16540428 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ケータイで見る】 【ログイン】

Mizumizuのライフスタイル・ブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

モバイル

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

レンタルランキング

おすすめアイテム

楽天カード

楽天ダウンロード

楽天オークション

ランキング市場

購入履歴

お気に入りブログ

ギザみみなピチュー☆彡 pichu☆彡さん
結婚生活 日々のつ… プリちゃん0229さん
クルヴェットゥ ジ… えび新聞さん
++くるすROAD++ +くるす+さん
まいにちてでぃ あーきさんさん

 

購入履歴

《2010 秋の新作》エコーの靴は足の快適さと健康を追求します☆送料無料・代引手数料…
コンフォートシューズで一番自分の足に合っていると思えるのがecco(エコー)です。これまでは店頭で買って…[>>]
[最短出荷]山口県 阿東産 コシヒカリ(10kg)【こしひかり】【常温】★10,500円以上で…
以前5キロのものを買っておいしかったので、10キロ頼んでみました。送料などがあるので多少割高にはなりま…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2014年06月24日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:Travel(日本、九州)



アメリカではカールスバッド、イタリアではカステラーナ。前者は世界自然遺産で、後者はヨーロッパでも有数の鍾乳洞。海外では、この2つの素晴らしい鍾乳洞に行ったことのあるMizumizu。

カールスバッドでは、その洞窟空間の巨大さとその中に広がる多彩な鍾乳石の世界に圧倒されたし、カステラーナでは、白く輝く鍾乳石のこの世のものとは思えない美しさに感激した。

日本では山口の秋芳洞。ぽっかりと空いた洞窟の入り口で人々を待ち受ける百枚皿を初めて見たときの驚きは、今も覚えている。

臼杵の風連鍾乳洞は規模は小さいものの、鍾乳石の繊細な美しさでは秋芳洞を凌ぐという人もいて、行ってみたいと思いつつ、なかなか足を伸ばさないままでいた。


今回ついに訪問。

臼杵市内からは少し距離があるが、夏はわりに朝早くから開くので、2日目の金明孟宗竹を見たあとに組み入れた。

しかし、夏期の営業時間、ネットでは朝8時となっていたが、臼杵市内で入手したパンフレットでは9時になっている。電話で確認したら、8時半からだという。

IMG_20140504_091538.jpg

ちょうど8時半過ぎに着いた。明るい緑がしたたってくるような山の中にある。天候に恵まれた早朝だったので、空気は際立って清々しく気持ちがよかった。秋芳洞ほど観光地・観光地しておらず、こじんまりとしている。

洞窟入り口に隣接する施設(お土産など売っている)は非常に古く、昭和40年代という雰囲気。

IMG_20140504_082230.jpg

チケット売り場の横に、古いがカワイイ絵地図を見つけて、パチリ。

IMG_20140504_090439.jpg

地元の青年団がこの鍾乳洞を発見したときの探検口が、現在の入り口の横にある。人ひとり通れるかどうかの小さい穴だった。

IMG_20140504_082941.jpg

入り口から続く通路は、鍾乳洞とは思えない。ただの坑道のよう。だが、これが逆に探検の雰囲気を盛り上げる。

徐々につらら石、石筍などの鍾乳石が現れるが、通路は狭いまま。だが、その通路の狭さが、最後に「竜宮城」と名付けられた、ドーム型の空間に出たときの感動を演出することになる。

IMG_20140504_085334.jpg

この最後の空間は、実に素晴らしい。天井からは無数のつらら石が垂れ下がり

IMG_20140504_085247.jpg 

白く輝く鍾乳石も。

IMG_20140504_085101.jpg 

そして、気の遠くなるような時間をかけて作られた石柱も。

ヘリクタイトという、側方に向かって結晶が成長する珍しい鍾乳石があるとかで、看板もあったのだが、目視ではよくわからなかった。  

IMG_20140504_084938.jpg 

上からのつらら石と下からの石筍がドッキングしたこの鍾乳石(写真左)は、高さが7メートルにもなるとか。ちなみに石筍が1センチ成長するのにかかる時間は100~130年だそう。

