資源株という話をしましたが、原油相場も50ドルで下げ止まりの様相で(もっとも上がるか下がるかなんてわかりませんが)
先々週あたりは資源関連が売り込まれていましたが、
所詮は無限なものではないので、相場は裏に必ず資源がついてきている感じです。

ビルゲイツさんがトウモロコシの商品ファンドにずいぶんと資金を拠出したそうです。
あれ以上、金持ちになってどうすんだい。

ブッシュ大統領の一般教書にもトウモロコシが言及されるので、金持ちのマッチポンプゲームですね。要は石油という資源は有限で、始末に追えないことに中東やらロシアなんかがキャスチングボードを握っているからけしからんという話。
ブッシュはどうせ再選できないので、自分の石油会社はさておき、多分、トウモロコシにも発表前からなんかしこんでいるのでしょう。

さて、ここで、どうするかというと、原子力関連とか、エタノール関連は面白いと思います。
三菱重工や東芝、甜菜糖とか。
外国株式の経験がある方は米GMとか。
今回の原油相場の高騰でも電気代が暴騰しなかったのは、3分の1は原子力発電とかに比重が変わってきているからです。

それにしてもようやっと、踏み上げ相場になりつつあります。
欲をかかずに、ばば抜きのはば(高値)をひかず、目標株価に達したら売って、すぐ忘れるのが一番です(笑い)






Last updated  2007.01.23 21:02:21
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.21
カテゴリ:株式投資
日本はかつて戦争に4度まけ、また5度目の負け戦の最中です。

一番最初はペリーやハリスが浦賀に来た時。次が第二次世界大戦。3度目がプラザ合意。
そして4度目がバブル崩壊。そして、また株式市場で信用売り方が個人の投げを誘って、購入価格を下げてから買い越しを繰り返すという離れ業をやってのけています。東京市場一人負けの構図。

「大君の通貨」では

いかにして、日本に開国をせまった外交官たちが、金と銀の交換比率に目をつけ、金を国外に持ち出し利殖したかが描かれていますが、ある意味、明治維新は幕府の財政がこれによって窮乏したということもひとつの原因なのだそうです。

3度目のプラザ合意に至っては、固定相場制から変動相場制へと移行したのですが、1ドル360円だったものが、数年間の間に、120円となり、過去最高の円高は79円にまでなりました。
オーストラリアに旅行した時に思いましたが、1オーストラリアドルは当時70円でした。
シドニー空港のマクドナルドで、アイスクリームを買うと30セントです。日本円に換算すると、
21円。

へぇ、安いなぁと思うか、まてよと思うか。

当時日本マクドナルドが80円バーガーを発売しましたが、グローバルスタンダードでみると、別
に安くなかったんですよね。だけど、デフレの名のもとに、価格は下落していく一方でした。
というか、高すぎたということ。

逆も真なり。その当時はオーストラリアドル投資ブームでした。金利が8%とか、10%とかついていて、我先にとみんなが買っている光景を見て、不思議に感じていました。
まず、銀行の金利優遇キャンペーンとやらはよく読むと、3ヵ月限定なので年利に直すと実は2~3%程度。おまけにブームなもんだから、オーストラリアドルはどんどん暴騰していました。

オーストラリアドルはいったい日本円で言うと、いくらが適正なのか、それは神のみぞ知る世界なんでしょうけど、3%程度の利息なんて、あの暴騰振りの水準が訂正されれば、アッという間にふっとんでしまうんじゃないかなぁと思っていました。今は90円なので、知り合いにはオーストラリアドル投資は奨めていません。将来、オーストラリアに移住する人は別です。ANZAS銀行などは一度つぶれてから這い上がりAAA+なので、ばしばし貯金すべきですが。

話を元に戻して、プラザ合意ですが、わずか数年のあの期間に為替が3分の1(または3倍)にまで変動したのは有史以来、対ドルの日本円だけだそうです。アメリカさんの経済戦争にしてやられたわけです。経済戦争では2度目の敗北です。

