4263101 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

森へ行こう(心とからだと子育てと)

PR

Favorite Blog

考える大切さを教え… New! 科学寅さん

だだもれになってま… New! かめわざ快心塾さん

学校なんていらない… ちゃりこ父さん
いっぽんの川 天然堂6223さん
窓をあけて 明るい… ママパンダ12345さん

Comments

マシュマロ@ Re:「憂鬱質の子を育てる時に気をつけること」(08/26) New! 私が、もし、憂鬱質が強くなかったら、こ…
マシュマロ@ Re:「憂鬱質の特徴」(08/24) New! 気質は本当に知れば知るほど面白いし素晴…
炊きたてご飯@ Re:「憂鬱質の特徴」(08/24) New! >実は「憂鬱質の短所」と思われている…
虹の彼方@ Re:「憂鬱質の特徴」(08/24) 4つの気質のことを知って、うちの子は憂…
虹の彼方@ Re:「遊びを伝える」(聞く耳を育てる)(07/29) 篠先生、ありがとうございます。 わかっ…
プクプク@ Re[2]:「自分にこだわる人」(胆汁質と憂鬱質)(08/23) そうですね、ワークの時点では、多血グル…
かえる@ Re:「胆汁質との付き合い方」(08/20) 6歳の息子がバリバリの胆汁質です 幼稚園…
ぐりぐり@ Re:「憂鬱質の特徴」(08/24) これを読んで長女が、憂鬱質要素が多いな…

Freepage List

Rakuten Profile


森の声さん

本当の幸ってなんだろう?

フォローする



(私のブログはコピー・転載自由です。お知り合いに紹介してください。)
<子育てと幼児教育は総合芸術です>

子どもは丸ごと育ちます。
心だけ育てることはできません。
知性だけ育てることもできません。
言葉だけ育てることもできません。
からだだけ育てることもできません。
とにかく丸ごと育つのです。
ですから、
大人も丸ごと子どもと関わる必要があるのです。
そして、丸ごとの学びが必要なのです。


* * *

私は子どもの笑顔、子どもの笑い声が好きです。
ですから、私は子どもの笑顔見たさに、色々なことを考えたり、活動しています。
キーワードは、遊び、子育て、教育、シュタイナー、感覚、からだ、心、生命、造形、仲間作り。
(シュタイナー的ではありますが、シュタイナーの紹介を目的としたものではありません。シュタイナーに共感した部分で書いています。)

* * *

<学ぶ時間がないという人へ>

道を歩くだけしか出来ないのなら、道の歩き方を学びます。
仕事をすることしかできないのなら、からだの使い方、心の使い方、仕事の仕方を学びます。
立っていることしかできないのなら、立ち方を学びます。
生きていることしかできないのなら、呼吸の仕方を学びます。

あなたが今学ぶべきことは、あなたが今やっていることの中にあります。
ですから、本当の学びは“今、自分は何をやっているのか”という気づきから始まります。
その気付きにつながらない学びは、全て無駄です。

* * *

他に「生命を考える」というホームページと
「生命とからだ」(つながりの世界)というブログも運営しています。

前者は私が茅ケ崎でやっている教室関係の紹介がメインです。
後者は、「からだ」という視点を中心に、具体的なエクササイズとつなげてあれこれ書いています。

* * *

「わらべうた」の冊子(CD付き)、
子育て関係の手作り冊子も出しています。

2013年6月に書店から「子ども発見」という冊子を出しました。
詳細は「ここ」(5月28日のブログ)でご覧になって下さい。


* * *

「ガキ大将クラブ」のススメ(お母さん達へ! ガキ大将になろう)
「お母さん達の仲間作りワークショップ」を企画しませんか

* * *

<教室の生徒募集です>(湘南・茅ヶ崎周辺の活動)

