4378318 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Favorite Blog

こころを、「いま」… New! かめわざ快心塾さん

サードプレイスの崩壊 山の上ナナさん

家庭科の授業「五大… フームーンさん

進路選択が悲観論に… 科学寅さん

学校なんていらない… ちゃりこ父さん

Comments

森の声@ Re[1]:「子どもの遊びとテレビ」(09/21) New! かえるさん さらに補足です。 子どもた…
森の声@ Re[1]:「子どもの遊びとテレビ」(09/21) New! かえるさん 続きです。 私は自然育児系…
森の声@ Re[1]:「子どもの遊びとテレビ」(09/21) New! かえるさん >周りをみてもブログに書か…
かえる@ Re:「子どもの遊びとテレビ」(09/21) New! ここに書かれている子供について 主役にな…
虹の彼方@ Re:「子どもの遊びとテレビ」(09/21) New! 夏休みに学童で何日か仕事をしたときの話…
虹の彼方@ Re:「子どもの遊びとテレビ」(09/21) New! 自分のおもちゃを取った友達に「アンパー…
森の声@ Re[1]:「子どもの遊びとテレビ」(09/21) ささくれさん >奥さんも支援センターなど…
ささくれ@ Re:「子どもの遊びとテレビ」(09/21) 着る服選びも、将来の事、心配事や不安も…

Freepage List

Rakuten Profile


森の声さん

本当の幸ってなんだろう?

フォローする



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

他に「生命を考える」というホームページと
「生命とからだ」(つながりの世界)というブログも運営しています。

前者は私が茅ケ崎でやっている教室関係の紹介がメインです。
後者は、「からだ」という視点を中心に、具体的なエクササイズとつなげてあれこれ書いています。

* * *

「わらべうた」の冊子(CD付き)、
子育て関係の手作り冊子も出しています。

2013年6月に書店から「子ども発見」という冊子を出しました。
詳細は「ここ」(5月28日のブログ)でご覧になって下さい。


* * *

「ガキ大将クラブ」のススメ(お母さん達へ! ガキ大将になろう)
「お母さん達の仲間作りワークショップ」を企画しませんか

* * *

<教室の生徒募集です>(湘南・茅ヶ崎周辺の活動)

○子どもの造形教室

○親子遊び(2才から)
○「遊びの会」
幼稚園児、小学生達が、大人や仲間と一緒に遊ぶ会です。月1回、土日の活動です。

○他のクラスもあります。

私は、これらの教室の他に色んな地域、公民館、地区センターで親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

2016.09.25
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
子どもたちは、3,4才頃からリーダーを求めるようになり、年齢の高いお兄ちゃんやお姉ちゃんにくっついて遊びたがるようになります。

私が企画している遊びの場でも、中学生や高校生のお兄ちゃんやお姉ちゃんがいると、3,4才の子どもたちはいつもくっついて遊んでいます。
お母さんの傍に来るのはケガをした時や、お腹が空いたときだけです。

この「リーダー」とは、「先頭に立って遊びを導いてくれる人」のことです。
「指示や命令を出す人」ではありません。

3,4才になると本能的に子どもはみんなと遊びたくなるのです。
でも遊び方が分かりません。対等の仲間だけだと利害がぶつかり合い、対立が生まれ、まとまりません。
また、対立が生まれた時、自分たちで仲間の利害を調整する能力もありません。

そんな時、大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんがいると、自然と中心が生まれ、まとまりやすくなるのです。

また、その結果「みんなで遊ぶ遊び」も遊べる状態になります。

わらべ歌でも、縄跳びでも、鬼ごっこでも、昔遊びの多くは、リーダー的な子がいないとうまくまとまらないのです。

リーダー的な子がいないと、トラブルが起きたり、みんながルールを守らなかったりして、すぐに飽きてしまうのです。

そしてこの時期に、素敵なリーダーに出会えた子は、みんなで遊ぶ楽しさを体験することが出来ます。そして、リーダーにあこがれを感じ、「自分もああいうお兄ちゃん(お姉ちゃん)になりたい」と思うようになります。

3,4才は、そういう「あこがれ」を求める時期でもあるのです。
そして、私が子どもだった昭和30年代には、地域の中にそういうリーダーもいました。

でも、今、そういう素敵なリーダーは滅多にいません。

お母さんや先生がその役割を果たすことは可能ですが、実際には、お母さんや先生たちは、遊びの場でも指示や命令を出して子どもたちを管理しようとするばかりで、遊びのリーダーとして先頭を切って遊んでいる人は多くありません。

それでも大人は自分たちがリーダーのつもりなのかもしれませんが、子ども達は、自分たちを監視し、管理し、指示命令ばかりを出すような人をリーダーとしては受け入れません。
ですから言うことも聞きません。

大人の目を盗んであれこれしようともします。そしてそれがまた「スリルある遊び」になるのですが、だから危険性も増します。

「イジメ」なども「遊び」になります。

そういう状況では、創造的な遊びや、仲間と助け合って活動するような遊びは生まれません。そのような遊びにはリーダーが必要だからです。

そして、大勢が集まるとすぐに利害が対立し、すぐにケンカになります。

すると大人は「なんで仲良く遊べないの」と子どもを非難します。

だったら、自分がリーダーとして「子どもの遊び」の中に入って、「仲良く遊ぶ遊び」を教えてあげればいいのですが、大人もまた「仲良く遊ぶ遊び」を知りません。

大人同士も仲良く遊ぶことが出来ないのが現実です。

自分たちも知らないのに、子どもたちには平気で求めるのです。

そんな大人達が求めている「仲良く遊ぶ」は単に「ケンカをしないで遊ぶ」ということに過ぎません。でも、ケンカも起きないような状態で、子どもたちが仲良く遊ぶことが出来るわけがないのです。

それで結局子どもたちは気の合う数人と、一緒に同じことをしながらチマチマ遊ぶだけです。

そして、5,6才頃になると、もう「自分たちの遊び方」が決まってくるので、それまで自分だけ、自分たちだけで遊んでいた子どもたちは、リーダーを求めなくなります。

大人に絡んで遊ぶのは好きですが、大人をリーダーとして認めているわけではありません。
だから、大人が「危ないからやめなさい」とか「ルールを守りなさい」などと言っても「ヘーン」などと無視されてしまいます。

オニごっこをすると「オニ」ばかりを押し付けてきます。

リーダーを求める時期に、遊びをリードしてくれるリーダーと出会えないと、リーダーに対するあこがれや尊敬が生まれないのです。

ただし、このリーダーは、お母さんやお父さんでも大丈夫です。

でも、もし自分では無理だと感じたなら、地域で活動している、異年齢で遊ばせてくれるグループや、大学生ぐらいの若者が遊んでくれる活動を探してみて下さい。

茅ヶ崎にはいくつかありますが、皆さんのお住いの近くにもあるのではないかと思います。

プレイパークもいいです。

うちの娘は横浜市のプレイパークのプレイリーダーをやっていますが、遊びはなんでも知っています。






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2016.09.25 12:37:26
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.