IMG_20140504_084503.jpg

神秘的な造形に彩られたドーム型の地中空間は、間違いなく一見の価値がある。見上げても、見回しても、新鮮な驚きが。

洞窟という制限された空間ゆえに、閉じ込められたような息苦しさもあり、そのなかに広がる無限とも見えるような造形美の間で、眩暈のような感動が胸を満たす。

階段がしつらえてあって、そこをのぼれば、より近くから鍾乳石を鑑賞できる。

IMG_20140504_083813.jpg

下から見上げて、空間の広がりを楽しむのもよし、階段をのぼって、細部の造形を間近に見るのもよし。

残念ながら写真では、風連鍾乳洞の有機的な空間美が伝わらない。出来上がった写真を見るとそれが残念に思え、逆にあの空間の中にまた立ってみたいという憧憬が掻き立てられもする。

また行きたい、風連鍾乳洞。

そして、まだ見たことのない沖縄の玉泉洞にも行きたくなった。

風連鍾乳洞にも玉泉洞にも愛媛の山内浩氏の名前が見える。ケーブに並々ならぬ関心と情熱をもった、優秀な先人のおかげで、私たちは今こんなふうに楽しんでいる。







最終更新日  2014年06月24日 06時23分12秒

2014年06月20日
カテゴリ:Travel(日本、九州)


臼杵市内で一泊し、翌朝は早朝に出発。

金明孟宗竹(きんめいもうそうだけ)と風連鍾乳洞を見て、稲積水中鍾乳洞、祝子川渓谷を周り、夜は延岡にというスケジュールを立てた。

風連鍾乳洞の近くの金明孟宗竹自生地区をルートに入れたのは、ほんの気まぐれだった。金明孟宗竹というのは、「黄金の竹」とも言われる孟宗竹の突然変異。

「大分県臼杵市野津町大字王子岩瀬」というのが自生区の住所。ナビに案内されて田畑の中の駐車場に車を停める。

金明孟宗竹を見に行くと自動的に(?)見ることになる重文の石塔を見て…

IMG_20140504_073219.jpg
まあ、この由来に興味のある人は自分で調べてください。

ちゃんと自生地区に行けるかな? と少し心配だったのだが、案内板もあって、場所はすぐにわかった。

IMG_20140504_080016.jpg

早朝で人はいなかったが、きれいに手入れされた田畑がこの山里に住む人の勤勉さを伺わせた。

IMG_20140504_073915.jpg

金明孟宗竹についての看板も設置されていて、説明は非常にわかりやすい。

IMG_20140504_075745.jpg

説明文によれば、この突然変異の竹は西日本に多いという。金明孟宗竹には「キンメイチク型」と「縦じま型」の2種類の縞模様があるのだが、ここ臼杵のように双方が同じ場所に自生しているのは非常に珍しいのだとか。

こんもりとした竹林に足を踏み入れると、そこはもう「かぐや姫」の世界。

IMG_20140504_074232 (2).jpg

想像以上に縞模様がくっきりと鮮明で、これが自然のものとは信じられないほど。まるで人工的に描いたようだ。

IMG_20140504_075647.jpg

かぐや姫のいた黄金に輝く竹というのは、完全なる空想ではなく、昔からこのような突然変異の竹があり、そこから着想を得たのではないだろうか。

そういえば、「真名野長者伝説」でも臼杵には「黄金のもの」がたくさんあり、淵には黄金の亀がいたとある。金明孟宗竹がこの地に生えたというのも、臼杵の黄金伝説と無縁でないのかもしれない。

