000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

心臓手術体験記(大動脈弁閉鎖不全症弁置換術)

PR

全8件 (8件中 1-8件目)

1

会社

2020.06.12
XML
カテゴリ:会社
4月から在宅勤務に変わってから生活サイクルが変わってしまい未だ慣れない。
通信環境やモバイルPCがあれば確かにどこでも仕事が出来ることは分かった。
打ち合わせもWEB会議で問題なく出来る。

しかしなんだかなぁ、物足りない。 人とのコミュニションがなくなってしまったからか。
少し早い隠居生活をしているからか。

身体も鈍りきっている。
今まで会社に行けば通勤含めて15000歩は歩いていた。
今では家から出ない日は1000歩いかない。 

コロナ太り。 最悪。 体調も悪い。

週末の運動は6月に入り再開したが鈍りきった身体にはキツい。
テニス以外にもフィットネスジムに通うことにした。
ジム、ラン、プール 等、週2回は行きたいところだ。

まずは道具と言うことでIPHONEと連携するIPHONE WATCH を買った。
これで身体のデータを取って管理しようかと企んでいる。 
またスマホで出来ることが時計で可能になるので便利です。 



なんとか少しづつ、コロナ前の生活サイクルに戻すしかないな。

隠居生活と書いたが、心臓手術をやった時に数ヶ月経験した。
しかし今回はその時より辛い。 多分健康だから暇すぎて、つまらなくて、することなくて
メンタルが病んでいる気がする。

いずれ来る定年退職。 まずい。 それまであまり時間がない。
適度に働いて、好きなスポーツをやって、旅行もしたり、うまくいくかな。

とりあえず70才までは働きたい。






最終更新日  2020.06.12 11:48:46
コメント(0) | コメントを書く


2017.06.09
カテゴリ:会社
心臓手術をして甦り術後2年近く経つ今までに、身体の変化を幾度も経験した。
目眩、立ち眩み、鼻血、出血、あざ、などなど。
最近は慣れてきたけど、最初の頃はイベントがおこる度に病院へ行きチェック。 時間も金も大変です。

そんな身体になり、しみじみ無理しちゃいかんな、と考え、心臓に良くないと言われるストレス、酒、煙草など、やめたり、減らしたり。
のんびり、ゆったりした人生を歩めたら最高、なんて夢見てます。

煙草
心臓に異常が見つかった時にやめました。
当時は禁煙薬に保険が効かない時代で、私はニコレットでやめました。2週間に5千円位の出費でしたね。


呑んだ翌日は不正脈が頻発する。
また術後は弱くなった気がするし翌朝がかなり辛い。 今は宴席を減らし家で軽く週1〜2の晩酌。

ストレス
上司との面談で昇格しなくていいから好きにやらしてくれ、と申し入れ、今はそんな感じで一営業プレーヤーとして地方行脚してます。
サラリーマンですから、自分できちんとコントロール出来る範囲で頑張っています。

趣味のテニス、ゴルフ
汗をかくので水分補給に気をつけて
健常者と変わらずプレイしてます。

54才になり欲張って80歳まで生きたとしても、健康で生活出来る年齢?70歳位? だとして、残り16年。30年以上働いてきて、それを思った時、その時間の短さと、残りの人生、後悔が残る生き方はしたくないな、そんな風に考えるようになりました。

私は年金支給が65歳からなので11年は食いつなぐ必要がありますが、幸い妻も働いており、また息子も春から社会人、娘はまだまだ金がかかりますが、それでも随分楽にはなりました。

私は薬漬けのサイボーグなんで、決して健康とは言えませんが、主治医が懸命に治してくれた身体。
孫とも会いたいし。残りの人生、大切に生きたいと思ってます。














最終更新日  2017.06.09 10:45:11
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.09
カテゴリ:会社
体調は総じて好調です。
仕事、遊びと頑張っています。

ただ退院後の2015年6月以降、3度のTIAと思われる症状=体験がありました。
それは急に襲ってくる。

眼の焦点が合わなくなり立てなくなる。
頭がフラフラ、身体が揺れる。
幸運にも意識をなくした事はありません。

水を飲んで大人しくしていると10分位で戻りますが正直怖い。

多分小さい血栓が脳血管に飛んで一次的に血流が悪くなり、軽い脳梗塞状態になるのか、と想像しています。 手術前はなかった症状なので、やはり機械弁の影響か、とも考えたりもします。

手術してから間も無く11ヶ月となります。
今の所軽く済んでいる感じですが、この先年を重ねる中で、イベントの発生率、余命はいかほどなのか。考えてしまう。

心臓内部障害者。
外見は健康に見えても中身はリスクを抱えた障害者。1種1級。やはり最高位に認定されるだけの意味がある。

以上の状況下で以前と変わらぬ仕事をさせてもらっている事は大変有り難く感じながら、手術後1年近くたち、様々な後遺症を経験すると、今のままでよいのか?