○子どもの造形教室

○親子遊び(2才から)
○「遊びの会」
幼稚園児、小学生達が、大人や仲間と一緒に遊ぶ会です。月1回、土日の活動です。

○他のクラスもあります。

私は、これらの教室の他に色んな地域、公民館、地区センターで親子遊び、造形ワークショップ、からだ遊びワークショップ、お母さん達の勉強会(気質、子育て)、幼稚園の先生などの勉強会をやっています。
公民館や地区センタに企画を持っていったり、仲間を集めてお呼び頂ければワークの出前をします。お問い合わせ下さい。
みんな体験型のワークショップです。

2016.08.26
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
現代社会では一番評価されない「憂鬱質」ですが、生命の働きや、恒常性の維持という視点から見たら、四つの気質に上下はなく、どの気質でも同じくらい大切なものです。

というか、四つの気質はお互いに支え合うことで存在することが出来るようになっているので、どれか一つでも失われてしまえば、他の三つも正常に機能しなくなってしまうのです。

それは、ジャンケンのグー・チョキ・パーのいずれが消えても、ジャンケンが成り立たなくなるのと似ています。

でも実際には、現代社会では胆汁的な価値観ばかりが肯定されています。
それは「勝ち負け」ばかりが重視される社会です。

学校でも競争に勝つことばかりが求められています。
勉強も教えていますが、それは勉強によって子どもを育てるためではなく、子どもたちを成績によって競争させるためです。

本当に「子どもたちを育てること」が目的なら、一人一人の個性や、好みや、特性に合わせた学びを提供するはずです。でも、実際には「競争のための画一的な知識」しか子どもたちに与えていません。

その結果子どもたちは、「自分の成長に必要な学びを学ぶ場」を奪われただけでなく、成績のためだけに、自分にはなんの価値も意味もない事を必死になって学ばなければならなくなってしまっています。

さらに困った事に、家庭には学校とは異なる価値観があって、子どもに対する意味も役割も全く異なっているのに、多くの親が家庭の中でも、学校と同じ価値観で子どもたちを追い立てています。

そんな、胆汁的な価値観が支配する場では、憂鬱質の子どもは身動きが取れなくなります。
憂鬱質の子は「自分らしさ」を肯定してもらえない場では固まってしまうのです。

胆汁質の子は元々競争が好きですから、うまくおだてれば自分の意思で勉強します。成績が上がればそれを目標にもします。

でも、多血質や粘液質の子は、もともとあまり競争には興味がありません。勝ち負けにも興味がありません。

ですから、親が追い立てないことには勉強しません。

中学生や高校生ぐらいになって、「自分のやりたいこと」が見つかれば自分の意思で勉強し始め急に成績が上がる子もいますが、競争自体には興味がないので成績が悪くても気にしません。


問題は憂鬱質の子です。

多血質や粘液質の子は自分の興味で動きます。
本来は、憂鬱質の子もそうなんですが、憂鬱質の子は「人の心」に敏感なので、「親が自分に期待していること」が分かってしまうと、自分の興味よりも親の期待に合わせることを優先してしまうのです。

親が、「そのままでいいんだよ」というメッセージを出していれば、憂鬱質の子は自分のペースでゆっくり、おだやかに育ちます。

自分の興味のあることに対しては、特別な才能を見せる子も多いです。

でも、親が競争に熱心で、子どもにも競争を求めると、憂鬱質の子は、多血や粘液の子の場合のように子どもを追い立てなくても、お母さんを喜ばせるために、必死になってお母さんの価値観に合わせようとすることが多いのです。

でもそれは自分を否定する行為でもあります。

だから苦しくなります。

それでも、低学年のうちはなんとかなります。問題は10才頃から現れ始めます。

「お母さんの期待に応えたい」という動機だけでは勉強に追いつけなくなってしまうのです。

すると、自分で「期待に応えることが出来ない自分」の否定を始めます。

お母さんの愛情が消えてしまうのではないかという不安も生まれます。

憂鬱質の子を育てる時には、世間の価値観に振り回されてはダメなんです。

お母さんがドシッとしていないと、子どもが苦しくなってしまうのです。

これはどの気質の子にも同じですが、特に憂鬱質の子には必要なことです。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2016.08.26 13:13:58
コメント(1) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.