2464444 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

信濃町 New! hiryu4398さん

^-^◆ いたずら辞書… New! 和活喜さん

昨日はK病院へ通院 ドレミ・どれみさん

実践スラッシュライ… タイヤー04さん

アメリカン・タリバ… まろ0301さん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・私達はいわば二…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・何もかも失われ…

フリーページ

全4件 (4件中 1-4件目)

1

・・・文作り

2008.10.11
XML
カテゴリ:・・・文作り

 

        にほんブログ村 教育ブログへ  これは、このブログの応援クリックマークです。ご面倒でしょうが、応援 戴けますと、うれしいです。

漢字が書けても、文章を書く時に使えない。

漢字が書けても、読解の時に使えない。

というような話を聞きます。これは、その漢字の書きだけに重点を置くが、その漢字の使い方・意味の理解などは、軽く扱ってしまうからですね。

そこで、研究会の仲間が、漢字が文章で使え、読解の時に役立つノート指導の例の実践報告をしましたので、ご紹介します。



漢字書き

上記の例では、まず、書き順(筆順)を、書いていますね。

次は、医を使った漢字語(熟語)を書いていますね。

 最後が、短文作りですね。

以上は、皆、子供が、自分の頭を使って、自分の考えでやっています。

 

次は、この指導者の先生の上記のノートの説明です。

漢字文章

結局、この子どもは、このようにして、医を22回書いているというのです。ただ、22回、書くよりも、楽しいし、文章書きにも使えるし、読解にも使えますね。

* でも、今、機械的なドリルが、まだまだ、流行っています。これでは、漢字嫌いを作り出さないか、心配です。

漢字好きになる方法を皆で、考えたいですね。嫌いになったら、もう、おしまいですからね。

 

ノーベル賞をもらった方々は、それが、まず、好きだったのですよね。勉強好きにして、もっと、ノーベル賞をもらえる人材を出したいですね。

* この記事に対するコメントなどお寄せください。

また、参考になったなあと、お感じになりましたら、下のマークのクリックして下さると有り難いです。それが、応援になり、応援がありますと、元気になります。一日、1回有効です。

ご面倒でも、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ

 

 

下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。上の意見を詳しく書いています。

たのしく学ぼう漢字



* こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。1年~6年生まであります。 

たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)







最終更新日  2008.10.13 17:06:16
コメント(13) | コメントを書く
2006.04.16
カテゴリ:・・・文作り

 

今回が、最終です。
今まで、お読みくださり、
ご感想・ご意見・ご質問などお寄せ下さって、
ありがとう御座いました。

これらのご協力で、内容が豊かになりました。

もともと、授業というものは、このように教師(提案者)と生徒(参加者)で作っていくものであると言う自論を持って、現職中は、やってきました。
*ここでの参加者は、生徒どころか僕の先生でした事を付け加えて置きます。

今回は、討論の報告のみです。


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

X先生  「いよいよ、中学校でも、文作りとその発表が授業でされるか、
     本日の提案・報告は、そのはしりだね。」



Y先生  「中学の漢字指導というと、『読みと意味に触れてテスト』、が一般的だった。
     それで、中学生は、漢字書きに時間を割いていた。これでは、漢字学習が、暗記という     ようなってしまっていますね。」



Z先生   「テストの全て・・・『学力てスト・入試・漢字検定・・・・・』などが、全てそうだか      ら、そのようになるのですね。」



H先生   「しかし、そだからといって、学校でも、それに追随していたら、
       子どもに漢字学習は楽しいとか、 
       もっと、漢字学習をしたいという意欲や関心が湧かないのではないだろうか」



