4932077 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Favorite Blog

望ましい記憶を作っ… New! 科学寅さん

相手のくせを知ること New! かめわざ快心塾さん

聞き上手は質問上手 kie.さん

過ぎし日のセレナーデ 山の上ナナさん

やっぱり日本酒が大… ジョージEZさん

Comments

森の声@ Re[1]:「遊びの場で大人は子どもとどう関わるべきか」(02/26) New! やまびこさん >お世話になっている、保…
やまびこ@ Re:「遊びの場で大人は子どもとどう関わるべきか」(02/26) まさに今自主保育の場でそのような感じで…
iokazu-chi@ Re:「現代の子育て状況」(人工的な社会の中の子育て)(02/24) 私の周りに限ってかもしれませんが、自然…
森の声@ Re[1]:「自分の気質を知る」(02/23) あおあおさん >今のままの自分はしんど…
あおあお@ Re:「自分の気質を知る」(02/23) 今日のお話とは関係なくてすみませんがコ…
森の声@ Re[1]:「もったいない」(10/13) iokazu-chiさん >これもコミュニケーシ…
iokazu-chi@ Re:「もったいない」(10/13) ちょっと場面は違うかもしれませんが、最…

Freepage List

Rakuten Profile


森の声さん

本当の幸ってなんだろう?

フォローする



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

他に「生命を考える」というホームページと
「生命とからだ」(つながりの世界)というブログも運営しています。

前者は私が茅ケ崎でやっている教室関係の紹介がメインです。
後者は、「からだ」という視点を中心に、具体的なエクササイズとつなげてあれこれ書いています。

* * *

「わらべうた」の冊子(CD付き)、
子育て関係の手作り冊子も出しています。

2013年6月に書店から「子ども発見」という冊子を出しました。
詳細は「ここ」(5月28日のブログ)でご覧になって下さい。


* * *

「ガキ大将クラブ」のススメ(お母さん達へ! ガキ大将になろう)
「お母さん達の仲間作りワークショップ」を企画しませんか

* * *

<教室の生徒募集です>(湘南・茅ヶ崎周辺の活動)

○子どもの造形教室

○親子遊び(2才から)
○「遊びの会」
幼稚園児、小学生達が、大人や仲間と一緒に遊ぶ会です。月1回、土日の活動です。

○他のクラスもあります。

私は、これらの教室の他に色んな地域、公民館、地区センターで親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

2017.02.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
またまた告知です。
茅ヶ崎駅の近くで、毎月「からだの会」という活動をしています。
「自分のからだとの対話」や「緩める」ということを目的として、「動き」という方法使って色々なことをしています。
3月は27日(月)です。参加費は2000円。10:00~12:00です。
ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

子育てを楽しむ方法を学ぶ「ゆりかご」も、気質の勉強会も参加者募集中です。


***********************

昔のお母さんやお父さんは仕事が忙しくて子どもの相手などしてくれませんでした。
家にテレビも、ゲームも、オモチャもありませんでした。
でも、外に行けば同じような状態の子どもたちがいっぱいいて、町の中や、神社の境内や、空き地などで群れて遊んでいました。
だから、子どもたちは自分の意思でその群れに参加していました。

その群れには何世代にも亘って伝承されてきた遊びがあり、リーダー的な子もいました。子どもたちが、自分たちのために作った群れなので、子どもたちもその中ではルールに従いました。

ルールに従わないと群れから追い出されてしまうからです。

でも、大人に連れてこられた子どもたちの集団では、ルールに従わない子でも、イジメをする子でも排除されません。

また、その会が合わない子でも、そこにいなければなりません。

それどころか「みんなで仲良く遊ぼうね」などと自分たちでも出来ていないような理想を押しつけてきます。

また、「遊び」を伝承された子どもたちではないので、「みんなで遊ぶ遊び」を知りません。リーダーもいません。
そのため、大勢子どもがいてもどうしていいのか分かりません。
どうやって他の子と関わったらいいのかも分かりません。

その結果、ただ大騒ぎするか、2,3人の気のあう友達と遊ぶだけで、「群れとしてのまとまり」は生まれません。

お母さんとしては「子どもに仲間作りをさせたい」、「友達と一緒に遊ぶ体験をさせたい」と思って連れてくるのでしょうが、ただ大勢子どもを集め、好き勝手にやらせるだけでは「群れ」も、「遊び」も、「仲間」も生まれないのです。