IMG_20140504_074542.jpg

確かに、2種類の縞模様の竹が仲良く並んでいる。左が縦じま型。右がキンメイチク型。

IMG_20140504_074328.jpg

筍から竹に変身するときには、すでに綺麗な模様ができている。

自生区はよく手入れされている。

IMG_20140504_074912.jpg

早朝の初夏の空気は清々しい。風のわたる音と、鳥の声だけが聞こえる。

IMG_20140504_074853.jpg

周囲を取り囲むのは、見たこともない実に見事な模様をまとった竹、竹、竹… まるで相談でもしたかのように、まとまって生えている。

想像以上に不思議で、美しい竹だった。さほど広くはない空間だが、ここだけが魔法にかかったよう。先に進むとたちまち魔法は解け、竹林は普通の緑の竹に変わる、引き返せば人の気配ただよう山里の田畑にすぐに戻れる。

磨崖仏と鍾乳洞という、臼杵で名高い造形美にこの色彩美を加えて、「臼杵の三大美」と呼んだらどうだろう。

辺鄙な場所だが、磨崖仏から鍾乳洞へ行く途中にあって寄りやすい。臼杵に行くなら是非お立ち寄りを。

ところで、駐車場で野外のトイレに寄ったのだが、清掃が行き届いているのに驚いた。タンクの上に造花まで飾ってある。顔も知らない、この山里の誰かの「おもてなし」の心に触れた気がした。

まだあまり人が来ないから、逆にきれいに保たれているのかもしれない。この美しい竹が今よりもっと有名になり、多くの人が訪れるようになっても、掃除してくださる土地の人たちの心遣いに応えるように使ってほしいもの。














最終更新日  2014年06月21日 05時07分42秒

2014年06月16日
カテゴリ:Travel(日本、九州)



別府が「壁」になって、臼杵まで足をのばそうと思えないでいたのには、臼杵の温泉事情もある。

臼杵は元来、温泉のない街だ。唯一の天然温泉が臼杵石仏のそばにある「薬師の湯」。だが、「地下1,300mから湧き出ています」という説明書きを読めば察しがつくとおり、わざわざ深く掘って温泉水を汲み上げているわけで、放っておいても湧き出てくる他の九州の有名な温泉地とは、事情が違う。

それでも温泉は温泉。夜になって行ってみた。

施設・設備はまだ新しく、値段のわりにはきれい。露天も解放感がある。混んではいたが、お客は皆礼儀正しく、常に他人の迷惑にならないか気を使っているようだった。

地元民らしい子供連れも多かったのだが、こちらの進行方向に自分の子供がいたりすると、すぐに叱って通るスペースを開けさせる。公共の場での子供のしつけに非常に厳しい。あるいは、少なくとも、「自分は厳しくしている」ということを親が他人に見せている。

その徹底ぶりに少し驚き、「そういえば、昔はこうだったよなあ、日本って」と思いつつ、「子供なんだから、ちょっとぐらい周りに迷惑かけるのは当たり前なの!」みたいに子供を野放しにするヤンママが増えてしまった大都会の事情を思って、嘆かわしい気持ちにもなった。

こういう自分中心の態度はヤンママに限らない。人にスペースを譲るどころか、自分の歩く方向に人がいてぶつかったら、ぶつかった自分ではなくそこにいた相手が悪いというような顔をして、相手が自分より弱い女子供だと見るや、すかさず怒鳴りつけるようなオヤジもいる。

電車にのれば、肘をつかって人を押しのけ、自分のスペースを確保するの当たり前だし、小さな子供をもつ親は総じて、自分の子供が迷惑行為をするかどうかより、見ず知らずの他人が自分の子供に危害でも加えないかと警戒している。

そんな人に慣れてしまった東京人としては、何かと「あっ、すいません」「あっ、すいません」とよけられると(なんという伊香保との違い…)、「いえ、なにも謝ることはないんです。わざわざどかなくていいんです。脇を通りますんで」とでも言いたくなる。

それでいて、相手に堅苦しさをを感じさせないのが九州人の不思議なところ。露天からは、星がきれいに見えた。聞きなれない方言を聞きながら、ゆったりとリラックスするMizumizu。