I先生   「結局、それで、国語科嫌いになっていっている生徒もいるしね。」



J先生   「小学校の英語の導入が問題になっていますが、この国語科をどうするのか、と合わ       せて考えないとね・・・・・・」


K先生    「PISA2003の読解力が1位のフィン       ランドでは、この母語に、一番力を入れていますね。

L先生    「なんと言っても、考えることは、コトバを使ってだから、その母語の力をつけな        いとね・・・・・。」


M先生    「そのフィンランドでは、経済成長も、目を見張るものがあって、『国際競争力』では、1位になってますね。」


N先生    「フィンランドのことで続けて言えば、この国は、テストを廃止しているね。日本        は、これから学力テストを取り入れるという。」


O先生    「テストをしなくても世界一の学力、それに学習意欲もある。学びからの逃避が、       日本ではあるが、これが極めて、少ない。」


B先生    「それに、先生方が、元気だそうですよ。」


C先生    「授業時間は、日本より、ずっと、少ないね。」


D先生    「学校が終わった後、専門家によって、ピアノ・水泳・・・・・など希望者は、受け       ているそうですね。それも、無料で。」


F先生    「その専門家に公的機関が、給料をちゃんと出していますね。当然のことですが。
        日本では、臨時雇用などで、その身分保障が薄いですね。」


G先生    「大學進学は、やる気がある生徒は、勉強をやるから、希望通りにいっているよう       ですね。日本のような異常な競争は無いようですね。」



X先生    「国が、教育を重視しているから、先生は、人々に信頼されていますね。それで、       国は、教育行為を支援する立場にいて、先生方を支援していますね。だから、先生       の責任感が出てくるのですね。」


Y先生    「それに、習熟度別学習は、廃止しましたね。」



Z先生    「なんと言っても、長年の研究で積み重ねた国家カリキュラムがあるんですね。こ       れが。柱になっていますね。」


B先生    「日本だって、これは、作る力、積み重ねてきた研究はあるね。」



C先生    「フィンランドの教育で、注目されてきた、子どもに話し合わせる・討論をさせるな        どを取り入れた授業、僕等は、50年も前から実践してきましたね。」


D先生    「その延長として、この『文作り』とその発表・話し合いがあるのですよね。」



E先生    「これは、今までの暗記中心の授業とは、違って、子どもが喜ぶし、力がつくし、
        その中で、話し合いの力も付くのですね」


J先生    「クラスの人数、これは25人前後ですね。」


H先生    「学校が終わった後の託児所も完備していますね。」


I先生     「放課後の読書などもさかんですね。親が『読み語り』などをしていますね。
       親の労働時間ガ、日本のようになっていないのですね。」


J先生    「とにかく、この国の子どもは、自分から学んでいますね。日本は、先ず知識、と       言ってそれを詰め込む、これでは、子どもは学習嫌いになりますね。」


L先生    「文作りとその発表だと、その漢字語がどのように使えるのか、どのような概念を       持っているのかを学べるから、子供は、意欲が出てきますね。」


M先生    「中学の国語の時間でこれをどうするか、それが課題ですね。週に15分でも、確保       して、やれないでしょうか。」


A先生    「それは、できますね。そのためには、どの漢字を授業で指導し、どの漢字は、今       まで通りにするか、精選が必要ですね。」


B先生    「中学校のグループで、その精選案を作ってみたいです」


  フィンランドの教育資料・・・・『競争しなくても世界一』福田誠治・国民文化総合研究所


 * 都合で17日~19日までの更新・コメントへの返信・ご訪問が、できません。よろしくお願いし   ます。

このブログ、応援してくださる方は、
下の2つのマークをクリックして戴けるとうれしいです


にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ

下記の本は、このような考えで、僕等がまとめたものです。
絵をクリックしますと、本の概略が分かります。
そして、楽天での購入の仕方も分かります。


理解を深める表現よみ(小学校国語4年)
尚、本書は、1~6年まで、各学年あります


下記の本は、
僕等ガ20年以上(児言研を入れると50余年)にわたって研究した
漢字教育のあるべき姿と実践
の提案です。
「1セット5過程」・「文作り」・「手首化」
の実践も載せています。
しかし、まだまだ、十分とは言えません。
皆さんで、豊かにして欲しいです。

たのしく学ぼう漢字


     
    









最終更新日  2008.06.05 17:32:25
コメント(10) | コメントを書く
2006.04.15
カテゴリ:・・・文作り

 

