1672841 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ガムザッティの感動おすそわけブログ

PR

Calendar

Freepage List

Category

Favorite Blog

「歯にビンボーが出… New! happy-gaiさん

キンドルで読み終え… リライト8142さん

モーツァルト!新曲… CherCYさん

武骨終焉 ミスター… 猫山文楽軒さん

   元局アナがス… ころりん0924さん
★★ユニ育ライフ | … ユニ育ママ/こがにさん
ライターかあさんと… プチプチゆっきーさん
ぺ天使のつぶやき kamadoyamadocaさん
こちら25643 ヒロランさん
観劇日記~夢のあと… みおと*さん

Free Space

設定されていません。

Comments

LimeGreen@ Re:オーチャード・バレエ・ガラ(02/12) 「先物買い」的でこういうのぞくぞくしま…
エトワール@ Re:10月・カンゲキのまとめ(10/30) 名古屋での「番町皿屋敷」をご覧になった…
gamzatti@ Re[5]:Kバレエ「クレオパトラ」@東京文化会館(10/23) なんすぃーさんへ コメントありがとうござ…

Headline News

Profile


gamzatti

ガムザッティの感動おすそわけブログ
映画・舞台・バレエ・TV・音楽・本・・・
私の大好きなもの、紹介します!

2014年5月吉日に公開したhttp://www.nakanomari.netを、
仲野マリのオフィシャルサイトといたします。

facebookにても発信しています。(公開設定)
https://www.facebook.com/kabukilecturernakano/
https://www.facebook.com/writermarinakano/

2012年9月に立ち上げたhttp://www.gamzatti.com
ポータルサイトとして残りますが、日々の情報発信はしません。

2015年6月吉日、総合サイトhttp://www.ecri-duo.comを立ち上げました。
これまでいろいろ書いてきたブログやHPのアイテムを集積していく予定です。
「仲野マリの歌舞伎ビギナーズガイド」
「仲野マリの気ままにシネマナビ」とも連携していきます。

これらHPの元になったのが、
2006年12月24日から始めたこのブログ。
「1日1映画評、舞台評、あるいは書評」を目標に
毎日更新を続けてまいりました。

開設して2年9か月の2009年9月18日、
最初の目標としていた連続1000日完走を達成、
そして2009年12月24日、とうとう連続三年更新も成りました。
その後2010年7月15日に連続1300日に到達。
その時点で通算アクセスも41万を越えていたのですが、
このたび2011年8月1日、
ありがたいことに、60万アクセスを突破いたしました。

1300日をひと区切りにデザインをリニューアル、
「毎日更新」ではなくなりましたが、
劇評、映画評、続けていましたところ、
2011年12月31日までに、65万アクセスを達成することができました。
ありがとうございます。
お立ち寄りくださる皆様に感謝いたします。

2011年3月11日の東日本大震災後は、
「観劇する」とは、「創作する」とは、を深く考えさせられました。
ものかきとして、自分の意見を述べることの重要さ、そして覚悟も痛感。
一個の人間として、
ぶれずに前を進んでいきたいと心に期すものもありました。

楽天ブログが、
2012年1月12日をもって各種機能の縮小をするということで、
このブログを今後どうするか、いろいろ考えました。
けれども、
このページを愛してくださった方々と創り上げた「かたち」から去りがたく、
なかなか他のブログに移る決断ができないまま、
独自ドメインを持ってHPを作ったり、複数のブログを立ち上げたり、と
試行錯誤が続き、
「いたらないことだらけのブログですが、
とりあえずは私なりのトーンを維持しつつ、
しばらくはこのまま続けていく所存です」と言い訳しつつ、
更新回数を大幅に減らしながら、なんとか続けていきました。

転機は2014年暮れ。
ライターのほかに歌舞伎ビギナー向けの講座を1年間受け持ち、
「書き手」と「話し手」という2つの顔を認識したことから、
自分とこのブログとの関わり方がはっきり見えてきました。

このブログは、私の宝物。
作品を見たときの「感動」を、そのまま書ける場所。
それを皆さんと分かち合えるところ。
しっかり更新していきたいと思います。

ご来訪・コメント・メッセージを心よりお待ち申しております。
2015年1月1日現在、89万超のアクセスをいただいております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