IMG_20140503_202926.jpg

鏡と手洗いシンクに有田製の絵付けが使われていた。文化の裾野の広さというのは、こういうところに出る。

更衣室の隅のこんな場所をスマホで撮ってるMizumizuに、不思議そうな目を向ける地元民。

喜楽庵でも、トイレの手洗いシンクに、エビと蕪、つまり喜楽庵の得意とする海と畑の幸の絵付けがあった。ブルー一色で濃淡を使って甲殻類と野菜の特徴を表現しており、並々ならぬ力量を感じさせるものだった。おそらくは一級の職人の手描きだっただろう。絵の流儀は有田のもののように思えた。

過去の優れた文化遺産、古い街並み、美味しい食事…いい街だった。

また1つ、九州で好きな街ができた1日になった。








最終更新日  2014年06月16日 07時46分49秒

2014年06月13日
カテゴリ:Travel(日本、九州)



喜楽庵の至福の夕食は続く。

IMG_20140503_171518 (2).jpg

えんどう豆の汁もの、アワビ入り。

豆のほんのりとした甘さがいい。アワビはコリコリしているイメージがあるが、ここでは意外にも柔らかだった。和風ポタージュは、西洋のそれのようにぼってりと重くなく、それでいて味わいは深い。この腕前には、「う~ん」と、唸ってしまう。

IMG_20140503_171528.jpg

お造りは、タイ、伊勢海老、ウニ。醤油はもちろん、九州の少しどろっとした甘味のある醤油。やっぱり刺身には、九州の醤油だよなあ…。このコクが生の魚の身と絡み合い、絶妙のハーモニーに。

唯一、ウニだけは、本州・九州・四国のどこで食べても北海道を凌駕できないが。

IMG_20140503_172500.jpg

そして、出ました。「夏のフグ」こと、オコゼの刺身。

オコゼの刺身は初めて食べたが、淡白な味わいの中に、甘さがあり、柔らかさの中に歯ごたえも感じる不思議な食感。

素晴らしいでしょう。

オコゼは、古来「山の神」が好むという逸話がある。ただ、それは味ではなく、外見に理由がある。山の神は女でしかも醜いため、自分より醜いオコゼを見ると喜ぶのだという。

…絶句。

とことん、女性をバカにした作り話だ。

最近はもうこんな話を知っている人も少なくなったが、山の神にオコゼを奉納して、山の幸を手に入れたり、ご利益を得た話が、九州の日向地方や和歌山県南部に伝わっているという。

関東ではあまり馴染みのある魚ではないが、太平洋に面した九州の東部から同じく太平洋に面した紀伊半島にかけて、わりあい身近な魚だということだろう。

IMG_20140503_173136 (2).jpg

こちらが絶品のタイの縁側。骨が綺麗に突き出している見かけは、むしろ「骨付きラムの香草焼き」の思い起こさせた。切り分ける前のブロックがこんな感じだ。

食してみれば、またもこれが信じられないほどの逸品。身は、骨に近づくにしたがって違った味わいを呈する。ゼラチン質のようなぷくぷくとした味わいが、しっかりとした肉厚の身の中に隠れていて、脂と肉本体がえもいわれぬ味覚を生み出す。

味付けは、やはり九州らしく甘味に寄った甘辛。最高に好みに合っている。テーブルで小躍りして喜ぶMizumizu。

IMG_20140503_174404.jpg

揚げ物は、アワビ。小鹿田焼(おんたやき)の皿に、貝殻の器がのり、そのうえにアワビと鮮やかなパプリカを配している。色彩感覚も素晴らしい逸品(写真は色が悪い・・・残念)。

味ももちろん秀逸。見た目で一瞬「シイタケの天ぷら?」などと思ってしまった。食べてみたら、アワビだった(笑)。やはり、とても柔らかい。柔らかいのだが、締まっている。

日本人の言う「美味い」は「甘い」とかつてほぼ同義だったという説があるが、なんとなく納得する。豆も、アワビもオコゼも、みなそれぞれに違った甘さがあり、それが「美味い」と思う。