報告の3回目です。

本日は、提案骨子、

<5 「違」を使った、2文節のコトバを発表、話し合い>

の検討で出た意見のご報告です。

* なお、ここで出た、2文節の発表は、次のようなものがありました。


    ・・・・・・・・・・


違憲の法律

交通違反をした

意見が食い違った

場違いの服装

意見の相違

差異が大きかった


   ・・・・・・・・・・・





X先生  「この2文節の中で、漢字語(熟語)を発表させる、というのは、初めての試みです       ね。」


Y先生 「今までは、その漢字の熟語の学習では、漢字語(熟語)だけを発表させていましたね」



Z先生 熟語だけの発表は、辞書を書き写して、そのまま、発表ガできるので、子どもの頭の中     を、素通りしているとがあったですね。」



H先生 「これだと、その漢字語を、頭の中でどのように使うか、考えますね。
     だから、その漢字語の意味を頭の中で、吟味しますね。」



I先生 「最後の文作りに入る前にこれをやっておくと、文作りがやり易くなりますね。
    また、その漢字語が、クローズ・アップされますね。」



J先生 「これは、主語を省略している場合があるが、頭の中には、主語があるのですね。」



K先生  「そう言えば、述語を省略していることもあるね。
     お父さんが、『・・・・メシ・・・・・・』というのに、似ていますね。」



本日のご報告は、ここまでです。

次回は、文作りとその発表についてです。

この発表・話し合いことの大切さが、学力低下の実態が出てから、
最近、急に主張され出しましたね。

発表・話し合いの中で、認識が、深まりますからね。

国語科の学力向上の為には、必要なんですね。
これは、いい傾向ですね。

このブログも皆様が、意見を出して下さると、中味が豊かになりますが、
それと似ていますね。

このブログ、応援してくださる方は、
下の2つのマークをクリックして戴けるとうれしいです


にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ

下記の本は、このような考えで、僕等がまとめたものです。
絵をクリックしますと、本の概略が分かります。
そして、楽天での購入の仕方も分かります。


理解を深める表現よみ(小学校国語4年)
尚、本書は、1~6年まで、各学年あります


下記の本は、
僕等ガ20年以上(児言研を入れると50余年)にわたって研究した
漢字教育のあるべき姿と実践
の提案です。
「1セット5過程」・「文作り」・「手首化」
の実践も載せています。
しかし、まだまだ、十分とは言えません。
皆さんで、豊かにして欲しいです。

たのしく学ぼう漢字







最終更新日  2008.06.05 17:35:51
コメント(4) | コメントを書く
2006.03.27
カテゴリ:・・・文作り

 

今回も、漢字書きのテストの転換で、
宿題・授業の改善を図るシリーズです。

今回は、

短文を作って、漢字力の転移・応用力

を着けようと考えました。
同じ漢字を何度も書くのと違って、漢字の生きた使い方を学習しますので、
子どもたちは、あきないで、興味を持ってやりますね。

漢字学習が、面白いのは、
学習した漢字が、文の中で使われているのを読んだ時、
自分が文の中で使えた時などですね。


これは、100円のお金をもらって
自分が、好きなものを買えた時の喜びに似ていますね。

漢字もお金も使ってみる、
これが、面白いのですね。


同じ漢字を機械的に書くだけは、もらったお年玉を
何度も何度も数えさせられているようなものでは
ないでしょうか。



そこで、今回は、
子供自身が、学習した漢字を使って、

文を作り、発表する


ことについて述べてみます。




ここで、ちょっと、注意して欲しいのは、


「書く」ではなく


「言う」(発表)


ということです。



なぜ、このような段階を設定したかと言いますと、

「書く」と「短文づくり」

の両方を課題にすると、
子供には、難しくなるからです。

全ての学習で、このことは、当てはまります。
まず、口で言わせ、それを聞かせるというやり方です。

このことは、体育・算数・・・・・・など、全てに当てはまります。
この事を、予定外ですが、明日(次回)に書いてみます。






これには、次の場合が考えられますね。


1  1漢字で1短文を作る

   
例   思いこむ(自分が悪いと思いこんでいた。)



2 1漢字で2~3短文を作る

   例   場(その場所は、遠かった。2時間もかかった。)



3 1漢字でその漢字の音訓の両方を使って、短文を作る。

  
   例  遠(遠いところまで遠足に行った)



4 2~3漢字を使って、短文を作る。 

   例  矢・牛・肉・当(まとに矢を当てると、牛肉を食べられるゲー              ムをした。)



・・・・・・・・・・・

たくさんの方にお読み戴きたいので、ブログランキングに参加しています。
下の2つのマークをクリックして戴けるとうれしいです




にほんブログ村 教育ブログへ


人気blogランキングへ


    

・・・・・・・・・・・



下記の本は、
僕等ガ20年以上(児言研を入れると50余年)にわたって研究した
漢字教育のあるべき姿と実践
の提案です。
「1セット5過程」・「文作り」・「手首化」
の実践も載せています。
しかし、まだまだ、十分とは言えません。
皆さんで、豊かにして欲しいです。

たのしく学ぼう漢字


にほんブログ村 トラックバックテーマ 漢字指導・ひらがな、カタカナ指導へ
漢字指導・ひらがな、カタカナ指導








最終更新日  2008.06.05 17:42:58
コメント(10) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.