477100 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ほりほり日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

Favorite Blog

ネット通販利便性の… New! 神谷商店さん

本の効果 特許屋さん

七転びなおきの徒然… 七転びなおきさん
久米信行「縁尋奇妙… 久米 信行@縁尋奇妙さん
イッタレ!日本の製… マサキ★石田さん
あなたのホームペー… 会長2001さん
つれづれなるままに グレースクマさんさん
ものづくり日記(日… naokuma705さん
猫山ケイコの趣味を… 猫山ケイコさん
新米起業家ぷち子の… ぷちぷちこさん

Comments

Illisloft@ Переодически проститутки бесплатно Что такое дружба? Слово, иллюзия, оча…
ほりほり@堀田周郎@ Re:東日本大震災に考えること(03/31) 福が来たぁ♪さん >とても好いアドバイス…
福が来たぁ♪@ 東日本大震災に考えること お久しぶりです。 とても好いアドバイ…
ほりほり@堀田周郎@ Re:Facebook(フェイスブック)(02/27) グレースクマさんさん >やはり、顔が見…
ほりほり@堀田周郎@ Re:興味はあるのですが‥‥(02/27) ゆんさん >ツイッターはなじめなく、や…
グレースクマさん@ Facebook(フェイスブック) やはり、顔が見えるところが良いのかもし…
ほりほり@ハム屋の日記です。日々の出来事や感じた事をつれづれに書きとめていきたいなぁ~と思っています。

姫路関係の話題は  こちらのブログに移動しました。

ハム関係の話題は  こちらのブログに移動しました。



2011.03.31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
震災後は、メールマガジン発行やブログ更新を
控えさせて頂いておりましたが
昨日3/30より再開させて頂きました。

以下、昨日に発行しましたメールマガジンを
転載させて頂きます。



----------------------------------------------------------

  播州ハムのほりほり@堀田周郎です。


  この度の東日本大震災により、
  お亡くなりになられた方々に
  心よりお悔やみ申し上げますとともに、
  被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。


  私は1995年・阪神淡路大震災の時に
  約1ヶ月半、神戸市の長田区役所と連絡調整をしながら
  救援物資の運搬や、炊き出し部隊の派遣調整の
  ボランティア活動をさせて頂いた経験はあるのですが、

  阪神淡路大震災をはるかに上回る今回の状況に
  言葉で言い表せない強いショックを受けています。


  今回は通常のメールマガジンとは異なりますが

  (つたない経験ですが)当時を思い出しながら
  私なりに今、感じていること少し書いてみたいと思います。



----------------------------------------------------------


        ◇-◆◇-◆ 目次 ◇-◆◇-◆


       ・情報の真偽確認について

       ・義援金・救援物資について

       ・ボランティアについて

       ・物資の買い占めについて

       ・通常の経済活動を行う必要性


----------------------------------------------------------


 情報の真偽確認について

  阪神淡路大震災では、パソコン通信が被災地からの
  刻々と変化する現地からの情報発信に大活躍しました。

 
  今回の震災ではツイッターやSNSが大活躍していますが
  それに伴い、デマやチェーンメール、義援金詐欺も問題になっています。

  情報は鵜呑みにすることなく
  「ネタ元はどこか?」「事実は確認されているか?」
  「一時情報か否か?」という確認作業が大切だと思います。


  そのような状況の中
  福島原発の放射能漏れ問題は非常に気になるところです。


  この件に関して、楽観論は禁物ですが
  誤った情報により、必要以上に不安がるのもいけないと思います。

  例えばこれまでにも、
  ヨウ素剤の買い占め騒動につながる情報や、
  昆布がヨウ素剤の代わりになる?といった情報、
  中には「うがい薬を水で薄めて飲むと良い」といった
  危険な情報までありました。

  ・ヨウ素剤は、大量の体内放射性被曝が
   問題となる局面で使われる"非常用"の薬です。
   現時点でヨウ素を特別に摂取する必要はなく、
   逆にヨウ素摂取過剰による副作用の危険性があります。