素材のもつ繊細な甘さを舌が見つけ出す。これがまさしく、「美味しい」瞬間。

IMG_20140503_175323.jpg

ご飯が出てきて、またも九州米の美味しさにノックアウトされた気分。味噌汁は、骨付きのオコゼが入っている。出汁は(あの見かけのオコゼからは想像もできないくらい)、上品。

骨付きの魚は、注意して食べないと危ないのだが、タイの縁側同様、骨に近づくにしたがって、食感が変わり、その変化があまりに素晴らしく、舐めるように食べた(笑)。

考えてみれば、フランスではジビエといって野生の鳥獣の肉を食べる。肉質のよくなる秋がジビエの旬だ。他のヨーロッパ諸国でも同様の食文化がある。日本ではこうして旬の魚を採って食べる。

ヨーロッパでは骨付きの肉を好んでメインディッシュに出す。こんがりと焼いた皮から、骨に近い部位までの食感の変化を楽しませる。臼杵で出された骨付きのタイもオコゼも、発想は同じだと気付く。

メインになるのが肉か魚かという違いはあるが、東も西も、洗練された食文化は同じ着目点をもっている。

骨付きの魚の味わいを堪能できる舌をもって大人になれる日本人は、幸せだと思う。

IMG_20140503_180839.jpg

デザートにはヤッパリ、あの昼食べた和菓子が出た。これはまったく同じ味だった。果物は、ふつう。

最後のあたりで仲居さんから、「どなたのご紹介で?」と聞かれたので、「ネットで。評判がいいので」と答えると、驚いた様子だった。地元の常連の紹介で来るのが普通な店なのだろう。

臼杵は全国から観光客を集めるに足る観光資源をもっている。ここの魚もその一翼を担うにふさわしい。そして喜楽庵は、ヨーロッパのミシュラン星付きレストランにも決して引けを取らない。

「ヨソモノ」が増えても、「地元で揚がった旬の魚」を中心に、その日にメニューを組み立てる姿勢は、かわらずにいてほしいもの。ローカルに徹することで、グローバルな知名度をもつ店に匹敵するクオリティを維持することができるはず。







最終更新日  2014年06月14日 04時47分16秒

2014年06月12日
カテゴリ:Travel(日本、九州)


臼杵は漁業のさかんな街。

有名な関サバは、フランクトンが豊富で潮流の速い豊予海峡で捕獲され、大分市の佐賀関で水揚げされるサバを言うが、その佐賀関は、臼杵から見ると半島の反対側。地理的に極めて近い。

豊予海峡が古来、速吸之門(はやすいなと)と呼ばれていたことはすでに書いたが、日本書紀では、東征に向かった神武天皇が、ここで「一人の海人(あま)」に会っている。神武天皇に「お前は誰か」と聞かれると、海人は、「土着の神で、珍彦(うずひこ)と申します。曲(わだ)の浦に釣りにきており、天神(あまつかみ)の御子がおいでになると聞いて、特にお迎えに参りました」と答える。

そして神武の水先案内を務め、その子孫は天皇家に近く仕えることになる。

豊予海峡が昔からよい漁場だったことがわかるエピソードだ。そして、このあたりの勢力が、古来から天皇家と密接に結びついていたことも。

こうした場所に近い臼杵の魚が美味しくないわけがない。そして、よき素材・長き歴史あるところには、美食文化が根付いている。

ミシュランで星を獲得した「臼杵ふぐ山田屋」はここが本家。

だが、ミシュランで星を取るとお客が殺到して、味とサービスが落ちる傾向が。地方の「名店」は、特に大都市圏からの観光客の増えるシーズンは最悪なことになる。

そこで、ネットでほかの料亭を探し、「喜楽庵」に行き当たった。ネットでの口コミもいいし、佇まいも歴史を感じさせる。山田屋のように「支店」がなく、地元密着の姿勢が好感がもてた。

電話で予約して、料理の相談をする。フグは季節がら天然物はないが、希望があれば、養殖を出すという。高級店・名店での「偽装」がはびこる世の中。きちんと「天然」「養殖」を分けて説明してくれることに、当たり前といえばそうなのだが、安心感を覚えた。