職場や出張先で倒れたら
毎日の2時間通勤
障害者は昇格出来ない
災害時には?

現在52歳、あと13年、何をして食べるか。
出来ること、出来ないこと、やりたいこと、ん〜難しい。

1人もんだったら、残りの人生やりたいことをして
気楽に暮らすのもありだが家庭、子持ちとなると容易ではない。

しかし、ぼちぼち先を見据えた行動、選択が必要な時だと感じており、今年は具体的な実行の年にしたい。








最終更新日  2016.05.09 08:51:29
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.05
カテゴリ:会社
仲人さんが亡くなったという知らせが届いた。
最近はお付き合いも少なくなって昨年10月以来お会いしていなかった。
そしたら今回の一通の手紙。それも「喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます」の喪中はがき。
それで亡くなったことを知ることになった。

63歳没であるが生前は健康そのもの。 ゴルフもソフトもやられていたし。
若くして亡くなる理由が見えない。 現実感がない。 

はがきを送ってくれた奥様にいきなり電話するのもどうかな、と思ったので共通の知人に状況を聞いている。

その話の内容によりご自宅か墓前に行くのか決めたいと思っている。







最終更新日  2015.11.05 21:42:40
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.04
カテゴリ:会社
ある程度の会社規模になると専属の医師(産業医)や保健師を雇う必要がある。
役割は社員の健康管理?国が定めたから実際は必要もないのに存在する? 全く費用的に無駄である。私は大病したので来週保健師が会いに来るそうだ。 私は営業職、あまり事務所にいない。 会いに来る保健師曰く、私はレアな存在らしい。何がレアなのか分からないので来週来た時に聞いてあげようと思う。

保健師が必要な理由は自分の健康管理にだらしない社員がいるからであろう。
私?必要ない。 定期的に医師に診ていただき必要な検査も受け健康管理には十分留意している。知識の浅い保健師を相手にするほど暇じゃない。 間接要員のコストを稼ぐだけでも大変苦労しているのに保健師?いらない。
私的には栄養士さんなら価値を認める。
だって病院食で御飯三食食べても痩せた。
体重が戻りつつある今、栄養士さんに指導を仰ぎたい。

保健師さん?いらない。






最終更新日  2015.09.04 17:56:19
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.27
カテゴリ:会社
8月より仕事復帰する為の手続きで職場へ行ってきました。
久しぶりの通勤ラッシュ、さすがに胸骨が怖いのでグリーン車を使いました。
ラッシュ時なので座れませんが人に揉まれないですみました。

無事会社へ到着し上長へ身体の状況報告、上長より仕事の話。
9月一杯は胸骨が怖いので時差出勤、時短勤務をお願いしてみましたが人事制度上利用出来ないことが判明。 嬉しい制度だな、と思ってましたが期待外れ。 結局フレックスで運用。
会社側の立場としては通常勤務できる身体で戻ってこい、ということですね、御意。
仕事も沢山あるようで、これも有難いこと。
心不全にならない程度で頑張ろう、御意。

私は産業医との面接も不要だということで8千円の診断書も不要になるかもしれない。
休みの間、規定集を読んで理解したつもりが理解できていなかった。
上長経由産業医判断での連絡待ちとなったが最終的には上長と私で決めていい、という結論になりそうだ。

久しぶりに職場仲間とも話が出来て楽しかったな。 来週から復帰としたが、明日から戻るか?
いやいや、もう少し隠居生活を楽しみたい。

rblog-20150727122328-01.jpg






最終更新日  2015.07.27 16:44:05
コメント(2) | コメントを書く
2015.07.08
カテゴリ:会社
Fotolia_82870326_Subscription_Monthly_M.jpg定年退職後の生活をまさか今することになるとは思いもしなかった。
会社を休んでから間もなく一カ月。
手術してから間もなく4週間。
胸骨がまだまだNGなので好きなスポーツも出来ないし、毎日お爺さん達に交じっての散歩が日課になっている。

今月末には医師に相談して8月からの職場復帰を相談しようと思っている。
上司から時間など気にせず、朝ノンビリ来て早く帰ればいいとも言われているので甘えようかと思ってます。

しかし、こんなノンビリした毎日を過ごしている自分、大丈夫か? 不安です。

手術後、意識的に性格をノンビリ、ゆっくりモードに変えているので尚不安。






最終更新日  2015.07.11 11:02:00
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.05
カテゴリ:会社
出社最終日、どうにか業務の引き継ぎを終えて来週末の手術に挑む。
とは言いながら月曜日は浜松出張、これをこなして本当にしばらく慌ただしい会社生活から離れることになる。
サラリーマン生活で初めての長期離脱。
バカンスではなく病気入院で心臓手術ときた。
予想外の大イベントになってしまいました。
はたして無事に手術を終えて生還できるのか?
仲間が壮行会をやってくれるのは嬉しいが呑み過ぎないようにしないとね。
rblog-20150605185423-00.jpg






最終更新日  2015.06.10 12:36:43
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.