989246 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫とHidamariで

全5件 (5件中 1-5件目)

1

映画 わ行

2009.10.09
XML
カテゴリ:映画 わ行

私の中のあなた HP

私の中のあなた シネマトゥデイ

英題: MY SISTER'S KEEPER
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年10月9日
上映時間: 1時間50分

スタッフ
監督・脚本: ニック・カサヴェテス
製作: マーク・ジョンソン / チャック・パチェコ
原作: ジョディ・ピコー
製作総指揮: ダイアナ・ポコーニイ / スティーヴン・ファースト / メンデル・トロッパー / トビー・エメリッヒ / メリデス・フィン / マーク・カウフマン
撮影: キャレブ・デシャネル
編集: アラン・ハイム / ジム・フリン
衣装: シェイ・カンリフ

キャスト
キャメロン・ディアス :(サラ・フィッツジェラルド)
アビゲイル・ブレスリン :(アナ・フィッツジェラルド)
アレック・ボールドウィン :(キャンベル・アレグザンダー)
ジェイソン・パトリック :(ブライアン・フィッツジェラルド)
ソフィア・ヴァジリーヴァ :(ケイト・フィッツジェラルド)
ジョーン・キューザック :(デ・サルヴォ判事)
トーマス・デッカー :(テイラー・アンブローズ)
ヘザー・ウォールクィスト :(ケリーおばさん)
エヴァン・エリングソン :(ジェシー・フィッツジェラルド)
デヴィッド・ソーントン :(ドクター・チャンス)


私の1.jpg
サラ(キャメロン・ディアス) & ブライアン(ジェイソン・パトリック)


チェック
アメリカの人気作家ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が映画化。
白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作によって生まれた妹が、姉への臓器提供を拒んで両親を提訴する姿を通し、家族のありかたや命の尊厳を問いかける。

主演のキャメロン・ディアスが初の母親役に挑み、両親を訴える次女役を『リトル・ミス・サンシャイン』のアビゲイル・ブレスリンが熱演。
シリアスなテーマながら、主人公一家の強い家族愛が胸を打つ。

私の5.jpg
アナ(アビゲイル・ブレスリン) & ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ) 
& ジェシー(エヴァン・エリングソン)


ストーリー
白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。

彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラ(キャメロン・ディアス)は愛する家族のためなら当然と信じてきた。

そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす。

私の6.jpg
ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ) & アナ(アビゲイル・ブレスリン)

えんぴつえんぴつ9月29日の試写会で観賞しました。
素晴らしい作品だとは思うのですが、母親の行動に理解できない部分がありました。
同じ我が子なのに、余りにも接し方が違いすぎる母親に疑問を感じてしまいました。しょんぼり
第一子だから、特別なのかもしれませんが。。。

アナに訴えられた後のアナに対する接し方や”何よりもまず一番にケイト”というあからさまな様子にも納得が行きません。
第三者の目線で見るからかな? 目

ケイトを助ける事だけに一生懸命で回りが見えていない母親。
アナを生んだのもケイトのドナーとして。。。
そのような事ができる事にビックリ!
”アナが、ケイトの為にドナーとして提供するのは当たり前”と思ってることにも疑問?
もう少し、子供達の事を、アナやケイトの事を、冷静に見守ってあげたらと思わずには居られませんでした。
一番子供だった母親。。。

アナの気持ち、ケイトの気持ち、ジェシーの気持ちが切なかった。
どんな気持ちで、親を訴えたかと思うと。。。

命が、永らえれば良いという訳ではないと思う。
でも、身内なら一分一秒でも長く生きて欲しいと思うのは当たり前。
が、本人の意思も大事!!
難しいですね。。。


私の4.jpg
テイラー(トーマス・デッカー) & ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)

