1894659 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

じゅうたんの汚れ、9… New! happy-gaiさん

しばらく、ここで書… New! リライト8142さん

ビートルズの231曲・… 王道名なしさん

やっぱり、いなせだ… ゆきんこ9116さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
★★ユニ育ライフ | … ユニ育ママ/こがにさん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと*さん

Free Space

設定されていません。

Comments

エトワール@ Re:Kバレエ「第九」(02/04) ベートーヴェン「第九」 熊川さんが大怪我…
エトワール@ Re:Kバレエ「アルルの女」(益子/毛利)(02/02) 「アルルの女」素晴らしかったですね☆ 感…
エトワール@ Re:新年のご挨拶(01/10) 2019年が半月以上も過ぎてしまいまし…

Headline News

Profile


gamzatti

ガムザッティの感動おすそわけブログ
映画・舞台・バレエ・TV・音楽・本・・・
私の大好きなもの、紹介します!

2014年5月吉日に公開したhttp://www.nakanomari.netを、
仲野マリのオフィシャルサイトといたします。

facebookにても発信しています。(公開設定)
https://www.facebook.com/kabukilecturernakano/
https://www.facebook.com/writermarinakano/

2012年9月に立ち上げたhttp://www.gamzatti.com
ポータルサイトとして残りますが、日々の情報発信はしません。

2015年6月吉日、総合サイトhttp://www.ecri-duo.comを立ち上げました。
これまでいろいろ書いてきたブログやHPのアイテムを集積していく予定です。
「仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド」
「仲野マリの気ままにシネマナビ」とも連携していきます。

これらHPの元になったのが、
2006年12月24日から始めたこのブログ。
「1日1映画評、舞台評、あるいは書評」を目標に
毎日更新を続けてまいりました。

開設して2年9か月の2009年9月18日、
最初の目標としていた連続1000日完走を達成、
そして2009年12月24日、とうとう連続三年更新も成りました。
その後2010年7月15日に連続1300日に到達。
その時点で通算アクセスも41万を越えていたのですが、
このたび2011年8月1日、
ありがたいことに、60万アクセスを突破いたしました。

1300日をひと区切りにデザインをリニューアル、
「毎日更新」ではなくなりましたが、
劇評、映画評、続けていましたところ、
2011年12月31日までに、65万アクセスを達成することができました。
ありがとうございます。
お立ち寄りくださる皆様に感謝いたします。

2011年3月11日の東日本大震災後は、
「観劇する」とは、「創作する」とは、を深く考えさせられました。
ものかきとして、自分の意見を述べることの重要さ、そして覚悟も痛感。
一個の人間として、
ぶれずに前を進んでいきたいと心に期すものもありました。

楽天ブログが、
2012年1月12日をもって各種機能の縮小をするということで、
このブログを今後どうするか、いろいろ考えました。
けれども、
このページを愛してくださった方々と創り上げた「かたち」から去りがたく、
なかなか他のブログに移る決断ができないまま、
独自ドメインを持ってHPを作ったり、複数のブログを立ち上げたり、と
試行錯誤が続き、
「いたらないことだらけのブログですが、
とりあえずは私なりのトーンを維持しつつ、
しばらくはこのまま続けていく所存です」と言い訳しつつ、
更新回数を大幅に減らしながら、なんとか続けていきました。

転機は2014年暮れ。
ライターのほかに歌舞伎ビギナー向けの講座を1年間受け持ち、
「書き手」と「話し手」という2つの顔を認識したことから、
自分とこのブログとの関わり方がはっきり見えてきました。

このブログは、私の宝物。
作品を見たときの「感動」を、そのまま書ける場所。
それを皆さんと分かち合えるところ。
しっかり更新していきたいと思います。

ご来訪・コメント・メッセージを心よりお待ち申しております。
2015年1月1日現在、89万超のアクセスをいただいております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

最近とみに更新回数が減りまして、申し訳なく思っております。
ふとアクセス数をみたところ、2017年4月29日現在
150万を超えて1,505,089という多数のアクセスをいただいていることを知り、
恐縮至極でございます。2年間で60万以上のお立ち寄りをいただいたことになり、
本当に皆さまに感謝です。ありがとうございます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


*フリーページでIndexを作成しました。
 今までもカテゴリーで分類してあるので、そちらである程度はわかったと思いますが、
 ピンポイントで見たい映画や舞台、本のレビューにたどり着けるようにしたいと思って。
 現在、「本・雑誌」のページ以外は、何とか完成しております。
 五十音順に並べましたので、好きな作品のタイトルをクリックしてみてください。

インデックスづくり、停滞しっぱなしですみません(汗)。

 ライターとしての活動は、 映画・舞台などエンタメ系のものについては、
 HPの「WORKS」にまとめてあります。
 その他のお仕事先についても、雑誌別に記事の一覧を作成中。
 ブックマークの「仲野マリのお仕事」は、単発ものの参照先だけ残してあります。

ブログより半年早く始めたミクシィ(http://mixi.jp/)も
今もブログと並行して継続中。
「評」にこだわって書いている当ブログに比べると、
取材こぼれ話とか、日々のちょっとした疑問とかニュース雑感など、
少し短く、気楽に。
よろしければ、そちらものぞいてみてください。

ハンドルネームはもちろん「ガムザッティ」。
「ガムザッティ」って何?・・・と思った人は、
2007年1月31日のDiaryに、GO!
2019.02.04
XML
振付を見直したという今回の「第九」。初演時は第2楽章が秀逸だったが、今回の白眉は第3楽章だった。
プリンシパル宮尾の力がすごい。立ってるだけで舞台を支配。ミュージカル「ロミオとジュリエット」での「死」などの経験がそうさせるのか?
パドドゥに吹き込む情感も。踊りに意味がある。意味が漂ってくる。第九が一種のシンフォニックバレエであるとしても、その音楽とダンスに感情とストーリーを見出せる人はそうそういない。改めて宮尾のプリンシパルとしての成長と自信が身にしみた。
熊川登場の第4楽章も、祝祭気分全開だった。私は満足。満足とともに卒業かな。
圧巻の幕切れに誰もが興奮したけれど、(もちろん私も)、だけど、私は思う。「まだまだ踊れる」とはいえ、そしてそのパフォーマンスは人々を熱狂させるけれど、かつての彼を知っている身としては、どうしても物足りなさを感じてしまう。

そりゃそうだ。
もはや記憶と記録にしか残っていないシーン、彼自身にすら再現できない才能は厳然としてある。それがダンサーの宿命だし、それが彼を、古典として永遠の命を得るために作品を生み出す方にシフトさせた。
熊川はこれからも芸術監督としては進化する。彼のタレントのうち、引き継げるものは引き継いだ。それは益子倭や宮尾俊太郎が証明してる。でも、引き継げないものもあるんだ。
だからこそ、熊川哲也はレジェンドであり、唯一無二の不世出なダンサーなのである。

彼を追いかけてちょうど30年。今日は一つの、幸せな区切りとなりました。
もちろんこれからも、Kバレエは観るよ!






Last updated  2019.02.04 08:55:48
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.