2460133 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

^-^◆ いたずら辞書… New! 和活喜さん

市川新婦人コーラス… New! ドレミ・どれみさん

「刑事フォイル」 New! まろ0301さん

韓国の光州民主化運… New! hiryu4398さん

1766. ラプンテッェ… カズ姫1さん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・私達はいわば二…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・何もかも失われ…

フリーページ

全6件 (6件中 1-6件目)

1

能力観

2008.03.01
XML
カテゴリ:能力観

 

できない」の洗脳の突破は、今の教育を考える時、どうしても必要なことではないでしょうか。子どもたちは、このことについて、次のように考えているからです。このブログを始めたのもそのことかを突破させたい為でした。ブログをはじめて、3日目のものを編集して、ご紹介いたします。

    ・・・・・・・・・・・・・・

  July 17, 2005

分からない事を自分のせいにしてしまう子・学力力向上と人格形成 [ 教育全般 ]    

長い間の教師生活で、うれしかったことは、こどもが、「分かった」・「できた」という時のよろこびの笑顔に接した時でした。反対に、苦しみは、分からせる事ができなかった時の曇った顔を見る事でした。

この「分からせる事」・「できるようにさせること」について、次のように言っている意見がありますのでご紹介しておきます。

    ・・・・・・・・・・・・・・

・・・こうして(分かる・できるようにすると・・引用者)、だんだん、自分の値打ちにも気がついていくし、友だちの値打ちにも気がついていく、こうした事の一つひとつの積み上げが、
「人格の完成」をめざす「普通教育」であり、また、この点にこそ、憲法が日本の未来を託した「人格の完成」をめざす「普通教育」の真価があるわけです。
       ・・・・・・・『子どもと生きる』2005年。7・8月号・東京民研・増田孝雄)


また、この分からない事・できない事が、ストレスとどう関係あるかについて述べている意見がありますので、これも、ご紹介しておきます。

「『先生ぜんぜんわかんないよ』と叫ぶ子がいました。『それじゃ、わかんない原因はなんだと思う?』と生徒たちに聞いてみました。

『先生の授業のやり方が悪いから』には手が挙がりませんでした。『教科書が悪いから』には一人の子が手を挙げました。

残り30人がいっせいに手を挙げたのは、『私の頭が悪いから』でした。びっくりしました。何かあればすぐ他人のせいにしたがる子どもたちが、こと勉強については自分の頭が悪い、と思っている。

ここにストレスの根本があるのではないか、と思いました。」
(あきる野市・中学理科・雨滝洋介・『子どもと教育』45p・ルック・2005・1月号)

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えらい方が、次のように語っているのもあります。三浦朱門氏のことです。

2000年7月、ジャーナリストの斎藤貴男に、新自由主義的な発想から「ゆとり教育」の本旨は"100人に2~3人でもいい、必ずいる筈"のエリートを見つけ伸ばす為の「選民教育」である事を明言(「出来ん者は出来んままで結構、エリート以外は実直な精神だけ持っててくれればいい」「限りなくできない非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」「魚屋の息子が官僚になるようなことがあれば不幸になる」など)、と述べ一部に物議を醸す。[1]教育課程審議会においてゆとり教育について「私は今まで数学が私の人生に役立ったことは無く、大多数の国民もそうだろう。」と発言。ゆとり教育を推進する当時の文部事務次官の意向に沿った発言を行ない、以後のゆとり教育を加速させた。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このような中で、それでは、どうして、「できない」の洗脳の突破をさせるか、僕のその経験をご紹介します。ご一緒の考えていただければ嬉しいです。これも、以前のブログを編集です。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   January 14, 2006

勉強ができ、運動ができ、・・・、心が豊かになる教育 [ 能力観 ]    

昨日は、中学生が、「勉強できないのは、自分の頭が悪いからだ」と、考えている、思い込み・決め付けについてふれました。これをどう、突破するか、そのことを書いてみたいと思います。


ぼくは、走るのは、普通で,中学校で、100M,17秒台でした。これには、劣等感を持っていました。これは、速く走れないという決めつけです。でも、或る時、走るのに興味を持ち始め、何とか、公式の400Mトラックで走りたいと考えるようになりました。それが、実現してしまったのです。