ケイトとテイラー(トーマス・デッカー)の二人はとても微笑ましかった。
幸せなひと時を過ごせてよかった。ハート
この時は、理解のある母親だったなぁ。


私の3.jpg

このシーンは、とてもジーンと来ました。
家族の絆が深まったシーンです。

キャメロンとアビゲイルちゃんが前面に出てるけど、ケイト役のソフィア・ヴァジリーヴァちゃんもとても良かった。
難しいであろう、病人の役を上手く演じてました。

そして、ジェイソン・パトリックも冷静で大きな愛で家族を守る父親役を好演してました。

母親に共感できない部分があったので、チョッと否定的になってしまったかも。。。
難しい題材の作品で、色々考えさせられました。


≪訂正≫
俳優の名前と、役名がごっちゃになってました。
申し訳ありませんでした。。。。
しょんぼり







Last updated  2009.11.18 15:41:38
コメント(19) | コメントを書く
2009.10.05
カテゴリ:映画 わ行

ワイルド・スピード MAX HP

ワイルド・スピード MAX シネマトゥデイ

英題: FAST & FURIOUS
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年10月9日
配給: 東宝東和

スタッフ
監督: ジャスティン・リン
製作: ニール・H・モリッツ / マイケル・フォトレル
製作総指揮: アマンダ・ルイス / サマンサ・ヴィンセント
キャラクター創造: ゲイリー・スコット・トンプソン
脚本: クリス・モーガン
撮影: アミール・モクリ
プロダクションデザイン: アイダ・ランダム
衣装デザイン: サーニャ・ミルコヴィッチ・ヘイズ
音楽: ブライアン・タイラー

キャスト
ヴィン・ディーゼル
ポール・ウォーカー
ミシェル・ロドリゲス
ガル・ギャドット
ジョーダナ・ブリュースター
ジョン・オーティス
ラズ・アロンソ


sw1.jpg

チェック
すご腕ドライバーたちが危険でクールなレースの世界で腕を競い合う『ワイルド・スピード』シリーズの第4弾。
ヴィン・ディーゼルを筆頭に、ポール・ウォーカーら第1作のメンバーが再び集結するほか、ミス・イスラエルのガル・ギャドット演じる謎の美女ジゼルなど新キャラクターも登場する。

シリーズ最大規模のカー・アクションに加え、フルカスタムされたスカイラインGT-Rなど名車の数々にも注目だ。

ストーリー
南米に逃亡したすご腕ドライバー、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)は恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)とともに輸送車からの強奪を繰り広げていた。

一方、FBI捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)は、麻薬組織のボス“ブラガ”を追い続けていたが、お尋ね者のドミニクが8年ぶりにロサンゼルスに戻って来たという知らせを受ける。

sw2.jpg


えんぴつえんぴつ10月3日の日記
【ワイルド・スピード MAX】ジャパンプレミア レッドカーペット
でも書いた、ジャパンプレミア試写会での鑑賞です。
プレミア試写会なのに・・・座席は折りたたみ椅子わからん・・・
開映は9時近くほえー・・・最悪の状態での鑑賞でした。ぷー

でも映画が始まると、もう冒頭からの車カーアクション車の凄さにビックリ!!びっくり
CMで流れてる、転がってくるトレーラーを一寸の隙間から走りぬけるシーンはやはり凄かった!!
私は、車の事はまったく分からないので、車には萌えませんでしたが、
車好きにはたまらないのではないでしょうか?

ネタばれアリ
ストーリーは単純だったと思います。
強奪犯のドミニク(ヴィン・ディーゼル)が、警察の追っ手から愛する人を守りたい為に、彼女の元を離れて暮らしていたが、
妹からの電話で衝撃な事実を知らされ・・・。
LAに戻り真実を探る為に、麻薬組織が仕切るカーレースに参加。

また、FBI捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)は麻薬組織のボスを捕まえるためにカーレースに参加。

ws.jpg

このレースも凄かったです。
で、二人とも麻薬組織に潜入する事に成功~・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その後の狭いトンネルの中を、車間距離も少なく数台が走るシーンは、ハラハラしながら見てました。

ストーリー云々というより、車カーアクション車の素晴らしさを観れただけでも損はないと思います。

sw3.jpg

ヴィン・ディーゼルの寡黙なドミニクも中々良かったのですが、イケメン好きの私には、ポール・ウォーカーが演じたブライアンの方が、やはり素敵に見えました~。
ラストは、ニヤッ・・・・・・。