そして、バブル崩壊。株価は凋落の一途を続け、儲けたのはカラ売りのヘッジファンドです。

失われた10年プラスアルファを経て、ここ数ヶ月、株価は回復基調にありましたが、外資系証券はライブドアはじめ、業績不振企業にMSCBを発行させ、同時にカラ売りして、大もうけ。
そしてまた、最近は機械的な仕掛け売りをして、個人投資家は損ギリして外国債券や外国株に資金を移しています。底値で拾って、買い越しを数ヶ月ごとに演出し、株価を釣り上げたら売り越しに転じています。

外人投資家の思う壷です。

もっとみんな日本という国の底力を信じても良いのではないのかなぁ。






Last updated  2006.11.21 17:12:11
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.14
カテゴリ:株式投資
12月3日から、中国の上海・蘇州に物流不動産の施設見学にいくことになりました。ということでたまには株と不動産投資の話でも。

大分前の話ですが、イースト菌をつくっている上場会社の社長と話す機会があった。

イースト菌はサトウキビの黒糖蜜から培養するそうなのだが、昔々は沖縄が主産地だったらしい。ところが人件費が沖縄は本土に比べても低いんだけど、上昇していたので、いわゆるムービングファクトリーで東南アジアに移転したそうだ。

その時、しきりにその経営者が気にしていたのが、中国。といっても製造拠点としてではなく、消費国として。当時はまだ中国進出がようやっと言われ始めていたころなので、さすがに先見の明があるなぁと思った。

一言でいうと、「脅威」。何が脅威かって、中国人民がみんなパンを食べ始めたら、フランスはカフェオレでクロワッサンなんで夢の話だし、アメリカでは誰一人としてハンバーガーを口にすることはできなくなるということ。

その時はふ~ん、なんて聞き流していたが、最近の投資はそのことを基本に置いています。

累投で金を買い始めたのは、5年前。途中でやむを得ない事情があり、換金して、野村證券の担当者からは、こんな短い期間で解約する人いませんよ、と多大な嫌味を言われたが、その後も継続して金を購入している。

以来、原油価格の上昇に伴って金価格は上昇の一途を続けています。たいした額ではないけれど、これだけ一本調子で上がっていて、ドルコスト平均法でやっていて途中換金までしているのに、リターンは2倍になりました。

どうしてって、中国人とインド人は金が大好きだからです。今は原油価格が一服しているので下落気味ですが、BRIC;sに代表される国々が金を漁り始めたら、そんなに暴落することはないのではないかと。

彼の国はいずれも、資源を丸ごと買おうという国なので、ここ数年の資源株の上昇は推して知るべしです。というわけで、千代田化工建設、住友金属鉱山、三菱マテリアルはそこそこ稼がせてもらいました。

売り方が踏ん張っている相場で、やや膠着ですが、たまにはお勧めでも。

大東建託が6000円くらいか、6000円を切ったら買いです。昨日、今日は6000円割れです。信用売り残超で、しょっちゅう逆日歩がつきます。某証券の目標株価は7100円です。レポートも出ています。7300円のところもあります。

あとは、売り残や逆日歩の意味が分かる方は、業績とここ1、2ヵ月の出来高をチェックしてみてください。まあ、気長に持てば儲かるかもしれませんよ。

知り合いがマンションを売却しました。買値と売値がほぼきっ抗しています。5年ものでしたが、キレイに使っていたので、買値とほぼ同額で売れたようです。

プラマイゼロですが、
ローンを返済していた分を考えると、残債務を一括返済しても、手元に現金がそれなりに転がりこんでくるので、たしかに底をうったんだなぁという感じがします。

中国物流不動産の見学は米国の物流不動産開発会社のものです。
ここはシンガポール投資公社が大株主の会社で世界的に物流に限って投資をしている会社です。
シンガポール投資公社は、ものすごいアバウトな言い方をするならば、
華僑です。

シンガポール投資公社は東京・汐留にある汐留センタービルの知られざるオーナーでもある。

バブル崩壊後、実はどれだけ日本が外国資本に買い叩かれてきたか、
株の信用売り方もそうだし。景気回復の一助となった面もあり、功罪相半ばなんでしょうけど。

「地頭と泣く子には勝てない」というのがありますが、
金融の世界では「華僑とオイルマネーとアメリカ人には勝てない」のかもしれませんね。
だったら華僑とオイルマネーに追随するのが近道かも。