「群れ」も、「遊び」も、「仲間」も、「文化」に属することなので、誰かに伝えてもらえない限り、自然に発生することはないのです。

そんな時は大人が「ガキ大将」的な役割をして、遊びや目標を提示して上げると、子ども達はまとまって遊び始めます。

幼児期の子どもはリーダーを求めているからです。

大人も一緒に入って遊ぶと、子どもは遊び方が分かります。仲間とのつながり方も分かります。みんなで一緒に遊ぶ喜びも分かります。

すると、少しずつ大人がいない場でも自分たちだけで遊ぶようになります。
リーダー的な子も生まれます。

「遊び」や、「群れ」や、「リーダー」が伝承されたからです。

そういう状態になったら、大人は少しずつ引いていきます。
そうして、ようやく「見守るだけでいい」という立場に立つことが出来るのです。

「群れ」が生まれるためには、その「群れ」の「親としての群れ」と、その群れが育つ「時間」が必要なんです。

最初から見守るだけで子どもを放置してしまったら、そういう状態にはならないのです。

でも、そういうやり方をしてしまっているグループが多いのではないでしょうか。
特に、自分に自信がない人ほど、「自分はただ見ているだけ」という立場に立ちたがる傾向があります。

自分に自信がない人ほど「方法」や「他者」に依存するのです。
「シュタイナー教育」に依存している人も、「○○メソッド」のようなものに依存している人も同じです。

でも、依存からは何も生まれません。

また、そのようなグループ内における「イジメ」についても相談を受けることがあります。

我が子がいじめられているので助けたいのだが、「大人は子どものケンカに口出ししてはいけない」という会の決まりがあるので、助けに行くことが出来ません。
それを見ているのが辛くて辛くて・・・・

というような内容です。

まず、「イジメ」と「ケンカ」は違います。
「逃げようとしている子」、「戦う意思のない子」に対して、その子が嫌がることをするのがイジメです。

やっている子にとっては「楽しい遊び」でも、やられている子が嫌がっているのならそれは「イジメ」です。

それに対して「ケンカ」では、お互いに戦う意思があります。一方的に負けていても、その子に「戦う意思」があるのならそれはケンカです。

そして、「ケンカ」は見守っていればいいのですが、「イジメ」は止めなければなりません。それが大人の役割です。

昔の群れではリーダー的な子がイジメを止めましたが、リーダーがいない集団でのイジメは大人が止めなければならないのです。

そうでないと、心の傷になって一生残ってしまうかも知れません。
また、いじめている子も「やっていいことと、やってはいけないこと」の区別が付かなくなり、自分の世界を広げることが出来なくなります。

昔の群れでは「いじめっ子」は排除されました。
自分の意思で集まっている子どもたちの群れだからこそそういうことが可能だったのです。
でも、大人に連れて来られた子どもたちの集団では「いじめっ子」でも排除されません。

それどころか、大人は、「みんなで仲良く遊ぼうね」と理想を押しつけてきたり、「やられたらやり返せ」などと子どもを追い立てたりしています。
また「イジメは止めなければ」という人に対しても、「あれも子どもの遊びだからそんな神経質にならないで」とか「大人が止めたら子どもは自分で問題を解決できなくなるわよ」などと言ったりする人もいます。

でも、双方が楽しければ「遊び」ですが、やっている側しか楽しくないのなら、それは明らかな「イジメ」です。
また「善悪」の価値観は「文化」なので、大人が教えるしかありません。そうでないと「力こそが正義」になってしまいます。

そもそも、いつもいじめられているような子はその会に来たくないはずです。
それでもお母さんに連れてこられてしまいます。
そして、いじめられてもお母さんは見ているだけで助けてくれません。

そんなことをしていたら、子どもはお母さんを信じなくなります。お母さんを頼らなくなります。
それでもいいのでしょうか。

昔の子は自分の意思でその群れに参加していたので、ケンカしても、いじめられても、その群れにいたければ戦いました。
でも、お母さんに連れてこられただけの子にそれを求めるのは無理なんです。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017.02.27 12:30:54
コメント(0) | コメントを書く


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.