その理由は、

1 高校・大学と7年間、片道、徒歩・約1時間の道を、歩いたり、自転車に乗ったりして通いました。この7年間が筋力をつけたのですね。

2 速く走るのには、どうしたらよいかを知るため、『陸上競技マガジン』を購読を始めました。速く走るコツを学んだのです。

結果は、100Mを11秒台で走れるようになりました。通っていた中学の最高記録は、13秒台でしたから、この11秒台というのは、ずば抜けた記録です。しかも、」専門は、800・1500で、その試合に出ていたのでした。(K市の記録も作りました。)

今から見ると、当たり前のことでしたがあ、当時としては、先進的なことをやったのようですね。

できるようになる・するには、どうしたらよいかを学ぶ・教えることなのですね。これが教育ですね。「あんたは、できないよ。」ということは、教育ではないですよね。できないと思いこんでしまった子には、その突破の方法を教えることですね。

できるようになる心構え・そのコツを教えること、これが今、大切な課題だと思います。次回は、別の勉強のことでこのことを考えてみます。


こんな今日さんのブログを応援してくださる方は、
下のマークをクリックして下さると、うれしいです。

にほんブログ村 教育ブログへ 

* 易溶性・易燃性の読みは、エキネンセイ?イネンセイ?については、下記の27日のブログのコメント欄にご意見をお願いいたします。

  February 27, 2008

「易溶」と音訓同時指導・新学習指導要領 [ ・漢字指導 ]    



下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。上の意見を詳しく書いています。

たのしく学ぼう漢字

たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)

* こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。
1セット5過程に基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。







最終更新日  2008.03.01 16:10:39
コメント(8) | コメントを書く
2008.02.29
カテゴリ:能力観

 

不耕起栽培のブロッコリー、その後、どうなったでしょうか。あれから、南から、北から大風が吹きました。今年は、特に風が強いですよね。その風を受けても、ブロッコリーはびくともせず、まっすぐに、上に向かって伸びています。

このブロッコリーを手で押してみたり、引っ張ってみたりしました。根が、土の中にしっかりはっているため、びくともしません。

この固い土に中に根を伸ばし、しっかり張っていることがわかりました。今まで、このように固い土の中には、根は張れないのではないかと、見ていましたが、これは、間違いでした。植物の根の力の大きさを、認識しなおしました。

 このようなことを見ると、すぐに子供のことと、結びつけてしまう今日さんです。今の子どもも、これと同じような力をどの子どもも持っているんだと。でも、この力が、抑えられていることがありやしないか。そう考えてしまいます。 

それが非行などになって出ていないかと。これは、本当にもったいないことです。こうならないようにするのが、大人の務めですよね。これからも、皆様、よろしくお願いいたします。前回の『不耕起栽培』のブログを編集して、下記に載せさせていただきます。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  January 2, 2008

挑戦と環境整備 [ 教育原理 ]    

   腰を痛くして学んだ事

野菜は、土を掘り起こし、柔らかくして、種をまいたり、苗を植えたりするものと、思っていてので、今までは、そうしていました。近くの土地があき、放置しておくと草ぼうぼうになるので、野菜を作ることにしました。

ところが、その土地が、ローラーで固めたので、コンクリートのように固くなっていました。

丁度、そのころ、腰を痛め、しゃべるなど使えない体になり、種は播けない、苗は植えられないで、困っていました。隣では、伯父さんが、つるはしで、堀起こして、種を蒔き、苗を植えています。

でも、こっちは、腰が悪くて、そのようなことは、できない。いいや、こっちは、とにかく植えておこう、蒔いておこうということで、耕さないでやりました。

という訳で、それをしたのが、昨年の9月末です。その結果、下のように育ちました。




ブロッコリー

このように育ちました。もう、ブロッコリーを取って、食べています。
(白いのは、今朝の霜です。)