  ・被曝時には"緊急"に"大量"のヨウ素摂取が必要で
   昆布では間に合いません。

  ・うがい薬を飲むのは論外です。


  また、放射能汚染を心配する余り、問題のない地域の
  農産物や海産物にまで大きな風評被害がでないか心配でたまりません。

  ・放射線量はテレビで報道されている通り
   その"量"が問題となります。


  とは言うものの、政府から十分な情報提供されていない
  不安感もぬぐい切れません。

  幸い、インターネット時代の今日は、海外メディアの情報も
  簡単に入手することができます。

  いたずらに恐怖心だけを増幅するのではなく
  "正しい""最新"の情報を得て、

  適切な行動をする事が肝心だと思います。




 義援金・救援物資について

  阪神淡路大震災の際、被災地のニーズは
  「水、食料、毛布」→「女性用下着、使い捨てオムツ」→「トイレ」
  →「自転車」→「風呂」と刻々と替わっていったのを記憶しています。

  ・テレビで流れている情報はすでに古く、その時は
   リアルタイムの情報発信ツールとしてパソコン通信が大活躍しました。


  また当時、救援物資は何でも引き受けていたのですが
  中には「洗濯していない下着」「神様のお告げがあった怪我の治る水」と
  いったものまであり、仕分け作業をしていて困惑した思い出があります。

  実際に必要な救援物資を送るというのは難しいので
  やはり、義援金が一番ありがたいかと思います。

  ・義援金は、行政やマスコミ、赤十字など
   身元のはっきりとしている団体を通じて行って下さい。
  
  ・物資で送る場合は、
   必ず呼びかけ団体の指示にしたがって下さい。

  ・食料は、受け入れ先と連絡調整が取れていないと
   無駄になる可能性が高いです。

  ・古着は換金した後、義援金として送る手もあります。

  ・信頼のおけるNPO団体を身近にご存じの方は
   団体の活動資金としてまとまった金額を
   提供する方法もあるかと思います。




 ボランティアについて

  ボランティアは、自分たちの判断で行動すると
  逆に迷惑になることが多いので注意が必要です。
  
  食べ物や水、ガソリン、そして寝泊まりするところに関しては
  最低でも自己完結する必要があります。

   ・現地にはトイレがない場合も多いので
    行くだけで迷惑になるケースがあります。

  ボランティアに参加する場合は
  準備と覚悟を持って、必ず呼びかけ団体の指示に従うよう
  お願いいたします。




 物資の買い占めについて

  物がなくなるとついまとめ買いをしがちですが
  その物資(今なら水やガソリン)を
  より必要としている人の元へ届くように
  今は、みんなが少しずつ我慢をする時期かと思います。

  また、今回を機会に無駄なエネルギーの使い方を
  見直す必要があるかと思います。




 通常の経済活動を行う必要性

  (上記文章と矛盾する箇所もありますが)

  避難所の人たちの苦労を想像すると、
  被災していない人間が普通の生活をしている事に
  罪悪感を感じてしまい、
  つい消費活動を押さえてしまいがちになります。

  ・関西地区でも宴会等のキャンセルが続出しています。


  それが正しいと

   阪神淡路大震災の際、私たちも、しばらくはそう信じていました。

  しかし、それは結果的に復興を遅らせることになる事に
  後日、気がつきました。


  一日も早い復興のためにも
  通常の経済活動を行い、

  その上で"継続的"に義援金を含めた
  支援活動を行っていくのが
  正しい方向性だと今は思っています。




 ■最後に

  今回の大震災を通じて
  改めて日本人の素晴らしさに気づかされました。

  
  きっと復活できると心から信じています。

  一日も早い復興の為に、自分が何ができるかを
  毎日問い続け、微力ながら
  できることから実践していきたいと思います。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2011.03.31 07:16:06
コメント(2) | コメントを書く


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.