最近とみに更新回数が減りまして、申し訳なく思っております。
ふとアクセス数をみたところ、2017年4月29日現在
150万を超えて1,505,089という多数のアクセスをいただいていることを知り、
恐縮至極でございます。2年間で60万以上のお立ち寄りをいただいたことになり、
本当に皆さまに感謝です。ありがとうございます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


*フリーページでIndexを作成しました。
 今までもカテゴリーで分類してあるので、そちらである程度はわかったと思いますが、
 ピンポイントで見たい映画や舞台、本のレビューにたどり着けるようにしたいと思って。
 現在、「本・雑誌」のページ以外は、何とか完成しております。
 五十音順に並べましたので、好きな作品のタイトルをクリックしてみてください。

インデックスづくり、停滞しっぱなしですみません(汗)。

 ライターとしての活動は、 映画・舞台などエンタメ系のものについては、
 HPの「WORKS」にまとめてあります。
 その他のお仕事先についても、雑誌別に記事の一覧を作成中。
 ブックマークの「仲野マリのお仕事」は、単発ものの参照先だけ残してあります。

ブログより半年早く始めたミクシィ(http://mixi.jp/)も
今もブログと並行して継続中。
「評」にこだわって書いている当ブログに比べると、
取材こぼれ話とか、日々のちょっとした疑問とかニュース雑感など、
少し短く、気楽に。
よろしければ、そちらものぞいてみてください。

ハンドルネームはもちろん「ガムザッティ」。
「ガムザッティ」って何?・・・と思った人は、
2007年1月31日のDiaryに、GO!
2018.02.12
XML
カテゴリ:バレエ・ダンス
オーチャード・バレエ・ガラ​2日目を観に行ってきました。

世界バレエスクールフ
ェスティバル風で、各国の色が出てとても豊かな時間に。クラシック、コンテンポラリー、民族舞踊を感じさせるものなど、様々。
子どもに無理させない演目で、皆、丁寧な踊りが
好感持てました。

この公演は、世界レベルでスターダンサーかつカンパニー主宰かつ劇場芸術監督かつバレエスクール主宰かつカリスマ性のある熊川哲也でなければ実現できなかったと確信しています。日本のディアギレフ的佐々木忠次亡き後、熊川の存在は稀有であることを示した出来事になったといって過言ではないと思います。

以下、個人的な感想。


オーストラリアン・バレエの「海賊」パ・ド
・ドゥは、アリエル・ミラレスが堂々たる演技で魅せる。アダージョだけだったが、残りも見たいと思わせた。
カナ
ダの「ラ・フィーユ・マルガルデ」は、まだまだ「生徒」らしさは抜けないものの、ジェイソン・チェンのしなやかな踊りに将来性を感じた。
同じカナダでも「three image of hope」はジェネヴィエーヴ・ペン・ナビティの切れと
表現力に見とれる。
ほかにコンテンポラリー系では、ハー
グの「無言歌集」がメンデルスゾーンの音楽を生かしてgood。
オーストラリアン・バレエの「VITAE」では
、ジェイコブ・デグルートが印象に残った。
キリアン作品
evening songs」(ハーグ)やノイマイヤー作品「バッハ組曲2」は、まだ生徒たちが作品の真髄にまでは到達していない感あり。しかし荒削りながらも所々ハッとさせたのが、アレッサンドロ・フローラ(ハンブルク)。スクールの頃からこうした作品を繰り返し触れることで、いつかは現在来日公演で見せてくれるハンブルクバレエ団のノイマイヤー作品「ニジンスキー」のレベルに到達する一里塚となる。そこが、バレエ団付属のスクールの良さだろう。
ウィーンは
、この公演のために新たに3作を書き下ろしたという。子どもたちの特性を生かそうという愛情に満ちていた。
年齢的にも、
他スクールが17〜最高21歳であったのに対し、ウィーンは15歳〜17歳と幼さが際立った。派遣した生徒の年齢構成にもスクールの考えが見えて興味深い。
完成度、と
いう点では、やはりワガノワは飛び抜けているなと。「フローラの目覚め」のマリア・ホーレワ、「人形の精」のマリア・ペトゥホーワ、ホルヘ・パラシオス、ラスムス・アハルグレン、素晴らしかった。






Last updated  2018.02.12 22:40:55
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.