これは、浅鍬で、溝を作り、ただ苗を置くような状態で植えた(?)のでした。化学肥料を少し、あげました。



アブラナ

こっちは、アブラナです。これは、浅鍬で、溝を作って、種を蒔きました。化学肥料を少し、側まきました。

今、考えると、これらの事は、以前、聞いた事がある不耕起栽培だったんですね。

そのような事が出来るということは、これまで、信じていませんでしたから、野菜ツクリは、耕してからしていました。


   不耕起栽培で、分かった事

ブロッコリー・アブラナは、固い地面でも、根を張っていくを持っているということでした。ブロッコリーは、固い地面に根を張っていますので、台風が来た時にも、倒れませんでした。(今まで、畑で、耕がやして栽培した時は、倒れました。)

このように育ったのは、太陽とその1っポンの植物が育つ場所が十分あったからかなあと、思っています。密植では、なかったことです。

* 隣の耕起した伯父さんのブロッコリー(同じ苗)は、蜜植のためか、僕の育てたものの半分の大きさです。1本あたりの周りの広さ、これが必要なのでしょうか。

 



   教育も同じ

教育も既成概念にとらわれず、子供の伸びる力を認識し環境整備をしていくこと、
これが大事かなあと、感じているところです。

こんな今日さんのブログを応援してくださる方は、
下のマークをクリックして下さると、うれしいです。

にほんブログ村 教育ブログへ 

 



下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。上の意見を詳しく書いています。

たのしく学ぼう漢字

たのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)

* こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。
1セット5過程に基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。




 










最終更新日  2008.02.29 10:13:02
コメント(14) | コメントを書く
2006.09.04
カテゴリ:能力観

 

 できない・分からないを
子どものせいにするような考えが、
まだ、日本の教育界では、残っていないでしょうか。


そういう、僕も、教員になりたては、
できないのは、子供の能力が低いからだと思っていたことがありました。

しかし、少し、勉強をするうちに、それは、間違いだと知り、
反省をするようになって来ました。

最近、お役人さんが、
朝ごはんを食べる事の大切さを、盛んに言うようになりました。

そして、それをすると、学力が着くように言われています。

この朝ごはんを食べる事が大切なこと、
それを、こんなに改めて言われる事は、
それをしてない家庭が増えているからでしょう。

しかし、
ここには、一面を強調していて、
大切な事を見えなくしてしまっているようです。


それは、学力をつけるには、

朝ごはんをきちん取ること。
勉強をする事。

これが欠かせないからです。

このブログ、応援してくださる方は、
下のマーク、ボッチとクリック
をして戴けるとうれしいです。
一日、1クリック、有効です。
にほんブログ村 教育ブログへ

もう、1つ、あるのですが。
人気blogランキングへ




この事に関して、下記のブログは、とっても参考になると思いましたので、
ご紹介させていただきます。

 

学力低下は想定内




 

国際教育学会 第1回総会 報告 その1

http://plaza.rakuten.co.jp/happylearning/diary/200609020000/

 

 




 







最終更新日  2010.07.11 10:33:30
コメント(12) | コメントを書く
2006.02.01
カテゴリ:能力観

漢字テストで、100点を取った事です。」


これは、A君が、6年間で、一番、思い出に残っていることを、
壇上から参加者に言ったことです。

それは、卒業生、一人一人が、
壇上から参加者に一言コト、話すことを入れた卒業式のことです。


1年生から、数えれば、1000回、2000回、・・・、・・・・
のテストを、受けてきた事でしょう。

0点もあったでしょう。
よくない点が、殆どだったでしょう。

その都度のこのA君の気持ちは、
あまりにも惨めであったに違いありません。

その繰り返しを6年間、してきた。
(正しくは、させてきた)




