4389584 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Dr.半熟卵のつぶやき~女性医療の現場で働く産婦人科医の日記~

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


半熟卵さん

歌って踊れるヒーリングドクター

フォローする

Favorite Blog

ねぇねぇ、知ってた? New! いたる34さん

「卵を1日2個以上… New! 抗加齢実践家てるさん

自分でやる。 内藤みかさん

昨夜のできごと。 ひいちゃんファミリーさん

食事療法を取りいれ… セアラ姫さん

Comments

半熟卵@ Re[1]:子宮体癌と子宮内膜増殖症(03/02) 48歳さん コメントありがとうございま…
48歳@ Re:子宮体癌と子宮内膜増殖症(03/02) はじめまして。本日、10年以上ぶりにや…
coby@ Re:「自分原因」で考えようとすると自分を責めてしまうワケ(03/30) バランスの欠いた記事を書く人ですね。己…
ふぅ☆@ Re:HPV感染と子宮頸がん(03/11) 子宮頸がんを風邪に例えるとしたら、風邪…
ようこ4101@ Re:がんで死なないために最も重要なことは?(09/27) 主人の父の食道がんが見つかり、今日手術…

Freepage List

新刊「今なら間に合う!妊活生活のススメ」発売!


 将来妊娠希望の方も、現在妊娠を目指している人にも参考になる一冊です。
 卵子の劣化や年齢による妊娠率の低下が気になるという人はぜひ読んでみてください。

 今すぐ購入希望の方は、こちら↓をクリック!
 http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%8A%E3%81%AA%E3%82%89%E9%96%93%E3%81%AB%E5%90%88%E3%81%86-%E5%A6%8A%E6%B4%BB%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1%E2%80%95%E5%8D%B5%E5%AD%90%E3%81%AE%E5%8A%A3%E5%8C%96%E3%81%8C%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%81%AA%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%B8-%E6%B8%85%E6%B0%B4-%E3%81%AA%E3%81%BB%E3%81%BF/dp/4776535432/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1368918748&sr=8-1&keywords=%E4%BB%8A%E3%81%AA%E3%82%89%E9%96%93%E3%81%AB%E5%90%88%E3%81%86%E5%A6%8A%E6%B4%BB%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1
February 19, 2017
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

看護師さん募集中!

「ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ」

 クリニックでは女性医療に関心のある看護師さんを募集しております。
 
 週4~5日(土曜日含む)ご勤務いただける方がいらっしゃいましたらぜひご連絡くださいませ。
 婦人科勤務経験の有無は問いません。

 お問い合わせはクリニックのHPからメール又はお電話でお願いします。

 「ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ」   http://www.vivalita.com/

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


 

 昨日は娘たちの保育園の発表会でした。
 次女は乳児の部の最年長ということで「初めの言葉」を言ったり、歌や劇遊びでとってもラブリーな姿を見せてくれました。長女は、年長さんなので幼児の部も含めて最年長ということで、合唱に合奏にダンス付きの英語の歌にミュジーカル仕立ての劇まで盛りだくさん。歌もセリフもしっかり覚えて、大きな声で演じきった長女の姿を見て、改めて「この保育園にあずけてよかったな~」と実感しました。きっと、小さい頃から保育園に通っていなかったら、私だけでここまでの成長を促すことはできなかったでしょう。

 娘たちは2人とも、生後3か月から保育園に行っているので、あずけ始めの「いやいや~」はなかったのですが、長女は2月生まれなので約1年認可外の保育園に行ってから今の保育園に変わったんですよね。なので、今の保育園に行き始めて2週間は、毎朝ギャン泣きでした。
 以前は、自分が仕事をするために、早くから保育園にあずけることや、職場との距離の関係で今の保育園に変わったことなど、何となく娘に対して「申し訳ないな~」という気持ちがありました。常に「保育園に行ってくれるからお母さんは大好きなお仕事ができるんだよ。ありがとうね」と伝えてはいましたが、どこかで「娘にとっていい環境を用意してあげられているだろうか」という、何となくすっきりしないうしろめたさのようなものがあったんですよね。
 でも、年々成長してくる娘の姿を見たり、保育園で行っているアクティビティや製作などを見るうちに、私と一緒に家にいるよりずっとよい環境に娘がいるのだということに気付きました。何より、「みんなで子育てするってこういうことなんだ」ということが、保育園の先生との関りの中で実感できて、「子育てもアウトソーシングしていいんだ」「子どもに愛情を注ぐのは『お母さん』だけじゃなくていいんだ」ということが自分の中で「腹に落ちる」という経験を積み重ねることができたのはありがたいことだと思います。

 きっと、このくらいの時期から保育園の決定通知が来るので、4月から新たに保育園にあずけ始めるお母さんたちは、色々不安になったり迷ったりする時期かもしれません。子どもに「保育園やだ~」なんて泣かれてしまうと、「そこまでして仕事に行く意味ってあるのかな」なんて思ってしまうこともあるかもしれません。
 でも、昨日の娘たちの姿を見て、私は強く感じました。「子どもってそんなにヤワじゃない」と。そして、やっぱり保育園にあずけてよかったと。
 私ができることは、自分がやっている仕事が何なのか、もう少し娘が大きくなったら胸を張って話してあげられるように、日々の自分の生き方を「自分に正直」にすることなんだなと思います。
  

 
★薬を使わず病気をやめる方法ご相談も承っております。
 カウンセリングをご希望の方は、メールかお電話でお問い合わせくださいませ。
   お問い合わせ先:045-440-5577(予約専用電話) info@vivalita.com


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メルマガ発行中です♪
 
  「子宮癌検診で『異常あり』って言われたんだけど・・・」
  「不妊かもしれないけど受診したほうがいい?」
  「筋腫が見つかって『子宮をとりましょう』って言われてしまった

 そんなあなたのお悩みに、現役婦人科医がお答えします。

   メルマガ登録はこちら♪






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  February 19, 2017 10:56:54 PM
コメント(0) | コメントを書く


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.