続編を期待できそうな終わり方でした。

前作3作品は、まったく観てないのでストーリーについて行けるか心配しましたが、特に問題はありませんでした。

とにかく~車カーアクション車を存分に楽しめる作品で~す。ウィンク
スカッとしますよ~。グッド







Last updated  2009.10.05 00:48:04
コメント(8) | コメントを書く
2009.10.03
カテゴリ:映画 わ行
6月30日に、ワイルド・スピード MAX のジャパンプレミア レッドカーペットに参加して来ました。
会場は新木場スタジオコーストで、私は始めて行く場所でした。

17時15分 開場
18時00分 開演
22時00分 終了

小雨の中17時15分頃まで列びました。
いよいよ開場。

090930_1.jpg

途中レッドカーペットが敷かれ、車が置いてありました。
この場所でマスコミのインタビューが行われたようです。

中へ入っていくとアットランダムにチケットが配券され、私はCブロックでした。
余り良い場所ではありませんでしたが、ジョニーのレッドカーペットとは違ってギュウギュウではなかったので、待ってる間も少しは楽でした。

が、18時00分開演となってたのに、ヴィン・ディーゼルは19時頃に到着との事・・・。
1時間の遅れかぁ~はぁ~~~ずっと立ちっぱなしで待つのはちょっときついなぁ~。

すると、ジゼルの吹き替えをした人気モデルの藤井リナさんや、石田純一さんが到着とのアナウンスが入りました。
が、待っている会場には映像が流れないので、様子が分からず・・・
せめて映像が流れると、もう少し気がまぎれるのに~。

そして、ポール・ウォーカーが到着、ヴィン・ディーゼルが到着とのアナウンス。
なんだ~19時前に着いたじゃない。じゃ19時には開演出来る??
と思い待っていましたが、中々始まらず。。。
何故始まらないのかのアナウンスも無く、イライラ度が高まる。怒ってる



19時30分過ぎにやっと開演。
レッドカーペットに、まず日本のお二人の登場、何名かにサインをしてあげてたようです。

次に、ポール・ウォーカーの登場。
が、登場する側とは逆方向に居たので、まるで見えず。
彼は、かなり多くの方にサインをしてあげてたようです。
近付いて来ると、頭が人垣の隙間から見えはじめました。

090930_2a.jpg

そして、私達の前の方へ。
サインをして貰える物が何も無く、一応チラシをだしたのですが、スルーされました。大笑い
彼は、とってもステキでしたよ~。ハート


次にヴィン・ディーゼルが登場。
やはり近くに来るまでは姿を確認することは出来ず、私達の前まで来るのを待ちました。
私は、キャプテン・ウルフのDVDを持って行ってたので出してみました。

090930_4.jpg

でも、ジョニーはサイン用のペンを持参で来るので、すっかりペンを持って行くのを忘れてました。
どうしよう・・・誰かが、出してくれたペンでついでに書いてくれたらと・・・期待しながら前に出しました・・・ あっ!筆圧が・・・・書いてる~~わ~~~~い!

090930_.jpg

と言うことで、サインゲット出来ました。
お二人とも、かなりの時間をかけてサインをしてくれてましたよ~。

090930_5.jpg

その後で、舞台挨拶がありました。
ヴィン・ディーゼルはテンションがかなり高かったです。びっくり
ポール・ウォーカーはチョッとおされ気味でした。大笑い

その後に、会場の都合で一度フロアへ移動。
それは、レッドカーペットを行った場所に試写会用の椅子(折りたたみ椅子)を、セッテングする為だったのです。しょんぼり

かなりの時間を立ったまま待ち、おまけに試写会は折りたたみ椅子・・・号泣

舞台挨拶が終わった頃には、8時30分過ぎてたと思います。
なので、映画が始まったのは9時近かったのではないでしょうか?
映画を観ないで帰られた方もいました。
映画終了が10時40分だったと思います。


この作品はシリーズ4作目と言う事ですが、私は全然観てなかったのですが、カーアクションが素晴らしく、手に汗握りながら観てました。
映画の感想は後日アップする予定ですが・・・・・・。