A君は、確かに理解では時間を要する子でした。

覚え方も訓練されてない子でした。

ぼくが、5・6年から担任しました。
兄弟が多く6人(?)お家の方に、面倒を見てもらうというより、
Aくんが、兄弟の面倒を見ていたようです。

今までの6年間で、テストで、100点をとたことがなかったのです。

それが、漢字テストで、始めて、100点が取れたのです。
この時の感激をA君は、壇上から、発表したのです。


A訓は、100点をとるその頃から、
ニコニコした顔を見せるようになって来ました。

皆が、100点を取る。

一回でもいいから、自分も取りたかったのでしょう。
それが、実現した。

そして、みんなと足並みを揃える事が、
一回、出来た。

それが、うれしかったのでしょう。



また、100点を取るには、どうしたら良いか、
考え、工夫し、それが、実現した。

その自分の考えの確かさを実感したのでしょう。



友だちとも、どうすれば100点取れるか、
情報交換もあったのでしょう。
その中で、友だちから学ぶ事もあったのでしょう。



お家の方は、始めて、100点をとって、驚き、喜んだのでしょう。


このような中で、A君は、ニコニコ顔を見せるようになってきました。
生きる自信の石垣の一個
になってくれればいいと思いました。

    ・・・・・・・・・・・

* あなたのクリックが、ランクをグーンと上げます。上がるると、多くの方に読んでいただけます。よろしかったら、下の2つのマークのクリックを。一日1クリック有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ

    ・・・・・・・・・・・


上記の考えで研究し、まとめてきたのが、下記の本です。
下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。
「1セット5過程」について触れ、文作りの実践も載せています。
しかし、まだまだ、十分とはいえません。
皆さんで、豊かにして欲しいです。

たのしく学ぼう漢字

たのしくみにつく!!漢字の力(小学校1年~5年)





* 次のサイトで、大変重要な教育問題を取り上げています。コメントがたくさん寄せられ、皆さんの関心の高さを示しています。一度、ご訪問される事をお薦めいたします。

冬の花 ― 正義について 2










最終更新日  2008.06.07 13:25:35
コメント(4) | コメントを書く
2006.01.28
カテゴリ:能力観
タイトルは、みえこ55さんのコメントをもらいました。

次は、そのみえこ55さんとのやり取りです。勝手に使わせて戴きました。有難う御座いました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・




Re:今日さんこんにちは^^♪(01/27)
みえこ55さん

>漢字を覚えるのも,運動と同じなのですよね。
* そうなのですね。



<そのことをもっと早く知っていれば(笑)
* 僕もです。でも、今から役にたてれば・・・。
まだ、知らない方が、いっぱいですね。


>私は子供のころ,勉強の仕方が、まず、分からなかったです。
>勉強をして頭が良くなりたいという意欲はありましたが・・・・

しかし頭が良くなるためには特別なことをやるわけではな

* いいことを言ってくれますね。これですね。
特別の事をするのではない・・・・ヒットのコトバですね。
そうすると、できないのは、あたりまえの事をしてないこと、ですね。
やるべき事をしてないということだから。




< こつこつと積み重ねと繰り返しなのですね。
>子供の意欲をうまく学力に反映できるよう,親としていろいろ考えている今日この頃です。
>とてもいい勉強になりました。有難うございました。

* こちらこそ、です。

筋肉の付け方と同じですね。
健康を作る方法と同じですね。

-----
(2006年01月27日 13時05分20秒)

* 補足です。
僕は、運動をしないで、本を読み、文章を書く仕事を続けていました。10年ほどたって、寝ると咳が出るようになりました。
そのうちに、普通の呼吸が出来なくなりました
声も出なくなりました。しゃべれません。
死の直前まで行っていたのですね。

呼吸器科に行きました。運動不足と過労でした。

運動不足による心肺機能の低下。

仲間にこれとそっくりの人がいました。
今では、雨が降っても、1時間は、歩いています。
82歳の方です。

走りました。
年ですから、膝に来ました。
そこで、プールに行きました。
プールでは、『何故来たの』と聞かれます。
「虚弱なので」と答えます。

その虚弱ジが、今は、まあ、普通ジになりつつあります。
それから4年、今は、健康ジ(?)になりつつあります。
健康診断では、「異常無しです。

ここでも、やるべき事をやらないと・・・・・の勉強をしました。

美恵子さんのブログは、下記です。
健康づくりが、美しくなりながら、楽しくできるサイトです。

今日も歩いて健康になろう  


    ・・・・・・・・・・・
たくさんの方にお読みいただき,
日本の教育について、
多くの方と考え合い、
改善したいと思って、
ブログに参加し、ブログランキングに参加しています。

