107079 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

映画批評『もう二度と見ない映画500本』

映画批評『もう二度と見ない映画500本』

PR

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

プロフィール

GangZhi

GangZhi

バックナンバー

Mar , 2024
Feb , 2024
Jan , 2024
Dec , 2023
Nov , 2023
Oct , 2023
Sep , 2023
Aug , 2023
Jul , 2023
Jun , 2023

お気に入りブログ

ガムザッティの感動… gamzattiさん
 木の家 あゆみsさん
『もう二度と見ない映画』では映画監督を目指していた学生時代の"映画感想メモ"を元に、その内容をちょっとずつを紹介していきます。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 レンタルビデオやさんで今日は何を見ようかと迷った際には、参考にしていただけますと幸いです。意外な映画との出会いのお手伝いが出来れば嬉しいです。どうぞゆっくりご覧下さいませ。
Sep 22, 2009
XML
テーマ:おすすめ映画
カテゴリ:カテゴリ未分類
2009/日本/松本人志
メキシコの街でプロレスの試合に出かける男と真っ白な空間にパジャマ姿で閉じ込められた男。一見何の関係も無い2人が意外なところでつながりを見せる。

採点:★★★☆☆☆☆☆☆☆
松本人志待望の映画第二段。彼の作品はほぼすべて見ていると思うが、その中でもかなり変化球な作品に仕上がっている。

彼の作品を見ていつも思うことが、
「この作品の会議を見てみたい」ということだ。
おそらく作品自体よりも、会議のほうが面白いんだと思う。
面白さだけで言うと、出来上がったものの非ではないはず。
そう感じてしまうのがいつも残念だ。

もう一つが、松本人志とCGの相性はあんまり良くない。
松本人志に限らず、"お笑い"とCG自体があまりよい関係ではない気がする。
"お笑い"の面白さは、やはり脳の中の見えない部分をくすぐる感じが大事なので、すべてを目で見せてしまうCGだと普段どおりの情報の処理しか出来無いのではないか。

#笑いの種類にもよるけど、"天丼"的なことをするにはCGは最強かもしれない。

終わり方に関しては、今のところ不満だが、そのうち自分で面白いとらえ方を発見することを期待している。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  Sep 23, 2009 05:07:40 AM
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

© Rakuten Group, Inc.