Last updated  2009.10.03 19:45:31
コメント(10) | コメントを書く
2009.03.21
カテゴリ:映画 わ行

ワルキューレ=北欧神話に登場し、
「戦死者を選ぶ者」との意味を持つ女神たち。


 ワルキューレ HP

ワルキューレ シネマトゥデイ

英題: VALKYRIE
製作年: 2008年
製作国: アメリカ/ドイツ

スタッフ
監督・製作: ブライアン・シンガー
製作: ギルバート・アドラー
製作総指揮: クリス・リー / ケン・カミンズ / ダニエル・M・スナイダー /
   ドワイト・C・シャール / マーク・シャピロ
脚本・製作: クリストファー・マッカリー
脚本: ネイサン・アレクサンダー

キャスト
レジスタンス側
トム・クルーズ(シュタウフェンベルク大佐)首謀者/実行者
ケネス・ブラナー(ヘニング・フォン・トレスコウ少将)画策者
ビル・ナイ(オルブリヒト将軍) 発動者
カリス・ファン・ハウテン(ニーナ・フォン・シュタウフェンベルク)
テレンス・スタンプ(ルートヴィヒ・ベック)クーデター成功後の国家元首
エディ・イザード(エーリッヒ・フェルギーベル将軍) 通信のエキスパート
ジェイミー・パーカー(ヴェルナー・フォン・ヘフテン中尉) 誠実な副官
クリスチャン・ベルケル(メルツ・フォン・クヴィルンハイム大佐)実行者のサポート

ヒトラー側
トム・ウィルキンソン(フロム将軍)日和見な男
トーマス・クレッチマン(オットー・エルンスト・レーマー少佐)ベルリン警護の責任者
デヴィッド・バンバー (ヒトラー)標的


1jpg.jpg

チェック
第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、
トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンス。

ヒトラーの独裁政権に屈する者と世界を変えようとする者、そして両者の裏で陰謀をたくらむ者が、
戦争の混乱の中で繰り広げる駆け引きを描く。

監督は『ユージュアル・サスペクツ』『スーパーマン リターンズ』などのヒットを飛ばす
ブライアン・シンガー。
ケネス・ブラナーやテレンス・スタンプなどの演技派キャストが脇を固め、
最後まで緊張の糸が途切れないドラマを展開させる。

ストーリー
第二次世界大戦下のドイツ。
戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)
は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。

過去に40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきた
ヒトラー(デヴィッド・バンバー)とその護衛たちを前に、
大佐たちの計画は成功できるのか……。

332656_003.jpg



えんぴつえんぴつ21日に鑑賞しました。
重要人物が多いと名前を覚えられない・・・わからん
 & 
敵か味方かの区別も顔を見ただけでは分からず???のまま観てました。雫雫
もう一度観ると、もっとよく理解出来るかもしれませんね。ウィンク

史実に基づき、ヒトラーの独裁政権に疑問をもち、ドイツを変えようと立ち上がった人達。
ヒトラー暗殺計画「ワルキューレ作戦」。



「狼の巣」での実行にはハラハラドキドキ爆弾

マル秘会議の時間がずれた事
会議場所が変更になった事
手が不自由な中での爆弾の準備時間
マル秘

実行後の「狼の巣」からの脱出シーンには、手に汗を握ってました。

勿論、マル秘走ってあの場所から逃げたら怪しいし、何事もなかったように歩いて立ち去る姿にもマル秘
”早く早く”と思い、脱出後ベルリンに戻ってからも、始終緊張感が途切れる事無くの鑑賞でした。


トムはドイツの軍服がとても似合ってたし勿論ステキでした。手書きハート
そしてちょっと気になったのが、トムの傍にいつもいたヴェルナー・フォン・ヘフテン中尉(ジェイミー・パーカー)です。
彼は最後までトム(シュタウフェンベルク大佐)の傍から離れませんでした。号泣

もう一人、トーマス・クレッチマン(オットー・エルンスト・レーマー少佐)
も素敵な人ですね。
あまり知らない方だったんですが「戦場のピアニスト」で主人公を救う
ナチス将校を演じてた方だとパンフに書いてありました。