賛同されるかたは、
下の2つのマークをクリックしていただけるとうれしいです。

また、何らかのご感想・ご意見など、残してくださると、
大変、励まされます。



にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ

    ・・・・・・・・・・・

たのしく学ぼう漢字

絵をクリックしますと、本の概略が分かります。そして、楽天での購入の仕方も分かります。




* 次のサイトで、大変重要な教育問題を取り上げています。コメントがたくさん寄せられ、皆さんの関心の高さを示しています。一度、ご訪問される事をお薦めいたします。

冬の花 ― 正義について 2









最終更新日  2008.06.07 13:27:57
コメント(1) | コメントを書く
2006.01.14
カテゴリ:能力観
昨日は、中学生が、「勉強できないのは、自分の頭が悪いからだ」と、考えている、思い込み・決め付けについてふれました。

今日は、この逆の、自分は「いくらでもできる」と言う決め付け・思い込みについてふれます。

これは、僕のことです。
・十年前、スキーを始めました。
10人グループで先生につきました。

女性が、8人、男は、2人のグループ。
僕は、農村育ち。
子どもの頃、、隣村まで遊びに行き、お昼も食わず、ハラが減ると、よその畑のトマトやナスを取って、食って、ホッツキマッワテいました。
体を動かす事には、自信がありました。

そのようにして育ったのですが、走るのは、普通の子で,中学で、100M,17秒台でした。
した。

或る時、走るのに興味を持ち始め、何とか、公式の400Mトラックで走りたいと考えるようになりました。
それが、実現してしまったのです。

その理由は、次の通りです。

1 高校・大学と7年間、片道、徒歩・約1時間の道を、歩いたり、自転車に乗ったりして通いました。
この7年間が筋力を養成していたのですね。

2 速く走るのには、どうしたらよいかを知るため、『陸上競技マガジン』を購読を始めました。コツを学んだのです。

結果は、100Mを11秒台で走れるようになりました。専門は、800・1500で、その試合に出ていたのですが。



このようなことがあってのスキーの学びです。

グループを見ると、都会のお嬢さん育ちの女の子のようです。
こんなスキーぐらい、と思って、先生の言う事は、まったく聞いていません。

スキーの講習、2日間が終わりました。

僕は、ろくに滑れません。
馬鹿にしていた女の子達は、僕より、ずっと滑れます。

どうして、差がついたのか、この時は、分かりませんでした。
考えもしませんでした。

このようなことが、2・3年、続いたでしょうか。
あいかわらず、グループレッスンで、先生の言う事を聞かずに、自分流にやっていました。

一緒に始めた女の子と比べると、格段の差がついてしまいました。




それから、しばらくして、スキーを指導できるくらいになりたいと思いました。
これには、ちゃんとした力を着けなければ、と思うようになりました。



ここで、ぼくのスキーに対する認識が変わりました。先生の指導をきちんと聞き、それを、肉体化することと。


それから、先生に教えられたことを頭において、人の2~3倍練習をし、復習を繰り返しました。

結果は、自分が目標にしていた程に達し、まあまあ滑れるようになりました。



このことから、スキーが滑れるようになる、それには、そのこつ(構図・仕組み)があるということを失敗の中で学びました。

僕のスキーの件は、昨日の中学生が、「勉強できないのは、自分の頭が悪いからだ」と考えている事の逆の場合でしたね。



実際は、この2通りの生徒がいるのですね。
ですから、この事を頭においた、教育が、必要ですね。
それが、教育なのですね。

僕のスキーの場合でしたら、言う事を聞かない子がいるぞ、
どうしてだろう、・・・・・、
と考え、個人的にその理由を聞き、そこで、話し合ってみる、そして、子どもの考えが、間違っていたら、直してあげる、それが教育ですよね。

それには、先生の数・仕事量などを今のままにしておいたらできませんがね。



    ・・・・・・・・・・・


にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ


たくさんの方にお読みいただきたいので、ランキングに参加しています。よろしかったら、上の2つをクリックしてください。




たのしく学ぼう漢字

絵をクリックしますと、本の概略が分かります。そして、楽天での購入の仕方も分かります。




理解を深める表現よみ(小学校国語1年)
尚、本書は、1~6年まで、各学年あります




* 次のサイトで、大変重要な教育問題を取り上げています。コメントがたくさん寄せられ、皆さんの関心の高さを示しています。一度、ご訪問される事をお薦めいたします。

冬の花 ― 正義について 2








最終更新日  2008.06.07 13:46:21
コメント(10) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.