この時期は、オコゼが揚がるとかで、オコゼを薦められる。

オコゼかあ… 「夏のフグ」とも呼ばれる魚だが、実はあまりピンとこない。高級魚と言われても、そうですか? ぐらいだ。

オコゼは鮮度で値段が違うと言ってもいい。外見がごついうえ(こちら)に毒もあり、さばくのが難しい魚だ。あまり食べたことがないのだが、この際、料亭のお薦めどおりにしてみることにした。

嗜好が細分化し、外食産業のすそ野が広がるにしたがって、視野の狭い、主観的な「コストパフォーマンス」でしかお店を見ないお客が増えてしまった。お金を払うのは確かにお客で、それはそれで敬意を払われるべきだが、逆に料理を供する相手に対する敬意も大切だろう。

元来、料理人のほうが素材の美味さはわかっている。味覚が優れていなければ、プロの料理人としてやってはいけない。腕の立つ料理人がいいと言うものを食べてみて、どこがいいのかを食べるほうが考える…そういう態度が、もうちょっとお客のほうにも必要ではないかと思うこともしばしば。

あとは、伊勢海老がお薦めだとのこと。伊勢海老は5月に入ると禁漁期に入るところも多いが、臼杵の伊勢海老の漁期は長い。

ただ、その日に揚がるものによって内容が変わる可能性があるという。「絶対に出す」と確約しない姿勢に、逆にまた好感を覚える。

内容は変わるが、値段はあらかじめ決めておく。7000円ぐらいから用意できるというが、だいたい一般的な1人1万円(サービス10%、税は別)でお任せにすることにした。

あまり混まない、早めの時間で予約。

臼杵の観光を終え、時間通りに伺う。

緑あふれる門から入り、古いが、よく手入れされた玄関を開けると3人分のスリッパがきちんと並べられていた。

椅子席を希望していて、テーブルのある個室へ通される。

IMG_20140503_165723.jpg

明らかに「ヨソモノ」のMizumizu一行に、仲居さんは、どういったタイミングで食事を出すべきなのか、若干とまどっているようでもあった。

IMG_20140503_170342.jpg

まずは、にぎやかな海の幸・山の幸のハーモニー。黒豆、ごま豆腐、クルマエビの焼き物、鴨肉。

さりげなく、昼に食べた、「クジラの背に似せた」和菓子もついていた(笑)。しかし、微妙に違う気もしたのは、気のせいか?

特に甘辛く味付けたクルマエビの焼き物が気に入るMizumizu+Mizumizu母。さすがに九州の味付けだけあって、甘い。関西より甘い。関東とは…正直、Mizumizuは、関東の和食は嫌いなのだ。西に比べると、ずいぶんと田舎っぽく尖った味だ。「歴史と伝統」の差が、東と西の和食にある気がする。

<続く>












最終更新日  2014年06月13日 02時40分07秒

2014年06月11日
カテゴリ:Travel(日本、九州)


城下町・臼杵の風情を求めて、八町大路から二王座歴史の道を歩いてみた。

八町大路で、ふとこんな店に目が留まる。

IMG_20140503_151653.jpg

昔からある店のよう。もともとは布屋のようだが、自作の服を所狭しと並べ、しかも…

IMG_20140503_151702.jpg

作った店主の方は、なんと84歳だとか。

布屋だけあって、使ってある生地はなかなか。入って話を聞いたら、80歳を超えてから裁縫を始めたという。そのポジティブなバイタリティに感服。

値段はめちゃ安。試着させてもらうと、布の肌触りが昔風で、気持ちいい。なんとなく、お祖母さんに縫ってもらったものを着ている気分になり一着購入。

オンリーワンの臼杵の思い出になった。

IMG_20140503_152646.jpg

二王座歴史の道には、寺と武家屋敷。石畳、しっくいの壁、灰色の和瓦。風情のある道だが、閑散としていて、あまり歩いている人もいない。GWなのに(苦笑)。

IMG_20140503_153937.jpg

唯一人が集まっていたのが、ココ。茶房・長屋門。江戸時代は稲葉家分家の門だったとか。ここも稲葉家のレガシーか。

IMG_20140503_153919.jpg

きれいな庭を見ながらお茶ができるよう。

食べた方のブログは、こちら

古びた落ち着いた雰囲気もいい。さきほど稲葉家下屋敷のほうでお茶をしたので寄らなかったが、次回もし臼杵に来たら、ゆっくりしてみたい店。












最終更新日  2014年06月12日 02時10分25秒

2014年06月10日
カテゴリ:Travel(日本、九州)


