000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

中学生から見たマレーシア紹介 海外在住の中学生の心境

中学生から見たマレーシア紹介 海外在住の中学生の心境

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2021.12.06
XML
テーマ:中学生日記(473)
カテゴリ:カテゴリ未分類
<みなさんこんにちは マレーシア在住中学生マレマレです。>
<今回は先週あった学力テストについて話していきたいと思います。
初めてこのブログを読む方はマレーシアに住んでいてインターナショナルスクールに通っている中学生だということだけ覚えておいてください。>

​​Let's go
PVアクセスランキング にほんブログ村

まず、今回のテストというのがBenchmarking testと言って全国(マレーシア)のインターナショナルスクールの人を対象にオンラインで行うテストです。これはスタートする時間・終了の時間を決めてやるものでその時間は絶対です​​。なので僕と僕のクラスメートは時間を待っていました。時間が来てもはじまらないのでページを再読み込みしたりしましたがテストを受けるボタンを押せません。同時に1学年下の人たちもテストを受けるのですが1学年下のクラスもテストが受けられないといいます。なので1学年下のテストを担当していた校長が僕の学年のクラスに来て僕の学年の先生と問題を解決しようとしますが、なかなか直らないしテストははじめられないし大変なことになりました。
(本当の校長は坊主でもっと若いです)
コロナが怖いので学校にまだ来ずにまだオンラインで受けている人がいます。その人たちはさすがにテストは家から受けないので今回はテストを受けません。ここでみんなの頭に浮かんだのは『クラス全員がテストを受けるサイトにログインしていなければいけないのじゃないか』ということです。しかしオンラインのひとの登録を消そうにもなぜかテストの管理者である先生が生徒の登録の変更をできなくなったというのです。このへんで僕は長引きそうだなと思いました。

その後先生が色々な設定を先生がチェックしているとなんと時間の設定がそもそも間違っていたことに気が付きました。しかしただ単に時間設定を間違えたのではなく、国の設定を間違えていて1時間遅く設定されていたのです。普通ならここで国の設定を変えればいいものですが、何せ先生が設定を変更できないのでどうにもなりません。ということで一時間待ち、予定より一時間遅れでテストがスタート。テストの内容的には結構難しく、点数は確実に悪いです。

この日から3日間(水曜日~金曜日)テストの日で今回はEnglishでしたがMathsとScienceがまだ残っています。Scienceのテストは前に絶望的な点数だったので頑張ります。ということで今回はこれで終わりたいと思います。最後までありがとうございました。

応援のクリックをお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2021.12.06 20:30:06
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.