010308 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フィガロ157のブログ

フィガロ157のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

フィガロ157

フィガロ157

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.05.02
XML
テーマ:ニュース(99440)
カテゴリ:カテゴリ未分類


関東信越国税局と東京国税局は4月23日、ビール

や発泡酒の製造業者の交流を促し、技術向上を図

る「関東甲信越クラフトビアカンファレンス2024」

をさいたま市で開催した。

 


この「クラフトビアカンファレンス」では、醸造家

たちが自身の経験やノウハウを共有し、新たなアイ

デアや手法を学ぶ機会となった。参加者は、他社の

醸造技術や製品に対して興味を持ち、その技術を自

社のビール醸造に取り入れることで、より品質の高

いビールを生み出すことができると感じた、との

こと。



1都9県から集まった醸造家らが約60点を出品し、

それぞれ自信作を味わった。



グループディスカッションでは、参加者が自身の

醸造プロセスや材料の選定方法、発酵管理などに

ついて話し合い、これにより、異なる視点やアプ

ローチを持つ醸造家たちが集まり、お互いの知識

や経験を交換することができました。参加者は、

他社の醸造方法や技術に触れることで、自身の醸

造プロセスに改善点や新たなアイデアを見つける

ことができたようです。

 利き酒のセッションでは、参加者が様々なクラ

フトビールを試飲し、その味や香り、口当たりな

どを評価しました。これにより、参加者は他社の

ビールの特徴や個性を理解し、自身のビールの品

質向上に役立てようとしています。また、参加者

同士での意見交換やディスカッションを通じて、

ビールの評価基準や品質管理についての知識を深

めることができた、とのことです。



この「クラフトビアカンファレンス」は、醸造家

たちが互いに学び合い、刺激し合う場となりまし

た。参加者は、他社の技術や製品に対する興味を

持ち、自社のビール醸造に取り入れることで、よ

り品質の高いビールを生み出すことができると感

じたようです。このような交流の場は、クラフト

ビール業界の発展に貢献することでしょう。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.05.02 06:30:09
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.