臼杵石仏を堪能したあとは、臼杵市内に入って城下町を散策。まずは稲葉家下屋敷へ。

IMG_20140503_125306.jpg

1600年から270年にわたって臼杵を統治した稲葉家。廃藩置県にともなって東京へ移住したのだが、その際に臼杵での滞在所として建てられた。

IMG_20140503_124544.jpg

今残る建築は近代のものだというが、武家屋敷の様式を色濃く残している。

屋敷本体から見る、手入れの行き届いた庭園が気持ちいい。わたる風もさわやかだった。

IMG_20140503_124932.jpg

ここにはカフェ(茶房・下屋敷)が併設されており、希望があれば、庭園を見ながらの飲食も可能だというので、上の写真のように庭を間近に見ることのできる「御居間」でいただくことに。

IMG_20140503_131805.jpg

ペリエで割る粋なカボスジュース。花形の器にたっぷり盛られた、季節ものだという苺のアイス。

このアイスがまた、めっぽういい味だ。生の苺のつぶつぶ感もあり、アイスそのものも上品で丁寧な手作りの味。

ここのスイーツは、地元の料亭・喜楽庵が提供しているとか。なるほど、納得。

IMG_20140503_131823.jpg

季節の和菓子。黒っぽく見えるのはクジラの背中に見立てたものだとのこと。こちらも非常に丁寧に作られている。自然な甘さと、素材感のある食感。本来の苦味がしっかり生きているアイス抹茶でいただく。

GWとはいえさほど混んでおらず、庭を独り占めにしながら、ゆったりとスイーツに舌鼓を打つMizumizu一行。

Mizumizu+Mizumizu母は、こういう時間がことのほか好き。

団体旅行や慌ただしい観光旅行ではできない贅沢な時間。そばにひと手間かけた、一味違うお菓子があると、時間はさらに贅沢なものになる。

し・か・し…

実は、夜はこの料亭を予約してあるのだ(苦笑)。

もしかして、デザートに同じアイスか和菓子が出るのでは…

ま、でも美味しいから2度食べてもいいよね、ということで強引にまとめる。

このカフェで少々驚いたのは、お店の人の目の届かない場所で飲食していいと言いつつ、しかも代金が当たり前のように後払いだったことだ。

そんなにお客を信頼していいのですか?

食べるたけ食べてコッソリ出て行こうと思えば、いくらでもできそうだ。

庭を見ながら待っていると、当たり前のようにお盆にのせて、うやうやしく運んでくれる。ほんの一瞬だが、この屋敷の主の気分を味わえる贅沢。

東京のこじゃれた有名店で、当たり前のように「食べる前に払い」「自分で席に運ぶ」ことに慣れてきているMizumizuとしては、ここ臼杵・稲葉家下屋敷のカフェの、正反対の当たり前に恐縮してしまった。

食べ終わったあとは、もちろん自分たちでお盆をカフェに戻す。別に言われなくても、そうしようと思う。管理の行き届いた気持ちのいい空間に、食べ終わったものを残しておく気にはなれない。こうしたお互いに対する敬意と礼儀が、日本の良さだと改めて思う。

庭園を通って、旧平井家住宅も一応見学。

IMG_20140503_125526.jpg

上級武士の住宅だというが、総じて質素。この居室は、簡素な空間の中の「円と四角の視覚的効果」が面白かったので撮ってみた。








最終更新日  2014年06月10日 07時30分11秒

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.