Last updated  2006.11.14 18:23:00
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.13
カテゴリ:株式投資
トランコムさんという東証・名証2部の会社があります。もともとは愛知小型運輸といっていましたが、共同配送事業を経て、インターネットなどを使った物流情報システムなどが急成長している企業です。あまり関東では知名度がありませんが、この業界の中では数少ない勝ち組です。

まだ会社の規模が小さいということもありますが、売上高はほぼ毎期2ケタ増です。配当も結構いいですし、中間配当をしない代わりに、名古屋の有名なお肉屋さんのしゃぶしゃぶ肉を送ってくれるので楽しみにしています。

ということで、早速、先週の土曜日に肉が届いたので、妻としゃぶしゃぶしていましたスマイル
IHのコンロ?
煮る・煮込む・蒸す・焼く・揚げる全てこれ1台でOK!時間もガス代も節約!パワフル&クリーンIH...
が大活躍です。ガスとちがって火がでないので安心なので鍋物が最近続いています。

肉、肉、野菜でゴマだれとポン酢だれで頂きました。
うっ、うま~い!!!!!

去年は一人で肉ばっかり食べていました。さすがにどんなにおいしい肉も、一人で食べると結構な量なので、最後は苦痛というか、修行に近いものがありましたが、白菜やら、シメジがあると口直しになるので、旨いです。

野菜や肉から良い出汁が出たので、妻が翌日は雑煮をつくってくれました。
なんか1年中、正月みたいだ(最近、なぜか雑煮が我が家のブームになっている)

最近、春猫もおなかの辺りがたぷたぷしてきた。やばい?かもしんない。






Last updated  2006.11.13 13:54:30
コメント(2) | コメントを書く
2006.09.28
カテゴリ:株式投資

98年ごろだったか日興ビーンズだったか忘れてしまいましたが、インターネット上でいわゆる仮想取引で誰がチャンピオンになるかというゲームがありました。その時1位に輝いた人がやっていた投資方法は「騰落レシオが80を切ったら、100円から200円のボロ株を200株ずつ買い(いわゆる低位株ですね)、レシオが120になったら黙って売る。これの繰り返しをする」というものでした。

ふむふむ、どれ試しにやってみるかということで、一昨年、お遊びで40万円分やってみました。結果…。損はしませんでしたが、大失敗です。当然ミニ株投資になるので、売り場は逃すわ、レシオが120になったとしても別に利益はでていないわ。ミニ株のネット取引なので手数料が安い(大和でやったので大体1050円)から大体プラス3000円になったら、レシオに関係なく売るということをやり、買った銘柄を全て換金するまで2年近くかかりました。それでいて数千円しか儲からない(銀行よりはまし?)

う~ん、銘柄選定を間違えたせいもありますが、やはり業績の裏づけがないものは厳しいなあ。

プログでもよく投資でアクセス数が多く有名な方が書かれている銘柄に便乗して儲けるという話はよく聞きますが、やはり自分が納得したやり方でないと釈然としない。

そういう意味では、僕が今やっていることは、アナリストのレポートを読むことです。

このレポートというのも案外いい加減な内容なのですが(どちらかというこじつけ)、一応それに基づいて機関投資家が買いを入れるので、勝率はいいです。なんといっても機関投資家には個人がよってたかっても勝てないのですから、便乗して売り逃げするのが一番てっとりばやい。建前的にはアナリストは中立で、証券会社の自己売買部門とは一線を画しているといいながら、一番情報(特にこの銘柄についてのレポートがでるということ)に近いわけですからね。

ほとんどマッチポンプ???。格付けも特に外資系が上位に見直すと株価がとびますが、ある日突然格下げをする。その頃には売りぬいていて、また安値で拾って、格上げするんだもんなぁ。銀行系の証券会社だともっとあざとくて、自分の系列銀行がメインバンクの銘柄はよく格付けを上げたりします。一方で別の銀行系証券会社が格下げをしたりして、たんなる嫌がらせなのか、マーケットライブを見ているとそんなことを考えてみたり。







Last updated  2006.10.01 09:24:08
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.