1126785 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

自分が大好きなら人生は楽勝

PR

コメント新着

沖!@ Re[1]:賃貸VS持家問題について(10/09) yocoさん >私は家を建てましたが、近くに…
yoco@ Re:賃貸VS持家問題について(10/09) 確かに。 私は家を建てましたが、近くに状…
沖!@ Re[1]:ありがとうございました!(10/09) こんな話もありました http://www.gcd.org…
沖!@ Re:ありがとうございました!(10/09) みらのプリンさん >期待以上の内容の濃さ…
みらのプリン@ ありがとうございました! 期待以上の内容の濃さでした。 同じく、…
沖!@ Re[1]:かっこいい風に言うと「日本人初」(09/21) poterunchiiさん おはようございます。 …
poterunchii@ Re:かっこいい風に言うと「日本人初」(09/21) 沖さん、こんにちは! 相変わらず沖さんの…
沖!@ Re[1]:江坂のオーガニックカフェ ekubo(05/24) poterunchiiさん ブログよりツイッターの…

お気に入りブログ

シャンソン歌手で作… New! 野母伊 志穂輔さん

果物の過剰摂取はN… New! 抗加齢実践家てるさん

白砂糖中毒 .アリス.さん

後編☆ブルーライト、… korridaさん

バックナンバー

May , 2016
April , 2016
March , 2016

カテゴリ

フリーページ

ランキング市場

楽天オークション




女子力ブログ

ゆるぎない美しさに信用を裏付けるのは、

健康という財産をもてる女性。

これからの女性を語るうえで、健康こそが、

ますますその価値を発揮すると断言します。

それはお肌が汚いと「自己管理が行き届いていない」と

人格さえ判断されてしまう事を意味します。

そんな時代が来る事を覚悟しなくてはなりません。

お肌の状態は誰のせいでもなく、

自分が招いた結果でしかありません。

逆に言えば、お肌の痛みを一番最初に

理解してやれるのは本人だけです。


山咲千里


当サイト内に掲載されている文章及び写真の無断転載、転用を禁止します。日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 2004- . All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.
March 18, 2016
楽天プロフィール XML
カテゴリ:日常生活 …多分

はげててもかっちょいいぞおっさん!
ハーモニカでここまで上りつめるって凄い
これ見たら「俺もハーモニカ吹けます」って言えへんやんか。
どうしてくれるねん。












最終更新日  March 18, 2016 10:02:09 PM
February 28, 2016

昨年の秋、「リベラルアーツ 読書」というビジネスセミナーに参加する機会に恵まれました。
東京の有名企業の幹部だった人が講師で参加者は20名くらい。
さぞかし読書好きな人が集まるのかな?と思ってたら、あまり読まないので
読み始めるきっかけになればという気持ちで来た人が多かったようです。
「海賊とよばれた男」を読んでいたがやめてしまった人もいて、
あんな面白い話を途中でやめられるほうが凄いわ。

他にも年100冊読むのを目標にしているという人がいて、
「それは凄いですね」と講師。
おいらはもう少し読んでて月40~50冊くらい。
海外を放浪してる時でも、他の旅人と本を交換したり英語のを読んだりで
年100冊くらいは読んでた。
単純に数多ければいいって話ではないけど、電車通勤してる人なら100は多くはないのでは。

時間がないから読まないっていう人も結構いて、それは本が好きではないから読まないんやん。
それ恋人に「どうして私が好きなの?」って聞かれて
「時間があったから」って答えてるのと同じやで。

結局昨年は400冊以上の本を読めた。
今年はもう少し減らして、読むべき本を読もうと思う。
ちょっと計算してみた。
年200冊であと40年生きられるとすると
残りの人生で読める本は多くても8,000冊。
これは少ない!たったの8,000!?


最近(今年)読んだ本で面白かったのを3冊。

硝子のハンマー

本格派ミステリー。防犯コンサルタント(本職は泥棒)と美人弁護士の
コンビが密室殺人の謎に挑む。
防犯にたいする意識も変わるかも。
作者は「悪の教典」や「黒い家」の貴志祐介。
悪の教典ももちろんよかった。


ワセダ三畳青春記

早稲田大学のすぐ近くの安アパートで起こる奇妙で愉快な
事件をつづる自伝的小説。
大学時代の話なのに大学の話は一切出てこない。かろうじて
最初のほうに部活(探検部)の話は出てくるが、それ以外は
薬用植物を取りに行ったり、金はないけど知恵を絞った生活や
変な住人の話ばっかり。


火星の人

今やってる映画「オデッセイ」の原作。
火星に一人置き去りにされた主人公(植物学者でエンジニア)が
生き残りをかけて次々起こる問題い挑んでいく。
武器は植物や科学知識と抜群のユーモアセンス。
作中にやたらと計算が出てきます。








最終更新日  February 28, 2016 08:53:32 PM
このブログでよく読まれている記事

おすすめアイテム

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.