他は、ベテランの俳優さんが多く、年齢的に高い人が多かったデス・・・・大笑い


失敗する事は分かっているのですが、もしかして成功!?
と思うような作りになってるし、緊張感が途切れないので、ちょっと肩が凝るかもしれませんが、とても良く出来た作品だと思いました。
面白かったですよ。マル







Last updated  2010.01.22 00:07:19
コメント(16) | コメントを書く
2009.01.17
カテゴリ:映画 わ行
[ワールドオブライズ] ブログ村キーワード

ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ シネマトゥデイ

英題: BODY OF LIES
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
日本公開: 2008年12月20日

スタッフ
監督・製作: リドリー・スコット
原作: デヴィッド・イグネイシャス

キャスト
レオナルド・ディカプリオ : ロジャー・フェリス
ラッセル・クロウ  :エド・ホフマン
マーク・ストロング  :ハニ・サラーム
ゴルシフテ・ファラハニ :アイシャ
オスカー・アイザック  :バッサーム
サイモン・マクバーニー  :ガーランド


チェック
CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。

ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像化。

テロ組織に潜入する主人公をレオナルド・ディカプリオが熱演するほか、ベテランCIA局員をラッセル・クロウが好演。
敵も味方も入り乱れた緊迫感みなぎるドラマに圧倒される。

ワ2.jpg


ストーリー
ヨルダンを拠点に大規模なテロを計画する首謀者の手がかりを得たロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は組織に潜入しようと試みる。

そのためには狡猾なCIAのベテラン、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)らの協力が必要だった。

味方とはいえ過信ができない不安定な状態の中、潜入作戦実行の期限が迫っており……。

ワ.jpg

えんぴつえんぴつ先週の土曜日に鑑賞・・・・またまた今頃のアップです雫雫
「チェ28歳の革命」とどちらを観ようかと迷った末に選んだのが、こちらの作品でした。
「チェ28歳の革命」はチェ・ゲバラの事を良く知らないので、先に「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観た方が良いと考えました。


ヨーロッパ各地で起こる爆弾テロ。
地上からの監視&電話で指示を受けながら、爆弾テロ組織に近づき首謀者を突き止めようとするフェリス。

一方、子供に接しながら(食事を与えながらとか、学校へ送り届けながらとか)あまりにも淡々と緊張感がなく指示を与えるホフマン。

極端に違うこの二人の状況。

フェリスの情報屋が死んでも「情報が手に入った」と死を悼む気持ちは少しも感じられないホフマン。

現場で身体を張ってる人間と、デスクワークで頭の中で物を考える人間との差に、

なぜか、「踊る大捜査線」の織田雄二が演じる刑事のセリフ
「事件は会議室で起きてるんじゃない!!現場で起きてるんだ!!」が頭をよぎりました。


それにしても凄い嘘でしたね。
マル秘新に爆弾テロ組織を作り上げるなんて・・・。
その首謀者に仕立て上げられた彼が哀れでした。
マル秘

レオは危険な地で身体をはる男をさすがの演技で上手く演じてました。
そしてラッセル・クロウはデスクワークと言う事でかなり太ってましたね。
彼はこの役の為に10キロぐらい太ったんだったかしら?

実話ではありませんが、とてもリアルに感じた作品でした。






Last updated  2009.01.20 00:01:17
コメント(6) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

Profile


にくきゅ〜う★

Free Space

Comments

ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) ■映画の絵柄 映画の絵柄に関してもスタッ…
ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 長文な上に制作スタッフや原作者の裏話も…
絶太わー@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 原作絵本は実際に読んでないので何とも言…
沖縄 島袋@ Re:【樺太1945年夏 氷雪の門】★二木てるみ(08/06) 管理人様始めました。沖縄の島袋と申しま…
みすず@ ありがとうございました^^ 今年は大変お世話になりました! 来年も…

Favorite Blog

久しぶりぃ〜 rose_chocolatさん

MAしゃまの独り言(… MAしゃまさん
pure breath★マリー… マリーmypinkさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん

Freepage List

Category

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.